まさしさんの映画レビュー・感想・評価

まさし

まさし

映画は大好きなのに、なかなか時間がなくて見られない…。あぁ、思いっきり映画が見たい!
それにしても、サムネイルの画像の銃器類の多さよ。嗜好が丸わかり。

映画(52)
ドラマ(0)
  • 52Marks
  • 4Clips
  • 0Fans
  • 0Followers
  • 0Followings
  • List view
  • Grid view

テッド(2012年製作の映画)

3.0

うーん…。今の精神状態の問題かな?今ひとつノリきれなかった。

コメディは好きなはずなんだけど、ちょっとネタがキツ過ぎた?ドラッグパーティーとか、時事ネタ(昔のものも含めて)とかも、分かるところと、全
>>続きを読む

96時間 レクイエム(2015年製作の映画)

3.0

シリーズ3作目。前半は比較的ゆったりとした印象。しかし元嫁が何者かに殺されてからは、「逃亡者」を彷彿とさせるような下水道からの脱出から、真の犯人探しが始まる。

カーアクションと銃撃戦はなかなか。「ス
>>続きを読む

墨攻(2006年製作の映画)

3.5

突然の休暇を活かして、今回もハードディスク消化。かなり前の録画。

久しぶりのアンディ・ラウ。初めて見たのは、いつ頃だったろう?今やすっかり渋いミドルだなぁ。

舞台は古代中国。大国に攻められている国
>>続きを読む

アウトロー(2012年製作の映画)

3.5

CSでトム・クルーズの映画が特集されていて、「そういえば…」とハードディスクを確認。かなり前に録画しておいたものだが、この機会に鑑賞。

2時間オーバーと長めではあったが、だれること無く最後まで見られ
>>続きを読む

ナイスガイ(1997年製作の映画)

3.5

何度も見てはいるが、動画サイトのまとめ動画でジャッキーのアクション集を見て、久々にジャッキー映画を見たくなり、ハードディスクから掘り出して鑑賞。

オープニングのゴールデン・ハーベストのロゴから、もう
>>続きを読む

アクシデント(2009年製作の映画)

3.8

2009年となっているが、画面に出てくる街の看板には2006年の表示。中環、銅鑼湾、旺角、尖沙咀などのメジャーな所ではない裏街の路地など、連休最後に香港旅行(しかもちょっと昔にタイムトリップ?)した気>>続きを読む

イップ・マン 継承(2015年製作の映画)

4.0

やはり続けて見てしまった…。

こちらは前2作と違って初見。今回は家族愛と、新キャラ「張天志」が見どころ。

夫唱婦随の葉問夫妻、子供のために戦う葉問&張天志、妻子には穏やかな優しい顔を見せる組織のボ
>>続きを読む

イップ・マン 序章(2008年製作の映画)

4.0

リアルタイムで「葉問2」を見てしまったので、寝かせていた録画から思わず視聴。

もちろん初見ではないので、日本軍相手のストーリーだというのは分かっているのだが、やはり見る度に胸がチクリとしてしまう。
>>続きを読む

イップ・マン 葉問(2010年製作の映画)

4.0

BSでリアルタイム視聴。何度も見てはいるが、やはり最後のボクシングのシーンは燃える。魚市場での格闘、武館設立のための茶館でのサモ・ハン・キンポーとドニー・イェンの手合わせも見応えあり。

やっぱりドニ
>>続きを読む

女子ーズ(2014年製作の映画)

3.5

「福田印」の映画。くだらなさ(もちろん褒め言葉!)はバツグン。主演の女優陣は皆、今ではメジャーな顔ぶれ。佐藤二朗の怪しげな司令官も、期待通りの面白さ。アドリブ(おそらく)で吹いちゃってるところもお約束>>続きを読む

冬の華(1978年製作の映画)

3.5

高倉健のヤクザ映画。とはいえ、シャガールにクラシック、ギター。そして淡々と進んでいくストーリーや画面・カットなど、何となく毛色が違う。調べてみると倉本聰脚本、降旗康男監督とあって、なるほど納得。派手な>>続きを読む

ローン・レンジャー(2013年製作の映画)

4.0

西部、開拓、鉄道、ネイティブ・アメリカン、悪漢、保安官(今回は地方検事?)、黒幕といった「ザ・西部劇」のシチュエーションで、現代の技術をもって作られた娯楽作。時間は長めだが、全く飽きることなくイッキ見>>続きを読む

バレット・ヒート 消えた銃弾(2012年製作の映画)

3.8

連休ということで、HDで寝かしておいた香港(中国?)もの。

アクションは少なめ。兵器工場で起こる連続殺人を探るラウ・チンワンとニコラス・ツェーの2人の警察官。終始暗めの画面や雰囲気は割と好み。意外な
>>続きを読む

SAFE セイフ(2012年製作の映画)

3.0

ジェイソン・ステイサム印のアクション映画…にしては、ややおとなしめ?

中国・ロシアのマフィア、ロス市警、市長と秘書たちとの間で、鍵を握る少女と大金をめぐって展開するストーリー。少し既視感のある展開で
>>続きを読む

スパイダーマン3(2007年製作の映画)

3.5

見ていたような、見てなかったような…。

ずっと寝かせていた録画リストの中から視聴。出てくるキャラクター(サンドマン)やストーリーも徐々に思い出してきて、やはり見てたみたい。

ピーター(スパイダーマ
>>続きを読む

ミュージアム(2016年製作の映画)

4.0

テレビをザッピング中に開始してすぐの所に出くわし、何となく見ていたのだが、深夜にもかかわらず思わず最後まで見てしまった。思っていたほど激しいグロテスクな表現はなく、逆に後半になるにつれて、精神的にキツ>>続きを読む

天上の剣 The Legend of ZU(2001年製作の映画)

3.0

久々の香港映画。当時は、とにかく「香港」ブランドならば何でもかんでも見ていたが、今見ると懐かしい限り。CG使いまくりの映像も、「確かにあの頃はそういう映画、多かったなぁ」と…。
セシリア・チャンとイー
>>続きを読む

メカニック ワールドミッション(2016年製作の映画)

3.5

前編とのつながりは、主人公の設定以外はあまり感じられず、この映画だけを見ても全く問題なし。
ジェイソン・ステイサムはいつもの通り間違いなし。安心して見ていられる。ただそれだけに「おおっ!」という所がな
>>続きを読む

009 RE:CYBORG(2012年製作の映画)

3.0

メモ。

少し難しかった?
最後も何となく不完全燃焼気味。

哭声 コクソン(2016年製作の映画)

3.5

チャンネルザッピング中、開始10分ほどのところに出くわして、國村隼の出演したトーク番組の話題の中で評判を聞いていたのを思い出し、そのまま鑑賞。

韓国映画はこの頃ほとんど見ていなかったのだが、時間的に
>>続きを読む

RANMARU 神の舌を持つ男(2016年製作の映画)

3.5

堤幸彦監督の色がバッチリ出ていた映画。ドラマは未見だったのだが、向井理のとぼけた感じ、木村文乃の突き抜けたコメディエンヌぶり、佐藤二朗のツッコミ、多彩なゲストと充分楽しめた。セットの小道具など、細かい>>続きを読む

メカニック(2011年製作の映画)

3.5

ジェイソン・ステイサム印のアサシン映画。師弟関係も描きながら、最後に本当の敵が見えてきて…というストーリー。アクション・ストーリーともに、やや不完全燃焼。続編(ワールドミッション)の方がよいのかも?

極道大戦争(2015年製作の映画)

3.5

確かCSで放送されていたのを途中から見て、何か気になったので改めて録画したような気が…。それすらも忘れたくらいの関心度のまま、ハードディスクに塩漬け。ディスク整理のために鑑賞。

大まかにはストーリー
>>続きを読む

ミッション:インポッシブル ローグ・ネイション(2015年製作の映画)

4.0

公開中の最新作「フォールアウト」を見た友人に「見といた方がいい!」と言われ、キャンペーン中(こちらも最新作のプロモーション?)のひかりTVでの鑑賞。

予告でバンバン流れていた場面が、冒頭のエピソード
>>続きを読む

ローグ アサシン(2007年製作の映画)

3.5

相棒を暗殺者(アサシン)に殺されたFBI捜査官。その暗殺者を追い続け、ついに…。

香港トライアッドと日本ヤクザの抗争の中で、捜査官ジェイソン・ステイサムと暗殺者ジェット・リーの息詰まる攻防。

クラ
>>続きを読む

キック・アス ジャスティス・フォーエバー(2013年製作の映画)

3.5

ずっと見たかった(なんだかんだで前作は2~3回見てる)続編。

ジム・キャリーの大佐役は、ほとんどそうと感じられないぐらい、分からなかった。これまで自分の持っていたイメージと違ってタフガイさ満点で、本
>>続きを読む

阿羅漢(あらはん)(1986年製作の映画)

3.5

古きよき時代(とは言っても自分の少年時代だが…)の香港カンフー映画。

前にも見てはいるはずなのだが、演者もキャラもよく似ている映画が多いので、記憶はぼんやり。でも逆にヒゲの総督(敵役)や主人公の師匠
>>続きを読む

96時間 リベンジ(2013年製作の映画)

3.5

前作との連続放送で録画。しばらく間があいたが、続編をそのままにするのも…と思いやっと視聴。オープニングでしっかりおさらいしてくれたので、つながりもスムーズ。

報復する側の気持ちも分からなくはないが、
>>続きを読む

愛のむきだし(2008年製作の映画)

4.0

以前映画上映版を見たが、今回ドラマの完全版の一挙放送があり、録画翌日に見てしまった。

思えば、この映画を見てから、満島ひかりを、そして安藤サクラを知り、西島隆弘を知ったのだった。監督インタビューにも
>>続きを読む

96時間(2008年製作の映画)

4.0

ハードディスクの中から、気になってチェック。

前半はもうフラグ立ちまくり。原題の「TAKEN」で分かってはいたが、空港で相乗りなんて、もう誘拐してください!と言ってるようなもの。

リーアム・ニーソ
>>続きを読む

トランスポーター イグニション(2015年製作の映画)

3.0

トランスポーターシリーズ一挙放送のトリを飾った、リブート作。録画済のものを順番に鑑賞していっての今作となったのだが…。

当然ながらこれまでのシリーズとは違うので、心づもりはしていたものの、やはり「こ
>>続きを読む

トランスポーター3 アンリミテッド(2008年製作の映画)

4.5

トランスポーターのシリーズ3作目。前作で少しテンションが落ちたので、不安混じりに鑑賞。

ほとんど記憶がなかったのだが、もしかしたら初見だったのかも?見てたような気がしたんだけど…。

ただそのせいか
>>続きを読む

トランスポーター2(2005年製作の映画)

3.5

トランスポーターシリーズの第二弾。好きで見ているはずなのだが、記憶はシリーズを重ねる毎にあいまいに…。やはりPart1のファーストインパクトとヒロイン(スーチー)効果か?

今回の映画も、子供が出てく
>>続きを読む

ロボコップ(2014年製作の映画)

3.5

これまた撮りっぱなしで放置していたもの。オリジナル版の記憶はあまり残ってなかったので、逆に新鮮に見られた。

さすがに映像技術は上がっていて、オリジナルのコマ撮り的な動き(だったような?)から比べると
>>続きを読む

>|