RikakoTeradaさんの映画レビュー・感想・評価

RikakoTerada

RikakoTerada

映画(107)
ドラマ(0)

娼年(2018年製作の映画)

2.2

女性目線かと思ったけどそんなにだった、結局従来のAVと変わらん
松坂桃李の手マンが痛そう

このテーマで撮るならとことん女向けのエロいやつみたいにしたらよかったのに〜

あとよくわからん伏線回収いらん
>>続きを読む

新感染 ファイナル・エクスプレス(2016年製作の映画)

4.0

思ったよりおもしろかった!
だけどもう可哀想すぎて途中から号泣してた笑

割とグロいし、そういう意味でも面白いし、家族のお話としてもエンタメとしても良くできてるなーと思った
あんまりこういう映画見ない
>>続きを読む

主戦場(2018年製作の映画)

4.8

めちゃ面白いし、考えるきっかけになると思う
ほんまに関心のない人たちに見てもらいたい、、一気に歴史認識とは、ナショナリズムとは、差別やフェミニズム、色んな関連する問題に少しは自覚的になれるはず、、
>>続きを読む

君の名前で僕を呼んで(2017年製作の映画)

4.5

綺麗な映画だった

感情の動き方とか恐れる気持ち、よく描けてるなあって思ったけど、個人的にはbrokeback mountainの方がいいかなって思った 主人公のキャラクターかな

多分いろんなシーン
>>続きを読む

ジョゼと虎と魚たち(2003年製作の映画)

4.3

ワンダーウォール見せてくれた人に同じ脚本家だよって教えてもらってみた作品

いいね、素っ気ないラスト、強いジョゼがよかった
当たり前の終わり方、当たり前の恋愛

大学生の恒夫のキャラ、いい意味で普通の
>>続きを読む

ブロークバック・マウンテン(2005年製作の映画)

5.0

めちゃくちゃ泣いた、純愛だ、、

お互い奥さんがいて、それはもう社会を生きていくのに必要な役割で、ただそれは別として逆らえない、苦しくても経つことのできない感情があるんだな

ただ、アルマが見てしまっ
>>続きを読む

ROMA/ローマ(2018年製作の映画)

4.0

綺麗な映画やった

家政婦と1つの家族のお話

りかはこれについて多くを語ることはできない、難しいけど、見てる間いろんなこと思ったし、終始流れてたリズムみたいなものは、残ってるな

映画館で観てよかっ
>>続きを読む

サンセット(2018年製作の映画)

3.6

なんか、りかは眠くはならなかった、けど、難しかった
いろんな人が言ってるけどカメラワークは苦手です

でも、次々に現れるなぞ、解けないし疑問は増えるばかりで頭がいっぱいになりながら、でも物語には引き込
>>続きを読む

金子文子と朴烈/朴烈(パクヨル) 植民地からのアナキスト(2017年製作の映画)

3.7

このレビューはネタバレを含みます

アナキズムや大正時代については、一瞬日本のダダイズムを勉強するときに軽く触れただけだったけど、その主義主張を体現して生きた人々の一部分でも映像として観れたのは嬉しかった。自分の信じる思想の強さ、それを>>続きを読む

後妻業の女(2016年製作の映画)

-

前見たけどわすれちゃった、記録用

映画の鼻につく関西弁あんまり好きじゃない

エンドレス・ポエトリー(2016年製作の映画)

3.8

綺麗だった
スペイン語ちょっとだけ勉強したことあったから、頭に入ってくる台詞が心地よかった、スペイン語勉強したいな、、
ホドロフスキー作品ずっとみたくてとりあえず見てみた、他の作品もみたい!

ノルウェイの森(2010年製作の映画)

4.3

村上春樹が好きで
原作読んだことあって、映画ははじめて

原作と違うなとは思ったけど 映像美、、村上春樹の世界とはまた違うけど、これはこれですごい好き

愛。。。
愛とセックスとかってでも、神聖化しす
>>続きを読む

マスク(1994年製作の映画)

3.5

クリスマスということで、ちっちゃい頃好きやったコメディを💫

あえてこういうの普段みないけど、カートゥーンネットワークのアメリカアニメガ大好きやったじぶんは絶対好きやったななーって懐かしくなった🎄
>>続きを読む

愛のむきだし(2008年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

めちゃおもしろかった!
けど、なんか最後で これが愛です!純情!ってきれいにまとめた感があって、それは別に個人的にはいらんかったかも、、ごちゃごちゃした感情は、ごちゃごちゃしたままで、、ああでもこんな
>>続きを読む

スワロウテイル(1996年製作の映画)

4.5

やっとみた!めちゃよかった
映像がきれいで世界観も素敵、かわいい。それだけで最高やのに、芸術性と同時にいろんな社会問題も描かれてて、最高だった
これを通して逆に今の日本の異常さも際立つように感じる
>>続きを読む

ムーンライト(2016年製作の映画)

4.0

よかった
光が綺麗でやっぱりカラーが大事なんやろうな、一人一人の顔が綺麗に映されててよかった気がする。ブラックって言うけど、ほんまに人それぞれの色があるなって感じた
登場人物ほぼ全員がブラックやから、
>>続きを読む

シャイニング(1980年製作の映画)

3.8

迷路とか色、構図可愛かったな
こういう、色々なホラーの元になったものって今見てもそんなに怖くないけど、これはやっぱり不気味やったな

回収されない伏線みたいなのがたくさんあって、え、それは、、?ってな
>>続きを読む

博士の異常な愛情 または私は如何にして心配するのを止めて水爆を愛するようになったか(1964年製作の映画)

4.0

スカッととか、わかりやすい!とかじゃなさすぎて、あ、これで終わるのかと思ったけど
それが逆に救いようのないブラックユーモアというか、そういう感じかな
最初の注意書きで、かなりしっかりと実在の人物などと
>>続きを読む

アイズ ワイド シャット(1999年製作の映画)

4.4

面白いし、綺麗やった
キューブリック外れない、、

シャイニングと博士の異常な愛情を最近見て、キューブリックは結局謎、みたいなイメージあったけどこれはメッセージ性を感じたし、わかりやすかった。キューブ
>>続きを読む

万引き家族(2018年製作の映画)

4.5

めっちゃよかった

理屈、正しさ、愛情、悪とか全部一本に綺麗に収斂させて生きることなんてできないよね
「 普通じゃない」「正しくない」といって切ってしまえばその通りなんやけど、そんなんじゃないね 絶妙
>>続きを読む

カラスの親指(2012年製作の映画)

-

伏線がすごい、出来過ぎ感はあるけどそれにしても、誰が黒幕がなんとなくわかったとしても、どうやったんか全然わからへんかった、、

クイズみたいに考えながらみて楽しい映画
あれ?これは?みたいなんがどんど
>>続きを読む

スリー・ビルボード(2017年製作の映画)

3.0

飽きずに見れたけど、結局?の部分が多くて、、
まあでも犯人はみんな捕まるわけじゃないし
人間味を描くためやったから仕方ないんかな

ゆるすとか、怒りとか、それぞれの性格とか、差別とか、やりきれないこと
>>続きを読む

散歩する侵略者(2017年製作の映画)

4.5

ちょっと、見てから日数経ってるから詳しいこと書けないけど、笑

めっちゃ面白かった、けっこう好きな映画

邦画らしく静かに、でも何かおかしくてメッセージ性も強く秘められていて、、

ぜひ友達に勧めたい
>>続きを読む

グレイテスト・ショーマン(2017年製作の映画)

3.5

おもしろかった、けどなんかたくさん要素あった割に早く終わっちゃったなーて感じ
恋愛は別になくてよかったかも、どちらかというとフリークスたち、そこの差別のバックグラウンドとかもっともっと掘れたような気が
>>続きを読む

ゲット・アウト(2017年製作の映画)

4.0

めっちゃよかった〜

ただのスリラーじゃなくて、細かいところに伏線張られてて
差別の問題も歴史的な所から最近の出来事まで考えられてる感じやった

ちょっと途中こういう展開か、、て思った部分あったけど、
>>続きを読む

メッセージ(2016年製作の映画)

-

いつも、自然科学の発達だけが人類の発達ではなく、人文科学、社会科学が同時に発達しないと歯止めが効かなくなったり本当に重要なことに気づけなくなったりするって思ってて

この映画はSFで、物理学者と言語学
>>続きを読む

トレインスポッティング(1996年製作の映画)

-

やっとみれた〜

劇中でblurの曲かかってテンション上がった

ラ・ラ・ランド(2016年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

恋愛的にハッピーエンドじゃなく、
自分たちの夢を追ったっていう終わり方が好きやった

最後の見つめ合って微笑むところとか

個人的に、こないだドライブでライアンゴズリングを見た時無口な役やったから、歌
>>続きを読む

ミッドナイト・イン・パリ(2011年製作の映画)

-

本当に愛してる人と愛し合う時は、死さえも恐れない、
キスをして永遠を感じる、

恋っていいな

死んでもいいって思えるねんなー

海は燃えている イタリア最南端の小さな島(2016年製作の映画)

-

難しかった。。

難しかっただけで終わる感想の映画じゃないけど今のりかには表現する語彙力が無いかも

でもこんな風に映画にすることでしかわ表せないリアルさというか、世界の複雑さというか、当たり前だけじ
>>続きを読む

>|