Harupiさんの映画レビュー・感想・評価

Harupi

Harupi

目指せ、次は400本!twitter@harupii_piano
ジャンルを問わず良作チェック。※ホラーとグロ苦手
特にサスペンス、SFが好き
プライム会員

映画(356)
ドラマ(2)

湯を沸かすほどの熱い愛(2016年製作の映画)

4.0

あまりにも評判が良くずーっと観たいと思っていたがやっと観れた邦画。

宮沢りえさん演じる母親の文字通り「湯を沸かすほどの熱い愛」をめいいっぱい感じられる作品だった。

何処までも強くて優しくて、本当に
>>続きを読む

銀魂(2017年製作の映画)

3.2

原作未読で鑑賞。
うーん、このアニメの実写化は難しいんだろうな。
とにかく菜々緒のスタイルの良さが際立っていた。
佐藤二朗さんの演技が安定のクオリティでニヤニヤしてしまう!

映画 ドラえもん のび太と緑の巨人伝(2008年製作の映画)

3.2

時代のせいなのか、各キャラクターの個性が薄くなったというか良い子しかいなくなったというか。
内容も当たり障りのないものに感じた。
節々にジブリを意識していると思われる表現が出てきたり、クレヨンしんちゃ
>>続きを読む

プレステージ(2006年製作の映画)

4.0

クリストファーノーラン監督の作品。
ヒュージャックマン、クリスチャンベイル、スカーレットヨハンソンと俳優陣もめちゃくちゃ豪華でこれは面白くないわけが無い。

ストーリーはある事件をきっかけに生まれた2
>>続きを読む

カメラを止めるな!(2017年製作の映画)

4.0

面白かった。
映画製作に興味がある人にとっては特に熱い映画だと思う。
他の人も言っている通り前情報はなるべく入れずに見た方が楽しめる。

ビューティフル・マインド(2001年製作の映画)

4.2

ノーベル賞受賞天才数学者ジョンナッシュの半生を描いた実話。
衝撃的な内容だったが愛の上に成り立っている話で心を動かされた。
数学はまさに芸術であり、あらゆる根本なんだということを感じた。

予兆 散歩する侵略者 劇場版(2017年製作の映画)

3.5

「散歩する侵略者」のスピンオフドラマ。
黒沢清監督のSFサスペンス映画。

大規模侵略が始まるまでのお話。
邦画には珍しいパニック感の演出が良かった。
東出くんが役にはまっている。
概念を奪うという設
>>続きを読む

不能犯(2018年製作の映画)

3.2

ストーリーは全くなかった。
不能犯と唯一マインドコントロールの効かない刑事という設定以上何も起こらず、ひたすら不能犯による事件例を羅列された感じ。
だけど最後まで見ていられたのは、表現が良かったからか
>>続きを読む

ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル(2017年製作の映画)

2.0

導入が余りにも酷くてwelcome to jungle出来なかった。
凄く古い映画を見ているような導入だった。

勝手にふるえてろ(2017年製作の映画)

4.0

綿矢りさの「蹴りたい背中」を読んだのはもう何年も前のことだけれど、当時は全く良さが分からなかった。
それはストーリーがあってないようなものだからで結論を求める映画では無いからだ。

でも今回「勝手にふ
>>続きを読む

セブンティーン・アゲイン(2009年製作の映画)

3.6

離婚直前のおじさんが過去に戻るのではなく自分だけ17歳に戻って高校生活を送る話。
設定的には少し斬新でReLIFEの様な感じ。

この映画の見せ場はとにかくザックエフロン。
史上最高にカッコいい高校生
>>続きを読む

ヘアスプレー(2007年製作の映画)

4.7

これ以上なくハッピーで素敵な映画だった

リンク、イケメン過ぎる!
ジョントラボルタがお母さん役は驚きだけどハマってる

ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー(2018年製作の映画)

3.9

評判よりも面白かったー
ハンソロの由来やチューバッカとハンソロの出会いが見れて感慨深い気持ちになった
そして「世界一嫌いなあなたに」のエミリアクラークがヒロインなんだけど、めちゃくちゃ良かった、強くて
>>続きを読む

永い言い訳(2016年製作の映画)

3.5

表現力とか凄いのだけどただただ観ていて辛かったし苦しかった。
夫の不倫中に妻が交通事故で亡くなり、居なくなって初めて妻とちゃんと向き合い始める。

事故後、友人の子どもたちの世話を急に親身になってやる
>>続きを読む

ヒューゴの不思議な発明(2011年製作の映画)

4.3

幼き頃ポンキッキーズで映像を観て以来、お洒落で好きだった「月世界旅行」の始まりの話。
映画の魔術師ジョルジュ・メリエス監督とその作品たちが題材になっているというだけでもコアな映画ファンはドキドキワクワ
>>続きを読む

15時17分、パリ行き(2018年製作の映画)

3.9

実際に起きたテロ事件の当事者が主役を演じるという斬新な作品
しかも素人とは思えない演技の上手さでびっくり
ドキュメンタリー感が強かった

自分は戦争に対する考え方がかなり日本人的だということに気付かさ
>>続きを読む

シェイプ・オブ・ウォーター(2017年製作の映画)

4.2

ギレルモデルトロ作品で1番好き。
異色のラブストーリー。
衝撃のラスト。

帝一の國(2017年製作の映画)

3.6

アニメを見ているかのような振り切れたリアクションの演技は凄い。
普通に面白かったし菅田将暉さん他の俳優陣の演技力あってこそ成立していると感じた。

アヒルと鴨のコインロッカー(2006年製作の映画)

3.8

ボブディランが切なくて優しい雰囲気を醸し出す。
他のミステリーとは一味違う素敵な作品。
これが伊坂ワールドか!

>|