リリーさんの映画レビュー・感想・評価

リリー

リリー

特に80年代から90年代の洋画が好きです。勿論最新作もぼちぼち鑑賞します。

観た映画を記録する為に使っています。

映画(217)
ドラマ(8)
  • List view
  • Grid view

ピーターラビット(2018年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

ジェームズコーデンのピーターラビット最高!

可愛いだけじゃないピーターの姿がよく表現されていると思います。

トーマスマクレガーさん意外といい人、カッコよかった。

スズメのラップ笑いました。

ミッドナイト・サン ~タイヨウのうた~(2018年製作の映画)

3.8

冒頭から結末は読めてしまったしストーリー展開もありがちでしたが泣きました。

パトリックシュワルツェネッガーが思ったよりアーノルドシュワルツェネッガーに似ていて驚きました笑

君の名前で僕を呼んで(2017年製作の映画)

4.8

綺麗だった。
クラシックが聴きたくなる。
時間があるときにまったりと観たくなる。
何気ない一言に重みを感じた。

ミス・ポター(2006年製作の映画)

3.7

ただの恋愛映画かと思ったら、イギリスの階級制度や当時の女性の立場など垣間見ることが出来ました。


ピーターラビットの公開前に観たかったので観れてよかったです。

T2 トレインスポッティング(2017年製作の映画)

3.5

個人的にはやはり前作のが内容が濃かったように思います。
ただ、1作目を観てから時間が経って忘れてしまった部分もあると思うので2作連続でもう一度観たいです。

ザ・ブラザーフッド(1986年製作の映画)

3.0

好きな役者さんが居ないと観ていて退屈してしまいそう、、、

わたしを離さないで(2010年製作の映画)

3.9

誰かの為に生かされた体だったとしても彼らはただの人以上にに人間的だったと思います。
彼らは感情に翻弄され最善の選択が出来ていなかった様に思いました。


p.s.今ならわざわざ人間を作らなくても臓器だ
>>続きを読む

教授のおかしな妄想殺人(2015年製作の映画)

3.2

コメディーと書いてありましたが、そんなにコメディーって感じではありませんでした。

ベガスの恋に勝つルール(2008年製作の映画)

3.3

ザ•コメディーつ感じです。凄く馬鹿馬鹿しくて面白かったです。何となくテンションを上げたいときに観たいです。

ベイウォッチ(2017年製作の映画)

3.0

ガッツリアクションかと思ったらコメディテイストで面白かったです。
ただ中途半端なシリアス展開が無ければもっといいと思います。

絵文字の国のジーン(2017年製作の映画)

-

機内で観ました。

後日ラジー賞と知って吃驚しました。

スマホの絵文字の世界とかシュールすぎます。途中気づいたら寝てしまったので評価はできません。

パディントン 2(2017年製作の映画)

4.0

ロンドンから帰国後に見たので街並みとかで「あっ!ここ行った!!」とか言う気持ちが湧いてきて第1作目より楽しめました。


無さそうですが次作が観たいです!!!!

リメンバー・ミー(2017年製作の映画)

4.0

死についてのストーリーは重くて心が沈んでしまいがちですがリメンバーミーは愛に溢れたストーリーで観ていて心が温かくなりました。

なんちゃって家族(2013年製作の映画)

3.5

この旅を通して皆んなの人間性が成長していると思います。

ターミネーター(1984年製作の映画)

4.0

サラが普通に乙女でした。
2しか観ていなかったのでT-800の優しいイメージが今作とのギャップに吃驚しました。

ザ・ウォッチャー(2000年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

犯人が最初から分かっているので推理要素は無いが、犯人とジョエルの心理戦を観るのは面白かった。

場に不釣り合いなBGMに吹いた。

また、主要捜査官が体調やられてる設定も意外とありきたり。

グッバイ・クリストファー・ロビン(原題)(2017年製作の映画)

4.0

これはクリストファーロビンの人生だが、色々な子役の人生にも当てはまると思う。

>|