りりさんの映画レビュー・感想・評価

りり

りり

レディ・イン・ザ・ウォーター(2006年製作の映画)

2.8

プールのある集合住宅の管理人が、不思議な少女に出会ったことから、住人たちを巻き込んで少女の願いを叶えるために奮闘するファンタジー。
これは…なんだろう…現代のお伽話だろうか…。どんな風におもしろがれば
>>続きを読む

プラットフォーム(2019年製作の映画)

3.0

食べ物が上階から下階に降りてくる謎施設に閉じ込められた人々を描いたSF?ファンタジー?。設定が奇抜でおもしろい。格差社会やキリスト教的思想など様々なメタファーが散りばめられている感じで、考察するのが好>>続きを読む

ケイティ(2002年製作の映画)

2.4

かわいくて優秀なあの子が実は…っていうヤンデレ系サイコサスペンス。タイトルと主演者名が同じなのは、多分偶然かな? 楽しめなかったわけではないけど、特筆すべき感想があまり思い浮かばなかった。

トゥームレイダー2(2003年製作の映画)

3.0

昔々に見たけど、ほぼ忘れて初見状態。冒頭の海中遺跡はワクワクしたが、それ以外は都市部での展開が主なのでちょっと遺跡要素が薄くて物足りなかった。トゥームレイダーならもっと遺跡で暴れてほしい。若々しいジェ>>続きを読む

劇場版『えいがのおそ松さん』(2019年製作の映画)

3.5

TVシリーズのようにドカンドカン笑える感じではないんだけど、大人の六つ子が少年の時の六つ子に語りかけるくだりは第2期オープニング曲「君子危うくも近こうよれ」に込められたテーマとつながる感じで結構いいな>>続きを読む

ジャック・リーチャー NEVER GO BACK(2016年製作の映画)

3.1

ジャック・リーチャーシリーズ2作目。よくあるシリーズもののように、毎回ヒロインが変わる構想があったのかな? これ以降続編はないみたいだけど…。
今回は身に覚えのない容疑で逮捕されたことから悪徳軍事会社
>>続きを読む

アウトロー(2012年製作の映画)

3.2

このレビューはネタバレを含みます

2度目の鑑賞。トム・クルーズ演じる元軍人のメチャ強自由人がある無差別殺人事件を追うアクション。あんまりキラキラしてない無骨な雰囲気のトムが見れる。普通におもしろい映画なのに、ほぼストーリーを忘れていて>>続きを読む

ザ・ファブル 殺さない殺し屋(2021年製作の映画)

3.4

全体的に前作よりも今作の方が好きかも。足場が崩れるアクションはハラハラできて楽しかった。

ヨウコ大好きなんだけど、木村文乃のヨウコはビジュアルも雰囲気もはまってて好き! 今回はヨウコの見せ場も多かっ
>>続きを読む

ロッキー・ホラー・ショー(1975年製作の映画)

3.3

1975年のミュージカル映画。フェティッシュな雰囲気のカルトムービーということで気になっていたものの長年見る機会がなく、やっと見れた! 基本情報を軽くググったけど、同名のミュージカルを映画化した作品で>>続きを読む

ハイド・アンド・シーク 暗闇のかくれんぼ(2005年製作の映画)

3.2

このレビューはネタバレを含みます

久々見返し。2005年の映画なんだね。
静かな郊外の家に引っ越してきた父親と娘の話。
オカルトホラーと見せかけて…サイコスリラーでした!というどんでん返し系。ミステリアスな少女を演じるダコタちゃんの存
>>続きを読む

クローズド・ガーデン(2017年製作の映画)

3.1

キャッチコピーの文面からは禁欲的な修道女達の生活を覗き見るかのような少しエロティックなものを予感させたが、実際は全く違った。カトリックの修道女を志望する少女達が、教会の厳格なしきたりのもとで、悩みなが>>続きを読む

13日の金曜日(1980年製作の映画)

3.8

そういえばちゃんと見たことないな〜と思い、ここしばらくシリーズ作品を鑑賞していたけど、古い作品なのに思った以上に見やすくて驚いた。変な言い方になるかもしれないけど、映画としてちゃんとしてる! というか>>続きを読む

オーメンIII 最後の闘争(1981年製作の映画)

2.5

大人になったダミアンの話。子供&少年時代の愛らしい姿の中に邪悪なものを潜ませている不気味さ(いわゆるギャップ)が、ダミアンが大人になったことで薄まっていたのを感じた。でもダミアンの物語を完結してくれた>>続きを読む

ビハインド・ザ・ウォール 呪縛館(2018年製作の映画)

1.5

評価が低いと逆に好奇心が湧いてきたから見てみた。いわゆる家系ホラーなんだけど、たいして怖くないうえに、結局元凶が不明なまま終わるし、母親と元夫の間にはなにがあったのか?などそのほかの気になるところもこ>>続きを読む

ミッシング・ガール(2017年製作の映画)

2.8

このレビューはネタバレを含みます

若いセレブ女優が自宅で事故死、付き人の主人公は容疑者とみなされてしまうが…というサスペンス。「邦題??失踪っていうか死んでるじゃん…」と思ってたけど、オチを知るとタイトルから早くもネタバレしていたこと>>続きを読む

新感染半島 ファイナル・ステージ(2020年製作の映画)

3.0

新感染の続編。列車内という閉鎖空間で起こるゾンビパニックが特徴だった前作と比べて、今作はよくあるゾンビパンデミック後の崩壊都市でのサバイバルアクションなので、残念ながら前作ほどのインパクトはなかったよ>>続きを読む

ザ・フライ(1986年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

先日「ジュラシックパーク」を見た時にそれまで何度見てもあまり興味なかった(ごめんなさい)ジェフ・ゴールドブラムの魅力に気づいてしまったので、ハエ化する前はラブラブな恋人2人の様子はかわいくて、本当に楽>>続きを読む

アビス(1989年製作の映画)

4.4

このレビューはネタバレを含みます

深海で謎の生命体に出会うSF。
これ大好き〜。久々に見たんだけど、やっぱりいいよね…。深海遭難パニックものとしてのハラハラ感やドラマももちろん見どころなんだけど、個人的に好きなのは暗い海の中で出会う謎
>>続きを読む

ウェア 破滅(2013年製作の映画)

2.5

現代版オオカミ男映画。オオカミ男の特徴を遺伝病とした新解釈がおもしろいのと、後半、ある登場人物の様変わりが不気味でよかった。しかし、カメラワークが揺れまくり&所々POV風演出が混じる感じで見づらかった>>続きを読む

ミッドナイト・スペシャル(2016年製作の映画)

3.2

超能力を持つ少年を連れて逃げる父親の話。
なんとも静かなSF。個人的にはこういう雰囲気も悪くないなぁと感じた。お別れのシーンがサラッとしているところとか結構好きかも。目からビームは絵的におもしろみが出
>>続きを読む

ヴィクター・フランケンシュタイン(2015年製作の映画)

3.2

2015年の映画。ジェームズ・マカヴォイとダニエル・ラドクリフか〜。こんな映画あったんだ?と思ったら日本では劇場公開してしてなかったみたい。題名の通り怪物(人造人間)を作り上げた科学者フランケンシュタ>>続きを読む

ホワット・ライズ・ビニース(2000年製作の映画)

3.0

ゼメキス監督のサスペンスホラー。2000年の映画。このへんの年代のサスペンスは見やすくて結構好き。湖畔の家に暮らす夫婦が隣人の怪しい言動に疑いを持ち始めたことをきっかけに、隠された秘密に辿り着く話。湖>>続きを読む

何者(2016年製作の映画)

3.3

このレビューはネタバレを含みます

就活生たちの苦悩や心の闇を描いた物語。キャスティングがそれぞれ役の雰囲気に合っていたように思う。就活をテーマにした作品って珍しいのと、若者たちの人間関係と就活の行方が気になって飽きることなく最後まで見>>続きを読む

ピーターラビット(2018年製作の映画)

3.3

絵本のピーターラビットのイメージとはかけ離れた躍動感のある展開に驚くが、笑えるしとにかくウサギたちがかわいくて楽しかった! このアレンジを許せるかで評価は分かれそうだけど、下品な感じではないし全年齢楽>>続きを読む

遊星からの物体X(1982年製作の映画)

3.8

これ、古い映画だけど大好きなんだよね〜。雪と氷に閉ざされた極地の観測隊が謎の生命体と対峙するホラー。不安を煽る不気味な音楽と、ダークな雰囲気たっぷりの画面作り、モンスターの造形と動きも見事だし、隊員達>>続きを読む

CURED キュアード(2017年製作の映画)

3.2

ホラーも見てるよ!ゾンビ状態から回復した人々を描いた一風変わったゾンビもの。ゾンビ映画はジャンルとして成熟しているので、近年はこういうちょっとひねった設定の作品も出てきておもしろい。ゾンビのパンデミッ>>続きを読む

カエル少年失踪殺人事件(2011年製作の映画)

3.0

遊びに出かけた少年5人が突然失踪した韓国三大未解決事件の1つを題材にしたサスペンス。どこまでが事実なのかよくわからないが、家宅捜索のシーンが横暴かつオープンすぎてドン引き。韓国のサスペンスを見ると警察>>続きを読む

SECURITY/セキュリティ(2016年製作の映画)

3.0

元軍人の男が、商業施設の夜勤勤務中に何者かに終われ逃げ込んできた少女を保護し、彼女を追ってきたヤバい奴らと対決するアクション映画。見始めてすぐに大体の今後のあらすじを予測できるというベタベタな脚本だけ>>続きを読む

キングコング対ゴジラ(1962年製作の映画)

3.2

ゴジラ3作目。前2作のようなドラマ性重視の脚本から一転、コメディ映画で明るく楽しい感じ。こういうのもいいね〜。今作のゴジラはずんぐりむっくりしていてなんだかかわいいような?キングコングvsゴジラはキン>>続きを読む

友罪(2017年製作の映画)

2.8

最近知り合った友人が過去に世間を騒がせた凶悪犯罪者だったら?というテーマを基に、犯罪者を取り巻く様々な苦しみが描かれている。原作は未読だが、映画を見る限りでは、思考のきっかけを投げかけることが目的で答>>続きを読む

トゥームレイダー(2001年製作の映画)

3.0

ちょっと前に「トゥームレイダー ファーストミッション」を見て久々にアンジー版を見たくなったので見た。2001年なので、グラフィックも今見るとちょっとレトロ笑 ストーリーも非常にシンプル、シャワーシーン>>続きを読む

バック・ノール(2020年製作の映画)

2.8

フランスの麻薬捜査官の話。実話を元にしているらしいけど、フランスってこんな無法地帯で危険な集合団地があるのか…。
命をかけて頑張ったのにこの仕打ち!つらい!上司も、一緒に麻薬の押収をしてた別班の捜査官
>>続きを読む

イン・ザ・カット(2003年製作の映画)

2.5

メグ・ライアン主演のエロティックサスペンス。ふわふわ幻想的な撮り方で、悪い夢のような空気感。登場人物もみんなどこか刹那的に生きていて、真犯人が誰かなんてどうでもよさそう。随所に出てくるポエムも相まって>>続きを読む

デス・レース(2008年製作の映画)

3.2

そろそろステイサムを摂取しとくか〜〜ってことで見た。マッドマックスみたいな装甲車で囚人が命をかけたレースをするという倫理観がやばい内容ながら、意外にもラストは超ハッピーエンド! しっかり憎らしいやつに>>続きを読む

死国(1999年製作の映画)

2.5

ジャパニーズホラーを再考してみたくて見返してみることに。まずは99年の「死国」(これから見始めたことに特に意味はなし)。長崎俊一監督。公開当時は「リング2」と同時上映だったらしい! 改めて見ると、内容>>続きを読む

ブラッド・レッド・スカイ(2021年製作の映画)

3.0

このレビューはネタバレを含みます

ハイジャックサスペンスと吸血鬼ホラーを融合させたようなパニックもの。事前情報無しで見たので、母親が実は吸血鬼という設定にまず驚く。物語は想像以上に状況が目まぐるしく変わり、先の展開が読めないのでドキド>>続きを読む

>|