りりるびさんの映画レビュー・感想・評価

りりるび

りりるび

映画(108)
ドラマ(0)

それでも夜は明ける(2013年製作の映画)

3.5

ストーリーはシンプルながら、史実ならではのリアル感。差別、奴隷制あれこれ考えさせられる。

インターステラー(2014年製作の映画)

4.5

SFおとぎ話のはずなのに、現実の話を見たかのような充実感。あり得ない話を丁寧に理論武装してくれるので引き込まれました。

レヴェナント:蘇えりし者(2015年製作の映画)

4.4

ストーリーとしては思い返すとシンプルだけど、見応え十分。リアル感満載の迫力あるシーンの連続に、引き込まれた。

エターナル・サンシャイン(2004年製作の映画)

3.0

最初の10分と最後の10分は評価5。途中の1時間はねてても大丈夫なくらい退屈。惜しいなーって感じ。

GANTZ:O(2016年製作の映画)

4.0

息をする間もない展開、初見でも分かりやすい世界観の説明、綺麗な映像、本当にびっくりした。

告白(2010年製作の映画)

3.4

面白かった、、はずなんだけど、、何だろうこの物足りなさは。

犬と私の10の約束(2008年製作の映画)

1.0

内容、演出最悪レベル。トヨエツと犬で何とか観てられた、、だけ。

信長協奏曲(2015年製作の映画)

3.9

面白かった。ストーリー良いね。小栗君を再評価。

君の名は。(2016年製作の映画)

4.2

色々言われているけど、映像のみならず内容も充分面白かった。意外な展開も複雑な設定も分かりやすく◎。感動を求める人には物足りないかも。途中で結論を予想できなかった久々の作品。

(1954年製作の映画)

4.1

哀しい切ないシーンが多いのに、なんか愛おしさを感じる映画。ストーリーが作り込まれた最近の映画と異なり逆に新鮮。

アラビアのロレンス(1962年製作の映画)

4.0

史実のため、知識ないと誰が敵かも分からず、凄い退屈。1回目はウトウトしながら観たが、少し歴史背景学んでから観たら、急激に面白さ感じてビックリ。
単なるヒーロー史実ではないのが味わい深い。映像美も◎。

ボクの妻と結婚してください。(2016年製作の映画)

1.0

タイトル以上の内容が何一つない。過去一番つまらん、くだらない映画だった。

ハクソー・リッジ(2016年製作の映画)

3.9

感動することが許されないくらいリアルな戦争の壮絶さ、恐怖、はかなさを感じることのできる作品。いやー凄い作品です。

インデペンデンス・デイ(1996年製作の映画)

2.9

古い時代の映画だからか、自分が年取ったからなのかこんなに物足りなかったっけ?テレビの再放送を観た感想。

スラムドッグ$ミリオネア(2008年製作の映画)

4.6

面白い、の一言で表現するのはこの作品に失礼を感じるほど。ジャマールの人生の喜怒哀楽を一緒に歩んだ感じ。映像美、先の読めないストーリー、社会問題、盛りだくさん。

>|