りささんの映画レビュー・感想・評価

りさ

りさ

記録用、内容はさておきの感想。覚えてる限り。

映画(64)
ドラマ(0)

カランコエの花(2016年製作の映画)

-

ただ、あなたを守りたかった。
その思いが相手を傷つけ、そして自分も傷ついてしまう。

検察側の罪人(2018年製作の映画)

3.4

初日舞台挨拶にて。
登場人物をもう少し丁寧に描きましょう。

子どもが教えてくれたこと(2016年製作の映画)

4.0


仕事柄見ておこうと思い。
こどもは大人が思ってるより、繊細で強い。

フジコ・ヘミングの時間(2017年製作の映画)

4.1

好きなものに囲まれてる生活と自信、羨ましい。家何個あるのかな……

ワンダー 君は太陽(2017年製作の映画)

4.0

みんないい人の話。
意外とお涙頂戴じゃなかった。洋画で必ずある宿泊学習みたいなのは日本の500倍楽しそう

パターソン(2016年製作の映画)

3.9

子供のスマホケース可愛すぎる。
毎日なんも変わらないと思いつつも何か変化してる毎日が羨ましくて仕方ない。という妬みを込めて。

万引き家族(2018年製作の映画)

4.2

コロッケとカップラーメンは何も悪くない、正義。

恋とさよならとハワイ(2017年製作の映画)

3.8

ポンピングブレーキはいずれはブレーキがかかってしまう、そんな恋の話。

沈まない三つの家(2013年製作の映画)

3.8

天才の変態の監督の作品。だらだらとした家で見たい、まあまさしくそのように見たのである。
コンビニの店長と結婚したい。

勝手にふるえてろ(2017年製作の映画)

4.3

分かる。妄想と現実が分からなくなって妄想で美化してしまうこと良くある。現実を見ないふりすることが拗らせてるというものか。
でも最終的にはハッピーエンド、私もそうなりたい。これもまた拗らせてる。

四月の永い夢(2017年製作の映画)

4.0

好き嫌いはあると思うけど私は中川監督の作品は好き。
恋人を失ったことと求愛されている、顔が可愛いという大事なこと以外はなんとなく初海と同じような感じ。楽をしてしまってなかなか前に進めないでいる。

溺れるナイフ(2016年製作の映画)

2.0

菅田将暉と小松菜奈のための映画。私小松菜奈に似てるって数回だけ言われたことあるんだけど、その人まじで目が腐ってると思う、小松菜奈かわいすぎて馬鹿にされてる気分

ピンクとグレー(2016年製作の映画)

3.0

理解力の問題がついていかなかった。すだまさきっす。

ノルウェイの森(2010年製作の映画)

3.5

なぜか初日に1人で観に行った、当時の私には官能的だった

>|