とんさんの映画レビュー・感想・評価

とん

とん

映画(179)
ドラマ(0)

テッド・バンディ(2019年製作の映画)

3.2

あんなに証拠揃いなのに
無罪であってくれと願い続けちゃった、
好青年に化けてくれたおかげで脳内お花畑でしか見れない!もう完全に骨抜き状態でした
人気者が化けの皮が外れる様はまじで恐怖と損失感が半端ねぇ
>>続きを読む

ブギーナイツ(1997年製作の映画)

3.0

70〜80sが舞台のポルノ作品
好き要素つまってるのに
何故かハマらなかった
有名人ものの映画はなんとなく話の流れ読み取れちゃうところが私的にだめなのかも
でもポルノ作品に携わる人達それぞれのドラマが
>>続きを読む

ブラス!(1996年製作の映画)

2.9

炭坑労働者によるブラスバンド
音楽よりも炭坑がバリ強め。
炭坑(社会派)のストーリーが強い割に、その後の一文無しになるみんながどうなるのかわ分からず終わるのがなんか、腑に落ちないよー🤧そして、ユアンマ
>>続きを読む

オースティン・パワーズ(1997年製作の映画)

4.0

頭からにしてみれる
おふさげオンパレード映画
ポップでカラフルな世界観たまんねーし、ど下ネタもたまんねー!
1年に1回はこういう映画みて、
肩の力を抜いていきたいお
にしても今年観るのはやすぎた

マスカレード・ホテル(2019年製作の映画)

2.8


2020年初映画はキムタク!ゲッチュ
TV放送してて、ついつい観てもうた
映画っていうよりもテレビドラマ感が強いなって思った。テレビで観るには丁度いい。ゲッチュ!

太陽を盗んだ男(1979年製作の映画)

2.9

後半ゲラ笑いした
菅原文太さんのアッパレな死に方
見事だったお

戦場のメリークリスマス(1983年製作の映画)

3.3

西洋と東洋(というか日本?)の価値観の違いを思い知らされて、面白い
未だに社会に蔓延る精神論的な考えはこの時代から日本人のベースとなって形成されたんじゃねと思うお🤧

戦時中の話なのに、戦うシーンがゼ
>>続きを読む

キューブリックに愛された男(2016年製作の映画)

3.0

天才に溺愛されてたエミリオさんの物語。宝箱のようにキューブリックとの思い出を丁寧に保存されていて、この方自身がとても素敵な人柄なんだなと、しみじみ

完璧主義者のキューブリックは
割と情があつくて、
>>続きを読む

草間彌生∞INFINITY(2018年製作の映画)

4.0


こんなに人間臭い生き様を生きる
人間みたことないかも!心揺さぶられたよ!
強さも弱さも全部愛おしくなる
かっこいい、水玉のおばちゃん

マン・オン・ザ・ムーン(1999年製作の映画)

3.0


全然顔のパーツ本人と似てないのに表情動作が極似すぎてそっくりにみえるのすごくねやばくねジムキャリー

恋する惑星(1994年製作の映画)

3.5


お洒落なBGMと映像の美しさに
騙されそうになったけど、
やってること普通に犯罪やがな

イケメンポリスでさえも
ブリーフはいてると萎えぽよります。
ブリーフの魔法こわい!

エル・トポ(1969年製作の映画)

3.6


めちゃめちゃカオスなのに
しっかり起承転結されてて
ほんとにウケる

なんでお父さんはしっかり服着てんのに息子全裸なんだよ、
やめろよぉって思いながらも
全身真っ黒の父と全裸の息子が馬に乗って砂漠の
>>続きを読む

月曜日のユカ(1964年製作の映画)

4.0

一体いつどきにあんなくせのある喋り方し始めたんだよってくらいに普通に喋る中尾彬衝撃なんだよぉ

ジョーカー(2019年製作の映画)

4.2

ひとの不幸は蜜の味っていうけど、
そんな概念吹き飛ばされた
笑えないし、泣けもしないし、
ひたすらに表情を失う作品だった
ただ、表情は失っても
感情にはズシっとくる
何かが得られました🤡

ナイト・オン・ザ・プラネット(1991年製作の映画)

3.4

お洒落なバーでお洒落なお酒を
嗜んだ、そんな気分になった。

メリーに首ったけ(1998年製作の映画)

3.2


櫻井翔が好きなタイプであげる
キャメロンディアスの「メリー」

メリー先輩、
障害の弟を第一に考える
内面も素敵レディ😔
これをタイプであげる
櫻井翔も素敵じゃん

(500)日のサマー(2009年製作の映画)

3.0

どちらにも共感出来ず、
置いてかける私の気持ち😣泣

監獄ロック(1957年製作の映画)

2.5


唐突にするキスが
頭突きする勢いでヒヤヒヤした
ヒヤヒヤするキスシーンなんて初めてだ

八月の鯨(1987年製作の映画)

2.8


私にはまだ早かったのかも
更年期迎えたらまた観ようと思う

ロケットマン(2019年製作の映画)

3.6

エルトンジョン自身が携わっているからか感情の浮き沈みが生々しく伝わってきた
ボヘミアンラプソディーよりも
心情の動きがわかりやすくて好きかも
でもオチがパッとしねー!
ハゲネタちょいちょい入れてくるか
>>続きを読む

永遠に僕のもの(2018年製作の映画)

3.6


人が淡々と死ぬ
ストーリーも淡々と進む
この淡々さが物語に引きこまれる要因とはなったが、結末もあっけなく、淡々と迎えました
この淡々さにこの映画の良さが詰まっているのだと思った
じぶんでも何言ってる
>>続きを読む

HOT SUMMER NIGHTS ホット・サマー・ナイツ(2017年製作の映画)

3.6

キラキラぴちぴちドンドン
ひと夏の恋って淡さが
美しーよね!(いーよね!)

スペースオディティのサビで
キスシーンくるの最高だった

T2 トレインスポッティング(2017年製作の映画)

3.6

穴兄妹にすすんでなるレントンが
心底クズでほっとしました
おっさんになっても青春くさい
おっさん達羨ましいのね

でも、良いオチで終わった映画だから
続編ある必要あったか疑問に思う

ホーリー・マウンテン(1973年製作の映画)

5.0

観るドラッグ💊
ど派手な演出と支離滅裂な登場人物
あらゆる欲がまみれた
世界観で視覚も心もヤられました
最後のオチで現実突きつけてられて
ビンタ二回された気分
ヤク漬けの体から毒を洗い流してくれる
>>続きを読む

スワロウテイル(1996年製作の映画)

5.0


日本語と英語と中国語が
ごちゃ混ぜの世界イェンタウン
ありそうでない世界観ナンダコレ!
charaと三上博史
charaと伊藤歩などなど
それぞれの関係性が美しくて、
超かっけェ!語彙力が足りねェ!

プーと大人になった僕(2018年製作の映画)

3.3

メリポピ2と大体内容一緒だと思った
これもうちのお疲れパピーに
観てもらい作品なのね。

ヘアー(1979年製作の映画)

2.6

私が思い描いていたヒッピーカルチャーはこんなものなのか、、、、😰
期待大で観たからちょっと萎えた
急展開すぎるオチは好きです

エレファント(2003年製作の映画)

2.8


ある日のある高校のある一日を
あらゆる学生に着目して物語が進む
一貫して、淡々と主観的な撮り方が
その日は当たり障りのない
ありふれた1日だったことをより感じた。
こわさ増し増したお。

あと、てめ
>>続きを読む

サタデー・ナイト・フィーバー(1977年製作の映画)

2.6


私がタイムスリップして、
70年代のクラブ行ったら
クラブ王になれるとみた。

アラジン(2019年製作の映画)

3.5

予告編みたとき、
ウィルスミスが
ウィルスミスすぎて笑った
役者も役もキャラ濃いから
ジーニーではないものに化してると
自信満々でみたけど、
すげぇよウィルスミス
ジーニーのひょうきんな部分に
良い意
>>続きを読む

名探偵ピカチュウ(2019年製作の映画)

3.5


ぴかぴか ぴかぴ ぴっかぴー
(可愛いから満足 可愛いは正義)

Love Letter(1995年製作の映画)

3.6

中坊の淡い恋愛たまんねー!
「藤井くん、明日の日直だれだっけ」
からはじまり、茶化された後に
「………連立方程式」って答えるシーン
二人の微妙な距離感が思春期くさくて、
エモいです😣this is エ
>>続きを読む

キルトに綴る愛(1995年製作の映画)

2.9


女は愛することで、
よくも悪くも新しい自分に
生まれ変われるんや☆ミ
っておばば達が教えてくれる

若かりし頃のおばば達が綺麗すぎ
愛が芽生える描写が美しかった😣

夫を亡くした悲しみから姉の夫と
>>続きを読む