riuさんの映画レビュー・感想・評価

riu

riu

何者(2016年製作の映画)

3.2

このレビューはネタバレを含みます

じわじわと不安感や居心地の悪さに支配されていく時間でした。。
就活の息の詰まる感じ、腹を探り合う仲間ーーイタくても寒くても発信し続けることで自分が自分であると言い聞かせる女、
何も踏み出さずに成功を妄
>>続きを読む

銀魂(2017年製作の映画)

3.3

原作詳しくないけどノリは知ってるくらいで、とにかくキャストが素晴らしい!ってんでそれだけを頼りに観に行きました。(あと舞台挨拶当たったので)
どのキャラもハマってて実写化ではよい方かと!
思いの外、普
>>続きを読む

夜は短し歩けよ乙女(2017年製作の映画)

3.5

大好きな四畳半のチーム再来!ということで、原作を知らぬまま鑑賞してきた。
これまたぶっとんでいるw というのが大雑把な感想。前半、ついていくの必死でしたw 最後ハッピーに話がまとまってくれてスッキリし
>>続きを読む

白ゆき姫殺人事件(2014年製作の映画)

3.6

面白かった。井上真央の地味で闇のある感じ良かった。
語り手が変わっていくにつれ本来の人間関係が見えていく展開、先が気になって見入った。「取材」が「番組」として表現されていくのも面白い。こうやって風評っ
>>続きを読む

この世界の片隅に(2016年製作の映画)

3.8

生きる強さと、嫁の生き様を感じる映画。
日常と、隣り合わせの戦争。それがリアルに詳細によく描かれていた。

溺れるナイフ(2016年製作の映画)

3.1

主役2人と、田舎の風景の美しさが際立つ映像でした。みずみずしく、生っぽいシズル感というか。
君の名は。にもあるように田舎の神事ってものは神秘的で魅了されやすいのかもしれない。
ラブストーリーとしてはま
>>続きを読む

SCOOP!(2016年製作の映画)

3.4

福山ハマリ役。リリーフランキーはもっとヤバかったw
俗っぽい仕事の俗っぽい映画。だけど仕事への熱量がメイン2人だけでなく、編集部メンバー各々の想いを感じられる。
終盤の事件は結構衝撃で、前半の軽快さと
>>続きを読む

君の名は。(2016年製作の映画)

4.1

期待を超えて面白かった!
冒頭の入れ替わり日常フェーズはクスッとしながら平和に観ていたけれど、中盤から意外な設定の連続。
時間軸をも超えるSF恋愛は、ロマンチックでした。
主人公たちの若さのエネルギー
>>続きを読む

シン・ゴジラ(2016年製作の映画)

4.0

ゴジラ作品初見。ドキュメンタリーのようなリアルさがゴジラを現実的な絶望として捉えることができ、3.11の映像が思い起こされるほどのシーンに呆然とするだけだけど、それでも日本の中心で戦う男たちの底力に胸>>続きを読む

セトウツミ(2016年製作の映画)

3.4

とにかくナイスキャスティング。あるあるな笑いが散りばめられた、ゆるくてコーコーセー独特の空気感ある作品。映画館のみんなとテレビを見ているような、気楽な鑑賞でした。感情の振れ幅がなく笑うだけの作品だけど>>続きを読む

名探偵コナン 純黒の悪夢(2016年製作の映画)

3.5

黒の組織絡みで力入っていた感。いつものアクションメインな様式美で安心して観れました。最後は少し切なげ。

ブリジット・ジョーンズの日記(2001年製作の映画)

1.0

感情が動く部分がなく終わってしまった…。絵面も地味で残念。