ロアーさんの映画レビュー・感想・評価

ロアー

ロアー

映画(546)
ドラマ(14)

スローターハウス・ルールズ(2018年製作の映画)

3.5

エリート寄宿学校に入った主人公が、仲間たちと一緒に水圧破砕で目覚めちゃったモンスターをやっつけるお話。

ネトフリ新作で上がってきたので何となく気になって観たものの、サイモン・ペッグ&ニック・フロスト
>>続きを読む

ハッピー・デス・デイ 2U(2019年製作の映画)

3.7

「ハッピー・デス・デー」の続きです。
えっ?今度その人主人公なの?と思いきや、われらがオラオラ女子は健在で、むしろ猛獣化が進行してました。「てめぇちょっと面貸せ!」とばかりに、オタク青年を放課後のお呼
>>続きを読む

ハッピー・デス・デイ(2017年製作の映画)

3.6

誕生日に謎のマスクの犯人に殺された主人公が、目覚める度、何度も同じ誕生日を繰り返し、何度も殺されながら犯人を突き止めようとする話。

話題になってた時から出遅れた感じがするけど、ようやく観ました。
>>続きを読む

ナショナル・シアター・ライヴ 2017 「一人の男と二人の主人」(2011年製作の映画)

4.0

殺された双子の兄の振りをしているレイチェル、その恋人で彼女の兄を殺して逃亡中のスタンリー。
事情を知らないまま、偶然、2人に仕えることになったハンセルは、主人が2人いることがバレないよう奮闘する。
>>続きを読む

ジャイアントベビー /ミクロキッズ2(1992年製作の映画)

3.5

「ミクロキッズ」で子どもたちを縮めてしまったパパが、今度は赤ちゃんを巨大化してしまうお話。

赤ちゃんは巨大になってもかわいいですね。いつもニコニコしてて無邪気でかわいいし、最後の解決方法が最高に好き
>>続きを読む

ミクロキッズ3(1997年製作の映画)

3.0

「ミクロキッズ」では子どもたちが縮小化、「ジャイアント・ベイビー」では赤ちゃんを巨大化、そして今度は大人たちが小さく縮んでしまうお話。

3作目になると、途端にキャスト変更したり劇場上映じゃなくテレビ
>>続きを読む

ハングオーバー・ゲーム(2014年製作の映画)

3.0

「ハングオーバー」検索してて見つけた「ハングオーバー」と「ハンガーゲーム」をベースに、色々ぶち込んだごった煮コメディ。

これ観たさに「ハンガーゲーム」シリーズを観始め「ハングオーバー」シリーズを総復
>>続きを読む

ハンガー・ゲーム FINAL:レジスタンス(2014年製作の映画)

3.5

政府がクソ過ぎて辛い(2回目)

ハンガーゲームから救助されたカットニスが、いよいよ革命の象徴マネシカケスとして立ち上がる話。
冷静に考えれば「レジスタンス」と「レボリューション」どっちが先か分かるの
>>続きを読む

ハングオーバー! 消えた花ムコと史上最悪の二日酔い(2009年製作の映画)

3.6

男4人がバチェラー・パーティーで酔っ払って記憶なくして、4人が3人になる話です。

登場人物たちと同じくらい驚くほど映画の内容覚えてなかったんですけど、とりわけ花婿のこと全然覚えてないな~って思っ
>>続きを読む

ハンガー・ゲーム(2012年製作の映画)

3.6

一時期、みなさん観てた時には「私はいいかな~」って思ってたんですが(えっ)「ハングオーバーゲーム」という、よくあるごった煮パロ映画の存在を知って、これ観たい!という不純な動機で観始めました(多分、そん>>続きを読む

ハンガー・ゲーム2(2013年製作の映画)

3.6

政府がクソ過ぎて辛い。

いきなり核心がぺろっと出ちゃいましたが、さくさっくっと2作目です。
1でハンガーゲームを生き延びたカットニス(ジェニファー・ローレンス)が、またもやハンガーゲームに参加させら
>>続きを読む

ハングオーバー!! 史上最悪の二日酔い、国境を越える(2011年製作の映画)

3.6

「ハングオーバー・ゲーム」鑑賞目指して「ハングオーバー!2」観ました。

前回、散々な目にあったにもかかわらず、またもやバチェラー・パーティーで酔っ払って男4人が4人になったと思ったら、やっぱり3人に
>>続きを読む

ピンチ・シッター(2011年製作の映画)

2.8

とにかく頭すっからかんで観れるコメディが観たくて「ハングオーバーゲーム」かこれの2択だったんですけど「ハンガーゲーム」シリーズまだ観てないし、今作にはサムロ出てるのでこっちです。

ダメダメジョナ
>>続きを読む

ザ・レポート(2019年製作の映画)

3.6

アダ活スペシャル10作目。
CIAの尋問プログラムに関する調査を任されたアダムが、9.11以降、CIAが強化尋問という名の拷問を行っていた事実を突き止め、明るみに出そうと奮闘する実話を元にした作品。
>>続きを読む

ミッドナイト・スペシャル(2016年製作の映画)

3.0

アダ活スペシャル12作目。
「ミッドナイト・スペシャル」と聞いて、最初「マジック・マイク」みたいな内容を想像しました(どうして!?)

残念ながらアダムが半裸で踊ったりはしてませんでしたが、ここでが
>>続きを読む

処刑人(1999年製作の映画)

4.0

すっごく好きな作品だったので、この面白さをみんなで分かち合ったら最高じゃない?って思いついてしまったら止まらず、「父と子と精霊の御名において同時上映会」開催しました!みなさんありがとうございました!>>続きを読む

スイス・アーミー・マン(2016年製作の映画)

3.6

ダニエル君の死体が、スイス・アーミー・ナイフのような最強のお役立ちツールとして遭難したポール・ダノを助けてくれるお話。

途中まで観て止まってた映画ですが、偶然にも3人が同じタイミングで別々のダニエル
>>続きを読む

ミクロキッズ(1989年製作の映画)

3.6

発明家のパパが作った縮小マシーンによって、うっかり6mmに縮んでしまった4人の子どもたちが、お家に帰るため裏庭で冒険を繰り広げる話。

子どもの頃、何度も観てたお気に入り映画のひとつ。確か、一時期ディ
>>続きを読む

追憶と、踊りながら(2014年製作の映画)

3.6

ウィショ君7作目。
息子カイを亡くしたカンボジア系中国人のジュンと、カイの彼氏だったウィショ君が、言葉も通じないまま仲良くしようとするもうまくいかないお話。

言葉が通じなくても伝わる
言葉が通じても
>>続きを読む

スケアリーストーリーズ 怖い本(2019年製作の映画)

3.3

公開前から楽しみにしてたのにコロナの影響で中々行けず、もう無理かと思ってたところで滑り込み鑑賞です。貸切と思いきや後から家族連れ来てちょっと残念。公開から結構経ってるし、他にハーレイちゃんの映画とか面>>続きを読む

ブラックパンサー(2018年製作の映画)

3.6

今までヴィヴラニウムとか、ちらちら話に出てきてたワカンダの秘密のベールがついに‼️(笑)

リミックス、ホームカミング、バトルロイヤルとコメディ路線の作品が続いてたのもあって、今回の正統派アクションヒ
>>続きを読む

ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 BIRDS OF PREY(2020年製作の映画)

4.3

ギャーこれもうホントホントホント大好き!
衣装も音楽もテンポも何もかも好きすぎてめちゃくちゃテンションあがる映画だった!!

開始10分もしないうちに、ちょっと待って、私この映画多分めちゃくちゃ
>>続きを読む

オール・チアリーダーズ・ダイ(2013年製作の映画)

2.4

死んだチアリーダーが、フットボールチームに復讐!
設定は面白いけど、B級ホラーにありがちのエログロかと思いきやエロもグロもなんか足りない。ただレズ要素を入れればいいってもんじゃない。オカルトにもなりき
>>続きを読む

パフューム ある人殺しの物語(2006年製作の映画)

4.0

ウィショ君祭5作目。「クラウド・アトラス」に続いて監督はトム・ティクヴァ。
ずば抜けた嗅覚を持って産まれたウィショ君演じるグルヌイユが、女性たちを次々に殺めてその香りを手に入れ、究極の香水を作るお話
>>続きを読む

愛の悪魔/フランシス・ベイコンの歪んだ肖像(1998年製作の映画)

2.8

ダニクレ祭6作目。
ピカソと並ぶ巨匠と称される画家・フランシス・ベイコンと、そのモデルで3人目の恋人だったダニクレ演じるジョージ・ダイアーのお話。

この映画のTシャツ買いました。ダニクレが白ブリーフ
>>続きを読む

アナと雪の女王/家族の思い出(2017年製作の映画)

3.4

リメンバーミーと同時上映の短編

原題では「オラフの冒険」とあるように主役はオラフ☃️
悪役や敵がいないのに、大惨事になっている辺りがやっぱりオラフらしくて、ドジだけど憎めない愛すべきキャラクターの魅
>>続きを読む

絵文字の国のジーン(2017年製作の映画)

3.0

スクリーンで●●太郎を観る日が来るとは・・・(隠しきれてない気が)

身近にあってなじみ深いし、見ただけですぐどんな性格か分かるし、
絵文字って確かにそれぞれすごくキャッチーで個性的なキャラクターにな
>>続きを読む

リベリオン(2002年製作の映画)

3.6

ガン=カタがとにかくかっこいい‼️

実際、どこまで実用性があるのか不明だけど、接近戦は確かに有効的っぽい。ガン=カタというと白服時の戦闘が主に取りざたされるものの、個人的には何気に対警官時の掌底っぽ
>>続きを読む

マイ・ファニー・レディ(2014年製作の映画)

3.3

確実にウディ・アレンを意識してるww
偶然の連続で登場人物たちが交錯する様子は古典的なコメディの要素もあって、舞台なんかでやったら楽しそうなドタバタ喜劇‼️

関係は複雑なのに少しもドロドロしてないし
>>続きを読む

素敵なウソの恋まじない(2014年製作の映画)

3.6

原作は「夢のチョコレート工場」で有名なロアルド・ダール作の「ことっとスタート」(全集を読んだ筈なのに内容を思い出せないのでもう1回読み返したい💦)

イギリスらしい雰囲気の、ちょっとファンタジックなラ
>>続きを読む

シン・ゴジラ(2016年製作の映画)

3.8

正体不明の生物が現れた。

米国(洋画)→よし、やっつけろ!
日本(邦画)→よし、会議だ!

好い( ^ω^ )

アナザヘヴン(2000年製作の映画)

3.2

当時何となく見た記憶が。
後半に行くにつれて面白くなくなっていくのが残念。

でも演じてる俳優さんたちが上手なので、個性的なキャラなのに浮いた感じしない所が素晴らしい!

そして、松雪泰子がキレイ!今
>>続きを読む

>|