ロカさんの映画レビュー・感想・評価

ロカ

ロカ

  • List view
  • Grid view

僕はイエス様が嫌い(2019年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

仲良しだった友達が突然こんな風に亡くなってしまったらどんなに悲しいだろうと思った。
ユラはたぶんまだ悲しみに浸り感じきるような段階には至ってなくて、余裕を無くしたのか無情な振る舞いをする教師に反抗し、
>>続きを読む

ブルーム・オブ・イエスタディ(2016年製作の映画)

1.1

このレビューはネタバレを含みます

生まれる前の祖父母の加害または被害のために苦しみ足掻き続ける二人の物語。一旦はリガへ行き祖父母の人生に急接近するものの、結局ホロコーストから離れたのは正解だったと思う。断ち切ることの難しい問題とちょう>>続きを読む

スノーピアサー(2013年製作の映画)

4.5

このレビューはネタバレを含みます

ドラマの続きが待てず…。ポンジュノ作品は初めて。殺人事件は起こらないし外の世界の状況もウィルフォードの正体も違ったので、おそらくドラマ版は全然違う展開になるのだろう。配信が楽しみ。

さて映画版はドラ
>>続きを読む

ヴィクトリア女王 最期の秘密(2017年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

また高嶺の花コンプレックスの男の話かー!と思ってしまったが、モハメドは野心だと言っていたのが良かった。
実際のところは、身が危ういと言われて帰国しなかったあたり野心100%ではなかったように思えるが、
>>続きを読む

バリー・シール/アメリカをはめた男(2016年製作の映画)

3.0

このレビューはネタバレを含みます

国からも犯罪組織からもいいように利用されやがて破滅するという実話に基づいた深刻な内容なのだが、明るく楽しい雰囲気にまとめられている。
このバリー・シールの物語からは「自分のやっていることの意味をよく考
>>続きを読む

ドラゴンボール超 ブロリー(2018年製作の映画)

5.0

このレビューはネタバレを含みます

今までのドラゴンボール映画の中で一番良かった!
Zのブロリーは怖いし意味がわからないし気味が悪くて好きではなかったのだが、再構築されたブロリーには好感しか持てない。
最初はただ息子を救いたい良心がある
>>続きを読む

アイリッシュマン(2019年製作の映画)

5.0

このレビューはネタバレを含みます

神父に扉を開けたままにしておいてほしいと頼む老フランク。
扉が開いているということは、心を開くことを暗示しているように思う。

ずっとフランクの心は閉ざされていた。
他人を理解するすべが乏しい状態だ。
>>続きを読む

マリリン 7日間の恋(2011年製作の映画)

2.0

このレビューはネタバレを含みます

マリリンは繊細な心と独特のメソッドを持ってるが故に外国の撮影現場で冷たく当たられ自信を失ってしまい、夫との関係にも大きく亀裂が入ってしまう。
ファンも取り巻きも大勢いるのに、おそらくいつも内心孤独で怯
>>続きを読む

はじめてのおもてなし(2016年製作の映画)

5.0

このレビューはネタバレを含みます

ドイツ映画を見るのは初めて。

何度も大笑いしてしまった。

老いていくことの苦しさと寂しさ、それを夫婦で分かち合うことができず心が離れ離れになっていくつらさ、難民のディアロはいわれない差別を受け亡命
>>続きを読む

ムーンライト(2016年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

全体の印象として、すごく寂しい映画だった。
寂しいけれども、同時にあたたかさと優しさを感じた。
月明かりのブルーは、哀しいけれどあたたかい色だった。

もし、いじめっ子を不意打ちでボコボコにやり返して
>>続きを読む

幸せなひとりぼっち(2015年製作の映画)

5.0

このレビューはネタバレを含みます

まず驚いたのは、オーヴェの死まで描かれていたこと。
なんとなくこういう、いくつもの悲しみを経験したおじいさんを巡る暖かい話の結末は、“その後おじいさんは隣人たちと幸せな余生を送りました。完”となって、
>>続きを読む

7月22日(2018年製作の映画)

5.0

このレビューはネタバレを含みます

ほんの数年前にノルウェーで起こった、あまりにも酷い事件。
たまたま居合わせてしまった被害者たちが味わった苦痛と恐怖、また多くのノルウェー国民が感じたであろう恐ろしさと不安を思うといたたまれない。
こん
>>続きを読む