romioさんの映画レビュー・感想・評価

romio

romio

映画(1679)
ドラマ(3)
アニメ(0)

トロール・ハンター(2010年製作の映画)

3.0

本当に、本当にいる!
ってジャケットが最高!

疲れてる時に見たい映画、何も考えずに見たい映画ってのが、世の中には必要なんだな、というのが分かる。

トロールが来るのかな、来ないのかな?
どんな姿なの
>>続きを読む

少林寺三十六房(1977年製作の映画)

4.5

ずっと見たかった作品だが、なかなか見れず。しかしネットフリックスにあったので試聴。

始まってすぐは、映像も古いし、カンフーもしょぼいし、期待も高かったからかなりつまらない印象だったが、
少林寺を習い
>>続きを読む

ダンガル きっと、つよくなる(2016年製作の映画)

3.8

ロッキー1〜クリードまで見たような満足感。

もっとコメディ色があるのかなと見る前は思っていたが、終始しかめっ面のアーミルカーンお父さんによるスポ根親子ドラマ。

レスリングで金メダルを目指すという話
>>続きを読む

トップガン マーヴェリック(2022年製作の映画)

3.3

しっかりとトップガンの続編だった。
エモいシーンというのか、そんな場面が散りばめられていて、前作からの時間がたった分だけの面白さがそこにはあった。
普通に見ても楽しいが、母のような、前作を映画館で見た
>>続きを読む

キャッシュトラック(2021年製作の映画)

1.8

監督はガイ・リッチーだったのかと、見終わるまで気付かなかった。

ひたすら地味で暗いボレロといった感じ。とにかく退屈だ。
キャラの掘り下げも扱いもどれも雑な印象をうけた。
それでもb級映画としての、ス
>>続きを読む

7番房の奇跡(2013年製作の映画)

2.5

ずいぶん前に見た作品で、その時にどんなレビューを書こうか迷って書けなかったが、消化しておこうと思い軽く復習。

例えるなら、唐辛子のいっぱい入った鍋に辛いから砂糖とおじさんをめっちゃ入れたような作品。
>>続きを読む

ジョン・ウィック(2014年製作の映画)

3.3

最初の30分で終わっていたら4.5
次の30分で終わっていたら4
次の15分で終わっていたら3.5
という感じの満足感。

絶対に怒らせては行けない男を、頭の悪いイキった息子が怒らせてしまう、終わった
>>続きを読む

グリーンブック(2018年製作の映画)

3.5

まったく嫌な気分にならない黒人と白人のハートフルコメディ。
期待を裏切らないという点だけでもありがたい映画。

とにかくトニーがいい奴すぎるということにつきる。
最初から最後までいい奴だった。
仕事が
>>続きを読む

父ありき(1942年製作の映画)

3.7

正月には小津だろうと思い鑑賞。

見ても見なくてももはや心が動かされる、そんな作品。
笠智衆がやはり素晴らしすぎて、
最初は、若い!と思うのだが、その後、月日が経っていくに従い老人へと変わっていくさま
>>続きを読む

007/ノー・タイム・トゥ・ダイ(2019年製作の映画)

3.0


ダニエルクレイグのボンド5作目。
オープニングのドライブからのアクションシーンからして、007はやはり面白いなと満足。
そして、ずっと見たかった、アナ・デ・アルマスのボンドガール。
予告編で一目惚れ
>>続きを読む

飛行士の妻(1980年製作の映画)

2.0


はやく、帰れや、

なんて思ってしまったら、多分、女心もこの映画にも向いていないんでしょう。

フランソワはキモいよな?と見ていながら全世界の人に俺は問いかけたかったが。そんなことはないのだろうか。
>>続きを読む

アンドレア・ボチェッリ 奇跡のテノール(2018年製作の映画)

1.8

バンデラスがいるのが面白い。

今年のユーロの開幕式でも歌を披露した盲目のテノール歌手、アンドレアボチェッリの半生を描いた自伝小説を映画化した作品。

話と話の繋ぎ方があまりスムーズではないなと見てい
>>続きを読む

MEG ザ・モンスター(2018年製作の映画)

1.5

ステイサムいるし、楽しみにしていて、楽しみたかったが、
まったく怖さのないサメ映画をいったいどうしたら楽しめるのだろうか。
そしてサメ映画がこんだけある中で、あまりこの映画のオリジナリティというか楽し
>>続きを読む

TENET テネット(2020年製作の映画)

4.4

最高に面白かった。

まず、主人公が魅力的ではない。
ここが俺は大事だと思います。背が小さいし、イケメンでもない、頭が良さそうでもない。
相棒はイケメンなのかはよく分からない、そんな感じ。そんなこいつ
>>続きを読む

ワイルド・スピード/スーパーコンボ(2019年製作の映画)

1.5

ステイサムとロック様のコンボで面白いはずなんだが、まったく面白くない残念な作品。
ヴィンディーゼルがやはり俺たちには必要なのか?

ストーリーが何もなく、アクションも工夫がないので見ていて非常に退屈。
>>続きを読む

イエスタデイ(2019年製作の映画)

4.0


傑作誕生の瞬間に立ち会える作品。

脚本がアバウトアタイムの方で監督はダニーボイルということで、何を見せたいのかがはっきりしているので、見ていてとても気持ちよく楽しむことができた。

また、このもし
>>続きを読む

ロスト・バケーション(2016年製作の映画)

3.4

海がめっちゃ綺麗な映画だったということで、最近有機ELのテレビを買った俺には大当たりだった。

映画的に面白いかと言われたらちょい微妙だが、サーフィンしている時の波の映像がとても綺麗でちょっと暇な昼間
>>続きを読む

ツレがうつになりまして。(2011年製作の映画)

3.4

久々の映画鑑賞。

ある日突然、鬱病になってしまった夫とその妻がいかに病気と付き合っていくかを描いた作品。
症状が出始めてから、妻のその理解が早く療養に努めてくれるので、社会の中での鬱というよりかは夫
>>続きを読む

皆はこう呼んだ、鋼鉄ジーグ(2015年製作の映画)

2.1

窃盗で日銭を稼ぎ、AV鑑賞が趣味という汚いおっさんが、突然超人的な力を身につけて、さあ、どうなるというヒーローものでありながら、日常感のあるアンブレイカブル的な作品。

おっさんが不器用に力を使ってい
>>続きを読む

コードネーム U.N.C.L.E.(2014年製作の映画)

3.0

薄味のスパイアクション。

冷戦下、CIAとKGBの腕効きのスパイが手を組むことになり、共通の敵に挑む。
短気で堅物なロシア人とプレイボーイのアメリカ人というお互いの性格の違いや、やり方の違いなどが見
>>続きを読む

ドラゴンボール超 ブロリー(2018年製作の映画)

4.0

これは面白い!!

パワーがどんどん上がっていくに連れ、面白さが半減していく印象を持っていたが。
今回のドラゴンボールはその向こう側の世界を見せてくれる作品だった。
めちゃくちゃ面白い。
ドラゴンボー
>>続きを読む

ONE PIECE STAMPEDE(2019年製作の映画)

1.3

バトルだけの映画ではあるが、その肝心の戦いがまったく面白くない。

敵がただでかくなるだけという。
そのでかいやつにチマチマパンチを当てるのを見ても、全然盛り上がらない。

豪華な映画になってもアメア
>>続きを読む

幸せなひとりぼっち(2015年製作の映画)

1.5

偏屈なじじいが、隣人との交流により心を暖めていくという毒にも薬にもならないそんな作品。

幸せなひとりぼっちという名前からして、自分は心を閉ざしてしまった。

そんな心を開いてくれたのは妻のソーニャの
>>続きを読む

Love Letter(1995年製作の映画)

4.0

岩井俊二監督の長編デビュー作ということみたいですが、かなり面白い作品でした。

ラブレターという題名を聞いて考えるのは、誰か好きな相手がいてラブレターを送るのか、少なくとも男性と女性がいてその二人によ
>>続きを読む

スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け(2019年製作の映画)

1.0

本当にこれで満足しているのか?
お前らマジか?というのを聞いていきたい。

ラストの終わり方は求めていたものだったし満足したが、
そこに至るまでの道中は絶望的なものだった。

まずもうよく分からないが
>>続きを読む

キング・オブ・コメディ(1983年製作の映画)

2.0

ジョーカーを見て、気になったので鑑賞。

結果、まんまジョーカーじゃねーか笑
ほぼほぼ、内容が同じで、びっくりした。

話はまあ面白いっつうか、ルパート・パプキンがヤバすぎて、けっこうドン引いてた笑
>>続きを読む

ネオン・デーモン(2016年製作の映画)

1.0

なんか、休めるところのない作品。
ひたすら、ひたすら、映像を見せ続けられる。
ひたすら、ひたすらだ。
抽象的で思わせぶりなシーンが永遠と続く。
落ち着かせてくれる場所がなく苦痛。

全然見ていて楽しく
>>続きを読む

スカイライン-奪還-(2017年製作の映画)

1.2

期待値はかなり低かったが、思ったよりも面白かった前作。
そして期待値が、上がっていざ見てみると、どんどんと雲行きが怪しくなってくる今作。

前作で、手も足も出なかった相手に、いよいよ前作のラストで希望
>>続きを読む

ジョーカー(2019年製作の映画)

4.7

全世界で暴動が起こってもおかしくないレベルで面白い!!
てかヤバすぎだろ。
まだ見てない奴は予告見て震えて、そのハードルを軽々と飛び越える傑作を早く見に行こう!!

最近見た映画の中ではピカイチ!!
>>続きを読む

デトロイト(2017年製作の映画)

1.0

2カ月ぶりに見た映画がこれだと堪える。
単純に胸糞映画は嫌いなので一点。
この作品に関しては少し見てやだなと思ったらもう見なくてもいいと俺は思う。

デトロイトの暴動を描いた作品なのかなと思っていたら
>>続きを読む

アイ・オリジンズ(2014年製作の映画)

4.4

最高以外の何物でもない!!
めちゃくちゃ見たかった映画でありその期待を全く裏切らなかった。
この映画を見た後、レビューをめちゃくちゃ読みたくなるし、書きたくなる!
伏線とかではなく、どんな風に他の人は
>>続きを読む

砂漠の流れ者(1970年製作の映画)

3.5

砂漠の真ん中で仲間に裏切られ、そこで誓う復讐劇。
サム・ペキンパー×西部劇ということで、ガッツガツのドロドロを期待したら、方向性は少し違った。
ほんわかしたオープニングの曲から、はぁ?舐めてんのか?く
>>続きを読む

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ(1999年製作の映画)

3.0

これが最高!!という意見をたまに聞いていたので、続編?のアディオスも出たことだし、気になっていたので鑑賞。

ブエナビスタソシアルクラブというバンド?アルバム?音楽?に関するドキュメンタリー作品。
>>続きを読む

ウインド・リバー(2017年製作の映画)

4.3

ミスティックリバーがめちゃくちゃ好きなので、なんとなく好きな匂いしかしなかったが、これがドンピシャ!!
見るのに少しパワーがいる、アメリカ、田舎、事件、雪、静寂、陰鬱の大好きな要素が詰まったサスペンス
>>続きを読む

ミスター・ガラス(2019年製作の映画)

3.8

いよいよ両雄並び立つのか!!と、もう見る前から楽しみで楽しみで。
いったい何が起こるんだ!?と。
そしていざ蓋を開けてみると、まさかのそんなストーリーなのかと、軽くびっくり。
あんな変な映画が2つ前に
>>続きを読む

>|