romioさんの映画レビュー・感想・評価

romio

romio

その世界に連れていってくれる雰囲気ある作品が好き。
3点からは面白い作品。
4点は満足!
4点代後半は考えるだけで涙が!
フォロー、いいね大歓迎です。

旅、登山、映画を愛している。
男、漢たれ!と望む

ギャング・オブ・ニューヨーク(2001年製作の映画)

2.0

たまたま録画していたものが残っていたので見てみると、これがびっくり。
ディカプリオ、キャメロンディアス、ダニエル・デイ=ルイス、リーアムニーソンとキャストが豪華でびっくり!!
当たり前だがみんな若い!
>>続きを読む

太陽がいっぱい(1960年製作の映画)

4.7

たまに、漫画やドラマなどで、イケメンに見つめられて女が、アララと気を失うという演出があるがそれがよく分かった。
おちるというのはこういうことを言うのだなと。
あまりにもイケメン。アランドロンがいかにか
>>続きを読む

リプリー(1999年製作の映画)

1.0

ダメだ。本当に苦手。
単純にこの手の嘘がバレるの?バレないの?の緊張感をまったく楽しむことができない。
むしろその緊張感が全てストレスに感じてしまい、もう途中は見ることも嫌だった。
主人公もヘンテコな
>>続きを読む

おかあさんにないしょ(2015年製作の映画)

1.5

ちょっと気になるレビューが多かったので見てみることに。
内容に関してはこの作品のレビューが物語っているように、なんじゃこりゃ〜なとんでもアニメーション。

やっぱ絶対、男より女の方がエグいこと考えてる
>>続きを読む

ゴースト・オブ・マーズ(2001年製作の映画)

3.5

面白いか面白くないかでいったら間違いなくつまらない。
ただ、もし2が出るならば絶対見るし。なんなら3までシリーズ化してくれても俺はよろこんで見るという。
これからのマッドマックス化に期待したい不思議な
>>続きを読む

12-12-12/ニューヨーク、奇跡のライブ(2013年製作の映画)

1.5

暴風域1280キロ、風速144キロのハリケーン「サンディ」のチャリティライブを追った作品。
あまりにも音楽に疎すぎて、名前聞いたことある程度の認識しかなかったため、楽しむことができなかった。

このチ
>>続きを読む

ブラザーサンタ(2007年製作の映画)

3.6

みんながみんな思っている通りの作品だとは思うが、サンタマジックというのか、めっちゃハッピーな作品で見てるだけで幸せを分けてもらえるような。そんなクリスマスにぴったりの映画。
ハッピー、最高!!

あん
>>続きを読む

ゴーストバスターズ(1984年製作の映画)

1.5

私だ。
お前だったのか。
騙されたな。
全く気がつかなかった。
そんな会話が聞こえてくるような作品。

今回、初めて見ました。音楽すらほとんど初めて聞きましたが、
キャラ、音楽、ストーリー、どれも平行
>>続きを読む

世界一キライなあなたに(2015年製作の映画)

3.6

ただのラブストーリーには興味ナッシンとまったく見る気がなかったんですが。
すごくよかったです!

何がいいって、ヒロインのエミリア・クラーク。
男だったら惚れずにはいられないその愛嬌満点の顔芸。
素直
>>続きを読む

ディア・ハンター(1978年製作の映画)

3.6

面白い。
3時間はあっという間に。ただしっかりと体には刻まれているそんなような。

ベトナム戦争に関する話だが、戦争映画ではなく、人々の心を追った作品。
序盤の長さは見せたいところは戦場ではなくそこな
>>続きを読む

シェフ 三ツ星フードトラック始めました(2014年製作の映画)

3.8

見終わって残るものは。
ハッピーとハングリー。そして女が超美人ってこと!スタイルの良さがハンパではない。人の手足はあそこまで細くなるのかと。

とにかくハッピーで、それがなによりも良かった!
SNSが
>>続きを読む

チョコレートドーナツ(2012年製作の映画)

3.0

微妙?
思っていたものではなかったというのが正しいのか。

見る前はブロークバックマウンテンやらキャロルのような、その社会の中で、個人対個人の心と心が触れ合ったり、擦れたり、ぶつかったりする作品を想像
>>続きを読む

スノーデン(2016年製作の映画)

3.5

えっマジで!?
こんな大事なことを俺は知らなかったよ!!
この前かなり仲良くなった人に、Facebook教えてよと言ったら、私は何もやらないようにしている。1984の世界は近いと言われたが。
その話。
>>続きを読む

狂い咲きサンダーロード(1980年製作の映画)

3.5

これはこれで安定感抜群の石井聰亙監督作品。

燃え滾る若さ。ぶつけどころのない憤り。
抑えきれないこの感情を男たちは外の世界に爆発させる。

マッドマックスの世界の頭ないヒャッハー軍団とはまた違う、
>>続きを読む

夢と狂気の王国(2013年製作の映画)

3.5

ジブリが見られる幸せもあと僅か。
これを見てる間、ずっと風立ちぬ、竹取物語すげー見たくなったし。トトロからまた見たくなった。

スタジオジブリの中の様子をちらっと見学するような作品。
宮崎駿、高畑勲、
>>続きを読む

ポルトガル、ここに誕生す ギマランイス歴史地区(2012年製作の映画)

2.0

著名監督4人によるポルトガルに関するオムニバス作品。

結論から言うと、カウリスマキ以降爆睡しました。
やっぱ、カウリスマキ最高!!
何も語らずとも、あと何時間でも見ていたいと見始め。
2話目のストー
>>続きを読む

ゾンビ/ダリオ・アルジェント監修版(1978年製作の映画)

3.0

最近のゾンビは走るし、動物に感染したり、頭よかったりと、もう手に負えない感が強いですが。
ゆっくりと彷徨うゾンビたちに、これこれ!という安心感を覚えます。

自分は旅行が大好きですが何が一番好きかって
>>続きを読む

野のなななのか(2014年製作の映画)

4.5

青い空。動かない。夜。
最高。

これもマジで面白かった!!
シネマゲルニカ最高!!
長岡花火で完全にヤラれてしまい、以来、大林監督のワールドをさまよっています。

三部作の他ニ作に比べると"ヤバいシ
>>続きを読む

ビリー・エリオット ミュージカルライブ リトル・ダンサー(2014年製作の映画)

3.5

映画を大好きになるきっかけの一つとも言える映画リトルダンサーのミュージカル版舞台の映画が上映されると知って。
最初に上映された時見逃し。
この作品はここ数年もっとも見たかったものの一つでした。
と言い
>>続きを読む

オペラ座の怪人 25周年記念公演 in ロンドン(2011年製作の映画)

4.0

マジかよ!?
180分間、ひたすら圧倒され続けます。
もしこれ会場にいたら感動しすぎて死ぬレベルです。
これも50周年にむけチケットを取り行かなくてはなりません!!

いったい映画版は何だったのかとい
>>続きを読む

レ・ミゼラブル 25周年記念コンサート(2011年製作の映画)

5.0

2018年最初の作品はこちら。
もう、紅白とか見ている場合ではなかった!!
もはや映画を見ている場合でもないのかもしれない。
ヒュージャックマンのレミゼも自分は大好きでしたが、あれはいったいなんだった
>>続きを読む

ストリート・オブ・ファイヤー(1984年製作の映画)

4.7

馬鹿みたいに好きな映画。
リーゼント、バイク、ロック、ケンカっていう、めっちゃ偏差値低い作品だが。
ごちゃごちゃ言わんと、これだけでもう最高に楽しめる。
映画でフォーメーション組むとしたら、オーバーザ
>>続きを読む

バーフバリ 王の凱旋(2017年製作の映画)

4.5

バーフーバーリ〜〜〜!!!!

今年の見納め映画はこちらに。
クッソ最高!!!
なにこの、スーパーエンタメ作品は!?!?
ひっさびさにこんなバカ映画を見た!!という感動!!
バカもここまでいくともう最
>>続きを読む

バーフバリ 伝説誕生(2015年製作の映画)

3.8

バーフーバーリー!!!
バーフバリ!バーフバリ!
バーフバリ!バーフバリ!
バーフバリ!バーフバリ!
バーフバリ!バーフバリ!
バーフバリ!バーフバリ!
バーフバリ!バーフバリ!

現在、バーフバリ2
>>続きを読む

マイ・プライベート・アイダホ(1991年製作の映画)

4.0

ガスヴァンサントの独特の見方で描く、母親を探す異色のロードムービー。
主人公も仲間もボロッボロで男娼としてその日その日をなんとか暮らしていく有様。
また主人公は突然眠ってしまうという持病も持っている。
>>続きを読む

霧の中の風景(1988年製作の映画)

4.0

アンゲロプロス監督の作品を見ていると、その映像の力に圧倒される。
画面がひくにつれ、心の中に世界が広がってゆく。映像を見るというより、勝手に入ってくるそんな印象をもつほどに。
登場人物がストーリーを語
>>続きを読む

愛と青春の旅だち(1982年製作の映画)

3.5

リチャードギアが若い!そしてめっちゃイケメン。
海軍士官を目指す若者たちというありがちな話で展開も全部読めてしまうが俺の大好物ストーリー。
音楽がいいので、ふとしたシーンでも名シーンに見えるのでズルい
>>続きを読む

アギーレ/神の怒り(1972年製作の映画)

3.8

大自然の中に浮かび上がる人間というもの。

むせかえるようなアマゾンの自然がそのまま映される画面。
映画という作品の世界。
幻の黄金郷。
自然の中に不自然な着飾ったスペイン人。
ドイツ語。
醜い人の性
>>続きを読む

いぬ(1963年製作の映画)

4.3

死ぬか嘘をつくか。

コートに帽子姿の男たち。顔にかかる帽子の影。
陰影の付け方があまりにもカッコ良すぎる。
とにかく無駄が削ぎ落とされたストーリー、ただフレンチノワールの世界に浸るのみ。
男の世界、
>>続きを読む

フラッシュダンス(1983年製作の映画)

3.6

やっぱ青春ダンス映画は夢がいっぱいあふれていて見ていて気持ちよい。
夢追い少女たちよ頑張れ!

ローマの休日(1953年製作の映画)

3.7

なんかちょっと年末は名作を見たくなる。ということでローマの休日をチョイス。
まったく外れない。

俺のおばあちゃん世代のオードリー。おばあちゃんのアルバムを見ると、みんなあの髪型。
久々に見たら思った
>>続きを読む

花筐/HANAGATAMI(2017年製作の映画)

4.3

あまりにも面白い3時間だった。
映画館で見たのもいい体験だったが、家で、最高だよ!最高だよ!と叫びながらみたい気もする。
章ごとにマジで拍手したい!
もうずっと見ていたかった。意味はほとんど何も分から
>>続きを読む

東京物語(1953年製作の映画)

3.5

小津作品は見る前は、穏やかな優しい静かな作品という勝手なイメージをもっていたが、
今作も思ってた以上にメッセージ性の強い、言ったら冷たい作品であった。だからこそ浮かび上がる日常の優しさというものはある
>>続きを読む

秋刀魚の味(1962年製作の映画)

3.0

俺が映画をよく見るようになって小津安二郎を知って、初めて見た作品がこの作品。
そしてこれが俺の中で最初で最後の小津作品となった。
見る前は俺絶対好きだなと思っていたのに。

改めて見てみたが、やっぱり
>>続きを読む

この空の花 長岡花火物語(2012年製作の映画)

4.7

いったいこの映画がなんなのか、俺にはまったく分からない。
そして、いったい俺は何に涙しているのかその理由すらまったく分からない。
想いが込められまくったそれは花火なのか爆弾なのかが無理やり胸の中にぶち
>>続きを読む

心が叫びたがってるんだ。(2015年製作の映画)

1.5

始まって5分で見るのを辞めようかと思った。
が、この題名の心が叫びたがってるんだを期待して最後まで見てみた。
見る前、俺はいろいろ心の中にたまるものがあれど、ためてためてラストその気持ちを舞台で昇華す
>>続きを読む

>|