rodemさんの映画レビュー・感想・評価

rodem

rodem

映画(168)
ドラマ(0)
  • List view
  • Grid view

バウンド(1996年製作の映画)

3.5

お姉さまになったウォシャウスキー姉妹の兄弟だった頃の作品だと思うと
また少し違った見方になりました

悪女/AKUJO(2017年製作の映画)

2.0

良く寝れました
最近見る韓国映画が以前とは比べ勢いが無くなってきてるのがわかります
細かいところまで作り込めてないし
結局何の事か良くわかりませんでした
アクションも最初と最後だけで
あとはダラダラと
>>続きを読む

マトリックス レボリューションズ(2003年製作の映画)

4.0

Mr. Anderson! Welcome back!
ではじまるアクションシーンは
映画史に残るタイマンの喧嘩劇場だ
降りしきる雨に突き刺すような雷鳴
まるでアニメーションのような表現
いつみても色
>>続きを読む

ボヘミアン・ラプソディ(2018年製作の映画)

4.5

1985年7月13日
場所はロンドン
ウェンブリースタジアム
私は確かにあの場所にいた
あの場所でクイーンの
フレディ・マーキュリーの
10万人の
魂が震えるのを目撃した

そう思える映画です!
ぜひ
>>続きを読む

ドラゴン・タトゥーの女(2011年製作の映画)

3.9

最新作を前に久々に見ました
ありきたりの評価になってしまいますが
やっぱりオリジナルの方が好きですね
リズベットの魅力が違います
リメイクにしては
よくまとまっていると思いますが
ラストシーンは余分だ
>>続きを読む

デッドプール2(2018年製作の映画)

4.0

「サノスはだまれ!」
グワッハッハッハハッ~
サイコーたまらんわ

え?ストーリー?
そんなんどうでもええやんけ

ノー・エスケープ 自由への国境(2015年製作の映画)

3.3

もう少し社会的なものを期待してたけど
違法移民と殺戮者の
チェイスサスペンス?ホラー?でした
古典的なわりには楽しめた方かと
もうひとひねり欲しかったけど
このシンプルさが作品の良さかも

バリー・シール/アメリカをはめた男(2016年製作の映画)

3.6

なかなか愉快な作品でした
「ナルコス」と言う
ドラマをみていたので
メデジンカルテルのことも
バリーのことも
彼の末路も知っていたが
ホントはシリアスで悲しいドラマなのに
皮肉たっぷりに笑い飛ばす
>>続きを読む

アトミック・ブロンド(2017年製作の映画)

3.3

シャーリーズ・セロンありきの映画
ちょっとわかり難くて
退屈なストーリーだけど
セロンのルックスだけで
なんとか乗り切ってしまう
そんなノリの映画です
最近のハリウッド女優は
微妙な映画で脱いでしまい
>>続きを読む

ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー(2018年製作の映画)

3.0

期待しすぎたのか普通でしたね
ドラマもアクションも普通
映像も音も普通
「らしさ」みたいなのが全くなかった
途中で眠たくなっちゃった

パトリオット・デイ(2016年製作の映画)

2.6

実話ベースで好く作り込まれてて
確かに良い映画なんだろうけど
私には刺さりませんでした
なんだろう?
「キレイごと」にしか見えなくて
アメリカ人の大好物ないかにも的な
そう言うのダメですね
ひねくれ者
>>続きを読む

エンド・オブ・ウォッチ(2012年製作の映画)

2.8

モキュメンタリー風だけど中途半端
臨場感も薄いし
物語に現実感が無くて
撮影方法とちぐはぐで
はっきり言ってヘタクソ
普通に撮ってもありきたりな映画なので
モキュメンタリー風味でやってみました
的な感
>>続きを読む

Death Note/デスノート(2017年製作の映画)

2.8

良いも悪いもアメリカンな仕上がりでしたね
普通の高校生とちょっと特殊な探偵の追いかけっこに成り下がっちゃった
悪くは無いんだけど元ネタが良いだけにもっと作れたんじゃないかな?

ジオストーム(2017年製作の映画)

3.0

なんか微妙にアルマゲドンを狙った感じが
ちょっとB級っぽかった
予告編そのままで思った以上のことも
特に目新しいこともなく
ただただ普通のパニック映画でした

ミッション:インポッシブル/フォールアウト(2018年製作の映画)

4.9

メチャメチャおもろいやんけ!
すげー引き込まれたわ
イーサン最高!シリーズ最高作?
いや!こんなアクション映画はなかなかお目にかかれないね
アクション、ストーリー、撮影技術
どれをとっても素晴らしい
>>続きを読む

ジェーン・ドウの解剖(2016年製作の映画)

3.2

途中で何度かうとうとしてしまいましたが
何とか筋だけは追うことが出来ました
意外と古典的な作品作りのなかで
「彼女の正体は誰か?」
この一点のみで成り立っています
低予算アイデア勝負なのに
今一つ物足
>>続きを読む

クワイエット・プレイス(2018年製作の映画)

4.0

緊張感がグリグリきました!
最近ちらほら見掛ける沈黙スリラーです
序盤こそ本当に静かな立ち上がりですが
中盤からラストまで一気に掛け上がる
緊張感は感動レベルでした
マッチョ系女優のエミリー・ブラント
>>続きを読む

オールド・ボーイ(2003年製作の映画)

3.5

独特の泥臭さと言うか
B級っぽさがやや鼻に付くが
原作の良さが上手く表現されていて
無難だったハリウッド版より面白い
米、韓を比較しても
結末は少し異なる上に
色がまったく違うので
ネタバラシを知って
>>続きを読む

ノクターナル・アニマルズ(2016年製作の映画)

3.8

意味を間違えなければ
これは凄い映画ですが
ちゃんと理解するこはちょっと難しいかも
エイミー・アダムスは
しっかり表情で目で演技しているので
そこをちゃんと読み取ることが出来る
なかなかの秀作
しかし
>>続きを読む

レッド・スパロー(2017年製作の映画)

3.0

ロシア人が見たら怒るやつだろこれ
ロシアを中心に巻き起こる
とってもアメリカンなお話に
ちょっと置いてきぼりを食らった感じ
アメリカ人の傲慢か終始英語なのが
しっくり来ないし疑問だし
主人公の心情が最
>>続きを読む

新感染 ファイナル・エクスプレス(2016年製作の映画)

3.0

普通
焦点は「ゾンビ」
じゃなくて「家族」
それも普通
韓国版ワールドウォーZかと思ったけれど
どっちかって言うとタワーリングインフェルノ
でも普通
ちょとがっかり映画でした

時をかける少女(2006年製作の映画)

4.0

久々に見た
オレにもこんな時期あったんかな~
そんとき大事だったもんて
何だったんだろ~
もっと大事にしときゃ良かったんかな~
今でもまだ間に合うことかるかな

夏の終わりに相応しい物語でした…

ファイ 悪魔に育てられた少年(2013年製作の映画)

2.7

思ったより薄味でした
イマイチ主人公に感情移入出来なかったのと
濃い登場人物が多過ぎて
とっちらかってしまい
あまり意味のないものになってた気がします

息もできない(2008年製作の映画)

4.2


とても悲しい物語でした

10年ほど前の作品ですが
韓国の現状を映し出しているのか
昭和の日本の暗い部分にも共通するものがありました

暴力は暴力を生み
そこから抜け出そうと足掻くものを
あざ笑うか
>>続きを読む

アヒルと鴨のコインロッカー(2006年製作の映画)

2.3

伊坂幸太郎の作品は何冊か読んだことがあるのだけれど
どうも私には合わない
青臭いと言うか稚拙と言うか
話の筋がお願いだからそっちへ行かないでと思う方へ必ず向かう
結末が途中で読めてしまってそれ以上は膨
>>続きを読む

ディストラクション・ベイビーズ(2016年製作の映画)

3.8

多くを語らないこの作品は
何処へも向かわない無垢な暴力と
それに染まる周囲の物語

暴力には魅力がある
普段は嫌悪しながらも
こんな作品を見ると
そのかっこ良さに
憧れのような気持ちを抱いてしまう
>>続きを読む

告白(2010年製作の映画)

3.5

これはなかなか面白かった
松たか子もなかなか良い役者なんだと思った
感情を抑えるところと
抑えきれず溢れてしまうところの演技が
凄く魅力的でした

渇き。(2013年製作の映画)

2.0

この監督は何を勘違いしてしまったんだろう
タランティーノやポンジュノに憧れてるのかな?
映像もストーリーも支離滅裂で
まったくまとまりがなく
誰がこんな企画に巨額なお金を投資したのか
いろんな疑問しか
>>続きを読む

哀しき獣(2010年製作の映画)

3.8

こう言う映画を見ると
韓国映画界もまだまだすごいなと思います
邦題の付け方が相変わらず酷くて哀しくなります
原作は「黄海」ですかね
中国と朝鮮半島の間の海のことのようです
韓国と北朝鮮それに中国とは
>>続きを読む

ジョン・ウィック:チャプター2(2016年製作の映画)

3.7

コミックが原作なのかと思えるくらい
良く出来た微妙な世界観ですね
銃撃戦闘シーンはファンタジーです
ただし本当に最強なの?と思ってしまうくらい
まじめで実直な主人公は
ヒットマンには向いていないと思う

アウトレイジ 最終章(2017年製作の映画)

3.5

老害と言うのか
この国のシステムを作った人間に対する
揶揄なのかなと思ったりしました
自らの引き際を見極め権力に噛り付かず
自らの手で退路を断ち引退する
監督の美学でしょうか
面白い作品ではありました
>>続きを読む

デトロイト(2017年製作の映画)

3.7

久々にトラウマ級の鬱映画でした
ただし単に虐げられる黒人映画ではなく
事件後の顛末までしっかり追われているのが
良かったと思います
元ネタは事実なので当然救いはないのだけれども
少し見方が一方的過ぎて
>>続きを読む

ジグソウ:ソウ・レガシー(2017年製作の映画)

3.6

あまり意味のない続編が続きましたが
この作品は一応見るに耐える出来でした
色々とほころびはありましたが…
新たな何かが出てこない限り
このシリーズに期待は持てないかな
終わらすタイミングを逃した典型的
>>続きを読む

東京喰種 トーキョーグール(2017年製作の映画)

3.0

カネキの成長が魅力の原作ですが
その良さが少し削ぎ落とされた内容
ここから面白くなるってところで終わってるし続編の目処もなしで
色々消化不良なのです
窪田くんのカネキはOKですが
その他はちょっと原作
>>続きを読む

マトリックス(1999年製作の映画)

4.5

久々に見ました
当時は兄弟だったウォシャウスキーも
今はすっかり姉妹ですし
液晶モニターもそれほど普及してない
そんな時代だったのに
今見ても全く色褪せない
先進的なストーリーと
撮影技術はさすがです
>>続きを読む

ハート・ロッカー(2008年製作の映画)

3.9

公開当時はそこまで凄い映画とは思わなかったけど改めて今見ると凄いなと
撮影は終始ハンディカメラで焦点の当てかたも素人っぽく見せる
これは常に現場感と兵士目線を
重視したものと思われ
その臨場感や緊迫感
>>続きを読む