rodemさんの映画レビュー・感想・評価

rodem

rodem

映画(152)
ドラマ(0)
  • List view
  • Grid view

クワイエット・プレイス(2018年製作の映画)

4.0

緊張感がグリグリきました!
最近ちらほら見掛ける沈黙スリラーです
序盤こそ本当に静かな立ち上がりですが
中盤からラストまで一気に掛け上がる
緊張感は感動レベルでした
マッチョ系女優のエミリー・ブラント
>>続きを読む

オールド・ボーイ(2003年製作の映画)

3.5

独特の泥臭さと言うか
B級っぽさがやや鼻に付くが
原作の良さが上手く表現されていて
無難だったハリウッド版より面白い
米、韓を比較しても
結末は少し異なる上に
色がまったく違うので
ネタバラシを知って
>>続きを読む

ノクターナル・アニマルズ(2016年製作の映画)

3.8

意味を間違えなければ
これは凄い映画ですが
ちゃんと理解するこはちょっと難しいかも
エイミー・アダムスは
しっかり表情で目で演技しているので
そこをちゃんと読み取ることが出来る
なかなかの秀作
しかし
>>続きを読む

レッド・スパロー(2017年製作の映画)

3.0

ロシア人が見たら怒るやつだろこれ
ロシアを中心に巻き起こる
とってもアメリカンなお話に
ちょっと置いてきぼりを食らった感じ
アメリカ人の傲慢か終始英語なのが
しっくり来ないし疑問だし
主人公の心情が最
>>続きを読む

新感染 ファイナル・エクスプレス(2016年製作の映画)

3.0

普通
焦点は「ゾンビ」
じゃなくて「家族」
それも普通
韓国版ワールドウォーZかと思ったけれど
どっちかって言うとタワーリングインフェルノ
でも普通
ちょとがっかり映画でした

時をかける少女(2006年製作の映画)

4.0

久々に見た
オレにもこんな時期あったんかな~
そんとき大事だったもんて
何だったんだろ~
もっと大事にしときゃ良かったんかな~
今でもまだ間に合うことかるかな

夏の終わりに相応しい物語でした…

ファイ 悪魔に育てられた少年(2013年製作の映画)

2.7

思ったより薄味でした
イマイチ主人公に感情移入出来なかったのと
濃い登場人物が多過ぎて
とっちらかってしまい
あまり意味のないものになってた気がします

息もできない(2008年製作の映画)

4.2


とても悲しい物語でした

10年ほど前の作品ですが
韓国の現状を映し出しているのか
昭和の日本の暗い部分にも共通するものがありました

暴力は暴力を生み
そこから抜け出そうと足掻くものを
あざ笑うか
>>続きを読む

アヒルと鴨のコインロッカー(2006年製作の映画)

2.3

伊坂幸太郎の作品は何冊か読んだことがあるのだけれど
どうも私には合わない
青臭いと言うか稚拙と言うか
話の筋がお願いだからそっちへ行かないでと思う方へ必ず向かう
結末が途中で読めてしまってそれ以上は膨
>>続きを読む

ディストラクション・ベイビーズ(2016年製作の映画)

3.8

多くを語らないこの作品は
何処へも向かわない無垢な暴力と
それに染まる周囲の物語

暴力には魅力がある
普段は嫌悪しながらも
こんな作品を見ると
そのかっこ良さに
憧れのような気持ちを抱いてしまう
>>続きを読む

告白(2010年製作の映画)

3.5

これはなかなか面白かった
松たか子もなかなか良い役者なんだと思った
感情を抑えるところと
抑えきれず溢れてしまうところの演技が
凄く魅力的でした

渇き。(2013年製作の映画)

2.0

この監督は何を勘違いしてしまったんだろう
タランティーノやポンジュノに憧れてるのかな?
映像もストーリーも支離滅裂で
まったくまとまりがなく
誰がこんな企画に巨額なお金を投資したのか
いろんな疑問しか
>>続きを読む

哀しき獣(2010年製作の映画)

3.8

こう言う映画を見ると
韓国映画界もまだまだすごいなと思います
邦題の付け方が相変わらず酷くて哀しくなります
原作は「黄海」ですかね
中国と朝鮮半島の間の海のことのようです
韓国と北朝鮮それに中国とは
>>続きを読む

ジョン・ウィック:チャプター2(2016年製作の映画)

3.7

コミックが原作なのかと思えるくらい
良く出来た微妙な世界観ですね
銃撃戦闘シーンはファンタジーです
ただし本当に最強なの?と思ってしまうくらい
まじめで実直な主人公は
ヒットマンには向いていないと思う

アウトレイジ 最終章(2017年製作の映画)

3.5

老害と言うのか
この国のシステムを作った人間に対する
揶揄なのかなと思ったりしました
自らの引き際を見極め権力に噛り付かず
自らの手で退路を断ち引退する
監督の美学でしょうか
面白い作品ではありました
>>続きを読む

デトロイト(2017年製作の映画)

3.7

久々にトラウマ級の鬱映画でした
ただし単に虐げられる黒人映画ではなく
事件後の顛末までしっかり追われているのが
良かったと思います
元ネタは事実なので当然救いはないのだけれども
少し見方が一方的過ぎて
>>続きを読む

ジグソウ:ソウ・レガシー(2017年製作の映画)

3.6

あまり意味のない続編が続きましたが
この作品は一応見るに耐える出来でした
色々とほころびはありましたが…
新たな何かが出てこない限り
このシリーズに期待は持てないかな
終わらすタイミングを逃した典型的
>>続きを読む

東京喰種 トーキョーグール(2017年製作の映画)

3.0

カネキの成長が魅力の原作ですが
その良さが少し削ぎ落とされた内容
ここから面白くなるってところで終わってるし続編の目処もなしで
色々消化不良なのです
窪田くんのカネキはOKですが
その他はちょっと原作
>>続きを読む

マトリックス(1999年製作の映画)

4.5

久々に見ました
当時は兄弟だったウォシャウスキーも
今はすっかり姉妹ですし
液晶モニターもそれほど普及してない
そんな時代だったのに
今見ても全く色褪せない
先進的なストーリーと
撮影技術はさすがです
>>続きを読む

ハート・ロッカー(2008年製作の映画)

3.9

公開当時はそこまで凄い映画とは思わなかったけど改めて今見ると凄いなと
撮影は終始ハンディカメラで焦点の当てかたも素人っぽく見せる
これは常に現場感と兵士目線を
重視したものと思われ
その臨場感や緊迫感
>>続きを読む

ダークナイト ライジング(2012年製作の映画)

5.0

あの三部作を見直そう!週間(個人的)
最終章にまとめてレビュー
小生ごときがこの作品に
何も言うことはありません
ただただサイコー
少し違う視点評価させて頂けるなら…
ハンス・ジマーの音楽が際立ちます
>>続きを読む

トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン(2011年製作の映画)

3.8

あの三部作を見直そう!週間(個人的な)
めんどくさいので完結編に集約
CG映画の最高峰
とくに本作品のダークサイド…が良い
アイデアも技術も非常に満足な内容ですが役者と物語がちょっと弱いかな
もう少し
>>続きを読む

マグニフィセント・セブン(2016年製作の映画)

3.5

勧善懲悪
見事なまでに古典的
ここまでストレートだと逆に拍手を送りたくなるほどの捻りのなさ
まぁプロットが古いので
当然と言えば当然か
今作るならもう少し期待する
何かが欲しかった
エンターテイメント
>>続きを読む

グレートウォール(2016年製作の映画)

1.3

開始5秒で悪寒が走る
これは中々の駄作に当たったなと
恐ろしく金を掛けたC級アクション映画
私が何よりも恐れるそれだ
長年培ってきた野生の勘は
外す事を許さず見事に的中…
どうにか最後までは耐えたが
>>続きを読む

ゼロ・ダーク・サーティ(2012年製作の映画)

3.2

ジェシカ・チャステインが見たくて再見
相変わらずのドSっぷりが良かった
CIAによるビン・ラディン暗殺までの道のりを
事実はこうであっただろうと丁寧に描いた作品
それ故にちょっと退屈になってしまってい
>>続きを読む

最後の追跡(2016年製作の映画)

3.7

ジェフ・ブリッジスにクリス・パイン
保安官と銀行強盗のただの追っかけっこかと思っていたら
アメリカの田舎が抱える問題を見つめるヒューマンドラマだった
登場人物の人となりが徐々にわかってくる辺りが丁寧に
>>続きを読む

ボーダーライン(2015年製作の映画)

4.0

近年のヴィルヌーヴ作品にはハズレなし
俯瞰の景色や表情で語らせる演技など
この作品ぐらいから
監督らしさが確立したように思えます
以前にメキシコのドキュメンタリー
「カルテル・ランド」
と言う映画を見
>>続きを読む

マン・オブ・スティール(2013年製作の映画)

3.8

ザック・スナイダー作品はいい
ウォッチメンの流れをそのままに
ヒーローを描いてはいるが
人間としての苦悩が常に描かれている
(人間じゃないけどね…)
そのダークで重い空気が産み出す
シリアスでリアルな
>>続きを読む

レディ・プレイヤー1(2018年製作の映画)

3.8

久々にiMAX3Dでの観賞です
率直な感想は
そのまま最新VRゲームを体験した!
そんな感じでした
とりわけ
オタクやゲーマーやおじさん達に向けた
メッセージが強かったように思います
字幕では上手く訳
>>続きを読む

アナイアレイション -全滅領域-(2017年製作の映画)

3.0

最近はNetflixにご執心
ですがこの作品はまぁまぁでした
なんか色々と詰め込みすぎで…
女性だけで侵入することや
それぞれ何かを抱えながら
試練と思われる状況を
乗り越えていくことなどから
たぶん
>>続きを読む

アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー(2018年製作の映画)

4.0

俺は納得いかねぇよ
こんな終わりかたなんて
そりゃファンとして
グイッと引き付けられるシーンも沢山あったし
二時間たっぷり楽しんだけど
これでいいの?
映画として成立してるか?
まぁ広げた風呂敷どうや
>>続きを読む

カッコーの巣の上で(1975年製作の映画)

5.0

ミロス・フォアマン追悼の意で観賞
フォアマンの映画でこの作品が大好きで
と言うより全ての映画のなかでも
この作品を初めて見たときの
衝撃と感動は今も忘れられない
私のなかでは大きな作品です
人としての
>>続きを読む

インターステラー(2014年製作の映画)

5.0

大好きな映画なのでBlu-rayを購入
何度でも見れてしまう…
壮大なSF映画なんだけど
なぜか身近な感覚で感動してしまう
芯の中身のところは分厚い
ヒューマンドラマであって
理論や方程式は
スパイス
>>続きを読む

クローバーフィールド・パラドックス(2018年製作の映画)

3.4

うーん微妙かな
何かを語ろうとすればネタバレになる
それってネタしかないってことなのかも
もうひとつなにか足りない
もうひとつは別の世界に忘れてきたかな?

ひとつだけ言わせてもらうと
何でお前だけ中
>>続きを読む

オブリビオン(2013年製作の映画)

3.5

最近はAmazonで昔見た映画を見返したりしていることが多いです
この作品もそのひとつ
ちょっと茶番なところもあるし
ドッグファイトの場面なんかは臨場感が足りなかったりするんですが
以外とキライではな
>>続きを読む

スパイダーマン ホームカミング(2017年製作の映画)

3.6

ティーンエイジャーのためのアベンジャーズ
学生には保護者が必要ってことで
これまでは単独主役を張っていたのに
スタークさんがお守り役
あくまでもアベンジャーズ2軍扱いなのがちょっとどうなの?って感じ
>>続きを読む