rodemさんの映画レビュー・感想・評価

rodem

rodem

映画(135)
ドラマ(0)
  • List view
  • Grid view

東京喰種 トーキョーグール(2017年製作の映画)

3.0

カネキの成長が魅力の原作ですが
その良さが少し削ぎ落とされた内容
ここから面白くなるってところで終わってるし続編の目処もなしで
色々消化不良なのです
窪田くんのカネキはOKですが
その他はちょっと原作
>>続きを読む

マトリックス(1999年製作の映画)

4.5

久々に見ました
当時は兄弟だったウォシャウスキーも
今はすっかり姉妹ですし
液晶モニターもそれほど普及してない
そんな時代だったのに
今見ても全く色褪せない
先進的なストーリーと
撮影技術はさすがです
>>続きを読む

ハート・ロッカー(2008年製作の映画)

3.9

公開当時はそこまで凄い映画とは思わなかったけど改めて今見ると凄いなと
撮影は終始ハンディカメラで焦点の当てかたも素人っぽく見せる
これは常に現場感と兵士目線を
重視したものと思われ
その臨場感や緊迫感
>>続きを読む

ダークナイト ライジング(2012年製作の映画)

5.0

あの三部作を見直そう!週間(個人的)
最終章にまとめてレビュー
小生ごときがこの作品に
何も言うことはありません
ただただサイコー
少し違う視点評価させて頂けるなら…
ハンス・ジマーの音楽が際立ちます
>>続きを読む

トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン(2011年製作の映画)

3.8

あの三部作を見直そう!週間(個人的な)
めんどくさいので完結編に集約
CG映画の最高峰
とくに本作品のダークサイド…が良い
アイデアも技術も非常に満足な内容ですが役者と物語がちょっと弱いかな
もう少し
>>続きを読む

マグニフィセント・セブン(2016年製作の映画)

3.5

勧善懲悪
見事なまでに古典的
ここまでストレートだと逆に拍手を送りたくなるほどの捻りのなさ
まぁプロットが古いので
当然と言えば当然か
今作るならもう少し期待する
何かが欲しかった
エンターテイメント
>>続きを読む

グレートウォール(2016年製作の映画)

1.3

開始5秒で悪寒が走る
これは中々の駄作に当たったなと
恐ろしく金を掛けたC級アクション映画
私が何よりも恐れるそれだ
長年培ってきた野生の勘は
外す事を許さず見事に的中…
どうにか最後までは耐えたが
>>続きを読む

ゼロ・ダーク・サーティ(2012年製作の映画)

3.2

ジェシカ・チャステインが見たくて再見
相変わらずのドSっぷりが良かった
CIAによるビン・ラディン暗殺までの道のりを
事実はこうであっただろうと丁寧に描いた作品
それ故にちょっと退屈になってしまってい
>>続きを読む

最後の追跡(2016年製作の映画)

3.7

ジェフ・ブリッジスにクリス・パイン
保安官と銀行強盗のただの追っかけっこかと思っていたら
アメリカの田舎が抱える問題を見つめるヒューマンドラマだった
登場人物の人となりが徐々にわかってくる辺りが丁寧に
>>続きを読む

ボーダーライン(2015年製作の映画)

4.0

近年のヴィルヌーヴ作品にはハズレなし
俯瞰の景色や表情で語らせる演技など
この作品ぐらいから
監督らしさが確立したように思えます
以前にメキシコのドキュメンタリー
「カルテル・ランド」
と言う映画を見
>>続きを読む

マン・オブ・スティール(2013年製作の映画)

3.8

ザック・スナイダー作品はいい
ウォッチメンの流れをそのままに
ヒーローを描いてはいるが
人間としての苦悩が常に描かれている
(人間じゃないけどね…)
そのダークで重い空気が産み出す
シリアスでリアルな
>>続きを読む

レディ・プレイヤー1(2018年製作の映画)

3.8

久々にiMAX3Dでの観賞です
率直な感想は
そのまま最新VRゲームを体験した!
そんな感じでした
とりわけ
オタクやゲーマーやおじさん達に向けた
メッセージが強かったように思います
字幕では上手く訳
>>続きを読む

アナイアレイション -全滅領域-(2017年製作の映画)

3.0

最近はNetflixにご執心
ですがこの作品はまぁまぁでした
なんか色々と詰め込みすぎで…
女性だけで侵入することや
それぞれ何かを抱えながら
試練と思われる状況を
乗り越えていくことなどから
たぶん
>>続きを読む

アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー(2018年製作の映画)

4.0

俺は納得いかねぇよ
こんな終わりかたなんて
そりゃファンとして
グイッと引き付けられるシーンも沢山あったし
二時間たっぷり楽しんだけど
これでいいの?
映画として成立してるか?
まぁ広げた風呂敷どうや
>>続きを読む

カッコーの巣の上で(1975年製作の映画)

5.0

ミロス・フォアマン追悼の意で観賞
フォアマンの映画でこの作品が大好きで
と言うより全ての映画のなかでも
この作品を初めて見たときの
衝撃と感動は今も忘れられない
私のなかでは大きな作品です
人としての
>>続きを読む

インターステラー(2014年製作の映画)

5.0

大好きな映画なのでBlu-rayを購入
何度でも見れてしまう…
壮大なSF映画なんだけど
なぜか身近な感覚で感動してしまう
芯の中身のところは分厚い
ヒューマンドラマであって
理論や方程式は
スパイス
>>続きを読む

クローバーフィールド・パラドックス(2018年製作の映画)

3.4

うーん微妙かな
何かを語ろうとすればネタバレになる
それってネタしかないってことなのかも
もうひとつなにか足りない
もうひとつは別の世界に忘れてきたかな?

ひとつだけ言わせてもらうと
何でお前だけ中
>>続きを読む

オブリビオン(2013年製作の映画)

3.5

最近はAmazonで昔見た映画を見返したりしていることが多いです
この作品もそのひとつ
ちょっと茶番なところもあるし
ドッグファイトの場面なんかは臨場感が足りなかったりするんですが
以外とキライではな
>>続きを読む

スパイダーマン ホームカミング(2017年製作の映画)

3.6

ティーンエイジャーのためのアベンジャーズ
学生には保護者が必要ってことで
これまでは単独主役を張っていたのに
スタークさんがお守り役
あくまでもアベンジャーズ2軍扱いなのがちょっとどうなの?って感じ
>>続きを読む

夜に生きる(2015年製作の映画)

3.0

普通だね
普通のストーリー
禁酒法にカジノに女に家族
判子で付いたようなギャング映画
今作るならもう少し何か欲しい所です

22年目の告白 私が殺人犯です(2017年製作の映画)

1.2

元ネタは良いと思うんだけど
役者が一様にバカに見えるし
シーンすべてにおいて
リアリティーが圧倒的に欠けている
展開がどうとかって言うより
完全に力量不足
これは多分監督が無能なんだと思う
想像力が乏
>>続きを読む

女神の見えざる手(2016年製作の映画)

4.8

極めて上質な政治的サスペンス!
冒頭からラストシーンまで
観客の心理を揺さぶり続ける
的確に弱点を突く攻撃で
優越感を抱かせたと思ったら
次の瞬間には痛烈なカウンターを
喰らってダウン寸前
と言った具
>>続きを読む

ライフ(2017年製作の映画)

3.8

結構面白かったけどね
普通と言えば普通のSFクリーチャーもの
ありきたりの展開だし
あれだけお金かけて
役者も揃えて
こんなもんかってのもある
ラストは予想通り
出来れば続編は作らず
あのまま終わって
>>続きを読む

猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)(2017年製作の映画)

4.0

遂に完全に猿目線での作品に
傲慢だった人間は哀れな存在としてしか描かれていません
自然と平和と家族を愛することを
言葉と共に人は失う運命なのでしょうか
上手くまとまっていてドラマとしても
エンターテイ
>>続きを読む

ベイビー・ドライバー(2017年製作の映画)

3.8

以外と破天荒で楽しかった
リズムを銃声で奏でたり
単なるカーアクション映画じゃない
新しい面白さでした
ただちょっと
主人公のキャラがブレてたのと
最終的にはアメリカンなお気楽ご都合主義的でイマイチ納
>>続きを読む

ゲット・アウト(2017年製作の映画)

3.5

全米公開当時かなり評価が高かったような噂だったけど
かなり思ったほどではなかった
ハードルを上げすぎたのか
まだ何かあるんやろ?
と思って見ていたら
案外ストレートに終わってしまった

もしかしたらほ
>>続きを読む

パンズ・ラビリンス(2006年製作の映画)

3.7

ただのおとぎ話かと思って見てなかったけど
苦しい時代に精一杯生きようとあがく少女の切ない物語でした
ギレルモ監督のセンスは相変わらず
ファンタジーとして見るとちょっとトラウマ級かも…

ファーゴ(1996年製作の映画)

4.8

大好きな映画のひとつです
先日スリービルボードを見に行ったら
なぜかファーゴを見たくなりました

超が付く個性派揃いの役者達が恐ろしく生き生きしてますね
コーエン兄弟は猛獣使いかっ!てな感じです
脚本
>>続きを読む

アイ・イン・ザ・スカイ 世界一安全な戦場(2015年製作の映画)

4.2

そんなものはないし
あってはいけないのだが
そこを承知であえて言わせてもらうと
戦争に美学があるなら
それは人が人を殺める事なんじゃないかと思う
機械が人を殺めるのは多分戦争ではなく殺戮だ
この映画は
>>続きを読む

トゥモロー・ワールド(2006年製作の映画)

4.2

久々に見た
世間が評価している以上に素晴らしい作品だと思っている
作品の持つメッセージ性の高さもさることながら
やはりこの映画の醍醐味は
長回しによるその構図と臨場感
実際には本当の長回しではないのだ
>>続きを読む

スリー・ビルボード(2017年製作の映画)

4.5

いや~映画見たな~って
非常に満足な作品でした
一人一人の想いが丁寧に画かれた
とても重厚な群像劇です

アメリカの典型的な片田舎の物語ですが
世界の縮図と言いましょうか
紛争や戦争の構図そのものでし
>>続きを読む

マイティ・ソー バトルロイヤル(2017年製作の映画)

4.0

3作目にして大きく方向転換
ハンマーも髪も捨て去って
良い方向に向かったと思います
ただしナタリー・ポートマンを捨てたのはマイナスしたね
アベンジャーズ1軍安定の面白さでした

ロキは永遠に裏切り続け
>>続きを読む

T2 トレインスポッティング(2017年製作の映画)

4.2

思えば映画と共に人生を送ってきた
気がつけば私も四十代
チャンスもあったし
裏切りもあったかな
でも何にも変わらない自分がいる
多分これからも映画と共に生きていく
このバトンは若い誰かに引き継がれるの
>>続きを読む

シェイプ・オブ・ウォーター(2017年製作の映画)

4.2

映画に対する愛情がいっぱい詰まった良作でした
良くも悪くもギレルモらしい作品で
綺麗だったり
グロテスクだったり
差別や人権だったり
愛だったり夢だったり
政治だったり戦争だったり
色んなものを詰め込
>>続きを読む

ラ・ラ・ランド(2016年製作の映画)

3.3

ミュージカルと言うジャンルに
アレルギーがあるので
見よう、見ようとおもいつつ
このタイミングでの観賞

世間で賞賛されているわりに
「ど直球」だなと言うのが正直な感想
エンディングまでひねりもなく想
>>続きを読む

>|