みい太郎さんの映画レビュー・感想・評価

みい太郎

みい太郎

映画だけはほぼ1人で行きます(^_^*)
その時間が大好きでもあります。
邦画も洋画も、あまり食わず嫌いせずと心がけていますが…ほぼ勘頼り。
なので好みが偏ってるかも知れません。どんな形にしろ喜怒哀楽が練られてエンターテイメントな作品か、
思ってもいない感情にさせられたりする作品に痺れます。
出来るだけネタバレ無ラインを目指して^_^*)星4以上の好きな映画だけ鑑賞日順のまとめてます。宜しくです。

映画(367)
ドラマ(8)

ユリゴコロ(2017年製作の映画)

3.1

吉高さんが生まれた時から残酷とウキウキが同価している女性を演じてます。明るい笑顔のイメージとかったるそうな舌足らずな話し方を封印して挑んでいて…能面のような表情と人と違う感情をコントロールできないある>>続きを読む

あなた、その川を渡らないで(2014年製作の映画)

3.8

何故かうちの近所のTSUTAYAで最近の作品の棚にPR案内カードと共に一本だけ飾ってある。
当然常に貸し出し中で店員さんの想いなんだろうけど、どうしてこの作品だけ特別でそして一本だけなんだろうと不思議
>>続きを読む

落下する夕方(1998年製作の映画)

4.0


原作の小説が好きで何気なく観ました。三人の主役陣はとても若い。そして個人的にはこの作品で菅野美穂氏が女優として天才的だと初めて悟った作品。

鑑賞当時、人生初の複雑奇異な恋愛を経験していたわたくしは
>>続きを読む

スプリット(2017年製作の映画)

3.6

フォロワーさんのレビューのアトミック・ブロンドでマカヴォイさんをちゃんと認識したので(^_^*)主役という事で鑑賞。

マカヴォイさんが多重人格を演じてます。開始10分の緊張感と無機質なスピード感は良
>>続きを読む

キングスマン:ゴールデン・サークル(2017年製作の映画)

3.5


前作は映画館で観て「カッコ良い何事もスピード感がある仕立て屋」ぐらいの印象しか覚えておらず(^_^*)

今作は映画館で身損ねた。

やはりスピード感は素晴らしい。
豪華な演者にも驚いた。
うっすら
>>続きを読む

ゲット・アウト(2017年製作の映画)

4.4

いやあ面白かった。
久々に普段使わない感情とかも
揺り動かされた。

実は正直告白するとアカデミー賞信じていない(^_^*)でもこれ脚本賞。少し信用感が高まった。
ネタバレしないで観た方が絶対に正解。
>>続きを読む

MASTER マスター(2016年製作の映画)

3.5


今やベテランワールドスターのビョンさまとハンサムドンウォン君と若手のホープと呼ばれてのウビンさん。各世代の韓流スターを主役に置き実際有った一大詐欺事件を参考にした心理アクションエンターテーメント。
>>続きを読む

バイバイマン(2016年製作の映画)

2.3

はひふへほおぉ〜(^_^*)
どうしてもバイキンマンが浮かぶ題名ですが全く似ても似つかない存在のバイバイマンです。

アメリカングラフティのような色合いからダークな色合い。
姪っ子がコインを戻す所まで
>>続きを読む

I am Sam アイ・アム・サム(2001年製作の映画)

4.8

映画館鑑賞する中で史上1番
泣いた作品。

元々涙脆いですが…
これは自制心が全く効かなかった。

またマドンナとの時はクズ男と(苦笑)思っていたショーンペンを俳優として見直した作品でもある。

涙で
>>続きを読む

エンドレス 繰り返される悪夢(2017年製作の映画)

4.1


何度も言って申し訳ないがミョンミン氏があまり好きな顔じゃないのでいつも彼の作品に対して期待感がひくいのが功を奏すのか(^_^*)


とても面白かった。

設定がまずファンタジックな世界なんで好み
>>続きを読む

ヴァイブレータ(2003年製作の映画)

3.9

テレビで寺島さんが出ていて
思い出して。

寺島さんも大森さんも
親が有名人ですけれどこの頃は
まだ世間には認識されてない俳優。

2人ともギラギラしてて懸命で
素直で…刹那だった。

大森さんに至っ
>>続きを読む

お嬢さん(2016年製作の映画)

3.2



オールド・ボーイで一躍メジャー監督になったパク・チャヌク監督。

先作品は感動するくらい衝撃的で大好きな作品。でもこれ話題作なのも皆さんが絶賛なのも知っていたけれど…全く触角が触れず。

ほぼ無視
>>続きを読む

悪魔のいけにえ(1974年製作の映画)

3.3


ホラーばかり観ていた若かりし頃
たぶんこの作品も観てるのだけど
全ーっく記憶にない。

44年くらい前の作品だし
ホラーの十八番
チェーンソーはこの映画だったんだって改めて気がついた。
ジェイソンじ
>>続きを読む

オーストラリア(2008年製作の映画)

2.8

友人があまりにも力強く薦めるので(๑˃̵ᴗ˂̵)映画館でみました。

結果…初めの10分で『んっ!?』となり、やあ~なぁ予感が既にしており、二時間以上の長きにわたり終始、首が曲がる気持ち(実際は曲げて
>>続きを読む

マザー!(2017年製作の映画)

3.6

このレビューはネタバレを含みます

案外面白かった。
途中なんどもあまりのとっ散らかり様と主人公は真剣でシリアスなのに
周りがふざけた人々で(^_^*)爆笑したりしました。

私はクリスチャンじゃないし、聖書をきちんと読んだ事もない。
>>続きを読む

永遠の0(2013年製作の映画)

4.2


実は小説読む暇なく零戦、特攻、希代の売れっ子百田氏の作品という情報のみで観ました。
純粋に感想を並べてみたいと
思います。

二時間半と長丁場の映画ですが全然苦になりませんでした。物語自体がとても良
>>続きを読む

アトミック・ブロンド(2017年製作の映画)

3.8


このパッケージ、正直これだけでも彼女には見えず、大層驚いた。

かっちょいい。
それに尽きた。
シャーリズ・セロンさまのハードなアクション。一流のモデルでもあるゆえのスタイリッシュな出で立ち。セクシ
>>続きを読む

三度目の殺人(2017年製作の映画)

2.3

お好きな方がみたら不快に
なられるかもしれませんので
スルーしておくなまし。

静かなテンポで日本の法廷事情をなんかも分かったりする物語。

この作品もメジャー尚且つ優秀な日本の俳優を無駄遣いしてやた
>>続きを読む

ドリーム(2016年製作の映画)

3.7


つい50年くらい前の国の機関で
黒人のしかも女性が腐らず、明るく、凛として諦めないを実践した実話。

最先端の機関であっても続けてきた慣習が無くならない事に驚いた。頭がいいのと人格が優れてるのはやは
>>続きを読む

散歩する侵略者(2017年製作の映画)

3.8


映画館での予告で観たいなあと
思いつつ観に行けなかった。

あり得ない設定、B級感丸出しだけれど嫌いじゃな無かった。

この監督の特徴なのかもしれないけれど…私にはコメディに感じてしまう(*^^*)
>>続きを読む

ハウスメイド(2010年製作の映画)

3.3

あまり評判は芳しくない様だが
私は嫌いではない(笑)

ストーリーは特段突飛でもないし、メイドあるあるの内容だしね(*^^*)

洋館の雰囲気、インテリア、ファッションも別格のお金持ち表現や昔の様な反
>>続きを読む

アジャストメント(2011年製作の映画)

3.8



1時間49分という大して長くない時間の中でドラマチックで…サスペンスで …SFしてて…ユーモラスで メルヘンなの(^_^*)

こーんなに欲張りなのにトッチラカラッてないんです。不思議と(^_^*
>>続きを読む

そして父になる(2013年製作の映画)

2.7


是枝監督の作品は期待しすぎるとかなり…よりつまらなくなるので期待半分で観ました。

静かな映画でした。

福山さんはヤッパリやな奴には
なっておらず福山さんは福山でした(^_^*)

全国の女子のほ
>>続きを読む

エル ELLE(2016年製作の映画)

2.9

スタートからどぎついシーン。
サスペンスなのかと思ったら…
観終わって「ナイトクローラー」を観た時と近しい感情になった。

アレは糞だなという感想を挙げた記憶があるけど…(^_^*)

コレは糞までは
>>続きを読む

リメンバー・ミー(2017年製作の映画)

3.6

全く劇場で観る気は無かったのですが皆様の絶賛の声に押されて観て参りました。

ちょっとハードル上げすぎた感は正直否めないもの(^_^*)素晴らしい映像と色彩。コレを大画面で観るだけでもよろしいかと思い
>>続きを読む

(500)日のサマー(2009年製作の映画)

4.1

満を持して(苦笑)
なんで長めですからね(^_^*)すいません。

題名がそそらなかったんだけど(^_^*)最後まで見て頂くとこのそそらなかった題名がすんごくシックリきて…「センスいいじゃね!?」と変
>>続きを読む

うさぎドロップ(2011年製作の映画)

1.0

人気の原作漫画に乗っかての
物語です。いやあーちょっと期待してたんです。ハートウォーミングな内容だと。

今は慶應の女学生になった芦田さま頼りは解ってたけど、頼りの芦田さまは、マザーで観せた天才子役の
>>続きを読む

パラダイム(1987年製作の映画)

2.8

フォローさせて頂いてる方の
レビューを読んで久々にホラーが観たくなり。

今は全くと言うほど観ないですが若い時はホラー、スプラッタ、ホラー、スプラッタみたいな感じで怖さの中に人間模様や愛なんかが盛り込
>>続きを読む

同窓生(2013年製作の映画)

2.8


監督が途中降板という大人の事情満載の作品でして…残念だけど途中からやはり作品のカラーが…方針が変わってる様に思います。登場人物自体の芝居が初めと終わりでは違う感じがしましたので…クラッシックの音楽指
>>続きを読む

大統領の料理人(2012年製作の映画)

2.1

実際のフランス大統領の料理人が
モデルになってる様です。
料理は美味しそうですが本格的なフランス料理なんで『食べたーい。マジで』とまではいかないビジュアル(笑)

才能があるから、強気なのか。強気だか
>>続きを読む

>|