Ronさんの映画レビュー・感想・評価

Ron

Ron

ポスターが素敵な映画に惹かれます eighteen

映画(131)
ドラマ(4)

クラークス(1994年製作の映画)

-

コンビニ店員のダンテと近くのレンタルビデオショップで働く友人ランダルと、コンビニにくる変なお客さんや元カノ、今カノ、色々絡み合ってできた濃い一日の映画。
ほんとにくだらないのに、たまにランダルが不運な
>>続きを読む

キスから始まるものがたり(2018年製作の映画)

-

テンポよく話が進んでいって途中からダラダラすることもなく一瞬で見終わった気がする!
ティーンムービーはたくさんあるけど、その中でも上位にくるくらい大好きな作品でした!ノアと隠れて付き合いたい

スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望(1977年製作の映画)

-

スターウォーズシリーズついに見始めました。1970年代の映画にしてこの迫力、当時の人から絶大な支持をもらう理由がわかります。
個性豊かなキャラクターが魅力的でわたしはなんだかんだ良いやつハンソロに魅了
>>続きを読む

キューティ・ブロンド(2001年製作の映画)

-

アメリカのクルーレスのようなひたすら愚痴を言わずに前を向いて進んで行く女の子の主人公本当に大好き!
エルは恋人を見返すためだけど、本当に努力ができる素敵な人。見習うべきところがたくさんありました。

エブリバディ・ウォンツ・サム!! 世界はボクらの手の中に(2015年製作の映画)

-

軽いノリで大学生って感じで永遠にパーティーしてるような映画。
なのに時々みんな良い言葉を言ったり、パーティーが終わり大学が始まっちゃう悲しさを感じたり、これで1本の映画ができちゃうことがすごいと思う。
>>続きを読む

アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー(2018年製作の映画)

-

興奮しすぎて死ぬかと思った
今までのマーベル作品はこのために作られたんじゃないかと思うレベルに最高だった

マイティ・ソー バトルロイヤル(2017年製作の映画)

-

最初の感想はやばい!面白すぎじゃん!です。マーベルでいちばんすき。
本当にコメディー要素多め、そしてロキとソーの絡みを大いに楽しめる最高な作品だった!
いつものなんやかんや敵倒すのパターンで飽きてきち
>>続きを読む

シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ(2016年製作の映画)

-

仲間同士で戦うというファンには熱すぎる展開、そして私はプラパンとホムカミを先に見ていたのでそこに繋がるのが感じられてたまりませんでした。
キャプテンアメリカがいちばんすきです。

君の名前で僕を呼んで(2017年製作の映画)

-

映画を見ながら終わってほしくないと思ったのは初めてでした。
陳腐な言葉でこの映画を表現したくない。
とても私にとって大切な一本になりました。

イフ・アイ・ステイ 愛が還る場所(2014年製作の映画)

-

生きるか死ぬかを自分で選択できたらどうするか?というテーマを軸に話が進んでいきます。
逝きたければ逝っていい、なんてなかなか言える言葉じゃないと思うけれどそれを言えるおじいちゃんがいることにミアの周り
>>続きを読む

アイアンマン3(2013年製作の映画)

-

3になってさらにおもしろくなってたなあ、、子供とトニースタークの絡みが最高
そしてスーツなしでもカッコいいトニーが見れて嬉しかったです

マイティ・ソー ダーク・ワールド(2013年製作の映画)

-

今回でロキが愛おしく感じるようになった、、あと博士の謎キャラ結構好きです

恋人まで1%(2014年製作の映画)

-

”必要とされたら寄り添うのが人と人との関係のすべて”また素敵なセリフを映画からもらいました。
EDのNG集かわいいすぎ!

ドクター・ストレンジ(2016年製作の映画)

-

戦いが魔術で他のアベンジャーズのメンバーにないところがあって面白かった◎
ちょっと性格がトニースターク感ある気がするなあ、2人の絡み楽しみ!

シェフ!~三ツ星レストランの舞台裏へようこそ~(2012年製作の映画)

-

純粋に料理が大好きな人がベテランシェフに会って生活が変化していくドラマ映画。
料理ドラマっていいなあ、、初めて見ましたが愛に溢れていてすごくほっこりしました。
2人のテレビ番組内でのかけあいが本当にか
>>続きを読む

スリー・ビルボード(2017年製作の映画)

-

たった3枚の看板から引き起こされる人間の愛、怒り、悲しみですがこの感情が引き起こされた後の結末は本当に予測できないものでした。
すごい映画だったなあ。
周りは敵だらけじゃないし絶対に味方はいてくれる。

スタンド・バイ・ミー(1986年製作の映画)

-

最高としか言いようがない。
青春は切ないし一瞬のもので、みんな別々のバラバラの道に行き新しい出会いもある。でもその時の思い出って決して忘れられないものである。
青春の全部がこの映画にある。
クリスかっ
>>続きを読む

キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン(2002年製作の映画)

-

めっっっちゃ面白かった〜〜!
2時間20分長いようであっという間でした。
詐欺師フランクがどういう手で危険な場面を切り抜けるかがいつも驚きで全然飽きなかったし、フランクがやってることは犯罪ですがフラン
>>続きを読む

もしも昨日が選べたら(2006年製作の映画)

-

コメディーなのにちゃんと考えさせられる映画になってるのが素晴らしい。
生き急いでる人たちは世の中にたくさんいるとおもうけど、家族の大切さについて改めて感じさせられる映画だとおもう。
泣いてしまった!
>>続きを読む

ポリスアカデミー(1984年製作の映画)

-

例えば、悪役が憎みきれないポンコツなやつだったり、いじめられっ子が仕返しをしたり、主人公がなんとなくうまく物事を切り抜けたり、こんなのありえねえだろっていうめちゃくちゃな設定だったり、そういう80年代>>続きを読む

ヴァレリアン 千の惑星の救世主(2017年製作の映画)

-

賛否両論で、上映時間も長いので少しの不安はありましたがSFものとして最高に楽しめたしなによりもヴァレリアンとローレリーヌのコンビが本当に良くて見てよかった〜〜と思いました。
途中も本当に飽きることがな
>>続きを読む

ジュマンジ(1995年製作の映画)

-

思ってたよりもコメディー要素が強いので家族で楽しめる映画!
お母さんオススメの映画でしたが家族、恋愛要素ももちろんありハラハラなシーンのなかでエピソードも楽しめた。
命がけなのでシリアス想像しすぎてた
>>続きを読む

フローズン・タイム(2006年製作の映画)

-

時間を止められるようになるっていうのはタイトル通りなんだけど、SFに感じない、むしろ違和感すら感じない、、。
基本コメディーと恋愛だから笑える場面も多いし、時間を止めて主人公のベンが裸の女の人をスケッ
>>続きを読む

ウォーム・ボディーズ(2013年製作の映画)

-

こういう怖さを売りにしてないゾンビ映画も救いがあってよかったです、、映画はフィクションだしなんでもありなんだからゾンビという設定での恋愛映画もありだなあって思いました。

Rにだんだん心を開いていく過
>>続きを読む

ときめきサイエンス(1985年製作の映画)

-

80年代って本当にこういうバカバカしい映画が多いんだけど、そのなかで大体冴えない主人公や荒くれ者が成長していく様が描かれていて不思議に感動する、、。

この映画もコンピュータで作られたリサとの出会いに
>>続きを読む

みじかくも美しく燃え(1967年製作の映画)

-

妻子いる中尉とサーカスで綱渡りをしている娘が恋に落ちるのですが、その恋は世間的に認められているものではなく駆け落ちするところから物語がスタートします。

実際1889年に起きた事件を元にしていますが、
>>続きを読む

キャプテン・アメリカ ウィンター・ソルジャー(2014年製作の映画)

-

キャップとナターシャのコンビすごくよかったです、、!
キャップの戦い方はあんまりカッコ良いと思わないんですけど、今回はキャップの人の良さやリーダーシップ力が溢れ出た作品になっていると思います。
最初か
>>続きを読む

ローラーガールズ・ダイアリー(2009年製作の映画)

-

スポ根ものというか、そういうくくりで表せない映画です。ローラーゲームに出会うことで家族愛、友情、仲間、ライバル青春のすべてを感じることのできる最高の映画です。
10代はもちろん青春だけどローラーゲーム
>>続きを読む

シングルマン(2009年製作の映画)

-

本当に見れて良かったと思える映画。
ジョージはコリンファースハマリ役でした。セリフの一つ一つにすごく色気を感じる…。
綺麗な男性俳優たちも魅力の一つですがゲイであるジョージの視点から見るからこそいつも
>>続きを読む

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス(2017年製作の映画)

-

音楽がうまく映画に使われているので戦闘シーンが本当にカッコ良い!
前回からのキャラクターもうまく登場されているなかのスターロードの生まれの謎や新キャラなどとても見所満載。
そして前回はマーベル初登場の
>>続きを読む

ジャージー・ボーイズ(2014年製作の映画)

-

フォーシーズンズのことは全く知らずに見たのですが、映画によくある成功までの苦悩ではなく、成功した後の苦悩が描かれているのが印象的でした。
メンバーだけでなく家庭のことも描かれていてリアルではあるなかの
>>続きを読む

ロミオ&ジュリエット(1996年製作の映画)

-

シェイクスピアのロミオとジュリエットをアレンジした作品なのですが、結構明るい感じで見れると思います。
悲劇すぎず、コメディーすぎず、ロミオとジュリエットをなんとなくしか知らなくても、好きだとしても、新
>>続きを読む

(1963年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

鳥のホラー映画を見たのは初めてです。
しかも今だと鳥を題材にしたホラー映画なら化け物のような鳥が描かれると思いますがこれは本当の鳥がただ襲ってくるだけなので珍しいと思います。
ラブバードがいるところを
>>続きを読む

ゴーストワールド(2001年製作の映画)

-

ざっくりいうと、モラトリアムのもやもやを抱えたまま高校を卒業して世の中つまんないしバカばっかりだしどうすればいいかわかんない〜〜!みたいなサブカル主人公が冴えないおじさんと出会い最初はバカにしてたんだ>>続きを読む

グーニーズ(1985年製作の映画)

-

グーニーズのメンバーが宝の地図を見つけ、家を守るために宝を探しにいく話。
子供4人と頼れるお兄ちゃん、お姉ちゃんのような役割をする人がいてストレンジャーシングス感を感じました。
また、宝を横取りしよう
>>続きを読む

ノッティングヒルの恋人(1999年製作の映画)

-

綺麗にまとまっていてラブストーリーの王道のような話。
現実で考えたらありえないようなことも多いけど、それが映画の魅力だと思っているので、フィクションなのだからこのくらい綺麗な話の方が気分良くなれると思
>>続きを読む

>|