アントワーヌさんの映画レビュー・感想・評価

アントワーヌ

アントワーヌ

映画(436)
ドラマ(13)
アニメ(0)

コンジアム(2018年製作の映画)

3.2

このレビューはネタバレを含みます

ホラー苦手なのに観てしまった
前半はなんか男女がワイワイしてて後半からしっかりホラーだった
再生数稼ぐためにようやるわ

ドライブ・アングリー3D(2010年製作の映画)

3.2

このレビューはネタバレを含みます

真面目な復讐ものみてたら途中から怪しくなって、主人公死んだと思ったらターミネーター化したり、謎の監査役が大暴れしたり、いい感じにチープさを出してきた
監査役のコインを上に投げてFBIの手帳を出す謎すぎ
>>続きを読む

僕と頭の中の落書きたち(2020年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

周りの支えの偉大さ
ガンなら大勢が助けてくれて、なんとか夢を叶えようとしてくれる
でも統合失調症の患者には誰も関わらない
この言葉がすごい頭に残る

あしたは最高のはじまり(2016年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

家がクールすぎ
微笑ましい親子
母親が再登場してからのストレスが凄かった

キーパー ある兵士の奇跡(2018年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

許しを与えるより憎む方が簡単だから
こうゆう話がある一方で差別が一向になくならないのは悲しいね

ミリオンダラー・ベイビー(2004年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

きつい内容だと聞きなかなか手の出せなかった映画
話的にはきついが二人の関係がすごい良かった
ファイターとマネージャーとしての関係以上のものがあった
モ・クシュラの意味が素敵

マグニフィセント・セブン(2016年製作の映画)

3.7

このレビューはネタバレを含みます

アウトロー達が悪党を倒すために立ち上がるってだけで胸が躍るし、熱すぎる
自分のものではない何かのために戦うカッコよさ

マッキー/Makkhi(2012年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

インド映画だなって感じのリズミカルで非常にポップな内容
ハエになっても踊るあたりにインドの踊りへの本気度を見せてもらった
ハエとして生まれ変わったことをすぐに信じれるビンドゥの素直さが欲しい

ブラインドスポッティング(2018年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

"ラップじゃないと誰も話を聞いてくれないから"
頭で理解しようとしても自分が実際に同じ立場に立たされたり、苦しんだりしないとわからないこともある
黒人差別、アジア人差別いろいろあるけど
盲目になってい
>>続きを読む

シークレット・デイ あの日、少女たちは赤ん坊を殺した(2014年製作の映画)

3.4

このレビューはネタバレを含みます

アリスの水着のセンスすごいな
最初はロニー良くないよって思ってたのが、次第にアリスのヤバさが出てきて終盤はアリスと母親の怖さで溢れてた

スペシャルズ! 政府が潰そうとした自閉症ケア施設を守った男たちの実話(2019年製作の映画)

3.9

このレビューはネタバレを含みます

実話かー。この人たち凄すぎるよ
結局は心と心だと
邦題がクソださなのは気になるが

べイビーわるきゅーれ(2021年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

ゆるくて面白くてかっこよくて最高だった
二人一緒にいる時の感じが好き
ラバーガールも出てたし

スルー・ザ・ファイヤー 炎の傷跡(2018年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

どれだけの人が夢も希望も失った時にもう一回強く生きれるか
困難に立ち向かう勇気をくれる映画

恐竜が教えてくれたこと(2019年製作の映画)

3.7

このレビューはネタバレを含みます

サムとテスが可愛らしい
手遅れになる前に思い出をいっぱい集めようと

沈黙のレジスタンス~ユダヤ孤児を救った芸術家~(2020年製作の映画)

3.4

このレビューはネタバレを含みます

一部の権力者がはじめて、罪のない若者が犠牲になる

ザ・ネゴシエーション(2018年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

交渉人とイカれ野郎の対決だったのに最後は切なかった

Mr.ノーバディ(2021年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

Mr.ノーバディのカッコよさもさることながら、クライマックスでのユルネバが最高

こぼれる記憶の海で(2020年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

これから徐々に記憶がなくなるという恐怖との戦い
あの時の一言がここに繋がるんだっていうラストの展開は良き

ソウルメイト/七月と安生(2016年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

二人の友情、亀裂、葛藤すべてがエモかった

君は永遠にそいつらより若い(2021年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

自分は誰かにとっての何なのか
ホリガイさんやヤスダくんの明るさの裏にある人間の弱さや不安、やるせなさ
誰かの支えとなる存在になりたいね

別離(2011年製作の映画)

3.9

このレビューはネタバレを含みます

これまた魅力的な映画
嘘や人間関係のもつれなどでどんどん悪い方向に向かっていく怖さ
話的にはまったくハッピーエンドでもないし、ことの結末とかを見せない終わりだからこそ頭に残る

望み(2020年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

殺人事件の加害者でもいいから生きてて欲しいか、人殺しであるくらいなら被害者であった方がいいと思うか
最悪の二択の中で最後はちょっと救われた部分もあったかな

少年の君(2019年製作の映画)

4.1

このレビューはネタバレを含みます

重いテーマではあるけど、アジアって感じがしてすごい好き
メッセージ性もありながらシンプルに面白かった
君が世界を守るなら、俺が君を守る。とか
俺には何もないけど、好きな子がいる。とか
甘々恋愛映画とか
>>続きを読む

PK(2014年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

なかなかに笑わせてもらった
PKが終始最高

薬の神じゃない!(2018年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

感動もの
法を犯し多くの人の命を救った、犯罪者であり救世主でもあった人の話
何が大切かを考えさせられる

ファウンド(2012年製作の映画)

3.4

このレビューはネタバレを含みます

最後父母共に目ん玉なかった気がするけど、兄ちゃんが食ったとしたら最高にイカれてるよ
弟の圧倒的トラウマ体験
何より映画ヘッドレスが悪趣味すぎる

ビール・フェスタ 無修正版 〜世界対抗・一気飲み選手権(2006年製作の映画)

3.3

このレビューはネタバレを含みます

男とビールによる脳筋映画
老若男女問わずおすすめできる作品

許された子どもたち(2019年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

この映画の中にも出てきたように、いじめは100%いじめる方が悪いという人もいれば、いじめられる方にも問題がある
って人もいて価値観や考え方は人それぞれ違うものだから正解とかはないんだろうけど
この映画
>>続きを読む

素晴らしき哉、人生!(1946年製作の映画)

4.6

このレビューはネタバレを含みます

シンプル良い
映画っていいなって思える作品だった

ペイ・フォワード 可能の王国(2000年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

恩を返すんじゃなくて、次に渡せって考え方素敵

ロスト・ボディ(2012年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

激アツ映画だった
緊張感がはんぱなかった
ラストもまあびっくり

やむなきこと(2020年製作の映画)

3.0

このレビューはネタバレを含みます

エッダがだいぶ美人
面白くなりそうでなかなか面白くならなかった
最後のゆっくりおにごっこは好き

それだけが、僕の世界(2018年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

いい感じに笑えるしいい感じに感動する

13F(1999年製作の映画)

3.7

このレビューはネタバレを含みます

面白かった。好み
自分が今いる世界も仮想現実かも

パレードへようこそ(2014年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

ゲイプライド!
おばちゃん達がパワフルすぎる
こうやって戦ってきた人がいての今なんだろうな

ヒューマン・レース(2013年製作の映画)

2.8

このレビューはネタバレを含みます

やばいねー
最初の病気になった女性がトレーニングしてたからこの人がメインなんかと思ったら秒で頭吹っ飛んで、え?ってなった
妹の病気のシーンとかなんだったんやろ
人間対天使の対決が気になる

>|