びょんさんの映画レビュー・感想・評価

びょん

びょん

映画(33)
ドラマ(2)
  • List view
  • Grid view

シング・ストリート 未来へのうた(2016年製作の映画)

4.2

感情を歌にぶつける主人公の真っ直ぐさが素敵!青春の全てが詰まってて主人公もその周りもバンドを通して成長していく姿がよかったし、最後のお兄ちゃんにもやられた。若さゆえの行動力って良いな〜。それも好きな人>>続きを読む

レオン 完全版(1994年製作の映画)

4.3

かなり前に通常版を観たが、大人になってから久しぶりに、完全版をしっかり鑑賞した。年齢の割に背伸びするマチルダ、そんな彼女に少しずつ心を開いていくレオン、2人の絆が丁寧に描かれていた。通常版にはなかった>>続きを読む

あと1センチの恋(2014年製作の映画)

3.6

最初はよくある恋愛モノかなと思いつつ展開が早くすれ違いがもどかしくて最後まですんなり観れた。その時の選択で良くも悪くも人生どうにでも転がるし、人生色々あるよな〜と考えさせられる。道のりは長かったけれど>>続きを読む

はじまりのうた(2013年製作の映画)

4.0

音楽もNYの景色も素敵で、ストーリーも前向きになれる内容でテンポ良く進むので観やすい映画だった。言葉だけじゃ伝えられないことを音楽で伝えられるって素敵だなあ。特に、元カレに留守番電話の伝言メモで歌をぶ>>続きを読む

ワンダー 君は太陽(2017年製作の映画)

4.5

感動した。ここが泣けた!というより最初から最後まで泣きたくなる場面がいっぱいだった。顔じゃなくて中身の魅力で人を巻き込める、幸せにできるって素敵なこと。オギーが愛しくてしょうがなくなるし、オギー以外の>>続きを読む

ビューティー・インサイド(2015年製作の映画)

4.0

毎日寝て起きると顔も性別も人種も違う異なる姿になる主人公という斬新な設定だったけれど面白かった。映像も綺麗で、何よりハンヒョジュさんは本当に天使だなあ、と。1役123人ということで、韓ドラをよく見る人>>続きを読む

アラジン(2019年製作の映画)

4.5

映画館に2回観に行った。字幕と吹き替え両方。ラストは知っているのに、観たあと心が暖かくて泣いてしまった。映像が綺麗で音楽も迫力も素晴らしくて、サントラ聴いて余韻浸りまくってたな。寝る前とかに観たら心地>>続きを読む

彼の見つめる先に(2014年製作の映画)

3.9

自分が女だからかジョヴァンナに共感する部分は多かったかも。海外LGBTを扱う映画は表現が繊細で素敵だと思う。レオには目が見えなくても、同性が好きでも、周りを気にせずキラキラした世界をもっと見ていってほ>>続きを読む

PERFECT BLUE パーフェクト ブルー(1998年製作の映画)

4.3

途中からどれが現実でどれが夢でどれが妄想か、分からなくなって混乱したけれど物凄く引き込まれてあっという間に観終わってしまった。ラストで全部わかった…と思いたいけどもう一回観たい。1998年とは思えない>>続きを読む

パプリカ(2006年製作の映画)

3.8

独特な世界観の中で夢と現実が交差して良い意味での気持ち悪さがある。凄いアニメ

チョコレートドーナツ(2012年製作の映画)

4.1

同性を好きだろうが、他人の子どもだろうが、こんなに人を愛せることって本当に素敵なことなのに、それを周りからは偏見の目で見られる。観てて辛かった。終わり方が辛すぎてやるせない…。本当に時が解決してくれる>>続きを読む

ハーフ・オブ・イット: 面白いのはこれから(2020年製作の映画)

4.0

若くて不器用で真っ直ぐで、色んな愛の形があるということ、自分らしさとは何か教えてくれる。良い映画だった。

ただ君だけ(2011年製作の映画)

4.0

映像が綺麗で見やすい、ボクシングのシーンは痛々しかったけれど…。事故の件で彼と彼女が交わっていたと知ったときは苦しくなったけれど、2人が幸せそうなシーンはこちらも心が暖かくなりました。目の見えない彼女>>続きを読む

私の頭の中の消しゴム(2004年製作の映画)

3.8

愛の不時着を見て、ソンイェジンさんから辿り着いてこの映画を見た。今も充分綺麗だけれど若いころもとっても綺麗で可愛らしい女優さん。記憶に新しいドラマでいえば戸田恵梨香が主演してた大恋愛のような感じ。(こ>>続きを読む

7番房の奇跡(2013年製作の映画)

4.3

映画だから突っ込みたくなるところは途中途中あるけれどそんなの関係なしに、報われなさ過ぎて最後のシーンはめちゃくちゃ泣いてしまった。次の日目が腫れるレベルで。2人の親子愛はもちろん、協力してくれる仲間や>>続きを読む

愛がなんだ(2018年製作の映画)

3.0

お互いどっちもどっちで感じだったけれど、リアルだし実際こういう関係の人って多いんじゃないかなと思う。

パラサイト 半地下の家族(2019年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

韓国の映画は展開の速さがちょうど良くて見やすい。個人的に、娘役のパクソダムさんが印象に残っている。便器の上でしゃがんでタバコを吸うシーンは特に。桃を持っているシーンも綺麗だった。夫婦の時計回りのシーン>>続きを読む

コーヒーが冷めないうちに(2018年製作の映画)

4.0

4回泣けるのは嘘だけど、夫婦のお話は泣いた。
有村架純も伊藤健太郎もよかった。
観た後心が温かくなる

フォルトゥナの瞳(2019年製作の映画)

3.5

神木隆之介と有村架純、素敵な役者さんだと思う。ラストでそうゆうことか…となった。

ミッドサマー(2019年製作の映画)

2.4

映像がキレイだからこそ余計怖くて意味がわからなかったし、頭おかしくなりそうだった。二度と観なくていいかな…

トイ・ストーリー4(2019年製作の映画)

2.0

3の終わり方を知っているとボニーってこんなキャラだったっけ?となった。期待し過ぎたのか過去の3作品に比べると…って感じだった。

トイ・ストーリー3(2010年製作の映画)

4.5

トイストーリーは昔から好きで、子どもの頃、母と弟と映画館に観に行って、泣いた記憶があった。何となくストーリーを忘れかけていた頃にこの間金曜ロードショーで見て、最後のアンディのシーンで大人になった今でも>>続きを読む

ナラタージュ(2017年製作の映画)

3.2

松潤は意外と影薄い。
ずっと暗い空気で話が進むのでストーリーが特別面白いとは言えないが、有村架純はこういう役が似合う。有村架純と坂口健太郎、良かったなあ。前半の靴を履かせるシーン、靴を脱いで裸足になる
>>続きを読む

万引き家族(2018年製作の映画)

4.1

家族の在り方を考えさせる映画だった。
安藤サクラ素晴らしい

十二人の死にたい子どもたち(2019年製作の映画)

3.0

キャスト陣が豪華で皆演技が上手。特に杉咲花ちゃんと北村匠海くんが印象に残って良かった。真剣佑、橋本環奈、吉川愛ちゃんなどは映る度顔が良い!となった(笑)途中まではミステリーとしては出来てるのかもしれな>>続きを読む

リバーズ・エッジ(2018年製作の映画)

3.0

終始重いが、二階堂ふみ、吉沢亮の顔が良い為綺麗に見えてくる。中身はない。インタビューのシーンは謎