ルルクスさんの映画レビュー・感想・評価

ルルクス

ルルクス

RWBY Volume3(2015年製作の映画)

3.8

2よりもキャラの表情が豊かになったかな?だけど3時間通してずっと戦いっぱなしで、途中で少し飽きが来た。話も敵側にずっと振り回されていたのでもやもやした。核心としてはこれで第一章の終わりのようだけど、こ>>続きを読む

RWBY Volume2(2014年製作の映画)

4.2

vol1からアクションがさらにパワーアップし、登場人物の紹介も終わったのでキャラクターたちの信念や哲学を知れるような話にシフトしてとても良かった。食堂のアクションと夜の焚き火のシーンがお気に入り

RWBY Volume1(2013年製作の映画)

3.0

キャラクターの造形や設定、3DCGで荒削りながらもアクションの見得や振る舞いが良かった。対象的にストーリーは平凡で、スクールカーストや人種差別はよくある話だった。(スクールカーストって話として作りやす>>続きを読む

スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム(2019年製作の映画)

4.5

フェーズ3最終作。アベンジャーズで重苦しい雰囲気を引きずりながらのスタートだったけど、スパイダーマンらしい明るくコミカルな纏め方だったと思う。(空白の5年とか)
ストーリーは、あるキャラの演説から一気
>>続きを読む

リズと青い鳥(2018年製作の映画)

5.0

このレビューはネタバレを含みます

1回目を見て衝撃を受け、返却まで2回見返した。
鎧塚先輩の、鎧塚先輩による、鎧塚先輩のための成長物語。
大好きのハグで、みぞれが
「希美の笑い声が好き」
「希美の話し方が好き」
「希美の足音が好き」
>>続きを読む

アベンジャーズ/エンドゲーム(2019年製作の映画)

5.0

MARVEL CINEMATIC UNIVERSE過去21作品の集大成。よくここまでの内容を3時間にまとめてくれた。
過去作品のセルフオマージュが多く、今までシリーズを追ってきたファンのための作品だと
>>続きを読む

スパイダーマン:スパイダーバース(2018年製作の映画)

4.0

1週間寝かせた結果、このくらいの評価にした。
映像は本当に申し分ない、次世代CGアニメーションで、動きもコマも細かい演出がちりばめられていた。ただストーリーは正直弱くて、話目当てで何回も見ることはない
>>続きを読む

英国王のスピーチ(2010年製作の映画)

3.5

演技で吃音症ができるもんなのか……?
コンプレックスに立ち向かう英国王と、言語療法士との信頼関係が本当に素敵だった。人は支えられて克服することができるんだ。もちろん克服しようとする努力あっての賜物だけ
>>続きを読む

ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅(2016年製作の映画)

3.5

ふつう。
もっと魔法使いは好き勝手してもいいと思うし、そうじゃないからインパクトが足りないかなと思った。
主演俳優の作り込み方はすごかったから、続編とセットでまた見たいかな

アメリ(2001年製作の映画)

2.5

キャラクターたにの恋愛観が自分と全く合わなくて、「えっなんで……?」と思うことしばしば。お国柄?トイレでおっ始めたところは本当にドン引きしてしまった。日本でもあるところにはあるんだろうけどさ。

進撃の巨人 ATTACK ON TITAN(2014年製作の映画)

1.0

怖いもの見た差で見に行ってしまった。ただつまらないだけでなく、生理的嫌悪感を味わわされたことがキツかった

パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンド(2007年製作の映画)

2.5

1作目で無事だった人たちが死んでしまったのと、ジャックとエリザベスに少しロマンスがあった(2作目かな)が気に食わなくて……。1作目は本当に良かったのに。

ズートピア(2016年製作の映画)

3.7

人種差別モノとしてはよくある話かなって思った。差別されている側が主人公じゃないと、提起されている問題はそこまで重く感じない。
ニックが主役の物語も考えられていたり、当初の設定にあった「首輪」とか、路線
>>続きを読む

アナと雪の女王(2013年製作の映画)

2.5

話題になってたけどストーリーはそんなに面白くなかった。クリストフとオラフが好きになれなかったし、ハンスが実は……ってなってもアナのそばにいてほしかった。自分の感情とちぐはぐになってしまい見てて辛かった>>続きを読む

カールじいさんの空飛ぶ家(2009年製作の映画)

4.0

冒頭で一度クライマックスが来て泣かされる。そこからは少し中弛みしつつ盛り上がって終わる……くらいの印象。60分くらいで良かったと思う。

ウォーリー(2008年製作の映画)

5.0

ボーイミーツガール。
機械的なキャラクターが徐々に感情的になる描写が好きなので、ウォーリーと同じくイヴに夢中になる。

スーサイド・スクワッド(2016年製作の映画)

1.0

アベンジャーズになりたかった……でも……展開が雑。
ヴィラン人気に頼るならキャラを絞るべきだったし、絞らないならちゃんと見せ場を作るべきだった。クロスオーバーなのになんで中弛みしてしまうのか。残念だっ
>>続きを読む

コマンドー(1985年製作の映画)

5.0

映画界のジャンクフード。一度見たら病みつきになり、定期的に見たくなる。
ユーモア溢れる玄田版が一番有名だが、屋良版や原語版もおすすめしたい。