かとうさんの映画レビュー・感想・評価

かとう

かとう

映画(395)
ドラマ(1)

恋は雨上がりのように(2018年製作の映画)

-

なんかすごく大切なことを言おうとしているのに、すごく薄味になってる感じがした。
あと清野菜名の高校生はキツいな。

孤狼の血(2018年製作の映画)

-

仁義というより、県警対組織暴力か。
うーん、役所広司の裏の顔が綺麗過ぎて残念。泣かせは、やっぱ、韓国映画の方が全然上なんだよなぁ……。

タクシー運転⼿ 〜約束は海を越えて〜(2016年製作の映画)

-

最高。泣いた。また死亡フラグ立った〜〜って思いながら何度も泣かされた。

ただソンガンホが弱いのは認められない。シバラマァァァァと叫びながら、敵の顔を何度も踏みつけて欲しかった。

レディ・プレイヤー1(2018年製作の映画)

-

映画云々より、ああいう連中が街に溢れかえる未来が容易に想像できて暗澹たる気持ちになった

さよなら、僕のマンハッタン(2017年製作の映画)

-

あのラストの種明かしでオールオーケーにはならないでしょ。キャラがよくわからなかった。

ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書(2017年製作の映画)

-

意外と映画としてはとっ散らかっていた印象もなくはないが、メリル・ストリープに感涙した。
単なる勝利で終わらずに、ウォーターゲート事件への序章だったことも匂わせるラストがすごく好きである。

シェイプ・オブ・ウォーター(2017年製作の映画)

-

彼女がどうしてあんなにのめり込んだかわからないから、ただただ気色悪かったです。すいません。おっぱいは良かった。

パターソン(2016年製作の映画)

-

映画的にはさすがに退屈だった。テロップで曜日出されると「まだ木曜日なのかよ・・・」ってなってしまうので考えもの。

ギミー・デンジャー(2016年製作の映画)

-

イギーポップ、体型は保ってるんだけどシワシワで若年からのドラック依存の影響か

犬猿(2017年製作の映画)

-

吉田恵輔脚本うますぎ……

筧美和子の着エロDVDください……

>|