rさんの映画レビュー・感想・評価

r

r

THE MOLE(ザ・モール)(2020年製作の映画)

-

すーごいなこれ。まさしく、事実は小説より奇なり。彼らは今もどこかで戦争が起こるのを待っているんやろうな。

映画クレヨンしんちゃん もののけニンジャ珍風伝(2022年製作の映画)

-

しんちゃんの回想シーンは胸熱。あれ、実際にあったシーンなのかな。年々敵キャラの魅力が薄くなっていってる感じが残念だけど、なんだかんだうるっときたり、ふふっと笑えたり普通に楽しめた。今年のマサオも最高。>>続きを読む

映画クレヨンしんちゃん 謎メキ!花の天カス学園(2021年製作の映画)

-

このままずっと一緒にいられないことを知ってる風間くんと、今しか知らないしんちゃんとの友情に泣いた。マサオも相変わらず◎。青春は、の畳み掛けが、しんちゃん観てること忘れるくらい最高。

子供よりも大人に
>>続きを読む

めがね(2007年製作の映画)

-

いくら真面目にやってても、休憩は必要です。

ちょっと思い出しただけ(2022年製作の映画)

-

伊藤沙莉ちゃんと屋敷の掛け合いが良かった。夏始まりましたわ~って嶋佐みたいなこと言うてたの笑った。

ちゃんと好きだったんだな、っていうふたりの余韻が激寒の帰り道に沁みた。誰にもありそうな、ちょっと思
>>続きを読む

フレンチ・ディスパッチ ザ・リバティ、カンザス・イヴニング・サン別冊(2021年製作の映画)

-

正直話はよく分からなかったけど、あの可愛い世界観楽しめたのでオールオッケー。家で観てたら確実に寝てたと思う。

カセットテープ・ダイアリーズ(2019年製作の映画)

-

改めて音楽の力を感じる作品だった。学生のときにはまった音楽って、大人になっても好きなままだもんなあ。

税関のおじさん粋すぎるやろ!

空白(2021年製作の映画)

-

草加部さんの痛さが一番しんどかった。マスコミもそうだけど、部外者が勝手に首突っ込んできて騒ぎ立てる感じ、ずっと最悪だった。

浅草キッド(2021年製作の映画)

-

ビートたけしの独特なクセのある仕草もめちゃくちゃ自然で、若い頃ってこんなんやったんやろなと思わせる柳楽優弥すごすぎ。ハイヒールを差し出すシーンで涙腺崩壊。

改めて、芸人はかっこええな〜〜!

架空OL日記(2020年製作の映画)

-

社会人なら一度は経験したことあるようなあるあるが詰まってて、ずっと興味深かった。朝礼での暗黙の了解の立ち位置がまさしくすぎて!

ドント・ルック・アップ(2021年製作の映画)

-

2022年初映画これ。仕事始め嫌すぎて地球滅亡映画。

あと半年で地球滅亡するならどう過ごそうかな。生き残ることはあんまり考えず、とりあえず速攻で会社辞めて貯金使いながら頭悪い生活して余生を過ごしたい
>>続きを読む

音楽(2019年製作の映画)

-

2021年最後映画になりそう。

初めて音を鳴らして、今のさ〜すっげぇ気持ち良かった、って一言最高。

沈黙ーサイレンスー(2015年製作の映画)

-

絵を踏まないのが信仰なのか、絵を踏めばもう教徒じゃなくなるのか、自分の命や家族を守るために何度も絵を踏んだけど信仰を続けたり、仏教徒として生きていくことになっても死ぬまで十字架を離さなかったり、殉教が>>続きを読む

人生、ここにあり!(2008年製作の映画)

-

まさしく、みんな違ってみんないい。帰り3速で帰ってくるのは名シーンすぎる。

長いお別れ(2019年製作の映画)

-

だんだん忘れる本人も、だんだん忘れられていく周りもきっと辛くて寂しい。苦難の中にもふわっと明るい家族の繋がりがとても良かった。

フリー・ガイ(2021年製作の映画)

-

くすっと笑えるし、あっ!ってなるし、最初から最後までずっと楽しめた。(決めゼリフ)のDUDE可愛い。モブなのに、モブだから、魅力的。

レッド・ノーティス(2021年製作の映画)

-

どっかで見たことありそうな内容。なーんにも頭使わずに過ごす連休中に鑑賞するのにはちょうど良かった。

パッドマン 5億人の女性を救った男(2018年製作の映画)

-

これがほんの20年前の話に驚き。デリケートな話であるけど、男女関係なく理解し合わないと進まないよなあと思った。
愛情深い主人公がとてもかっこよかったけど、散々けなしてきてた人達が手のひら返してハッピー
>>続きを読む

イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密(2014年製作の映画)

-

解読〜〜!やった〜〜!ってだけじゃなかった。テンポもよくて面白かったけど、終わった後はずっしり切ない。

ゆれる(2006年製作の映画)

-

邦画ならではの湿り気がたまらん。オダジョーかっこえ〜〜。

行動も記憶もその時の感情で都合よく補正されるんやなあ。ラストをこっちにゆだねる感じ、色んな考察が知れて面白い。

まともじゃないのは君も一緒(2020年製作の映画)

-

清原果耶ちゃん可愛い。エンディングのチャームパークも二人の雰囲気にぴったり。

>|