るみるさんの映画レビュー・感想・評価

るみる

るみる

映画(566)
ドラマ(172)

みかんの丘(2013年製作の映画)

4.0

87分という時間で、
戦争、何のために戦うのか、憎しみ、家族、友人、敵とは…など、静かな物語の中で問いかけてくる。
憎まれ口をたたき合う会話が、心が通じ合ってることが伝わってきて良かった。

あの日の声を探して(2014年製作の映画)

3.8

しゃべれなくなるほどの悲しさ、苦しみ。
笑った顔を観れたときは、ほっとした〜。

チェチェンが悲惨な被害に遭ってるけど、ロシア現地に赴かされている者もまた被害者。
こんな状況では、きっとどこか頭が狂っ
>>続きを読む

ダラス・バイヤーズクラブ(2013年製作の映画)

3.7

余命30日…受け入れ難い事実。
親身にその立場に立たなければ、ここまでの行動はできないんだな~。
つい利害で動いてしまう第三者。
違法であれ、正しいことをやろうと立ち向かっている姿はカッコいい!

ホーリー・モーターズ(2012年製作の映画)

3.2

はじめてのレオス・カラックス監督作品。

1日で11役を演じる。
パリを徘徊し、移動するリムジンが楽屋のようになってる。
俳優さんたちの生活を早送りで見ているような感覚。

オマージュなどが散りばめら
>>続きを読む

TAXi(1998年製作の映画)

3.5

期待値が高すぎたのか…

もう少しド派手なカーアクションが多いのかと期待していたので、少し残念。

雨の日は会えない、晴れた日は君を想う(2015年製作の映画)

3.3

妻を失い、破壊へと走ってしまう主人公。

痛々しくその気持ちはわかるけど実際に破壊行為をしていて…ん~理解できないところも。
あまり共感できるものや心に響くことがなかったな。

あと1センチの恋(2014年製作の映画)

3.5

歯車がほんの少し噛み合わない。
あのとき素直になれなかったことが、こんなにもすごい遠回りをすることになるなんて…。
でも、良かった!

冷静と情熱のあいだ(2001年製作の映画)

3.5

原作(赤・青)の2冊を以前に読了。

赤と青の絵が家に飾られていたのは、原作への想いかな~となんだか嬉しかった。

心の葛藤などの描写をもう少し深く観たかったな~。
ドゥオモの再会シーン映像は素敵だっ
>>続きを読む

ぼくは明日、昨日のきみとデートする(2016年製作の映画)

3.0

back numberの歌が素敵すぎて気になっていた作品。

時間の感覚が想像しづらくて、残念ながら好きになるきっかけや想いも感情移入できなかった。

勝手にふるえてろ(2017年製作の映画)

4.0

わかる、わかる、わかる!
孤独、脳内恋愛、舞い上がったり、消沈したり。

松岡美優ちゃん、ほんま演技上手!

真白の恋(2015年製作の映画)

4.0

人を大切に想い、たくさん愛情があったとしても、1番大切なこと「信じる」ということが1番難しいのかもしれない。

そして、身障者だと特別扱いしてしまっているのは周囲なのかもしれない。

館山行きたくなっ
>>続きを読む

(2017年製作の映画)

3.9

そこにあるのは「光」。
沈んでいく夕陽、部屋に差し込む西陽、光を受けたプリズム…
あったかくて、切なく、苦しくて、哀しい。
そんな光に包まれた作品。

希望というほど強いものではなく、
でもそこには確
>>続きを読む

8年越しの花嫁 奇跡の実話(2017年製作の映画)

4.0

ずっーと観たかった作品。

期待を裏切らない土屋太鳳ちゃんの演技。
そして、穏やかなぽかぽか太陽のような佐藤健の演技。

これが実話だということ。
テロップでどんどん進む月日。
でも、実際は長く長く出
>>続きを読む

若おかみは小学生!(2018年製作の映画)

3.6

高評価で気になっていた作品。
若女将として成長していくなかなかおもしろいストーリーなんだけど…
少女漫画チックなタッチがちょっと苦手。

散歩する侵略者(2017年製作の映画)

3.3

SFやから現実感ないのはしょうがないんやけど、う~~ん。

まっ、愛は何よりも偉大だということ。

クリーピー 偽りの隣人(2016年製作の映画)

3.3

豪華俳優陣で期待して観たけど…

あの薬?物の正体はなんだったんだろう?
効く人と効きにくい人がいるのか、なんだか展開に納得いかない点も…。

不気味さ、怪演は十分にあったんだけど、ん~残念。

復讐 THE REVENGE 運命の訪問者(1997年製作の映画)

3.7

音もセリフ少なく、ゾクゾクする怖さ。

復讐がその他の感情全てを消し去ってしまったかのような表情を演じる哀川翔。
気味悪ささえ感じてしまうほどの演技。

勝手にしやがれ!! 英雄計画(1996年製作の映画)

3.7

最終章。

正義とは?
ふたりは仲良し~…の最期。

今までのコメディとは路線を画するシリアスさ。

勝手にしやがれ!! 強奪計画(1995年製作の映画)

3.6

シリーズ第1弾。

ザ・昭和!笑
出てくる人みんな根がいい人ばっか。

CURE キュア(1997年製作の映画)

3.7

なんだろう、この感覚。

自分も催眠にかかってしまった?!みたいな、観てるときからゾワゾワ気持ち悪い。
…のに、続きが気になって観てしまう。

眉山 -びざん-(2007年製作の映画)

3.6

ジャケの松嶋菜々子の表情が心に残っていて、観たいと思っていた作品。

ストーリーとしては可もなく不可もなくという感じ。

宮本信子の凛とした姿、松嶋菜々子の着物姿、大沢たかおの電話での言葉…にキュンと
>>続きを読む

メゾン・ド・ヒミコ(2005年製作の映画)

3.5

最後、ほっこり。
こんな生き方もある。

ゲイ役のオダギリジョーの色気がたまんない。
田中泯さん、ゲイ役でもダンディーさがあって衣装も着こなしててカッコイイなぁ。

ジョゼと虎と魚たち(2003年製作の映画)

3.8

美化されてない現実。
人間の弱さやズルさ、逃げることがちゃんと描かれている。
身障者だから…
優しさって…
ほんわかした雰囲気ながら考えさせられる。

ジョゼの関西弁が可愛かった♡

彼女がその名を知らない鳥たち(2017年製作の映画)

3.7

恋は盲目…なんてレベルじゃなく、
人の怖さや狂気を感じてしまうほどの愛。

心の弱さ、孤独などがそうさせてしまうことはわかるような、わからないような…。

人を愛することは素晴らしいことだけど、それを
>>続きを読む

凶悪(2013年製作の映画)

3.9

凶悪…。

どんなことが
悪と呼ばれるんやろう?

ガマンできなくなり義母を叩くこと。
叩くことに罪悪を感じなくなること。
殺してほしいと依頼すること。
殺したいと思うほど憎むこと。
殺すこと。
殺し
>>続きを読む

孤狼の血(2018年製作の映画)

4.0

役所広司、松坂桃李の演技に釘づけ。
広島弁もいい。

堅気を守り抜いた漢。
その魂を引き継いだ漢。
…という感じで、カッコイイ!

当然グロい描写があるので、再鑑賞するには気合いがいるな。

娼年(2018年製作の映画)

3.0

う〜〜ん。

ここまでやった松坂桃李はスゴイ!

毎日かあさん(2011年製作の映画)

3.7

元夫婦役を元夫婦が演じるという…
この人たち以外にはいなかっただろうと思えるほどの素晴らしい演技!
ベスト配役!

壮絶人生の西原理恵子さんだけど、キョンキョン演じる母さんが重くなりすぎず適度に力が抜
>>続きを読む

チア☆ダン 女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話(2017年製作の映画)

4.5

一生懸命頑張ってる姿は、キラキラしていて本当に素敵!

後半ほぼ涙出てた。
目標を与え、嫌われる役を引き受け、陰では実はこんなに努力していた…とか、めっちゃツライのに明るく気丈に振る舞って必死でひとり
>>続きを読む

ナビィの恋(1999年製作の映画)

3.8

気軽な気持ちで鑑賞したのに、感動!

島、家、占い…などによって、60年という長い長い年月のあいだ引き裂かれた想い。

何もかもわかりながら全て受け入れるおじいに…じぃ~~~ん。
おばあが大好きなんだ
>>続きを読む

帝一の國(2017年製作の映画)

4.5

めちゃめちゃ、おもしろい!

帝一のまっすぐすぎる生き方がいい!

翔んで埼玉(2018年製作の映画)

4.0

いやぁ、おもしろいっ!

映画館でフライヤー見かけて、なんだこりゃ♬って興味津々!
やっと観れた。

本人たちはとことん真剣なのがいい。笑

あん(2015年製作の映画)

4.2

静かに流れていく時間。

「自由」に生きることができる。
私たちにとって当たり前のこと、それが叶わぬ人がいるということ。

それを静かに穏やかに心に語りかけてくれる。

酔拳2(1994年製作の映画)

3.6

実在した中国の武術家、黄飛鴻(ウォン・フェイホン)を主人公とした、日本で初めて劇場公開されたジャッキー映画。

最初は、なんだかな~とアクションも物語もいまいちに思えてたけど、
ラストファイトでの足技
>>続きを読む

レジェンド/光と闇の伝説(1985年製作の映画)

2.8

なんじゃこりゃ。笑
あれれ…子ども向け?

でも、CGのないファンタジー映像は結構好き。
そして、ヒーローものに登場するいかにも悪者って感じも好き。

若くてお肌ピチピチのトム・クルーズ。
ほんまキレ
>>続きを読む

プリティ・プリンセス2/ロイヤル・ウェディング(2004年製作の映画)

3.7

すっかりプリンセスらしくなったミアの恋。
足が上がるのが可愛らしい。
王女様と警備員の恋がステキ。

パレードでのシーンは、ほっこり感動!

>|