RundryDRYさんの映画レビュー・感想・評価

RundryDRY

RundryDRY

映画(74)
ドラマ(0)

カメラを止めるな!(2017年製作の映画)

5.0

何回もみたくなる。ちょっと会場が揺れたんじゃないかってくらいみんな笑っててこんな映画はじめて....
仕組まれた演技のあれこれも最高だし
役者さんも最高だし
もう、でもとにかく監督が最高にかわゆす。
>>続きを読む

gifted/ギフテッド(2017年製作の映画)

2.0

王道ヒューマンドラマ感。
特殊能力的天才を取り巻く大人のエゴと同じ境遇だった母からの気持ち。
うまくできているストーリーなので純粋になにもかんがえないで道筋通りに泣けると感じました。

南瓜とマヨネーズ(2017年製作の映画)

3.5

平々凡々とした日常と惚れた腫れたなのに役者さんの雰囲気だけでせつない
なぜ二人でいるとどうして相手のせいにして自分を嫌な方向にさえまげるのだろうね

最後の歌うシーン何度もなんども見返してしまいました
>>続きを読む

ザ・サークル(2017年製作の映画)

2.0

ありうる未来を描いていて気持ちよかったです。
絶対こういう商売でてくるって何年も前の映画もいっていたようなきがします。実際に生活をみつづけるっているの、なすびの懸賞生活でみててみんなはまってましたもん
>>続きを読む

IT/イット “それ”が見えたら、終わり。(2017年製作の映画)

3.0

たしかに映画館でみたらホラーだろうし、わ!って脅かして怖がらせる系のところはたくさんあるんですが、解決に向かうところがなんだかホラーらしからぬ映画でよかったです。
映画館でみるのは怖いけどレンタルなら
>>続きを読む

ムーンライト(2016年製作の映画)

2.0

味わい深い映画なんだとおもうけど、性愛を特殊性や人種を絡めて語るとなにか違うことを話すり替えている気がしてなんだか理解しがたい。

スイス・アーミー・マン(2016年製作の映画)

2.0

かなり奇天烈な設定なのですが、設定を理解すればかなり見やすいです。
特異な設定のはずなのに普通に親友とのヤンヤのはなしです。

シェイプ・オブ・ウォーター(2017年製作の映画)

5.0

きっと僕化け物で異質なの、変わっていて特別なの。
迫害されて疎まれる。
でも生きている限り誰しもが正しさのないこの世の限り直面する
愛おしいという感情さえ正しさなどなく続いていく。

ただその人ののこ
>>続きを読む

パーティで女の子に話しかけるには(2017年製作の映画)

3.0

ファンタスティックパラレルワンダーミラクルキュートななんだか不思議な物語、夢の連鎖見たいなのに辻褄は何となくつづく。
意味なんて考えるなよ。
ひたすらにかわいくパーツが仕上がってる。

勝手にふるえてろ(2017年製作の映画)

2.0

人間らしい彼女の、内面、本当の中身を吐露していくポロポロとこぼれおちていく。一気に吐き出してぶつけてあーもう!
和製アメリのような、ミシェルゴンドリーのような。

ユリゴコロ(2017年製作の映画)

2.0

物語の前半回想シーンがとくにひきこまれます。
人を殺すこと、こころがゆれることについて。
どうしてそこまで息子の心がゆれたのか考察しかねました。
もう一息考えたい作品。たしかに園子温の監督で見てみたい
>>続きを読む

ワンダー 君は太陽(2017年製作の映画)

4.0

最初見たはじめた瞬間に感動ポルノという言葉が浮かんだ
でもきっとそうじゃない。見終わった頃には自分の物語になっていた
この物語においては病にによって人とは違う外見を持った主人公が登場するが
そもそも内
>>続きを読む

万引き家族(2018年製作の映画)

5.0

音楽っぽくない音をちりばめたBGMがとてもよかったな。
エンドロールででてきた「コスっちゃお!」を思わず検索してしまいました。こんなお店もあるんだね。
本当にまるで家族の人生をそれぞれが経験してきた顔
>>続きを読む

夜明け告げるルーのうた(2017年製作の映画)

3.0

手描きアニメならではのここちよいメタモルフォーゼ。ポニョを彷彿としてしまうなあ

この世界の片隅に(2016年製作の映画)

4.0

この世界の片隅に
自分のいる場所を隅っこというやさしい娘さんが出会ったすべて

戦争は終わった、始まった。その出来事を年号で知るこちおしかできないこの私たちに、その時に起こった気持ちの端をくれるような
>>続きを読む

メアリと魔女の花(2017年製作の映画)

2.5

いままでのジブリのオマージュみたいな作品、いままでの作品をみてきたひとははっとするシーンだらけでしょう。

物語に没入できなかったのは残念。
なんだかもりっもりです。

エンドロールの感謝の欄に注目で
>>続きを読む

ハローグッバイ(2016年製作の映画)

3.5

木野花さん、すごい。
ほとんど無名のキャストなんですがすごく口当たりの爽やかなストーリーであとあじがよかったです。
今の時代の風をちゃんととらえていて、心地の良い映画でした。

さきちゃんは気が強くて
>>続きを読む

三度目の殺人(2017年製作の映画)

-

考えさせる系。
まだ考え中すぎてどうも評価できない。。
うぅん。。。むずかしい

孤狼の血(2018年製作の映画)

5.0

役所広司の皮膚から帯びる演技を存分に味わえる映画でした。見入って演技だということを忘れた。

どこにも綺麗な水なんて存在しないし。
暴力とセックスと死はみないようにしてもそこに在り続ける。

バイオレ
>>続きを読む

フローズン・タイム(2006年製作の映画)

2.5

少年の性衝動のヒストリーを回想したり、時の感じ方を考えながら見たり。
時計は見ると進まないってすごくよくわかる。

ストーリーはさておき
おっぱいが好き。なのはすごくよくわかるしよく撮れてます。
監督
>>続きを読む

怒り(2016年製作の映画)

5.0

こんなにもたくさんの主人公がいる映画でも一人一人の精神情景がちゃんと想像できる。全員が刹那の瞬間的な感情をむき出しにしているものだから一つ一つ緊張しながらみると終わった瞬間まるで人生を終えたような疲労>>続きを読む

レオン/完全版(1994年製作の映画)

5.0

尊く育まれた少女とおじさんの短い恋物語。
このおかっぱとチョーカーの少女に憧れたものです。

セッション(2014年製作の映画)

5.0

そのワンシーンのために存在する全てが伏線のように一瞬で引き寄せらる。

ラ・ラ・ランド(2016年製作の映画)

5.0

息の止まるようなあの1シーンだけで嗚咽がでるほど感情が押し寄せる。いい映画。

娼年(2018年製作の映画)

3.0

SEXシーンがほとんどで描写がかなり生々しいので映画に集中できない人も多そう。。配役はもうこの俳優さんたちでしかなりえないベストなキャストでした。

この映画を見て思ったのは、
まず、倫理で正しいとか
>>続きを読む

風の谷のナウシカ(1984年製作の映画)

5.0

腐敗した世界。綺麗な水。を考える映画。
何度でもみたくなります。

蜜のあわれ(2016年製作の映画)

2.0

小説を読みながら映像を見ているような。
言葉のいいまわしと、おじさまと金魚のかわいいやりとり。
ほれたはれたの、いかないで、わたしだけをって
全然人間同士でのほれはれですしそれを金魚とおじさまにしてし
>>続きを読む

エクステ(2007年製作の映画)

2.0

ただ音が怖いだけでホラーじゃないです。突然出してびっくりさせようとしてるだけでホラーじゃないですw

和製ヤンシュヴァンクマイエル

大杉漣がかわいらしすぎてどうも、大杉漣のファンムービーにみえてしみ
>>続きを読む

POSTMAN BLUES ポストマン・ブルース(1997年製作の映画)

5.0

つじつまとかそういう細かいことは置いときましょう。
世にも奇妙な物語テンションです。

電話のなかった時代、や
その時代背景は物語を大きく変化させてるんだなと見ながら思いました。

すごく面白いのは、
>>続きを読む

ソナチネ(1993年製作の映画)

3.0

マドンナがコムアイと岡崎京子感があって。スケベでとっても可愛い。

物語ひとつひとつが説明的でなくてシーンシーンを繋げたような仕上がり、あまり意味深く筋をたどらなくても面白く見れます。
乱暴で嫌われ者
>>続きを読む

レディ・プレイヤー1(2018年製作の映画)

3.5

散りばめられた日本の要素、AKIRAとかね、馴染みのある映画のネタシャイニングとかちょこちょこオマージュがあって楽しい。謎が解き明かされて行くんだけど、視聴者が気づくような解け方はしないので、安心して>>続きを読む

>|