たけげんさんの映画レビュー・感想・評価

たけげん

たけげん

現在、高校3年生の映画オタク。オタク歴はまだ2年と浅いですが、洋画中心に週に3本程度鑑賞しています。

映画(19)
ドラマ(0)
  • List view
  • Grid view

ジョーカー(2019年製作の映画)

4.2

映画そのものが、アーサーが作った自身の伝記映画のような感じだった。彼なりのコメディ映画のような作りで、音楽や演出、ラストの終わり方など全てがそう。
序盤のスタジオ観覧でマレーと並んだ時のアーサーとの体
>>続きを読む

英雄は嘘がお好き(2018年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

Filmarksさんの試写会で鑑賞。どこかで聞いた事があるようなストーリーを、フランスを舞台で描いた映画。ただ、キャスト同士の相性の良さと、表情で見せる笑いや全体的な空気感が良く、意外と新鮮に楽しめる>>続きを読む

人間失格 太宰治と3人の女たち(2019年製作の映画)

4.2

人間は恋と革命をするために生まれてきた。だとすれば、太宰の周りの女たちは当たり前のことをしたまでで、太宰が恋と革命に溺れるのに対して少しの恐れがあったからこそ、彼は人間を失格したのだ。この映画では、太>>続きを読む

ボヘミアン・ラプソディ(2018年製作の映画)

4.7

公開前夜祭から参加!もともとクイーンのファンだったのだが、大満足!少しフィクションを加えてあっても、そこにクイーンへのリスペクトがあることには変わりないということがよく伝わってきた。葛藤や苦しみも上手>>続きを読む

Diner ダイナー(2019年製作の映画)

4.3

写真家でもある蜷川実花監督とだけあって、やはり色使いが素晴らしい!美しいよね。その中で映える藤原竜也の顔!キャスティング最高だわ!いろんな風にとれる終わり方だったけど、全体的にまとまりのある作品ではあ>>続きを読む

クロール ー凶暴領域ー(2019年製作の映画)

4.2

あらすじと作品名だけ聞いたら、午後ロードでやりそうなB級映画だと思ったが、A-級ぐらいの映画だった。洪水でワニが街に出てくるという設定や、全体的に制作費のかかっていなさそうな映像はB級のそれと似ている>>続きを読む

ガーンジー島の読書会の秘密(2018年製作の映画)

4.0

淡々と進むストーリーの中に、それぞれの心情が細かく描かれており、心がギュッとなる映画だった。ガーンジー島とロンドンの魅力の違いが自然と描かれていて、途中では「?」と思ったけど最後まで観ると自然と共感で>>続きを読む

ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド(2019年製作の映画)

5.0

このレビューはネタバレを含みます

IMAXで鑑賞。実はタランティーノ作品を初めて鑑賞したのだが、ラスト13分のタランティーノ節が凄かった!タランティーノのバイオレンス描写が凄いことや、史実にオリジナリティを加える作風は知っていたのだが>>続きを読む

アリー/ スター誕生(2018年製作の映画)

4.8

これは凄い!ブラッドリークーパーの初長編監督作にして、レディガガの初主演作にしては、質が高すぎ!次回作への期待が高まり過ぎて失望されないか心配なぐらい!特に、矯正施設から出てきた直後のピアノのシーンと>>続きを読む

アリータ:バトル・エンジェル(2018年製作の映画)

4.3

面白かったが、一つ言うとしたら、ストーリーを少し妥協したなと思う。ジェームズキャメロンの特徴でもある、長尺になっても妥協せずに描き出し尽くすというところが、なかった。製作総指揮にまわったから反映されな>>続きを読む

チューリップ・フィーバー 肖像画に秘めた愛(2017年製作の映画)

4.5

数々の批評家達が酷評している本作だが、俺は、良かったと思う。上手くやっていたはずの愛に溺れる生活が、次々と崩れていく様子がとてもスピーディに描かれ、没入感がすごかった。衣装もとても綺麗で、俺としては、>>続きを読む

オリエント急行殺人事件(2017年製作の映画)

5.0

俺が映画にハマりだしたきっかけの作品。たまたま無料券が手に入ったので映画館に観に行ったら、衝撃を受けた。大スクリーンで観ることで、サスペンスものの複雑な心理描写までが大迫力に感じられ、本当に映画の中に>>続きを読む

トイ・ストーリー4(2019年製作の映画)

4.8

このレビューはネタバレを含みます

凄いよね。やっぱりピクサーって。あれだけ奥の深い大人の心にも刺さる内容の映画を、未就学児でも楽しめる様に作るのだから。ただ、今作はトイストーリー史上最大の決断があったということもあってか他のトイストー>>続きを読む

アラジン(2019年製作の映画)

4.2

ジャファー役の人の演技が少し気になったが、他のキャストはオリジナルの特徴を捉えながら上手く自分なりの個性も出せていて、良かったと思う。特にウィルスミス演じるジーニーなんか、オリジナルのロビンウィリアム>>続きを読む

アメリカン・アニマルズ(2018年製作の映画)

4.3

新宿武蔵野館のトークショー付きの上映会に参加。監督とも直接お会いできて嬉しかった!青春映画であり、サスペンス映画であり、コメディ映画であり、そして、ドキュメンタリー映画でもあったと思う。独特だけど飽き>>続きを読む

サマー・オブ・84(2017年製作の映画)

4.5

ナメてた!「スタンドバイミー」の様に、懐かしく不思議な感動で終わるのかと思ったら、大間違い!ラストのスピード展開と、ジョンカーペンターの「ハロウィン」のテーマ曲の様な音楽で、恐怖を味わった。80年代へ>>続きを読む

運び屋(2018年製作の映画)

5.0

感動!クリントイーストウッドの演技がものすごく自然で、ドキュメンタリーを見ているように感じた。久々に号泣した。

さらば愛しきアウトロー(2018年製作の映画)

4.8

ロバートレッドフォードの、名演技!拳銃を持ち歩いているけど、決して使わないというところが、「明日に向かって撃て!」などの西部劇でも有名なレッドフォードにとって、最高の引退作となったと思う。レッドフォー>>続きを読む

ライオン・キング(2019年製作の映画)

4.3

特にライオンの表情が動かなくて、アニメーションの長所が失われた感があった。ただ、オープニングから、壮大感は半端なかった!また、オリジナル版よりも「命の輪」についての描写が多く、メッセージ性もあったと思>>続きを読む