RyoAramakiさんの映画レビュー・感想・評価

RyoAramaki

RyoAramaki

劇場版 テレクラキャノンボール2013(2014年製作の映画)

4.8

ド級のパンチ力。
摩訶不思議で個人的にカッコいいと思う男達に魅了され訳もわからず8時間一気見!

編集が秀逸で、ロックな世界観が妙に合う!
高速道路で危ないレースポイントと行き着いた街でのエロポイント
>>続きを読む

ジャージー・ボーイズ(2014年製作の映画)

4.2

なんで、この映画見てなかったんだろ…。
めちゃめちゃ面白いやん。

「すべてをあなたに」みたいな、昔のバンドの栄光と挫折系めちゃめちゃ好きなんだけど今回の映画は格が違うね。一人一人キャラクターたちすぎ
>>続きを読む

デッドゾーン(1983年製作の映画)

4.2

すっごく好き。笑
クローネンバーグ先生やっるう!笑

悲しすぎる未来予知能力を持ってしまった男の話。人の運命を変えることもできる危険な領域は非常にスリリング。

話は2部構成

第1部は、事故による5
>>続きを読む

ゼイリブ(1988年製作の映画)

3.5

これはね。面白い。笑

魔法のサングラスをかけるとTVやお金や雑誌がやばい言葉で埋め尽くされ、人間も一定数グロテスクな人に見える話。

これ系って主人公いかれてる説濃厚なんだけど、展開が最後まで読めな
>>続きを読む

アンダードッグ 後編(2020年製作の映画)

3.7

因果応報感が凄い後編の前半戦。
主要人物のほぼ己のやった行いがガッツリ返ってきますねー。
今話題の猫になった人も、過去めちゃくそ悪いことしてるので復讐されるのは仕方ない。

まぁ何やかんやでみんな別の
>>続きを読む

アンダードッグ 前編(2020年製作の映画)

4.5

初めて梯子した映画。

面白くもあり、精神的にも肉体的にも痛い話だった。
勝地涼さんは、こう言う情けない役はすごくハマる。前半は勝地涼の話としても見れてしまった。

主人公の悪いこともしなければいいこ
>>続きを読む

100日間のシンプルライフ(2018年製作の映画)

3.5

久々に映画館で見たけどめちゃめちゃ面白かったー。超くだらないバトルに家族愛と消費社会とエコロジスムとなんかわかんないけど行きずりの女とのロマンスがいい感じで入ってますねー。笑

美術とかめちゃめちゃお
>>続きを読む

アイ, トーニャ 史上最大のスキャンダル(2017年製作の映画)

4.1

久々にハマりました自伝系ムービー。
マーゴットロビーの演技がたまらん。

トーニャハーディングっていう家庭的に残念な環境で過ごしためちゃ凶暴な女がフィギアスケートで頭角を表すも愚か者に阻まれてなかなか
>>続きを読む

ドラキュリアン(1987年製作の映画)

3.4

ジャケ借り。
こういう映画に本当に弱い。
〜アンっていう謎のタイトルにもめっぽう弱い。
ナイスB級映画。是非、木村くんにも見て欲しい。

ハウス・ジャック・ビルト(2018年製作の映画)

4.7

まず、配給会社が、クロックワークスとアルバトロスというホラー好きではなくても非常に興味深い組み合わせがまず目を引きましたな。

とりあえず一言。
この映画好きだわー。
つか、ラースフォントリアーが好き
>>続きを読む

サマー・オブ・84(2017年製作の映画)

4.0

今年の夏は、良作揃いですなー。
ジュブナイル系ホラーだけどなかなかパンチ効いてたなー!
危険な冒険の行方は、ばっちりシビアでしたわ。

マッドマックス 怒りのデス・ロード(2015年製作の映画)

4.5

いやぁ。待った甲斐がありました。

ただ一言いいたい。
「AKIRAさん。吹き替えで酸欠になったってのは嘘ですよね。マックス、いつも通り無口ですやん。」

とまぁ、今作はオマージュをオマージュするとい
>>続きを読む

ロンリーハート(2006年製作の映画)

3.5

ザ.ノワール映画!音楽といい、事件といい渋い!

事件内容といい、追う刑事といいくたびれたやるせなさを感じる映画。

ノワール映画は、ブラックダリアやLAなど数あれどあまり有名ではないこの作品もかなり
>>続きを読む

魔界転生(1981年製作の映画)

2.8

どうしても千葉真一の柳生十兵衛が見たくて借りました。

うーん。今回は、キンジ.フカサクのトンデモ時代劇がフィットしなかった感じです。

キャストは申し分ない。

でも、転生した魔人達をばったばったと
>>続きを読む

3時10分、決断のとき(2007年製作の映画)

4.5

男泣き!
父として、男として、渇いた土地を舞台にした重厚な西部劇!

この作品には参った…。

カリスマ犯罪者ベン・ウェイド、悪党ながら美学があり、残虐性と相反した人間味を持つ。

対する小市民、ダン
>>続きを読む

クライモリ(2003年製作の映画)

3.0

ド正統派サスペンススリラー!
難しい話は一切ないストレートなホラー。

展開の90%は予測できるアメリカンあるあるネタばかりの魅力溢れる作品。

行方不明者が多く出る山で、先を急ぐあまり山路を選択した
>>続きを読む

エミリー・ローズ(2005年製作の映画)

4.2

科学VS超自然!悪霊の存在を説いた激アツ法廷劇!

悪霊に取り憑かれ死亡したエミリーローズ。
しかし、それは神父の過失致死なのか?

素晴らしいテーマでしたね。
弁護士側は、圧倒的不利の中悪魔払いの信
>>続きを読む

飛びだす 悪魔のいけにえ レザーフェイス一家の逆襲(2013年製作の映画)

2.5

全体的にテキサス恐ぇー!

前作、悪魔のいけにえのぶっ飛びソーヤー一族はテキサスの善良な市民によって焼け討ちにあいました。
唯一の生き残りで当時ベイビーだった女の子は、義理の両親に育てられ、成長し友達
>>続きを読む

ダイナマイトどんどん(1978年製作の映画)

3.7

「いくぞ!ダイナマイツ!どん!どん!」

これは、いい掛け声だ。気合入るよね。

戦後、ヤクザの対策に困った警察は民主主義的な解決として野球のトーナメントを行う。

これをコメディだと思ってはいけない
>>続きを読む

御法度(1999年製作の映画)

4.0

真の狂気とはこのことかもしれない。

得体の知れない美男子、加納惣三郎が入隊したことで新撰組の隊内が乱れる。

この物語で探偵役となるのは、土方歳三演じる北野武。斬新な起用がはまっていた。

惣三郎の
>>続きを読む

レスラー(2008年製作の映画)

4.0

泣けた。
どうしてもレスラーとしか生きられない不器用な男ラム。

父親としても、恋人としても上手くいかない。

心臓が悪くなっても戦い続ける姿は胸が痛くなる。

後輩やプロレス仲間、ファンの愛され方を
>>続きを読む

フッテージ(2012年製作の映画)

3.0

うーん。
冒頭はかなりよかったんだけど。

死霊館並に冒頭は良かった。


けれども、展開が単調だった気がしたなぁ。
90分映画ならもっと楽しめたかも。

折角の不気味な心霊のような邪宗教のような設定
>>続きを読む

シン・シティ 復讐の女神(2014年製作の映画)

4.0

簡単に騙される男達のハードボイルド。

今回も愛するもの、誇りをかけて、死をかけて、リベンジしまくりです!

この映画を見た時後にもう一度1で比べるのも楽しみですね。
時系列を整理しながら。

この作
>>続きを読む

柳生一族の陰謀(1978年製作の映画)

4.3

権力欲と策謀、陰謀が渦巻く大日本映画。

流石はキンジ.フカサク。

アクションシーンや衝撃的なラストシーンは素晴らしいです。
めっちゃごちゃごちゃしてます。

役者達が互いに個性を飛ばしあっていて見
>>続きを読む

ミッション:8ミニッツ(2011年製作の映画)

4.0

感動したわ。

きっかり8分間だけ。列車テロの爆発8分前の密室で爆発された被害者の体を乗っ取り捜査する話。
なんかややこしいね。笑

この話は捜査や犯人探しもポイントの一つだけど、
僕は、同じことを繰
>>続きを読む

クローズEXPLODE(エクスプロ―ド)(2013年製作の映画)

2.8

台詞はダメだけど言うほど悪くなくないかな?

そりゃダンサーに台詞を言えといって演出できなかったのはダメなのかもだけど相変わらずバタバタしてていいなーと思いました。

東野君の現代の不良感がいいですね
>>続きを読む

妖精たちの森(1971年製作の映画)

3.2

90分っていうのが短くて見やすい。

子供の純粋さとか残酷さとかは、何かの天使みたいでした。

まさに妖精。笑

音楽や悪魔やサイコパスとかのホラーでない僕達の中にもある身ちゃダメな部分が不謹慎で良い
>>続きを読む

アーリャマーン EPISODE I 帝国の勇者(2001年製作の映画)

4.0

インド映画もついにここの域まで…。もはや、たどり着けぬ天才の世界。

力押しの一言。

寡黙な口半開きの主人公は、25歳設定です。マヌケではありません。お間違えなく。

ぬるっとした剣捌きとドタドタし
>>続きを読む

リディック:ギャラクシー・バトル(2013年製作の映画)

2.7


リディックは技術の教科5決定。

組織に裏切られ、辺鄙な惑星に飛ばされたリディック君。
持ち前の人望で、犬や賞金稼ぎとモンスターを呼び起こします。
脱獄犯リディック君のドタバタ脱出劇第三弾!

まぁ
>>続きを読む

L.A.大捜査線/狼たちの街(1985年製作の映画)

3.8

かなりラストが衝撃的だった!

『エクソシスト』のフリードキン監督の刑事映画。

シリアスなドラマとど派手なカーチェイスが健在のドタバタ捜査線。

相棒を殺されたチャンス刑事は、仇を取るために新しい相
>>続きを読む

エルム街の悪夢(1984年製作の映画)

3.0


フレディの陰湿さとナンシーのど根性、そして周りの人間のマヌケさが際立った古き良き時代の元祖怪物映画。

人間はおろか生物では避けられない三大欲求の一つである睡眠欲といまでは定番の夢に関する話は当時斬
>>続きを読む

フォレスト・ガンプ/一期一会(1994年製作の映画)

4.0

アメリカの裏の生き歴史、その名もフォレストガーンプ!

トムハンクスは純粋な役で右に出る者はいないんじゃないかな?

知能指数が低いからか、母親の影響か持ち前のポジティブと強運で入る業界では必ず実力者
>>続きを読む

ホビット 決戦のゆくえ(2014年製作の映画)

3.0

栄光の最終章。

執念の男トーリン
エルフと禁断の恋の男キーリ、
そして相変わらず影が薄いビルボ。
お馴染みの面々が決着をつけます。

でも何か物足りない。
戦う場所かな?
敵のクオリティかな?

>>続きを読む

>|