りょうさんの映画レビュー・感想・評価

りょう

りょう

映画(75)
ドラマ(0)

マイ・ブックショップ(2017年製作の映画)

4.8

原作があるからでしょうね、静かな映画の割に出来事がたくさん盛り込まれ過ぎで、もう少し一つ一つ丁寧にゆっくり見たかった。主要人物の描かれ方が丁寧ですごく好きだし、映像も好きだし、もっと長く見ていたかった>>続きを読む

ジョギング渡り鳥(2015年製作の映画)

4.8

このレビューはネタバレを含みます

あの宇宙人たちがいなかったら、登場人物に入り込んで(共感して?)見る普通の映画で、それはそれで良かったかも知れませんが、あの宇宙人たちの御蔭で、第三者的に「観察」するような見方が織り込まれた、不思議な>>続きを読む

すばらしき映画音楽たち(2016年製作の映画)

4.0

ハリウッドに偏り過ぎであるし、音楽論・芸術論的な洞察はほとんど見られない、お気軽なドキュメンタリーだと思いました。それでも、これだけの情報と音楽のサンプルが一箇所に集められているのは貴重で、楽しく観ま>>続きを読む

ジュリアン(2017年製作の映画)

4.8

このレビューはネタバレを含みます

短くまとめれば . . . 最初は、単にちょっと感情的なだけの普通の父親じゃないか、と見せておいて、だんだんその狂気が明らかになっていく、心理的恐怖映画 . . . ということになるでしょうが、そう簡>>続きを読む

猫が教えてくれたこと(2016年製作の映画)

4.2

このレビューはネタバレを含みます

アップリンクの配信で鑑賞。

「犬は人間を神だと思っている。猫は神の存在を感じている。」というセリフがあって、なるほど~と思いました。猫は神々しく見える瞬間がありますよね。人間の思い通りにはならない独
>>続きを読む

タゴール・ソングス(2019年製作の映画)

4.3

[メモ] 情感が伝わってくるいいドキュメンタリー。ベンガル人のこともタゴールもほとんど何も知らなかったので非常に興味深かった。歌は微分音を装飾的に多様。西洋楽器で伴奏すると微分音との齟齬を感じる。(音>>続きを読む

ここは退屈迎えに来て(2018年製作の映画)

4.2

いつもこんな役ばかり、という気はするものの、門脇さんの濃厚な雰囲気が好きです。渡辺大知くんも存在感がある。成田くんも相変わらずこういう役が似合ってますね。(どーでも良いですが、岸井ゆきのさんの出番が少>>続きを読む

怪しい彼女(2014年製作の映画)

5.0

[メモ] シム・ウンギョンさん、体は小さいのに、態度に存在感があって、お母さん的、おばあさん的な精神の大きさが出ている。面白い。歌が綺麗なんだけど本人が歌っているのか。

タレンタイム〜優しい歌(2009年製作の映画)

5.0

[メモ] 「仮設の映画館」で視聴。マレーシアのことをほとんど知りませんでした。(勘違いがあるかも知れませんが)マレー人、中華系ムスリム、中華系クリスチャン、インド系ムスリム、インド系ヒンドゥー、英国人>>続きを読む

花とアリス殺人事件(2015年製作の映画)

5.0

『花とアリス』が大好きで、『〜殺人事件』も行くしか無いでしょうと、公開当時映画館に観に行って大いに気に入り、今回、配信でもう一度観ました。やはり素晴らしい。

うろ覚えですが、最初に実写で撮っておいて
>>続きを読む

おとぎ話みたい(2014年製作の映画)

5.0

このレビューはネタバレを含みます

配信もないのでDVDを借りて鑑賞。(解像度が高くて綺麗という技術的な意味ではなくて)映像が綺麗で、映画館で観たかった。どこかのミニシアターで山戸結希特集やらないかな . . .

全体が詩のような映
>>続きを読む

バーニング 劇場版(2018年製作の映画)

5.0

[メモ]かなり前に劇場で見た。映像がシャープでスタイリッシュ。目が離せない。

ハッピーアワー(2015年製作の映画)

5.0

このレビューはネタバレを含みます

閉じこもり生活を活かして、観る機会を中々見つけられないで死蔵されていたDVDをようやく観ることが出来ました。

長くて淡々としていて退屈かも、との予想は杞憂でした。色々な出来事が次から次へと丁寧に描か
>>続きを読む

ラーメン食いてぇ!(2018年製作の映画)

4.5

このレビューはネタバレを含みます

何もかも予定調和的で全然驚きもないし捻(ひね)りもないベタな展開だけど、主役四人がそれぞれ魅力的なので良かったです。(ちょっと中村ゆりかさんのキャラが弱かったけど。)

あとから映画の背景を調べてみた
>>続きを読む

閉鎖病棟ーそれぞれの朝ー(2019年製作の映画)

4.4

[メモ] 小松菜奈さんは美しすぎてオーラがありすぎるのがこの映画ではちょっと浮いてしまっていた気が . . . でもまあ、それは望み過ぎというものでしょう。綾野剛くんも良かった。

ソロモンの偽証 後篇・裁判(2015年製作の映画)

4.4

[メモ程度] 前編・後編まとめて。

中学生が実年齢に近い演者なので、学校の光景が本物っぽくて良かったです。美男美女だらけではないし、態度も話し方も普通っぽい。ただ、その分、棒読みの人も多く、いらんと
>>続きを読む

ソロモンの偽証 前篇・事件(2015年製作の映画)

4.4

[メモ程度] 前編・後編まとめて。

中学生が実年齢に近い演者なので、学校の光景が本物っぽくて良かったです。美男美女だらけではないし、態度も話し方も普通っぽい。ただ、その分、棒読みの人も多く、いらんと
>>続きを読む

5つ数えれば君の夢(2014年製作の映画)

5.0

[メモ程度] 山戸結希監督の特徴がよく出ている。ダンスの場面が圧倒的に美しい。岩井俊二監督は「おじさん目線」の少女の美しさだけど、山戸結希監督の少女は、女性目線の美しさ。残酷なところも含めて。これを観>>続きを読む

風の電話(2020年製作の映画)

5.0

このレビューはネタバレを含みます

モトーラさんが出るのでまあ観ようと思ってどういう映画かも知らず適当に(!)観に行きました。

すごく良くてびっくり!

どう言っていいか分からなくて困るんですが、気分の流れ、感情の変化、雰囲気の変化、
>>続きを読む

リズと青い鳥(2018年製作の映画)

5.0

このレビューはネタバレを含みます

一回目は、余りにすごかったので唖然としてしまい、もう一度觀なきゃ、ともう一度劇場で観ました。暫く経って、家でもう一度。

精密で丁寧な描写に見入ってしまい、はまり込んで、息を殺して一挙手一投足に注目し
>>続きを読む

ジョジョ・ラビット(2019年製作の映画)

5.0

このレビューはネタバレを含みます

こんな映画は觀たことありません。面白い! アドルフ役もやった監督は強烈に面白い人みたいですね。

ブラックユーモア、強烈な皮肉、家族愛、恐怖政治の怖さ、戦争のバカバカしさ、政治的熱狂の怖さとバカバカし
>>続きを読む

ダウントン・アビー(2019年製作の映画)

5.0

[メモ程度] テレビ番組の続きを、テレビを觀ていない人にも分かるようにしつつ、何種類も並行して走っている物語全部に決着を付けなくてはならない . . . という忙しい映画で目が回りましたが、面白かった>>続きを読む

冬時間のパリ(2018年製作の映画)

5.0

いろいろな種類の個性的で魅力的な人々の人間模様が面白くて見入ってしまう映画でした。みんな「可愛らしい」。たまに出てくるギャグも、クスッっと笑えます。

ジュリエット・ビノシュさんががちゃんとフランス語
>>続きを読む

幸福路のチー(2017年製作の映画)

5.0

[メモ程度] やはりアニメは自由度が高くて、いろいろなものが出てきて嬉しいです。難しい現実と、懐かしい過去と、ファンタジーが交錯して世界が豊かに見える。おまけに台湾の歴史が垣間見え、俄然興味が出てきま>>続きを読む

台湾、街かどの人形劇(2018年製作の映画)

5.0

こんな精密な人形劇があったなんて。まずそこが面白かった。それに加え、台灣語が滅びつつある話など、日本にも似たような現象があり、興味深かった。

こういう高度な伝統芸能は、残念ながら、政府からの補助金で
>>続きを読む

ラストレター(2020年製作の映画)

5.0

このレビューはネタバレを含みます

素晴らしい。岩井俊二さんの作り出す話はいつも面白いし、次々と違った話を作り出してくれるところも嬉しいです。なんとなく共通しているのは、大人向けのファンタジーというところでしょうか。

魔法や異世界は出
>>続きを読む

ブレッドウィナー/生きのびるために(2017年製作の映画)

5.0

『ブレンダンとケルズの秘密』も『ソング・オブ・ザ・シー』も素晴らしく、このアニメスタジオのものは絶対に観たい、と思い、観ました。(しかし上映館が少なすぎる。)

これも素晴らしいかったです。光や色がひ
>>続きを読む

パラサイト 半地下の家族(2019年製作の映画)

5.0

このレビューはネタバレを含みます

最初はコメディーかと思いました。『万引き家族』のように結局はうまく行かなくて物悲しく終わるのかな、とか。ところが一転して『ジョーカー』の世界に!

不幸な人々・貧しい人々・うまく行かない人々の映画はた
>>続きを読む

スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け(2019年製作の映画)

4.0

今回は特に詰め込み過ぎで、話を進めるために無理な展開がてんこ盛り(例えば、レイがちょっとした説得ですぐ心変わりするところとか)。直後に第4話(一番最初に公開されたスターウォーズ)をちょっと観たら、展開>>続きを読む

読まれなかった小説(2018年製作の映画)

5.0

見入ってしまったなぁ、という以外にちゃんとしたた感想は書けそうもありません。

映像がアーティスティックで良かった。音楽が少なく、(ピアノ独奏編曲と管弦楽編曲とはありますが)パッサカリア・ハ短調だけを
>>続きを読む

>|