猟奇さんの映画レビュー・感想・評価 - 3ページ目

猟奇

猟奇

それでも夜は明ける(2013年製作の映画)

4.2

『メルキアデスエストラーダの3度の埋葬』を
“あの時代のトミー・リー・ジョーンズ”が作ったという事実だけで
(作品としての評価以前に)名作が確定していた構図とよく似ている。
本作も“制作/公開当時の時
>>続きを読む

トリプルX:再起動(2017年製作の映画)

2.3

バカを通り過ぎてだんだん観られるようになってくる。

ナイスガイズ!(2016年製作の映画)

3.0

いわゆるセンスが良いってやつだと思うけど、
それ以上のものはないかな~。

フェイク シティ ある男のルール(2008年製作の映画)

2.9

ミスキャスト感。
つーか多分、過去に飛び飛びで観たことあるな…。

31 サーティーワン(2016年製作の映画)

1.3

あえてそうしてるのかなって思うほどの既視感と凡庸さ。
元々が様式美のひとだからとかそういうことを差し置いても。
まあ趣味的作品なのかな。

しあわせの隠れ場所(2009年製作の映画)

3.0

単純に「いい話」として捉えちゃうとダメな人多そう。
でも“映画として”の主題はそこじゃなくて、
後見人側の気持ちのあり様でしょ。
主人公が成功するかどうかが最も重要なわけではない。

アシュラ(2016年製作の映画)

4.1

誰も救われないし、クズはクズのままだし、心を折りまくるし。
お見事です。

お嬢さん(2016年製作の映画)

3.7

パッと思い浮かんだのは、愛なんていらねえよ夏、松本清張、江戸川乱歩、鈴木清順など。

マジック・マイクXXL(2015年製作の映画)

3.0

続けて2も。
何となく大団円みたいな雰囲気で終わるけど、
結局何も解決していないという。

マジック・マイク(2012年製作の映画)

3.6

『チョコレートシティ』という黒人版本作みたいな映画を見始めて10分足らずで見切りをつけ無性にこっちが観たくなったので再鑑賞。

ただまあ最高は最高なんだけど人生で2度観るものではないかもなと。