mimurさんの映画レビュー・感想・評価

mimur

mimur

映画って何なんですかね
もう少し深く考えられたらいいなあ

マイティ・ソー バトルロイヤル(2017年製作の映画)

3.0

シェアハウスウィズヴァンパイアの監督が作ったということを今更知って慌てて劇場へ

監督のカラーがモロに出て、烏合の集達がイチャイチャ、ヘラヘラしてる感じはやっぱり好きです

監督が声を当ててるゴーレム
>>続きを読む

エージェント・ウルトラ(2015年製作の映画)

2.8

ラリったダメ男が凄腕エージェントで、しかもジェシーアイゼンバーグが主演!
面白くなりそうな要素には事欠かないのになあ、、、

優男アクション界で言えば、スコットピルグリムやキックアス、ウォンテッドとか
>>続きを読む

クローズド・バル 街角の狙撃手と8人の標的(2016年製作の映画)

3.4

B級の良作
話が進むにつれ、ジャンルがコロコロ変わり、どう着地するのか気になりのめり込む。

下水でのカット(腰にカメラつけてる?)のきみ悪さがよかった、

ブレードランナー 2049(2017年製作の映画)

3.6

ブレードランナーであるかどうかは別として、この監督の映像と音楽と空気がやっぱりたまらなく好きです。今作もまさにそれ

物語としてはテーマとかモチーフが語りやすく、かつ余白を残す描きから、庵野監督的なや
>>続きを読む

ゲット・アウト(2017年製作の映画)

3.3

前評判からキャビンとかサプライズとかの、あれっ?そうなるの?的なのを期待するとちょっと違いますよ!
案外どストレートなB級ホラーですよ!
動機がサイコなだけで

が、主人公が涙流すシーン然り、印象的な
>>続きを読む

シンクロナイズドモンスター(2016年製作の映画)

2.4

アンハサウェイじゃなかったら、もう目も当てられない
主人公しかり、感情移入できるキャラが一人もいないから、スカッともしない!

怪物とダメウーマンとのシンクロ!
って言う美味しそうな設定で十分なのに、
>>続きを読む

アトミック・ブロンド(2017年製作の映画)

3.3

映画としての云々の前に、シャーリーズセロンが、とにかくずっと美しい
元々大変綺麗な女優さんですが、血だらけアザだらけでボロボロで氷風呂でも毎秒美しいです。

で、作品はと言うと
もっとアトミックな感じ
>>続きを読む

ボーダーライン(2015年製作の映画)

3.7

まさに、善悪の彼岸ってやつです。
いい邦題ですね。原題とまた違った視点で、物語を切り取ってます。

ラストシーン
これまで見てきた流れがあるからこそ、
何気ない日常の中に銃声が聞こえただけで、感じる底
>>続きを読む

スイス・アーミー・マン(2016年製作の映画)

3.2

くだらないなあー
バカバカしいなあー
とニヤニヤ見てたら、急にビンタを食らう映画

なんかとんでもないものを見てしまった
とか言いつつ、ある種さわやかなゾンビ映画

新感染 ファイナル・エクスプレス(2016年製作の映画)

4.0

ゾンビもののテンプレを丁寧に使っていて、怖くて、ムカついて、かっこよくて、派手で、そして泣ける!
そこに、「列車」というシチュエーションがうまく絡まって、テンプレから頭一個分突き出た傑作になった。
>>続きを読む

ダンケルク(2017年製作の映画)

4.2

最近のノーランさん的な、はっ!となるとんでもないカットやシーンを期待すると、ちょっと違う
そんで、戦争映画と言えばのプライベートライアン的なドラマとも違う
そう言う意味では期待ハズレとも言えるけども、
>>続きを読む

ありがとう、トニ・エルドマン(2016年製作の映画)

3.5

テンポ・展開・登場人物が、良くも悪くもダラダラしてる
作品の味ではあるんですが、そこが見る人を選ぶところかと

後半のパーティーのくだりは、自分含め館内爆笑だったので、それを味わえただけでも映画館で見
>>続きを読む

ベイビー・ドライバー(2017年製作の映画)

4.7

聴く映画で観る音楽

オタク監督ならではの「俺はこういうのが好きなんだ!」感が溢れ出まくっていて、
こちらも「そうそう!そういうのが好きなんです!」が溢れてしまう映画好きのため作品

欲を言えば、もっ
>>続きを読む

スパイダーマン ホームカミング(2017年製作の映画)

3.4

さすがに3回目となると食傷気味ですが、
MCU参戦後の第一弾と言うこともあり、結局劇場で見てしまった、、、

MCUはコメディ色が意外と強い印象なので、今回学園コメディに振り切ったのは、しかるべきな感
>>続きを読む

オクジャ okja(2017年製作の映画)

3.5

地味に贅沢なキャスト+ポンジュノの割には、振り切りが物足りない作品でした。
展開と演出が大味や

食とか動物愛護云々を謳っているけど、あくまで舞台装置。
一匹の怪物に人々が翻弄される様をそれらしいテー
>>続きを読む

マンチェスター・バイ・ザ・シー(2016年製作の映画)

4.2

全編ズシーンと来る話なんですが、車のドアが開かないとか、担架がなかなか乗らないといった今そのシーン必要?みたいな場面がちらほらあるんです。
ただそれが、人の生活のリアルと言うか、生々しいユーモアと言う
>>続きを読む

怪物はささやく(2016年製作の映画)

3.7

怪物が、少年の心の化身ってがありきたりだなあと思いつつも、いろいろあって号泣
そしてラストシーンで、見始めの自分を罵りつつ号泣

20センチュリー・ウーマン(2016年製作の映画)

4.0

男と女と子と親と、、、

コロコロ変わるそれぞれの視点と気分、画のカラフル綺麗さ、カットの小気味良さ、そして音楽。
もういろいろマッチし過ぎて、大した物語ではないけど、「良い映画」見たな感があります。
>>続きを読む

夜明け告げるルーのうた(2017年製作の映画)

3.7

何となく引っかかる物語としての違和感はあるもののそれを振り切る映像力はさすが

原作ものが連続したけども、今回オリジナルなだけあってやりたい事をやった感、最高です!

メッセージ(2016年製作の映画)

4.7

とんでもないものを見た
壮大でミニマムなテーマとそれを表現するトリックがとんでもない。
あーだこーだ語りたい作品

基本的に静かな映画ですが、「自然の音」や環境音楽的なBGMが印象的に使われていて、耳
>>続きを読む

10 クローバーフィールド・レーン(2016年製作の映画)

3.0

色々半端かつ、結局???な作品ですが、メアリー・エリザベス・ウィンステッドをじっくり見せてくれるから許す!

スプリット(2017年製作の映画)

2.5

どんでん返しと言えばシャマランですが、今回もとんでもないどんでん返しが待っています!
こんなどんでん返しは史上初ではないでしょうか!


まさか、2時間の次回予告だったとは!

アンブレイカブルも見て
>>続きを読む

アップルシード アルファ(2014年製作の映画)

2.0

ガンツ映画を見てしまうと、この程度のCGには満足できなくなってしまった、、、

ミッション:インポッシブル ローグ・ネイション(2015年製作の映画)

3.2

この女スパイに振り回される感じどっかで見たことあるなーと思ったら、ルパンでした。ハンサムなルパン。
他主要メンバーも何となくそんな感じ見えてきた。

ここまでシリーズが続くと、そんなところが気になって
>>続きを読む

ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー(2016年製作の映画)

3.5

スターウォーズを見てない人にとっては、SF佳作ですね。
随所で見られる独特のカットや演出が古臭いとなるかスターウォーズ感最高!となるかの別れ道です。私は後者!

あまり深い心理描写もない群像劇なのです
>>続きを読む

エクス・マキナ(2015年製作の映画)

3.3

激しいアップダウンはないですが、淡々と醸し出され続ける不安感がとても良いです。
どんでん返しのびっくりではなく、この独特の空気感を味わう作品でした。

よくよく考えると大した心理戦でもないのに、AIっ
>>続きを読む

フリー・ファイヤー(2016年製作の映画)

2.9

そこそこ面白いよ
でも、もっと面白くなったような、、、
という消化不良が起こる佳作

メンツが地味に豪華なので余計にそう思ってしまう。

銃声は良い感じ

ハードコア(2015年製作の映画)

3.6

手法が手法なだけに卑怯な作品ですが、これでもかとドンパチシチュエーションを持って来て、これでもかと血飛沫と死体をぶちまけるサービス精神が最高

VR黎明の中で、イロモノで終わるのか、金字塔となるか
>>続きを読む

キングコング:髑髏島の巨神(2017年製作の映画)

2.9

怪獣プロレスは、ど迫力でちゃんと面白いのですが、、、
対人間となると、遭遇→ちょっと死ぬ→逃げる→ひと安心→遭遇
の繰り返しで、B級モンスターパニック感が否めない。

人間は添え物なので仕方ないが、ド
>>続きを読む

ジョン・ウィック(2014年製作の映画)

3.2

ちゃんと殺すまで撃つってのがプロっぽくてよいです。
ストーリーはさておき、アクションだけでも、見応えありです。

お嬢さん(2016年製作の映画)

3.8

性癖とか官能とか変身願望とかそういうヘンタイがひっくるまった、耽美な映画でした。
カタコトなのも逆にヤバい雰囲気作りに合っていたかと。

連続襖開けから屋敷を飛び出すまで一連のカット、最高です。

GANTZ:O(2016年製作の映画)

3.3

物語は、さておき
日本でもこのレベルのCG作品が作れると分かって、ただ嬉しかった。※表情による感情表現はまだアレですが

日本映画の未来を少し期待させてくれる佳作でした。

あなたを待っています(2016年製作の映画)

2.7

演技の下手ウマさが絶妙で、良くも悪くも居心地が悪い映画でした。
大橋さんは、セクシー

マグニフィセント・セブン(2016年製作の映画)

2.9

アクション映画としては、ちゃんと楽しめたけども、、、

仕方ないのですが、2時間の中に色々詰め込んでるんで、登場人物が記号的で愛着がわかないんすよね

それこそ、七人の侍くらいの超長尺でやってくれても
>>続きを読む

>|