mimur

mimur

映画館に行きたい!!

怪物はささやく(2016年製作の映画)

3.7

怪物が、少年の心の化身ってがありきたりだなあと思いつつも、いろいろあって号泣
そしてラストシーンで、見始めの自分を罵りつつ号泣

20センチュリー・ウーマン(2016年製作の映画)

4.0

男と女と子と親と、、、

コロコロ変わるそれぞれの視点と気分、画のカラフル綺麗さ、カットの小気味良さ、そして音楽。
もういろいろマッチし過ぎて、大した物語ではないけど、「良い映画」見たな感があります。
>>続きを読む

夜明け告げるルーのうた(2017年製作の映画)

3.7

何となく引っかかる物語としての違和感はあるもののそれを振り切る映像力はさすが

原作ものが連続したけども、今回オリジナルなだけあってやりたい事をやった感、最高です!

メッセージ(2016年製作の映画)

4.7

とんでもないものを見た
壮大でミニマムなテーマとそれを表現するトリックがとんでもない。
あーだこーだ語りたい作品

基本的に静かな映画ですが、「自然の音」や環境音楽的なBGMが印象的に使われていて、耳
>>続きを読む

10 クローバーフィールド・レーン(2016年製作の映画)

3.0

色々半端かつ、結局???な作品ですが、メアリー・エリザベス・ウィンステッドをじっくり見せてくれるから許す!

スプリット(2017年製作の映画)

2.5

どんでん返しと言えばシャマランですが、今回もとんでもないどんでん返しが待っています!
こんなどんでん返しは史上初ではないでしょうか!


まさか、2時間の次回予告だったとは!

アンブレイカブルも見て
>>続きを読む

アップルシード アルファ(2014年製作の映画)

2.0

ガンツ映画を見てしまうと、この程度のCGには満足できなくなってしまった、、、

ミッション:インポッシブル ローグ・ネイション(2015年製作の映画)

3.2

この女スパイに振り回される感じどっかで見たことあるなーと思ったら、ルパンでした。ハンサムなルパン。
他主要メンバーも何となくそんな感じ見えてきた。

ここまでシリーズが続くと、そんなところが気になって
>>続きを読む

ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー(2016年製作の映画)

3.5

スターウォーズを見てない人にとっては、SF佳作ですね。
随所で見られる独特のカットや演出が古臭いとなるかスターウォーズ感最高!となるかの別れ道です。私は後者!

あまり深い心理描写もない群像劇なのです
>>続きを読む

エクス・マキナ(2015年製作の映画)

3.3

激しいアップダウンはないですが、淡々と醸し出され続ける不安感がとても良いです。
どんでん返しのびっくりではなく、この独特の空気感を味わう作品でした。

よくよく考えると大した心理戦でもないのに、AIっ
>>続きを読む

フリー・ファイヤー(2016年製作の映画)

2.9

そこそこ面白いよ
でも、もっと面白くなったような、、、
という消化不良が起こる佳作

メンツが地味に豪華なので余計にそう思ってしまう。

銃声は良い感じ

ハードコア(2015年製作の映画)

3.6

手法が手法なだけに卑怯な作品ですが、これでもかとドンパチシチュエーションを持って来て、これでもかと血飛沫と死体をぶちまけるサービス精神が最高

VR黎明の中で、イロモノで終わるのか、金字塔となるか
>>続きを読む

キングコング:髑髏島の巨神(2017年製作の映画)

2.9

怪獣プロレスは、ど迫力でちゃんと面白いのですが、、、
対人間となると、遭遇→ちょっと死ぬ→逃げる→ひと安心→遭遇
の繰り返しで、B級モンスターパニック感が否めない。

人間は添え物なので仕方ないが、ド
>>続きを読む

ジョン・ウィック(2014年製作の映画)

3.2

ちゃんと殺すまで撃つってのがプロっぽくてよいです。
ストーリーはさておき、アクションだけでも、見応えありです。

お嬢さん(2016年製作の映画)

3.8

性癖とか官能とか変身願望とかそういうヘンタイがひっくるまった、耽美な映画でした。
カタコトなのも逆にヤバい雰囲気作りに合っていたかと。

連続襖開けから屋敷を飛び出すまで一連のカット、最高です。

GANTZ:O(2016年製作の映画)

3.3

物語は、さておき
日本でもこのレベルのCG作品が作れると分かって、ただ嬉しかった。※表情による感情表現はまだアレですが

日本映画の未来を少し期待させてくれる佳作でした。

あなたを待っています(2016年製作の映画)

2.7

演技の下手ウマさが絶妙で、良くも悪くも居心地が悪い映画でした。
大橋さんは、セクシー

マグニフィセント・セブン(2016年製作の映画)

2.9

アクション映画としては、ちゃんと楽しめたけども、、、

仕方ないのですが、2時間の中に色々詰め込んでるんで、登場人物が記号的で愛着がわかないんすよね

それこそ、七人の侍くらいの超長尺でやってくれても
>>続きを読む

メタルヘッド(2010年製作の映画)

3.0

あまりに突拍子もない始まりなので、あのクレイジーお兄さんは主人公の想像上の人物で、思春期のメタファー的なことかと思ったら(隣人13号やファイトクラブ的な)、そのまんまハートウォーミングな着地で一安心>>続きを読む

プラネット・テラー in グラインドハウス(2007年製作の映画)

3.3

ゾンビだろが人間だろが、おもちゃのようにグチャグチャに吹っ飛ばすのは、グロさを通り越してむしろ爽快

この世界の片隅に(2016年製作の映画)

5.0

描写、演出、物語の塩梅がとんでもなくすごい

戦争の中にある生活と
生活の中にある戦争

ザ・ギフト(2015年製作の映画)

4.2

いやあ
もう最高の胸クソ映画ですね!
物語が進むにつれて、ジャンルが変わっていくの感じも堪らん

あの男二人は、ロビンに謝れ

ジェイソン・ボーン(2016年製作の映画)

2.9

カーチェイスは見もの!
邪魔な車は、避けるな!
打っ飛ばせ!

スーサイド・スクワッド(2016年製作の映画)

2.3

展開・設定がむちゃくちゃ
キャラクターに魅力・個性なし
しかも、アクションは見所不足
何だこの映画

せっかく悪役を集めたんだから、もっと狂ったドンパチが見たかった

あと、ワニ男はもっとマッチョであ
>>続きを読む

ハドソン川の奇跡(2016年製作の映画)

3.1

丁寧に作られていて、老けたトムハンクスも魅力的なのですが、真っ当過ぎて記憶に残らなそうな作品。

中盤までの「機長の真意が見えない」感が邪魔

ゴーストバスターズ(2016年製作の映画)

3.6

映画って楽しいなぁって言うのを久々に思い出した。
何も考えず、ドンチャン騒いでるのをニヤニヤしながら見る感じ。
コント的な掛け合いは、ちゃんと英語が聞き取れたらもっとオモロイんやろなぁ

ホルツマン堪
>>続きを読む

愛の渦(2013年製作の映画)

3.5

セックスと初対面同士の気まずい会話という両極端のコミュニケーションが混在する状況の可笑しさが絶妙。エロさよりもコメディ作品として充分笑えました。

肉体関係を伴ってない、あの夫婦にしか愛がないってのも
>>続きを読む

バトル・ロワイアル(2000年製作の映画)

3.0

今更、初鑑賞
思っていたより、センセーショナルな映画ではなかったかな

心身のエグみを期待していたのに

シン・ゴジラ(2016年製作の映画)

4.2

さすが、庵野監督
エヴァ然り、好きでも嫌いでも見るとやっぱり語りたくなってしまう。
パロディや暗示的な描写、ナショナリズムを煽ってくる感じにまんまとやられました。

あと、これまでのゴジラは自然の代弁
>>続きを読む

栄光のランナー 1936ベルリン(2016年製作の映画)

3.7

挫折・努力・勝利的なザ・スポーツカタルシスを期待すると物足りないです。
というか、いくらスポーツの祭典と言ってもどうしても浮き彫りになるナショナリズムや差別を描くかなり社会派映画です。

淡々と話が進
>>続きを読む

スーパーバッド 童貞ウォーズ(2007年製作の映画)

3.0

バカばっかり(褒め言葉)

今はメジャーな役者さんが多く、内容のくだらなさの割にメンツが豪華

セス・ローゲンがあまり好きではなかったのですが、今回くらいのチョイ役だと良かったです。

ハイネケン誘拐の代償(2014年製作の映画)

2.6

予告詐欺でした

ハイネケン全然出えへんやん!
そういう心理戦もないやん!

ただ、バレただげやん
裏切りとかのドラマも大してないやん

っていう大したことない映画

最後の「正体不明の暗殺者に」って
>>続きを読む

しあわせはどこにある(2014年製作の映画)

3.4

まんま「LIFE!」やん!
的な既視感、ご都合主義感は否めないが、元気になる映画としては充分

主演カップルが好きな役者さんので、それだけで及第点

「私は思い出の宝箱じゃないわ!」ってセリフが頭に残
>>続きを読む

>|