りょんりょんさんの映画レビュー・感想・評価

りょんりょん

りょんりょん

ゾンビ(感染者系含む)もの、吸血鬼アクションものが大好物です。
ブログもやってます。
http://ryonryon.hatenablog.com/

0〜1.0:資源の無駄
1.1〜2.0:酷い
2.1〜3.0:つまらん
3.1〜3.5:普通
3.6〜3.9:素晴らしい
4.0〜4.5:凄い
4.6〜4.9:神
5.0:無我の境地

映画(820)
ドラマ(0)

キル・コマンド(2015年製作の映画)

3.3

Netflixにて鑑賞
トンデモ映画だと思って見始めたら、思ったよりもマトモで丁寧に作られていてびっくり。それでも、設定というか、世界観というか、バックグラウンドというか、それが曖昧にしか描かれないの
>>続きを読む

逆殺館(2016年製作の映画)

2.3

このレビューはネタバレを含みます

huluにて鑑賞
誘拐した娘の家の人達か娘本人が凄腕の達人で、誘拐した人達が逆に屠られていく映画だと勘違いしてました。
登場人物達が間抜け過ぎて、ズンドコな行動しかしないのが萎えるし、イライラしますね
>>続きを読む

来る(2018年製作の映画)

3.3

TOHOシネマズなんば 本館スクリーン1にて鑑賞
予告編から楽しみにしていました。予告編から想像した内容とは結構違っていましたが、楽しめました。ホラー映画的な怖さというよりかは、恐ろしいには人間という
>>続きを読む

心魔師(2018年製作の映画)

2.4

第七藝術劇場にて鑑賞
主人公がただのかっこつけ野郎だったのがムカついた(俳優さんの佇まいはかっちょよかったです)。
投げっぱなしジャーマンはダメだってあれほど言ってるのに、どうしてわからないんだろうっ
>>続きを読む

恐怖の報酬 オリジナル完全版(1977年製作の映画)

2.5

このレビューはネタバレを含みます

第七藝術劇場にて鑑賞
この映画もテレビで何度か観たことあるような気がしますが、大筋は憶えていましたが、細かいところは全く憶えておりませんでした(オリジナルの方とごっちゃになってるかもしれません)。
>>続きを読む

ゼイリブ(1988年製作の映画)

2.4

第七藝術劇場にて鑑賞
30周年ということでのリバイバルでしたが、こんなに完成度って低かったっけ?というのが今の正直な感想です。
公開時にも、テレビでも何度も観て楽しんでいたのに。こんなゆるゆるのぐだぐ
>>続きを読む

へレディタリー/継承(2018年製作の映画)

2.5

TOHOシネマズ梅田 スクリーン6にて鑑賞
誰だよ、ごっつ怖い映画だって言ったのは。出てこいや(笑)。
うん、雰囲気系の映画ですが、怖くありません。びびらせるだけの映画もつまんないですが、この映画はそ
>>続きを読む

ボヘミアン・ラプソディ(2018年製作の映画)

4.0

立川シネマシティ two/1階/a studioにて鑑賞(11月25日鑑賞)
極音上映
ボーカルメインではなく、ギターかベースメインで聴く私にとって、メンバー全員が対等なバンドというイメージのQUEE
>>続きを読む

人魚の眠る家(2018年製作の映画)

3.2

立川シネマシティ one/8階/k studioにて鑑賞(11月25日鑑賞)
ゾンビものだと思っていましたが、人工的にゾンビを作り出すことは可能なのかという視点に家族の物語をぶち込んだような映画でした
>>続きを読む

エリック・クラプトン~12小節の人生~(2017年製作の映画)

3.6

シネクイント スクリーン1にて鑑賞(11月24日鑑賞)
クラプトンのギターに人生をやられてしまった私にとっては、かなり堪えた映画でした。クラプトンのギターには、絶望と諦念と孤独があり、儚くて脆い中に、
>>続きを読む

ポリス・ストーリー/REBORN(2017年製作の映画)

3.5

TOHOシネマズ新宿 スクリーン11にて鑑賞(11月23日鑑賞)
何故、ポリスストーリーという邦題を付けたのだろうか。セガールの映画に『沈黙の』を付けるようなものなのか。
映画は面白かったです。格闘ア
>>続きを読む

ボーダーライン:ソルジャーズ・デイ(2018年製作の映画)

3.0

大阪ステーションシティシネマ シアター⑨にて鑑賞
前作よりかは好みではあったけど、中盤からちょっと失速というか、迷走し始めたように思えてしまって。

ウェズリー・スナイプス シールド・フォース 監獄要塞(2017年製作の映画)

2.0

huluにて鑑賞
システム(機械)が暴走してるのに、調査には機械を使うという、おいおいって感じなままな映画。ウェズリー・スナイプスがプロデューサーにも名前を連ねていますが、こんな映画を作りたっかたのか
>>続きを読む

マンディ 地獄のロード・ウォリアー(2018年製作の映画)

4.0

シネ・リーブル梅田 劇場④にて鑑賞。
テンポが少し悪かったとは思うけど、最高でしたよ。

BLOOD-CLUB DOLLS 1(2018年製作の映画)

1.0

梅田ブルク7 シアター3にて鑑賞
酷い。宮原華音さんだけが救いだけど、出番が少ないし。主人公だろうがー。八嶋智人の方が出番多かったし、彼が主人公ポジっぽかったなー。
アニメは見てないから全く内容が分か
>>続きを読む

REDCON-1レッドコン1 戦闘最大警戒レベル(2018年製作の映画)

3.4

シネ・リーブル梅田 劇場③にて鑑賞
ワンダーナイト・シネマカーニバル2018
WWC -What a Wonderful Cinema-(ホワット・ア・ワンダフル・シネマ)
うん、見ている間からメチャ
>>続きを読む

ヴェノム(2018年製作の映画)

3.3

TOHOシネマズなんば 本館スクリーン2 IMAX+3Dにて鑑賞
俺達ヴェノム!な映画でした。思ったよりもダークな感じがなくて、結構サクサクと見やすい映画になっていたと思います。

X-DAY 黙示録(2016年製作の映画)

2.7

NETFLIXにて鑑賞
お話は面白いんだけどなー。怪物のCGがちゃちいのと、メインキャラクターの行動が時々?になって、そのことで緊迫感がなくなるっていうのがねー。
こういうような夢を実際に見た自分とし
>>続きを読む

殺る女(2018年製作の映画)

2.1

大阪ステーションシティシネマ シアター⑤にて鑑賞
薄っぺらい映画。特にキャラクターが薄っぺらい。武田梨奈さんのパートは全くいらない。

新宿インシデント(2009年製作の映画)

2.6

NETFLIXにて鑑賞
吹替版しかなかったので仕方なくそちらで鑑賞しましたが、こういう映画は吹替版はダメでしょう。
いつものジャッキー・チェンの映画というか、中国(香港)の刑事が新宿にやってきて事件を
>>続きを読む

皆殺しの掟(2018年製作の映画)

3.6

シネ・リーブル梅田 劇場③ にて鑑賞
ワンダーナイト・シネマカーニバル2018
WWC -What a Wonderful Cinema-(ホワット・ア・ワンダフル・シネマ)
格闘アクション好きな方は
>>続きを読む

クワイエット・プレイス(2018年製作の映画)

3.3

TOHOシネマズなんば 別館シアター11 にて鑑賞
面白かったけど、観終わって思い返してみると「ん?」ってなる映画。夫婦共同作業映画なのね(笑)。
最後のエミリー・ブラントの表情が素晴らしい。

ソード・ウォリアーズ 皇帝の剣闘士(2013年製作の映画)

2.2

アマゾンプライムビデオにて鑑賞
アサイラムクオリティ以下のCGなら、ない方がよかったんとちゃうかなー。主人公があほ。

シャドー・オブ・ナイト(2018年製作の映画)

3.5

NETFLIXにて鑑賞
主人公らがあほ過ぎて、お話がとっ散らかり過ぎだし、見ているだけで痛い映画だけど、ただただ圧倒的な暴力と熱気に気圧されてしまう映画。RAIDが好きな人は大好物な映画だと思います。

ザ・アウトロー(2018年製作の映画)

2.5

梅田ブルク7 シアター2にて鑑賞
群像劇だけど、登場人物や展開のどこに焦点をあてたかったのか。かなりボヤけてしまっているなという印象でした。銃撃戦は面白いけど、面白いのはそこだけという有様だし。ラスト
>>続きを読む

2001年宇宙の旅(1968年製作の映画)

2.5

TOHOシネマズなんば 本館スクリーン2 IMAXにて鑑賞
今となっては色褪せてしまった古びた映画になってしまってますが、映画の持つ力という部分では、未だに衰えることはないのかなと。でも、やっぱし面白
>>続きを読む

スカイライン-奪還-(2017年製作の映画)

3.7

なんばパークスシネマにて鑑賞
前作は面白くなかったけど(個人の感想です)、今作は前作とはガラリと変わってのアクションを前に押し出したものとなりました。脳みそを使わずに楽しんじゃいましょう。

脱出(2017年製作の映画)

2.5

NETFLIXにて鑑賞
RAIDにインスパイアされたんだろうけど、キャラクターに志しがないのと、笑いというかユーモアを入れようとした結果、緊迫感が台無しになってしまったのは勿体ない。

散り椿(2018年製作の映画)

3.9

あべのアポロシネマ スクリーン6にて鑑賞
殺陣:岡田准一
もうこれだけで十分でしょ、この映画は。トンデモなところには目を瞑るのです。
あべのアポロシネマの問題だと思うのですが、他の映画館で観ていた予告
>>続きを読む

太陽の塔(2018年製作の映画)

2.0

シネ・リーブル梅田 劇場② にて鑑賞
太陽の塔や岡本太郎をスケープゴートにして、自分は分かってると思い込んでるバカ者共が好き勝手に持論を押し付けて、芸術家様なんだぞ、批評家様なんだぞと、一般市民にマウ
>>続きを読む

イコライザー2(2018年製作の映画)

2.8

TOHOシネマズなんば スクリーン2 IMAXで鑑賞
悪くはないんだけど。ちょっと尖りすぎというか。

ミッドナイト・アサシンズ/ネオマニラ(2017年製作の映画)

1.9

シネ・リーブル梅田 劇場③にて鑑賞
BBAD(AYA PRO PRESENTS バリバリ・アクション・伝説)
邦題『ミッドナイト・アサシンズ』
誰得映画なんだろう。

きみの鳥はうたえる(2018年製作の映画)

3.8

テアトル梅田にて鑑賞
素晴らしい。奇跡的な部分もあるし、意図的な部分もあるし、その微妙な混ざり具合もあるし。
『映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ』と同じ匂いがする。石橋静河さんがどちらの映画にも出
>>続きを読む

クローバーフィールド・パラドックス(2018年製作の映画)

2.8

NETFLIXにて鑑賞
偽ユアン君とチャン・ツィイーが出てるのにビックリ。
お話の内容の細かいところはよく分かんなかったけど、細けぇーことはいいんだよっていう映画だったので、分かんなくてもよかったよう
>>続きを読む

>|