Ryoさんの映画レビュー・感想・評価

Ryo

Ryo

ホラー、アクション、ラブロマンス、サバイバル

映画(113)
ドラマ(0)

スウィート17モンスター(2016年製作の映画)

3.7

頭空っぽにして見れる
レディバードよりコメディ要素が増えた感じ。
うやむやで、感情の起伏が激しい17歳女の子の具体的に表現しにくい気持ちをうまく映画にできていた。
車のマフラーが横からスライドしてアッ
>>続きを読む

一週間フレンズ。(2017年製作の映画)

3.1

演技が全体的に拙い。
この内容の重さに対して演技が薄っぺらい、というか、演技が軽くて現実味がない。
川口春奈と山崎賢人の配役は完璧やと思うけど、原作に対する思い入れや、演技指導、演習が行き届いてない。
>>続きを読む

響 -HIBIKI-(2018年製作の映画)

4.1

開始すぐのカットで響の幼馴染役の演技が下手すぎて映画に集中できるか不安になった。でも逆に平手友梨奈の特異なキャラクターの演技が映えててそういう意味では下手くそで良かったのかもしれない。
予告編から見た
>>続きを読む

セブン(1995年製作の映画)

3.7

七つの大罪の話。
連続刑事ドラマを凝縮した感じ。
モーガンフリーマンの演技が光る。
こう言う師匠と新米のパートナーが二人で解決して行くみたいな話いい。
ラストの展開が素晴らしい、引き込まれる。
呼んで
>>続きを読む

CUBE(1997年製作の映画)

3.9

リセットゲームという漫画を読んだことがあるが、このキューブが完全に元ネタである。
導入はいきなり音でかくなってビビった。
こういう話思いついたらクッソ楽しいやろうな、やっぱ映画は監督、演者、編集も大事
>>続きを読む

13日の金曜日(1980年製作の映画)

2.9

大学生が車でキャンプに行って悲惨な目にあうという洋画ホラーの定番ストーリーの生みの親一作目。
敵の主観目線で描くあまり見たことのないホラーの撮り方。敵が誰かわからなくするためかわからないが、発想は新鮮
>>続きを読む

キャリー(1976年製作の映画)

4.0

トミーの顔のアップ越しに遠くの席に座るキャリーを移すカットが伝説的に良い。
序盤やその他諸々、色気ムンムンカットのはずなのにやたらと芸術性を感じる。
明らかに現代にはない発想の取り方の数々。ヨリが多い
>>続きを読む

新感染 ファイナル・エクスプレス(2016年製作の映画)

4.2

こんなおもろいゾンビ映画久々に見た
スリル満点ハラハラして、最高や
韓国映画はアクションが豊富で、妥協せずに街や、電車とかセットを使うからいい
アクションだけでなく、一人一人の登場人物の性格や、感情が
>>続きを読む

羊たちの沈黙(1990年製作の映画)

4.2

アンソニーホプキンスの演技が美しい。
美しい。芸術。
それに加えてジョディフォスターの怯えた表情、ルックスが素晴らしい。
この二人の地下での面接シーンは顔のアップでありながらもブレない演技で見る者を圧
>>続きを読む

シックス・センス(1999年製作の映画)

4.0

小さい頃に見たっきりから、久々に鑑賞。
ナイトシャマラン様の堂々代表作品。
生々しいリアルな怖さを表現するのが上手なシャマラン様。
下手なお化けが出まくって音で脅かすようなホラーと比べたら天と地ほどの
>>続きを読む

カメラを止めるな!(2017年製作の映画)

3.7

この作品流行りすぎて客パンパンでめちゃ前の方で鑑賞する羽目になった。
おもしろい。
面白いというか、老若男女誰が観ても口を揃えておもしろかったというであろう。
役者の演技力が試されるワンカット長回しシ
>>続きを読む

ビリギャル(2015年製作の映画)

3.6

伊藤淳史が役どハマり、
ルックスから、演技から、身長やら何から何まで人の良い塾講師役を演じきれてた。
似たような自主制作映画の出演オファーが私にきた時に、このビリギャルの伊藤淳史の演技を参考にしたくら
>>続きを読む

ズートピア(2016年製作の映画)

3.7

話の発想が逸脱。
マイノリティや差別、様々なテーマが込められた教訓ある内容。
可愛らしい登場人物の動物達だらけの世界で、過酷な現実、社会を描いてるからギャップがあり心に刺さる。
上戸彩演じるジュディ巡
>>続きを読む

センセイ君主(2018年製作の映画)

3.9

さまるんかわいい
見る映画を間違えた
女子高生、女性を喜ばせるために男を魅力的に撮られた作品
男が見る用に作られてない。
でも男である俺ですら先生役の竹内涼真に惚れそうになる、ドキッとしてしまった。
>>続きを読む

銀魂2 掟は破るためにこそある(2018年製作の映画)

3.6

福田監督、なんなんだあなたは。
映画と呼ぶにしてはふざけすぎて、新喜劇と呼ぶにはあまりにも真面目、漫才、アニメでもない、新しい何かを見させられている気がする福田ワールド。
とにかく佐藤二朗がすき。
>>続きを読む

ラ・ラ・ランド(2016年製作の映画)

3.7

色使いが原色が多くて色鮮やか。
その色々に見合う俳優の演技、映画の世界観も素晴らしい。
夜景、背景の演出が綺麗。
ミュージカル、会話、表情カット、とにかく何回撮り直したかわからないくらい長回しが多い。
>>続きを読む

百瀬、こっちを向いて。(2013年製作の映画)

3.4

忘れた青春を思い出す
主役のインキャ感がもう最高にいい。
なんであの顔が向井理になるねん、そんなわけないやん。
早見あかりの髪型違和感。
早見あかりじゃなくて広瀬すずの方がもっとミステリアス感出ていい
>>続きを読む

信長協奏曲(2015年製作の映画)

3.4

脚本が面白すぎる
山田孝之の演技力凄まじい
小栗旬、二役演じる様が素晴らしい
ドラマからファンやったけど、映画化にしてしまうと、どうしても映画の尺に収めるために無駄に長い余韻の時間、カットが多くなって
>>続きを読む

空飛ぶタイヤ(2018年製作の映画)

3.7

脚本は面白かった。
長瀬智也の演技が、めちゃめちゃ演技うまい一般人程度に感じた。
浅利陽介の演技がピカイチで迫力が物凄い。見ているこっちまで頬に涙が流れた。
エンディングのサザン最高。
高橋一生と小池
>>続きを読む

万引き家族(2018年製作の映画)

4.5

万引き家族。このタイトルのインパクトは絶大。
名前からしてこの作品に興味をそそられる。
映画は脚本が1番大切だと再確認できる優れた内容の脚本展開。
演者の技量レベルが高すぎる、特に松岡茉優と、樹木希林
>>続きを読む

レディ・バード(2017年製作の映画)

4.0

思春期の女子高生の人生を見てるような感覚に陥るほど、シアーシャ・ローナンの演技が自然で素晴らしい。
やっぱり少し背伸びしてクラスのカーストたかそうな奴らとつるんでるより
見た目がダサいだのなんだの言わ
>>続きを読む

シェイプ・オブ・ウォーター(2017年製作の映画)

4.0

なんとも良さを形容しがたい作品。
ファンタジー、雰囲気のいい、居心地のいい本作のような作品は評価するのが難しい。
逆にファンタジックな作品を制作する時は監督、演出のセンス頼りになって来るので難しいと予
>>続きを読む

50回目のファーストキス(2018年製作の映画)

4.1

めちゃくちゃおもしろい。
周りの客が引くくらい笑ってしまった。
そして泣きそうにもなった。
福田監督のいつものお気に入りメンバーの役者勢揃いです。
山田孝之、長澤まさみ、佐藤二郎、ムロツヨシの福田監督
>>続きを読む

恋は雨上がりのように(2018年製作の映画)

3.9

好き。
爽快な音楽に合わせて駆け抜けるカットや、レストランを長回しで映すカット、見ていて清々しい音楽の使い方。
嫌なことばっかで病んでたけど、少しやる気がでて、さっぱりしました。
夢を追いかけることを
>>続きを読む

君の膵臓をたべたい(2017年製作の映画)

4.5

思いっきり俺の好きな映画の始まり方。ジャンル。
日光の沢山浴びるシーンが多いこういう撮り方大好物。
この映画の小栗旬は小栗旬してなくて良い。
浜辺美波の声の発声の仕方がアニメの声優並みに聞き取りやすい
>>続きを読む

下妻物語(2004年製作の映画)

3.4

キャストの配役が謎やけど奇跡を起こしてる。
深キョンどハマり役。
でも深キョンのモノローグだけでは場が持たなくて飽きてしまうシーンもある。
きっと原作から影響受けてるんやと思うけど世界観が独創的。
>>続きを読む

エスター(2009年製作の映画)

4.2

演出がうますぎる。
こんなぶっ飛んだ脚本どうやって思いつくねん。
酔っ払ってたのにさっぱり酔いが覚めてしまった。
エスター怖すぎ。
エスターの子役イザベル・ファーマンの演技が子供やと思えへんくらい素晴
>>続きを読む

エルム街の悪夢(1984年製作の映画)

3.4

眠ると襲われる、だから眠れない。脚本、設定がまず面白い。
お風呂の股から手が伸びてくるカットは笑ってしまった。
燃えよドラゴンのジョン・サクソン出てるのびびった。
ジョニーデップ様の若い演技も観れる。
>>続きを読む

ハロウィン(1978年製作の映画)

3.8

この映画の主題テーマソングほんまに好き、かっこよすぎる。
流れて来たらワクワクする。
はじめのワンカット目の異常な長回しっぷりに初見で驚いた。
一人称視点が誰なのかわかった時も面白い。
手持ちカットシ
>>続きを読む

チア☆ダン 女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話(2017年製作の映画)

3.9

こういう女の子ばっかでる作品ほのぼのする、幸せ。
広瀬すずの演技大好き。
広瀬すずはやっぱこういう少年ジャンプのいわゆる主人公みたいな役がハマってるわ。
山崎紘菜のスタイルの良さ、演技のハマり方。
>>続きを読む

名探偵コナン ゼロの執行人(2018年製作の映画)

4.0

コナンなめてた。
青山漫画家の脚本執筆の腕はいつになっても落ちない。
東野圭吾並みの発想力素晴らしい。
女性が多く、安室さんに惚れる為に観にいくらしいけど、から紅の恋歌の服部平次の方がかっこいいと個人
>>続きを読む

ピーチガール(2017年製作の映画)

3.0

永野芽郁の演技力が素晴らしいことをただただ誇張する作品。
逆に山本美月の演技力では主役にはまだ早いことがわかる。
周りの脇役、特に永野芽郁に食われてしまってる。
山本美月の演技が振り切れていない、斉木
>>続きを読む

斉木楠雄のѰ難(2017年製作の映画)

3.6

これはこれでいいんじゃないかな。
がっつりコメディ路線丸出しで、めちゃめちゃ面白い。
シュールな笑いの福田監督ピッタシの原作。
地味に祭書くのに苦戦してるシーンとか笑いに凝っててすごくいい。
主演の山
>>続きを読む

IT/イット “それ”が見えたら、終わり。(2017年製作の映画)

4.3

ビル・スカルスガルドの演技に惚れてしまいそう。
スティーブンキングの数々の名作を作り上げるユーモアには感銘を受ける。
サントラが大好き、スピーカーで自宅で鳴らしてたら何かが始まりそう。
映画館で爆音で
>>続きを読む

ちはやふる 下の句(2016年製作の映画)

3.8

松岡茉優の関西弁の演技力すごい、松岡茉優抜きならこの映画の評価は3.5になる。
お前が松岡茉優のファンやからやんけっていうツッコミは無しでお願いします。笑
撮り方はそんなに好みじゃないけど、真剣佑の使
>>続きを読む

>|