suzuki

suzuki

ラブコメ好き

アイアムアヒーロー(2015年製作の映画)

3.6

凄いリアル。なんだか後半少し気持ち悪くなったくらい。多分扁桃腺炎のせいなんだけど。
長澤まさみ美人だなあ。

プールサイド・デイズ(2013年製作の映画)

4.0

なよなよギークが一夏でちょっと大人になるストーリーは安定。
ラブアゲインとは180度違うスティーヴ・カレル。

その日の雰囲気(2015年製作の映画)

4.0

期待値が低かった分、大満足。
何気にラストにかけてどんどん面白くなってくところが見どころ。
電車の中でナンパして一緒に外出るていう枠組みだけbefore sunriseと一緒だけど。
おれも真冬の釜山
>>続きを読む

王様のためのホログラム(2016年製作の映画)

2.9

サウジアラビアでロケがやりたかったんだろうなって作品。
行きたいなあサウジ。
あと、アメリカ人がよく映画の中でボーイスカウトやってた時の回想シーン入れるけど、あれかっこいいよな。

ブルーバレンタイン(2010年製作の映画)

4.2

ハッピーエンドの終わりを描いた作品。厳密には同時進行だけど。
男も女もリアルに描かれていて辛いこと辛いこと。好きなシーンはディーンが女々しいと罵られるところと、付き合う前の食事会でシンディがしょうもな
>>続きを読む

ダーティ・グランパ(2015年製作の映画)

4.1

評価が分かれる作品。
低俗なアメリカンコメディを観たい時にオススメ。

ストーリーもめちゃくちゃだし、メリケンお得意の下ネタだらけで笑える。
そしてこれだけの役者が本気でふざけて、時には自分の過去の作
>>続きを読む

怪しい彼女(2014年製作の映画)

3.0

プールのシーンと最後がちょっと良かったくらい

ビューティー・インサイド(2015年製作の映画)

4.7

すっごくロマンティック。
切ないんだけど、台詞の一つ一つが温かくて、甘い。
好きな映画。

ビフォア・ミッドナイト(2013年製作の映画)

4.7

映画の大半は観てるだけで疲れそうな、現実を嫌という程見せられてるようでうんざりしそうなんだけど、最後でほっこりニヤけちゃう。ジェシーのユーモアを見習って歳を重ねたい。セリーヌのヒステリック具合にはもち>>続きを読む

ビフォア・サンセット(2004年製作の映画)

4.5

前作と違い、現実を知った二人の会話が面白い。ドキドキするシーンは少ないけど、そっかーーーみたいな感覚。最後の最後のソファに座ってるジェシーの笑顔が良い。

ビフォア・サンライズ 恋人までの距離(1995年製作の映画)

4.8

1回目は2015年9月20日
2回目は2017年6月26日
もちろん会話のみで成り立つところだったり、ウィーンの風景だったり、細かなところも素敵。
この間スウェーデン人の女の子との4回目のデートで「j
>>続きを読む

カフェ・ソサエティ(2016年製作の映画)

3.5

洒落てて良い。
夏にリネンのスーツはイケてる。ラペル太めのジャケットにツータックのパンツをサスペンダーで履きこなす感じ。
ストーリー性は特になし。
ナレーションで進む映画もノーストレスで好きだけど特に
>>続きを読む

フォーカス(2015年製作の映画)

3.7

結構好き、軽く観れるから。
知的な黒人をやる時のウィルスミスってなんであんなにかっこいいんたろう。Hitchとか。
んで、結局のマーゴットロビーちゃん。パツキンに目がないわ。

ロスト・イン・トランスレーション(2003年製作の映画)

4.0

「何か映画観たいけど、別にラブコメとかアクションとか青くさいのとか、そういうんじゃなくて洒落てるの、とにかく洒落てるの観たいんだよな今日は。」て時に観る映画だと思ってる、勝手に。
スカヨハちゃん可愛す
>>続きを読む

シング・ストリート 未来へのうた(2016年製作の映画)

4.0

プロムっぽいとこで妄想と交差するシーンが好き。最後の最後のシーンでの世界トップのモテ男Adam Levineの歌声も堪らない。

きみに読む物語(2004年製作の映画)

4.7

理想も理想、理想of理想。
最近「老い」について考える機会が多かったから尚更響いた。
中学生のとき大好きだった力武先輩が大好きって言ってたのも頷ける。当時は観てなかったけど、この歳のこの時期に観て正解
>>続きを読む

インターンシップ(2013年製作の映画)

4.6

凄く良い。
「人に干渉する」って大切だよなって思った。ビリーとニックは自然に干渉していく。結局のとこ文系人間の理想像。さすがダイバーシティとエンターテイメントの国だわ、アメ公。

アジョシ(2010年製作の映画)

4.0

ウォンビンがくそかっこいい。
韓国のキムタクっていうより西島秀俊。

ステイ・フレンズ(2011年製作の映画)

3.2

BGMに最適。
ジャスティンの発音が好き。
2人とも身体が綺麗だからいやらしくない。
フラッシュモブっていつ見てもクソつまんないしダサい。

オーバー・フェンス(2016年製作の映画)

3.0

少しも心が動かされなかった。別に「心が動かされる」ことが映画を観る基準てわけじゃないけど、折角2時間費やして映画を観るわけだから何かしら発見があったり、感動したりはしたい。でもこれはただ時間が過ぎてっ>>続きを読む

ラ・ラ・ランド(2016年製作の映画)

4.8

前評判通りに素晴らしい。
エンドロールで「Rentaro Taki」の文字があって、どこだ!?て調べたら繰り返し弾いてたところみたいだった。
ベージュのスーツとオメガの時計が欲しくなった。

ハドソン川の奇跡(2016年製作の映画)

3.9

ああ、これがキャプテンだよなあ
ってなるトムの演技が良い。
何と言っても「96分」という上映時間がこの作品においてはベストだと思う。

>|