りょーたろさんの映画レビュー・感想・評価

りょーたろ

りょーたろ

GODZILLA 怪獣惑星(2017年製作の映画)

4.0

これこれ。怪獣ってこういうの。
シンゴジラみたいに政治的なものもたまにはいいけど、こういう圧倒的な絶望こそ怪獣映画。ポリゴンアニメにしてるのも面白い!
あと脚本虚淵って名前見えた瞬間「あっ、人類逝った
>>続きを読む

ライフ・イズ・ビューティフル(1998年製作の映画)

4.5

戦争ってクソ。
ただ、戦争だけじゃないけど、良くない非日常の中で、日常より人の事を愛せたり自分を愛せたり出来る事あると思う。
人生とこの世界は美しい。

天地明察(2012年製作の映画)

3.0

小説読んだ後だと凝縮しすぎて欲しいシーンとかがなかったりする。岡田准一が荒れてるシーン、半端なくかっこよかったです…。

のぼうの城(2012年製作の映画)

4.0

思ってたより重い内容だったけどテンポ悪くないし、野村萬斎がすごくすごく良い。

交響詩篇エウレカセブン ハイエボリューション1(2017年製作の映画)

5.0

このレビューはネタバレを含みます

賛否両論あるうちの絶対的な「賛」の位置からレビュー。
(思い出補正有り)

テレビ版とは酷似するが違う世界線にて、エウレカがレントンと出会う以前のシーンから描かれる点。アドロックの人間的な部分と父の部
>>続きを読む

劇場版 Fate/stay night Heaven's Feel I. presage flower(2017年製作の映画)

4.9

原作の最終ルート。
Stay nightルートA、UBWとかの予備知識が無いとかなり置いてかれる一見さん殺し。
ただ、とんでもねぇ。ufoの絵とBGMは最高、要らんものが削がれた凄まじいクオリティ。

bd ビーディー Snowboard Rulerz(2006年製作の映画)

3.5

今は第一線を引いたライダー達が活躍した2005〜2007年頃の大会を収めたRed Eye'S Filmの作品。國母ほんまヤンキーだが好きすぎる。スノボ好きなら見て損なし。

博士の愛した数式(2005年製作の映画)

4.1

もうめっちゃ好き。何も書きたくないけど、博士がもう少しだけお歳を召した方だったらなお良しだった。

白鯨との闘い(2015年製作の映画)

3.5

ストーリーも重厚で展開も飽きが来ず、素晴らしい作品。ただ唯一、邦題が酷い。間違ってはいないのだが、英題は''In the Heart of the Sea"。最後のシーンは白鯨との戦いという日本語はあ>>続きを読む

ものすごくうるさくて、ありえないほど近い(2011年製作の映画)

4.3

エンパイアフォースビルへのテロリズム「9.11」で父親を失った少年オスカーは、様々な人に出会いながら父親の遺したとある物で亡き父親への軌跡を辿る。何が「ものすごくうるさくてありえないほど近い」のか。ほ>>続きを読む