りょーへーさんの映画レビュー・感想・評価

りょーへー

りょーへー

洋画のヒューマンドラマ系が好き。映画館にもたまに行きます。

映画(291)
ドラマ(0)

フォレスト・ガンプ/一期一会(1994年製作の映画)

3.3

ジェニーを愛してやまないガンプのまっすぐな生き方に感動する。まさに純愛の物語。トムハンクスは知能指数が少し低いという微妙な役柄を良く演じていた。
アメリカの歴史を織り交ぜながら1人の人間が生きたという
>>続きを読む

A.I.(2001年製作の映画)

3.5

機会が愛を求める物語。
愛されたくても親に愛されない子供は沢山いる。機会と言われても本当の子どもと捉えずにはいられない。感情移入していくとかわいそうという気持ちが強くなる。
本当の愛は機会だからとか人
>>続きを読む

アバウト・タイム 愛おしい時間について(2013年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

タイムトラベルしてやり直すよりも今を一生懸命に生きよう。オチは見えていたけど、時間の愛おしさや大切さを伝える手法が素晴らしい。素敵な時間をありがとう。

レディ・バード(2017年製作の映画)

3.0

少女の葛藤、両親の愛、失敗と成功、出会いと別れ。当たり前に起こることを描いた作品。ティモシーシャラメがクールなバンドマンを演じるがハマり役だと思った。

リリィシュシュような多感な青年期感がただよう作
>>続きを読む

I am Sam アイ・アム・サム(2001年製作の映画)

3.0

障害を持っていても、知能が劣ったとしても、愛情には何の関係もない。不変でいること、忍耐強く耳を傾けることは、普通の親でもできているか、疑問だ。
子供を育てるとはどういうことなのかを教えてくれる作品。
>>続きを読む

湯を沸かすほどの熱い愛(2016年製作の映画)

3.5

友人に勧められて鑑賞。
体が弱っているときに見たので、自分に投影できた。
母親のことを考えるきっかけになった。
血の繋がりよりも大事なものがきっとあると気づかせてくれた映画。
大切な人をもっと大切に、
>>続きを読む

ベイマックス(2014年製作の映画)

3.8

何度も鑑賞。最後のベイマックスのひと押しが悲しすぎる。

ワンダー 君は太陽(2017年製作の映画)

3.1

それぞれの登場人物の視点で描かれているところがいい。オギーだけではなく、みんなそれぞれ事情を抱えて闘っているんだというメッセージがとてもよかった。
オギーだけが特別じゃない、みんな特別な存在なんだと。
>>続きを読む

モンスター上司2(2014年製作の映画)

1.5

もはやモンスター上司はいないといってもいい。1とは別モノ。
どんでん返しはあるが、飽きる。掛け合いはくだらなくてつまらない。

ソーセージ・パーティー(2016年製作の映画)

2.0

思ったほど笑えなかった。最後のシーンはひどすぎるとしか言いようがない。とにかく下品なアニメ。

最高の家族の見つけかた(2016年製作の映画)

2.5

コメディ要素もあり少し混乱する内容。もやもやして終わった。
アナケンドリックがまったくビッチではなく、真面目に演技してるのが不思議に感じた。

ローガン・ラッキー(2017年製作の映画)

1.9

途中の話が長くてなかなか進まない展開にイライラ。間抜けな警備のおかげとしか思えない。ダニエルクレイグの無駄遣い。

センター・オブ・ジ・アース(2008年製作の映画)

2.8

大冒険が楽しめる映画。子役の子がイケメン。そしてなんといってもセンターオブジアースがきれいだった。SF要素がふんだんに取り入れられた作品。ただ結果が見えているだけに驚きはない展開がイマイチ。

RAW〜少女のめざめ〜(2016年製作の映画)

2.5

カニバリズムの話。生々しく生きることに目覚めた少女を描く。
途中からやや失速気味。いくところまで行けばいいのに。解決策があるのかは分からないが、ベジタリアンに育てたのも一つの解決策か。
ホラー映画はほ
>>続きを読む

モンスター上司(2011年製作の映画)

3.0

ケビンスペイシーのパワハラぶりがすごい!
痛快コメディー。
くだらなくて下品で展開が早くて笑える。

ジョニー・イングリッシュ(2003年製作の映画)

3.1

笑いどころ満載のアクションコメディ。
何も考えずに笑える映画だった。

エブリシング(2017年製作の映画)

2.0

なんと最後にまさかの展開に。
隔離されているはずがかなり会ってるじゃんという感想。感動も薄い。
ハッピーエンドだったからよしとするか。
ラブサイモンのニックロビンソンはイケメンだった。

Love,サイモン 17歳の告白(2018年製作の映画)

3.2

ハッピーエンドでよかった。
王道のストーリー。
母親の言葉が印象的。
なんでもやりたいことは叶えられる。

モネ・ゲーム(2012年製作の映画)

2.7

コリンファースとアランリックマンという二大英国俳優の共演。
かっこよさは全然なく、コメディ一色。ともすれば下品と思われても仕方ないギャグ。日本人の出方が少し違和感あるけど、笑える映画だった。
キャメロ
>>続きを読む

デトロイト(2017年製作の映画)

3.1

警官の差別的な行動に苦しめられた黒人の物語。当時は当たり前にされてきた不当な逮捕と暴力。目を背けたくなるその光景は忘れてはいけない人類の罪。
ウィルポールターの悪い警官姿が様になっているゆえに、怒りが
>>続きを読む

テッド(2012年製作の映画)

2.9

ゲスなクマと大人になれない大人の物語。
映画に詳しい人ならもっと楽しめたはず。

パディントン 2(2017年製作の映画)

3.3

笑えてハートウォーミングなストーリー。
憎めないクマが再び。

トゥームレイダーファースト・ミッション(2018年製作の映画)

2.9

ハラハラドキドキ感はあったけど、裏表のないストーリー展開がすこし飽きさせたかな。

マイ・フレンド・フォーエバー(1995年製作の映画)

3.0

切なくも楽しい物語。少年2人の冒険は危なっかしいけど、最後にはしっかり感動させてくれる。
夏の終わりに見たい映画として紹介されていたのでみたが、なかなかいい映画だった。

スピード(1994年製作の映画)

3.0

助かっちゃったー。すごーい。
ところどころ人死んじゃってるけど、まぁハッピーエンドでしょう。
最後までドキドキのシーン連続でおもしろかった。
キアヌリーブスかっこかわいい。

ミッション:インポッシブル/フォールアウト(2018年製作の映画)

3.7

アクションがまさに手に汗握る展開の連続。誰が敵か味方か、これで終わりかと思ったらまたどんでん返しというストーリーはいい意味で裏切られた。
見るのにはそれだけの体力も必要。

トムは本当に怖いもの知らず
>>続きを読む

オーシャンズ8(2017年製作の映画)

2.5

ハラハラ感が少なく終始つまらないギャグも飽きてしまった。
オーシャンズ11の方が面白かったなー

>|