レオナルドラゴさんの映画レビュー・感想・評価

レオナルドラゴ

レオナルドラゴ

映画(151)
ドラマ(0)

A GHOST STORY ア・ゴースト・ストーリー(2017年製作の映画)

3.7

ゴースト同士のテレパシーには字幕が出てくるのに、スペイン語で話す家族のシーンには一切字幕が出てこないのがすごく気になった。

田舎町に住む若い夫婦の夫が割と序盤に交通で死んで病室でゴーストになってここ
>>続きを読む

すばらしき映画音楽たち(2016年製作の映画)

4.0

映画音楽にフューチャーしたドキュメンタリー、様々な映画のシーンを切り取りいかにして映画音楽が作られ、いかに映画音楽が重要であるか教えてくれる

映画とは言えど映像よりも音楽に耳を傾けるのは少し慣れなか
>>続きを読む

華氏 119(2018年製作の映画)

3.8

アメリカの人々がこんなにも大統領選挙に対して全身全霊の思いを込めているなんて知らなかった。

トランプが堂々と人種差別をし、娘に向かってセックスしたいだなんて言ってて驚きが隠せないなんて頭が狂ってる奴
>>続きを読む

マシニスト(2004年製作の映画)

3.5

なぜ彼は寝れないなぜ痩せ細ってしまった

この作品は無知で見た方が色んな考え、予想ができて面白いと思う。
「不眠症」の話って知っていると主人公に起こる出来事全てがそう言う話だからなって決めつけてしまっ
>>続きを読む

フリーソロ(2018年製作の映画)

3.8

“幸福な世界では何も起きない、そんな世界では何も達成できない”

命綱も何も使わずに崖を登る「フリーソロ」死と隣り合わせにもかかわらずなぜフリーソロに挑戦するのか。

彼がストイックだからこそ無謀に思
>>続きを読む

レディ・バード(2017年製作の映画)

3.9

多感な思春期のレディー・バードを演じる主演女優の表現力がすばらしいしティモシー・シャラメの半端ない存在感もえげつない

優しさが滲み出ている父と過保護な母といい学校を出たのにスーパーで働いている兄とそ
>>続きを読む

シャッター アイランド(2009年製作の映画)

3.7

レオとマークラファロの共演に興奮しました2人ともかっこよすぎる

話が進むにつれて今まで自分が見てきたのはなんだったのかという感覚が連続的に襲ってきてただでさえ弱い僕の頭の思考回路は停止寸前

徐々に
>>続きを読む

ハイ・ライフ(2018年製作の映画)

3.5

よくわかんなかったけど宇宙に凶悪犯達を送り出して人体実験をするって言う設定と主人公モンテが醸しだす怠惰な雰囲気が好きでした。

謎解き要素ありそうで無さそうさ感じ

とにかくモンテの娘のウィローが赤ち
>>続きを読む

インターステラー(2014年製作の映画)

4.2

クリストファーノーラン好きとか言ってたけどなんだかんだで今まで見たことなかった作品

やはりノーランの頭の中は半端ない

予測不可能なストーリーの元、宇宙での映像美や臨場感に引き込まれそして後半にかけ
>>続きを読む

僕のワンダフル・ライフ(2017年製作の映画)

4.2

すっっっごい感情輸入しまくりました

イーサンが大学に行くためにそれまでずっと一緒にいた愛犬ベイリーと別れを告げるシーンが辛かった。自分も来年就職で家をでる時ペットにこんな気持こんな気持ちになるのかな
>>続きを読む

神のゆらぎ(2014年製作の映画)

3.6

神を信じ、奇跡を待つ。
白血病で輸血しないと死んでしまうのにエティエンヌはエホバの証人が故にできない、死に際に立った時でさえも信者たちは神を、奇跡を信じるというところに驚かされそして信仰心の強さを感じ
>>続きを読む

ヘイト・ユー・ギブ(2018年製作の映画)

4.2

こんな世の中狂ってる

無実の黒人が白人警官に射殺されてそれが正当防衛だなんて。でもこれは昔の話じゃなくて最近の実際に起こった事であって黒人差別が潜在的にはなくならないことにはこの問題が永遠に終わる事
>>続きを読む

メットガラ ドレスをまとった美術館(2016年製作の映画)

3.8

服飾はアートだ

約90分間でアナ・ウィンターという人物の存在感、力強さ、威厳が十二分に伝わってくる。
ファッションが美術として捉えられてきたのもここ最近の話であってそうなったのもアナ・ウィンターやア
>>続きを読む

ハロルドとモード/少年は虹を渡る(1971年製作の映画)

4.0

自殺を演じ母親を困らせ霊柩車が愛車の少年ハロルドと80歳手前なのに超元気でお喋りで盗みが得意なモード。彼らは互いに赤の他人の葬式で出会い徐々に心を許しあう関係になっていく。

あらすじ見てなかったから
>>続きを読む

ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド(2019年製作の映画)

3.9

レオが元人気俳優って言う役だから様々な役を演じてるレオが出てきてファンにはたまらないし、ブラピがワイルドですんごかっこよくてありがとうタランティーノ

時代に取り残されつつも栄光を取り戻そうと弱気にな
>>続きを読む

女王陛下のお気に入り(2018年製作の映画)

3.7

洋題の「The favourite」の方がしっくりくる。

こんな病弱でわがままなアン女王がよく当時のイギリスをフランスとのいざこざのなか構築していくことが出来たなってことと、17人も子供を無くしてた
>>続きを読む

ディパーテッド(2006年製作の映画)

3.6

今まで見てきた中で一番レオの存在感がいい意味でない。自然な感じで馴染んでる
ベリーショートのレオもかっけえ。

出演者達が豪華過ぎる
最後のシーンがすっきりしなさすぎて他のとこあんまり覚えてないですす
>>続きを読む

トイ・ストーリー4(2019年製作の映画)

4.3

幸せの形は一つじゃない

期待を超えに超えてきた。
ウッディーがいたからこそ、フォーキーがいたからこそお互いに自分の幸せを見つけ出す事が出来たと思う。

いい意味でフォーキーがゴミでよかった。

ダッ
>>続きを読む

バスケットボール・ダイアリーズ(1995年製作の映画)

3.5

薬物でキマってるのになんでこんなにかっかいいの、、、というかレオ改めて演技上手いなって思った

ジムの母親が仕方なく狂った息子を追い出そうとしたシーンは凄い印象的たっだけどそれ以外は特別なーって感じ
>>続きを読む

アラジン(2019年製作の映画)

3.9

4DXにて鑑賞
アトラクションみたいでした。
ジャスミンの歌が吹き替えだと殆ど口とあってなくてなえた

ドゥ・ザ・ライト・シング(1989年製作の映画)

3.8

自分は第三者の視点でしかこの作品を見る事は出来ない、できなかった

白人と黒人の関係はそう簡単ににはうまくいかないなし、簡単に行っていいものではなのだと思う

この作品の中で黒人が「黒人と白人がどうだ
>>続きを読む

ザ・ビーチ(2000年製作の映画)

3.5

感情的なレオナルドディカプリオがたまらなく好きですかっこいいです

ザ・ビーチに住む人たちにとっての楽園とは快適でなに不自由ない自分達だけの場所である、けど彼らは秘密の楽園の住人であり自分は特別な存在
>>続きを読む

ドクター・ストレンジ(2016年製作の映画)

3.8

アベンジャーズverのドクターストレンジの方が好きです。

瞑想して顔ぶるんぶるん振って欲しかったです笑

先にこっち見て置くべきだったなとは思うけどこんなにもSFチックな要素もりもりだとは思いません
>>続きを読む

スタンド・バイ・ミー(1986年製作の映画)

3.7

ずっと前から名作って知っていたけど今まで何故か見てきてこなかった作品。少年達が死体を探しに探検しにいくってあらすじだけれども流石名作だなと思った

テディとバーンが「ロリポップ」を歌って踊っている時の
>>続きを読む

ミセス・ダウト(1993年製作の映画)

3.8

久々投稿。

ただ愛しているだけじゃだめなんだ。そんなメッセージが強く伝わってきた。

ロビン・ウィリアムズすげえや。

これからまた映画見まくりますよろしくお願いします

アベンジャーズ/エンドゲーム(2019年製作の映画)

4.3

隣の外国人カップルが喋ったりしてて煩わしかったからもう一回みたい。

マーベル作品最初から見たいと思った。
ドクターストレンジとキャプテンマーベルみたい。

最近ちゃんとレビュー書けなくて悔しい早く就
>>続きを読む

THE GUILTY/ギルティ(2018年製作の映画)

3.9

聴覚が研ぎ澄まされる

自分の想像力で映画を嗜む、こんな映画の見方があるとは。

映像に殆ど変化はないもののアスガーの感情、思いによって視聴者を飽きさせない工夫があり素晴らしく単なるサスペンスと映画で
>>続きを読む

gifted/ギフテッド(2017年製作の映画)

4.0

"ずっと一緒にいるよ,,

天才7才児の姪とボード修理の男。自分と今の環境は彼女の才能を無駄にしているのか?、何が正解なのだろうか。

メアリーの意思も尊重してやれよ大人ども

1
>>続きを読む

LION ライオン 25年目のただいま(2015年製作の映画)

4.1

4回泣けます…
サブタイトルから何となく流れは分かるけどでもそれでも泣きます。

ベンガル語とヒンドゥー語って方言の様なものかと思ってたけど全く違う言語とは…

子供の頃のサルーを演じた子役が可愛いす
>>続きを読む

ROMA/ローマ(2018年製作の映画)

3.9

白黒でこんなにも、悲しさが印象的に伝えられるなんて知らなかった、、、

人間の愚かさ、温かさ、子供のあどけなさ、気ままさ、命の尊さ、儚さこれら全てがクレオを中心としたこの物語の中でしみじみと伝わってく
>>続きを読む

華麗なるギャツビー(2013年製作の映画)

3.8

ギャツビーとは誰なのか、実在するのか…?

ダンディーディカプリオも好きですねたまりません。秘密に包まれたギャツビーがニックに正体を現したときのレオかっこよすぎる凄い感情が爆発したときもヤバイです、す
>>続きを読む

セブン(1995年製作の映画)

3.9

わかっちゃったアンテナ張りすぎて分かってしまいました。分かるようになる前にこの作品を見ておけば良かった…

1週間=7日だからそれもなんか関わってくるのかな?とか思ったけど火曜日から始まって日曜日で終
>>続きを読む