Ryuさんの映画レビュー・感想・評価

Ryu

Ryu

映画(221)
ドラマ(26)

クリムゾン・タイド(1995年製作の映画)

3.8

❏リアルに描かれる核戦争の脅威
チェチェン紛争を引き金に勃発したロシア国内の反乱。反乱軍が大陸間弾道ミサイルの矛先を日米に向ける中で、通信が遮断されたオハイオ級原子力潜水艦「アラバマ」内の艦長と副艦長
>>続きを読む

フォードvsフェラーリ(2019年製作の映画)

3.9

❏重厚なストーリー
今作ではマッド・デイモン演じるキャロル・シェルビーとクリスチャン・ベール演じるケン・マイルズのフェラーリを凌ぐ最強のマシンの開発から打倒フェラーリまでの道のりというのが熱く、泥臭く
>>続きを読む

ターミナル(2004年製作の映画)

3.8

困難や状況も不便な環境も考え方次第でより良いものに変えられる、何事も自分次第決まるんだなと空港生活を快適なものにしようと奮闘するビクターを観て思いしらされた。

ビクターが不便なはずである空港生活を楽
>>続きを読む

ワンダー 君は太陽(2017年製作の映画)

4.0

「一歩踏み出す勇気」

「その人を知るには、その人をよく見ること」

今作はそんな当たり前のようで、忘れがちな大切なことをストーリー随所で改めて考えさせる作品だった。

コンプレックスを抱えながらも、
>>続きを読む

ゴジラ キング・オブ・モンスターズ(2019年製作の映画)

3.9

❏芸術的な怪獣達
とにかく怪獣達の神々しさを感じるデザインが素晴らしい。日本版のデザインを基盤としながらも、本作なりのオリジナリティもしっかりと追求されたものになっている。特に凄いと思ったのは、キング
>>続きを読む

アイリッシュマン(2019年製作の映画)

4.0

❏ギャング映画オールスター集結
本作の見どころはなんと言っても、ギャング映画で印象が強いロバート・デ・ニーロ、ジョー・ペシ、アル・パチーノといったハリウッドを代表する大御所俳優が集結していることだろう
>>続きを読む

シン・ゴジラ(2016年製作の映画)

1.5

❏とにかく苛つくストーリー
本当のストーリーは本当に酷かった。何がしたいのか分からない。メインはゴジラでは無く、無能な日本の政治家。なかなか決断を下せない総理大臣と無能な取り巻きの政治家が繰り広げる呆
>>続きを読む

レミーのおいしいレストラン(2007年製作の映画)

3.8

魅力的で色彩豊かなアニメーションといい、ネズミに料理の才能があるという奇想天外な発想は流石見る人をいつも魅了するPIXAR作品らしい!『夢』は誰もが叶えられるわけではないが、誰が叶えてもおかしくないと>>続きを読む

ダ・ヴィンチ・コード(2006年製作の映画)

3.5

序盤こそ退屈ではあったが、中盤あたりから始まるどんでん返しや裏切りの連鎖はミステリー作品として面白かった。『聖杯』を巡る数々の謎や歴史、陰謀が解き明されていくストーリーは、本のページを捲るような感覚に>>続きを読む

Disney's クリスマス・キャロル(2009年製作の映画)

3.5

チャールズ・ディケンズの『クリスマスキャロル』をCGアニメーションという形で忠実にかつ生き生きと描いていると思う。誰もが心待ちにするクリスマスという存在をまた別の角度が見ることで人間の本来あるべき姿と>>続きを読む

>|