りゅうさんの映画レビュー・感想・評価

りゅう

りゅう

映画(88)
ドラマ(5)

ゆれる(2006年製作の映画)

4.2

西川美和脚本・監督の映画。
完全にハマりました。凄いよこの人。

もちろん全員の役者さんの演技は凄まじいのだけど、不穏な雰囲気を会話の間から醸し出す技量がすごい。

いろんな人間の良い部分、悪い部分を
>>続きを読む

ニュー・シネマ・パラダイス(1989年製作の映画)

4.2

ほんとに観てよかった。素晴らしい映画。

アルフレードとトトの親子でもなく師弟とも違う絶妙な関係性が羨ましい。
ラストは号泣モノ。あれはズルい。

そして映画がその村の最高の娯楽になっていることが感慨
>>続きを読む

スプライス(2008年製作の映画)

3.0

特に誰にも感情移入できない映画だった。
なんか気持ち悪かったな、、

愛がなんだ(2018年製作の映画)

3.5

「あの頃。」を観る前に視聴。

無意識に有耶無耶にしていた事を突きつけられた感じ。
そしてラストのあれは完全にホラー映画だよと思ってしまう映画。

仲原のあのセリフ切ないけど良い。

ハプニング(2008年製作の映画)

3.0

設定はとても面白い!
けどずっと「何だろう」という不思議が不思議のまま終わってった。

ボーイズ・オン・ザ・ラン(2009年製作の映画)

3.5

持たざる者の物語。
そこまで突き放されるか、というラスト。
そして内容も重い所があり、不意に急所をつかれた感じ。

CURE キュア(1997年製作の映画)

3.6

なんだこの不気味な映画は!
ほんと後味悪い。

CUREってそういうことか、、怖っ、、

運び屋(2018年製作の映画)

3.9

クリント・イーストウッドは90歳間近でこの演技、そして監督まで出来るのか。
とんでもないな。

どんなに自由に生きたとしても時間だけは戻らないということを痛感した。

万引き家族(2018年製作の映画)

3.8

こんな事があるのかと思ってしまうほど辛かった。
でも観れて良かった。

ウォンテッド(2008年製作の映画)

3.5

スターウォーズかっ!ってツッコんでしまう所はあるけど面白かった。

花束みたいな恋をした(2021年製作の映画)

4.5

恋愛映画は不得意だが思い切って鑑賞。
結果、見終わってからじわじわ涙が出てくる大量の余韻が残る映画だった。

最初のイヤホンの件から心を掴まれた。
恋愛そのものとイヤホンの性質(1つの音楽を2つのイヤ
>>続きを読む

名も無き世界のエンドロール(2021年製作の映画)

3.8

前情報ほとんど入れずに鑑賞。
個人的にけっこう好き。
物語の進め方といい全体に漂う不穏な雰囲気や伏線といいかなり良かった。

そしてなんといっても山田杏奈様々。
笑顔が最高に哀しくなる役者筆頭。
なん
>>続きを読む

おもいで写眞(2021年製作の映画)

3.5

とても優しさに包まれた作品。
大きな場面展開はないけど、小さな団地での物語だからこそ感動できた。

哀愁しんでれら(2021年製作の映画)

3.8

「人間は人が電車にはねられているところを見たい気持ちが少しはある。」

2人が夫婦になる幸せの件がくどくなっていくほど、この言葉にハッとさせられる。

子役の子の演技凄かったな。

キングダム(2019年製作の映画)

3.6

原作未読で鑑賞。
アクションの迫力が凄い。

個人的に大沢たかおの王騎は圧巻だった。

若おかみは小学生!(2018年製作の映画)

3.0

とても優しい作品。
子ども向けアニメーション映画ということもありみんな良い人達だった。

ただあまり感動しなかった自分がほんと嫌なやつなんだなと思った。

孤狼の血(2018年製作の映画)

3.7

とてもおもしろかった。
役所広司がひたすらカッコいい。

ミッドサマー(2019年製作の映画)

3.6

最高の最悪映画。
不快を突き詰めた感じ。
なんて事ない友人達の会話も違和感で、ほんと気持ち悪い。

もう今日は何もしたくない。

ドーン・オブ・ザ・デッド(2004年製作の映画)

3.7

オリジナル版未鑑賞のまま視聴。

とにかくゾンビがめちゃくちゃ速い。
あれは絶対生前よりも速い。

シャイニングオマージュのシーンはけっこう笑ってしまった。

ターミネーター ニュー・フェイト(2019年製作の映画)

3.5

ターミネーター2大好きだから最初数分の設定でずっこけてしまった。

リンダハミルトン出てきたときはグッときた。

ブラック・クランズマン(2018年製作の映画)

3.8

深刻な社会問題でもある差別を扱っているのにコメディ要素満載で決して難しい映画ではなかった。とても面白い。

そしてラストシーンで観客の背筋を一気に伸ばす演出は凄い。

シャザム!(2019年製作の映画)

3.8

DCコミックの映画は暗いものばかりかと思ったらそんな事なかった。
最高のコメディヒーロー映画。

そして叫びたくなる、シャザム!

アクアマン(2018年製作の映画)

3.7

海底の景色がとても綺麗だった。

最高のラストは感動した。

ジャスティス・リーグ(2017年製作の映画)

3.7

DCEUの世界観が少しずつわかった。

フラッシュの空気読めない感じ最高です。

ワンダーウーマン(2017年製作の映画)

3.9

戦闘シーンはもちろん所々笑えるシーンがありとてもおもしろかった。

スティーブ最高でした。

バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生(2016年製作の映画)

3.5

面白いけどちょっと長いな、、
DCEUの世界観は少し暗めなのかなという印象。

ワンダーウーマン出てきた時は上がった。

マン・オブ・スティール(2013年製作の映画)

3.2

スーパーマンがシンプルに強かった。
もう少しコンパクトにしてほしいな、、

ターミネーター:新起動/ジェニシス(2015年製作の映画)

3.2

最初数分はかなり上がった。
でもタイムトラベル複雑すぎて終始モヤっとしながら観てた。

ターミネーターが完全にお父さんでした。

>|