じょせふさんの映画レビュー・感想・評価

じょせふ

じょせふ

映画(426)
ドラマ(41)

ラブ・アクチュアリー(2003年製作の映画)

3.8

この話で唯一上手く行かなかった精神病持ちの弟を持つお姉さん、、、凄い逆説的な解釈だけど鬱っぽい人はその人だけでなく周りの人にとっても病巣になる。身の回りの人を選ぶ(選べる)ってすごく大切なんだなと感じ>>続きを読む

シカゴ7裁判(2020年製作の映画)

4.3

この前見たWhen they see usもそうだったけど、ネットフリックスの挑戦的でメッセージ性があるオリジナル作品は本当に見ごたえがある。どんな作品群でも安定的にインカムがあるNHKとかとは違って>>続きを読む

サンセット大通り(1950年製作の映画)

3.5

鬼気迫る演技とはこのことをいう。
この話の面白いところは富と名声だけが彼女を追い詰めたのではなくて、かつての美しさやスクリーンでの輝きを取り戻せないことに対して彼女が無意識で蓋をしていた事。
女優、俳
>>続きを読む

ゴースト/ニューヨークの幻(1990年製作の映画)

3.8

有名すぎるラブストーリー。
映画としては伏線とかしっかりしてたんだけど登場人物たちの詰めが甘すぎて少し白けてしまった。
作中のコメディの部分はしっかり面白く、オスカーの助演女優賞も納得。

世界一キライなあなたに(2015年製作の映画)

4.3

この感想何度目か...邦題がひどい笑。
"me before you"っていう多分色々掛かってるとても素敵なタイトルにネガティブ要素ないのに...
エドシーランやthe 1975の懐かしのヒット曲がか
>>続きを読む

みかんの丘(2013年製作の映画)

4.2

戦争っていうのは人種間の争いであって人と人との争いではない。そういったメッセージを持つ映画が多い中複雑な紛争状態を描いた今作はそれらとは一線を画した文句なしの完成度であった。
人柄も仲間も、信仰でさえ
>>続きを読む

私の中のあなた(2009年製作の映画)

3.9

時間の割に展開と登場人物多いなと思っていたけど、それぞれにスポット当てすぎず丁度いい具合でまとまっていた。
家族の話で本来感情移入しやすいんだろうけど、設定が絶妙にとんでもないものだったので少し冷めて
>>続きを読む

ブルース・ブラザース(1980年製作の映画)

4.0

はちゃめちゃドタバタコメディだけど音楽も良いし映像もおしゃれだから物語として一切破綻していない。そして無駄にお金がかかっているから(文字通り無駄笑)惜しみなくエンタメを楽しむことができる。
ララランド
>>続きを読む

スミス都へ行く(1939年製作の映画)

4.0

汚い大人しかいない世界。
フィクションだから多少許されるがこんな忖度はナチスでもソ連でも起き得ない。それ程大袈裟に描きすぎている。
現在は情報社会でメディアも多数存在し個人個人に発言権がある時代だから
>>続きを読む

ブレイブハート(1995年製作の映画)

4.2

ウイスキーの本場、サッカーのサポーターも情熱的で、粗野でたくましいイメージ、それが僕の中でのスコティッシュ。
この映画は植民地化の王様イングランドから独立を勝ち取ったスコットランドの歴史を描いていて、
>>続きを読む

ガタカ(1997年製作の映画)

4.0

ジュード・ロウなぜ...?どこか遠くに行けばいいのに...
そこの疑問を除けばなかなかに良かった。デザイナーベビーが科学的には可能になっている現代に立ち塞がっているのは倫理的な壁のみ。本作とは異なりナ
>>続きを読む

TENET テネット(2020年製作の映画)

4.8

凄い、、、あと何回か観るのでその際に色々書こうと思う。本当に一切無駄なところが無いので全ての事象を追わなければならない。
逆再生の映像、緻密なルール、そしてtenet、全伏線、疑問点が見事にさばかれて
>>続きを読む

ビフォア・サンライズ 恋人までの距離(1995年製作の映画)

4.5

”素敵”これ以上に言葉を綴る必要のない映画。世の中の恋愛映画のレビューが軒並み低いのはこれの完成度が高すぎるからだと思う。レコード店でどぎまぎしながらお互いを交互に見るシーンとか電話のシーンとか第三者>>続きを読む

悪魔のような女(1955年製作の映画)

4.0

良く出来ているサスペンス。
安物のお化け屋敷みたいな驚かせ方で登場人物は基本的にみんな間抜けなんだけど、それが上手い具合にハマっていた。

フルートベール駅で(2013年製作の映画)

3.7

BLM関連の映画。
アメリカの警察官の中には人種差別主義者が一定数いてこういう事件(殺人、暴行)を起こしすぎている。
明らかに警官への教育が足りていないし、そういった不十分な"子供達”に銃を持たせるの
>>続きを読む

東京物語(1953年製作の映画)

4.0

みんな穏やかで落ち着いていて、展開と呼べる展開もない。昔らしいレトロで引き算の完成形みたいな映画。
大きい戦争が終わり、人口が爆発し都市も形を変えていく。核家族の団欒とした感じと慌ただしい高度経済成長
>>続きを読む

インセプション(2010年製作の映画)

4.6

IMAX鑑賞後のレビュー直し。
ハンスジマーの音楽は映画館で聴くとリアルに鳥肌が立つ。
一度だけ見て浅い理解でこの映画を讃えていた自分をぶん殴りたくなるほど入り組んでいて緻密でどう考えても完璧な脚本、
>>続きを読む

パプリカ(2006年製作の映画)

3.7

インセプションはパプリカのパクリだ、と言いがかりをつけている人間が多いとの事で鑑賞。
確かに深層心理というテーマの掘り下げ方はインセプションと通ずるものがあったし、夢食うものをテロリストと呼ぶところと
>>続きを読む

エクス・マキナ(2015年製作の映画)

3.8

ブラックミラーでAI役をやってた人がAIをテストする側になってて面白かった。

一言で感想言うと未来への恐怖...確かにグーグルをソフトウェアにして動くAIがあったらひとたまりもない。
現状グーグルを
>>続きを読む

僕のワンダフル・ジャーニー(2019年製作の映画)

4.0

最強のフォーマットを構築した感動作の続編、、ずるいがやはり感動する。
犬がそこまでキーパーソン(キードック?)の役割を満たしている訳ではなく、ストーリーテラー的な役割なのでその辺のバランスも良いのかも
>>続きを読む

バジュランギおじさんと、小さな迷子(2015年製作の映画)

3.9

色と映像がすごく綺麗だった。
僕が見てきたインド映画は傑作ばかりなのでそれと比較して少し見劣りする感は否めないが、ロードムービーとしては良かった。

僕たちは希望という名の列車に乗った(2018年製作の映画)

4.0

邦題にネタバレ要素があるのは如何なものかと思うが、内容は面白かった。
友人関係、親子関係強すぎるだろ!こんな訳ないやん!と思っていたら実話という衝撃。
何度負けても不死鳥のように蘇るドイツ、彼らの国民
>>続きを読む

モンティ・パイソン・アンド・ホーリー・グレイル(1975年製作の映画)

3.6

凄腕クリエーター達が全てに嫌気が差し、ストレス発散に作った作品。(という感想)
コメディとしては(Mr.ビーンみたいな面白さ)普通に爆笑しっぱなし、でも1ミリも内容理解できなくて(そもそもない笑)、ス
>>続きを読む

ダンサー・イン・ザ・ダーク(2000年製作の映画)

4.7

かの”ミリオンダラー・ベイビー”と比較されるほど後味が悪いと言われるので今まで見てこなかったわけだが、、結果ボロボロに泣かされた。演技から歌唱力からビヨークのポテンシャルが飛び抜けていて彼女のお陰で色>>続きを読む

別離(2011年製作の映画)

3.8

離婚協定×過失致死トラブル。本来決着が着くべきテーマだが何故か勝者は存在しない。
イランの映画でアラビア語が出てきた瞬間、これは難民系(紛争系)か宗教系かなと勝手に高を括っていたが、実際は世界中のどこ
>>続きを読む

真実の行方(1996年製作の映画)

4.3

ファイトクラブ並にエドワード・ノートンが魅せてくれた。主演リチャードギアなんて関係ない、最初から最後までエドワードノートンの独壇場。

L.A.コンフィデンシャル(1997年製作の映画)

4.3

ガテン系のラッセルクロウ、インテリ系のガイピアース、そしてちょい悪警察ケビンスペイシー。全然違う3人がそれぞれ”正義”を共有しているのがこの映画。3人とも正義を気取っているわけではないんだけど悪い奴は>>続きを読む

ヒトラー 〜最期の12日間〜(2004年製作の映画)

3.7

NHKの映像の世紀でヒトラーとその周りの人々がどんな運命を辿ったかは大体知っていたので新たな発見は無かったが、最後ヒトラーが死んだ局面でもしっかりと脳天を吹っ飛ばしたナチスの多いこと。ヒトラーの求心力>>続きを読む

雨の日は会えない、晴れた日は君を想う(2015年製作の映画)

3.9

”ノクターン”が凄くいい感じに差し込まれていて、躁鬱映画みたいなこの映画のバランスを取っていた。
内容と原題(demolition:解体)を完全に無視した絶句レベルで酷い邦題だけど、内容は批判の多い割
>>続きを読む

NTLive『フリーバッグ』(2019年製作の映画)

4.1

椅子一つ、身一つでここまで作品に色を与えて何かを伝えることが出来るのかとビックリ。単純な役者の技量と脚本の良さで真っ向勝負を挑む、同じ演技を観ながら客は各々の世界をそこに投影する、これぞ正しくエンタメ>>続きを読む

家族を想うとき(2019年製作の映画)

4.0

ボロボロになりながらも家族を思う、本来これは美談なんだけど救いがないのがケン・ローチ。家族みんなが前みたいに戻りたいけど前のようには戻れない、貧困が職から家庭環境からすべてを切り裂いてしまうのが現実な>>続きを読む

野獣(2018年製作の映画)

3.7

明らか低予算だけど余韻うまく残しつつスッキリ終わるし映像も綺麗。

ジュディット・ホテル(2018年製作の映画)

3.7

ちょっぴりホラーだけどフランス映画のキラキラした感じがいい塩梅で効いている。

>|