mkdさんの映画レビュー・感想・評価

mkd

mkd

スプリット(2017年製作の映画)

3.0

マカヴォイのカメレオン演技素晴らしい。単純に予想外の展開になってそれに乗らなかった。

blank13(2017年製作の映画)

4.0

さすがシネフィルの斎藤工。色んな要素が織り混ざってて何度も観たくなる良作。

その土曜日、7時58分(2007年製作の映画)

3.5

泥沼感が凄い。終盤に一気に畳み掛けてくるな〜みんな眼がイっちゃってるし。

エージェント・ウルトラ(2015年製作の映画)

3.0

オモシロ雰囲気は凄い出てるけど、なんか色々と中途半端。乗れない現実ばなれ感も強め。

あゝ、荒野 後篇(2017年製作の映画)

3.5

最後のボクシングシーンは圧巻。二人とも素晴らしい役者。必然性を感じないパートやシーンが多い印象でもっとシャープに出来た気もする。

バリー・シール/アメリカをはめた男(2016年製作の映画)

3.0

ウルフオブ〜のライトな感じ。同じ展開の繰り返しで最後の方は飽きてまった。。

アフターマス(2016年製作の映画)

3.2

なかなか救いのないストーリー。シュワちゃんに何を求めるか。

アトミック・ブロンド(2017年製作の映画)

3.8

セロン姐さんがカッコ良すぎ!映像と音楽のマッチングも良し。

あゝ、荒野 前篇(2017年製作の映画)

3.5

菅田くんは色んな役がこなせて素晴らしい。クソ野郎がいっぱい出てくる作品は特に良い!ただちょっと長いかな〜配信だから良かったけど。

ノック・ノック(2015年製作の映画)

3.0

何故キアヌが狙われたのか。もっと深い理由が無いとただのエロ映画になっちゃう。

猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)(2017年製作の映画)

3.3

前2作に比べると少し物足りなかった。やっぱり圧倒的に強いシーザーが好き。

ダンケルク(2017年製作の映画)

3.5

IMAXで鑑賞。映像と音が序盤から終始続きIMAXで観るべき作品。ストーリー自体はちょっと鈍重。

日本のいちばん長い日(2015年製作の映画)

4.0

畑中少佐の松坂桃李が凄かった!徐々に彼の狂気が出てくる様に緊迫感が高まった。この状況で組織を纏める難しさ。聖断は必然だったのかな。オリジナルも観なくては。

パトリオット・デイ(2016年製作の映画)

4.0

犯人を見つけ追い詰めて行く緊迫感が凄い。マークウォールバーグがありきたりなヒーローじゃない点も良い。

たかが世界の終わり(2016年製作の映画)

3.0

久しぶりにマイアヒ〜聴いた。なんとも言い難く、好みが分かれそう。。

アウトレイジ 最終章(2017年製作の映画)

3.0

常連キャストがみんなおじいちゃんでちょっと凄みが無くなってしまった。ビヨンドが一番好き。

ピッチ・パーフェクト(2012年製作の映画)

3.5

定番の展開で定番に面白い。みんな歌上手い。大学生には見えないけど。。笑

あさがくるまえに(2016年製作の映画)

3.3

途中ダラける部分もあるけど、冒頭10分のスタイリッシュな映像は好き。

コラテラル(2004年製作の映画)

3.0

タクシーの客が殺し屋だったら、、ジェイミーが冷静すぎるかな。トムはやっぱり良い奴が似合う。

駆込み女と駆出し男(2015年製作の映画)

3.0

大泉洋は良かった。ただ何言ってるかわからないシーンも多く、ストーリーも結構退屈ー。

ガール・オン・ザ・トレイン(2016年製作の映画)

3.3

予告が一番好奇心をそそる。フライトしかりアル中の話とは思わなかった。

ラブストーリーズ エリナーの愛情(2014年製作の映画)

3.5

コナー版より気持ちの機微が描かれてる印象。美人なチャステインをたっぷり拝める良作。

GANTZ:O(2016年製作の映画)

3.0

CGのクオリティ凄い。TVゲーム観てるみたいだった。ただ途中からお話が一辺倒で飽きてしまった。。

クロッシング・デイ(2008年製作の映画)

3.0

ジャケ写のイメージと結構ギャップあり。イーサン・ホークは相変わらずカッコイイ。

ブルー・リベンジ(2013年製作の映画)

3.0

復讐映画としてスカッと感が個人的にはもっと欲しかった。

ターザン:REBORN(2016年製作の映画)

2.8

なんというか設定が良く分からないし、どこが焦点かも良く分からなかった。。ジャケットダサい。

ジェイソン・ボーン(2016年製作の映画)

3.8

アクションがメインでストーリーは後付け。そもそも前作までの内容あんまり覚えてなかった。。ただ凄いカーチェイスを観るだけでも価値あり。

COP CAR コップ・カー(2015年製作の映画)

3.0

ベーコンは渋くて良かったけど、全体のストーリーはちょっと肩透かし感。

リボルバー(2005年製作の映画)

2.5

途中からの自問自答の応酬はホント疲れた。何より風呂敷広げたら畳まないと。。ガッカリ。

バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生(2016年製作の映画)

2.5

とにかく長い。。シリアスなテンションで疲れるし、めちゃくちゃ過ぎてノレない。。唐突なワンダーウーマンが美人。

ライフ(2017年製作の映画)

3.5

ベタで期待通りの展開。キャストも豪華で真田広之がカッコいい。

>|