とぅーりおさんの映画レビュー・感想・評価

とぅーりお

とぅーりお

映画(85)
ドラマ(4)

死ぬまでにしたい10のこと(2003年製作の映画)

-

同じ1日でも人によって重みは違う。濃く生きようと思えばもっと濃く生きれるし何にも考えなければ薄っぺらいまま。やりたいこと、気になることに向かって目標を持つって素敵なことだし大切なことだなって思う。
>>続きを読む

タッカーとデイル 史上最悪にツイてないヤツら(2010年製作の映画)

-

本当についてなさすぎ!!!
勘違いに勘違いが重なって?偶然に偶然が重なって??こんなん普通ないだろ〜ってなる笑
でも現実味がなさすぎるからこそ面白く見れるんだとも思う。

スイッチング・プリンセス(2018年製作の映画)

-

ヴァネッサハジェンズ可愛い〜!!!
夢があるお話。細かいこと考えたらおしまいだけど、能天気に見るのがいいと思う。

ザ・プロム(2020年製作の映画)

-

こういうミュージカル映画大好物
ヘアスプレー感もあるし、現代だけど衣装、セット可愛い。プロムっていう文化とかキリスト教文化も入ってるからアメリカンだった〜
映画館で観てみたい〜!!

ミセス・ダウト(1993年製作の映画)

-

小さい頃から大好きに映画!
パパが家政婦になるんだけど、いろんな家政婦になりきって電話するところ子供と一緒にいたいっていう愛が感じられて大好き。あと、最後のエビのシーン🦐

イントゥ・ザ・ウッズ(2014年製作の映画)

-

曲と世界観可愛い。いろんな御伽噺出てきてテンション上がるんだよなぁ

ティーン・ビーチ・ムービー(2013年製作の映画)

-

世界観と衣装かわいい
現代版ロミジュリみたいな世界に迷い込んじゃった2人がかわいい。
サーフ系VSロック系
これは衣装がかわいいはずだ。アメリカンダイナーな感じのお店も可愛い

ベビーシッター・アドベンチャー(2016年製作の映画)

-

サブリナもソフィアカーソンも可愛いんだぁ
アメリカのこういう映画何にも考えたくない時に見るとスッキリする。話が単純だから頭にスッと入ってくる

ディセンダント3(2019年製作の映画)

-

因縁の仲のマルとウーマが協力しあっちゃうの可愛い
オードリーの闇の部分が全面的に出てたなぁ。2であまり出てこなかったからオードリーメインの悪役で出てきたのは嬉しかった。
キャメロンボイス…泣 4も作っ
>>続きを読む

ディセンダント2(2017年製作の映画)

-

ウーマカッコいい
What's my name 好きなんだよなぁ
今回も衣装が前回と変わってこれもまた可愛い。
曲がいいんよ
特にラスト。水バシャバシャしながらみんな水に濡れながらほんとに楽しそう

ディセンダント(2015年製作の映画)

-

世界観可愛い
ダヴキャメロン可愛い
みんな純粋にいい子。見た目や生まれだけで決めるのは良くない。考え方や環境の変化って大事

ロッキー・ホラー・ショー(1975年製作の映画)

-

ずっとミュージカル。
前置き?的なのがあってどういうことだ?って思いながら見てだけど見終わった時にそういえば、そんな前置きあったな、ほんとにそういう話だったな、ってなる
独特の世界観、衣装不思議な感じ
>>続きを読む

わたしに会うまでの1600キロ(2014年製作の映画)

-

これ実話なの??!!
女が旅したりしてる?って珍しいことなんだなって男性陣の反応を見ていて感じた。体力的なこともあるけど、世間の女を見る目?みたいなのも女性が弱者になる原因だなぁ。
自分探しの時間って
>>続きを読む

orange(2015年製作の映画)

-

漫画が好きで、映画館に見に行った。やっぱり映画って時間的に?漫画には敵わんなぁってなった。

子宮に沈める(2013年製作の映画)

-

児童虐待についての映画。
逮捕されて処罰される対象は母親かもしれない。でも、その環境を作ったのは周りの環境であったり、周りからの誘惑とかそういうものだったりするんだな。
心の拠り所があれば違う結果にな
>>続きを読む

日日是好日(2018年製作の映画)

-

心が穏やかになる。日本素敵。
茶道の良さが詰まった作品。

十二人の死にたい子どもたち(2019年製作の映画)

-

うーん。キャストは豪華。
杉咲花のダークな感じ普段と違くて好き

おおかみこどもの雨と雪(2012年製作の映画)

-

雨も雪も可愛い。
内向的な雪が自然に目覚める瞬間が好き。そっちがその行き方するのかぁぁって、幼少期と思春期の印象違うの人間?っていろんなエピソードが重なって生きるんだな〜って感じた

ナイトメアー・ビフォア・クリスマス(1993年製作の映画)

-

クリスマスとハロウィン合わせちゃう映画、どっちのシーズンにも見たくなる。
適材適所

コンフィデンスマンJP(2019年製作の映画)

-

ドラマ見てなくても面白い。三浦春馬😭😭😭竹内結子😭😭😭ってなる。
本当に面白い。ずっと騙されてた…

ラ・ラ・ランド(2016年製作の映画)

-

opening最高だよな、長回し。ミュージカルだなぁってなる。ストーリーはアンマリ好きじゃないけど曲がいいから何回も見ちゃう。

マイ・インターン(2015年製作の映画)

-

何度見てもタメになる映画だと思う。名言多い。アンハサウェイかわいい

ボヘミアン・ラプソディ(2018年製作の映画)

-

本物のフレディマーキュリーのドキュメンタリー見てる気分になった。クイーンあんまり知らないけど知ってる曲ばかりで、伝説のロックバンドだな、と改めて実感した

ザ・ファブル(2019年製作の映画)

-

ヤクザもの。岡田くんのアクションかっこよかったし、普通に面白かった。でもねヤクザものあんまり好きじゃないんだよなぁ

プリティ・プリンセス(2001年製作の映画)

-

これ、大好き、アンハサウェイ初めてみたのこの映画だった。
モブな女の子があんなに可愛くなるの!?って衝撃を受けた気がする。

アリー/ スター誕生(2018年製作の映画)

-

あの曲、めっちゃ耳に残る。好き。曲がいい。ストーリーはあんまり印象に残ってないなぁ。

キューティ・ブロンド(2001年製作の映画)

-

日本語名は好きじゃないけど、ステレオタイプたくさんあって面白い。だんだん強くなっていく女の子の話かと思ってたけど、意外と宗教が絡んでるらしくて世界には知らないことたくさんあるんだなぁってなった

溺れるナイフ(2016年製作の映画)

-

このカップルは好き。最後のシーンの2人が美しくて好き

インサイド・ヘッド(2015年製作の映画)

-

カナシミかわいい〜
もし、私の頭の中でもこんなことが起きてたら可愛すぎる笑

魔法にかけられて(2007年製作の映画)

-

ジゼル本当にプリンセスすぎて可愛い。
でも現実でこんな人いたらちょっとびっくりしちゃうかも。これもある意味プリンセスのイメージのステレオタイプ的なものなのかな?とも思う。
結末意外と好き。王道じゃない
>>続きを読む

シュガー・ラッシュ:オンライン(2018年製作の映画)

-

ヴァネロペ、勇敢かわいい。
1番大切なものって失わないと気づけなかったりするよね、

雨に唄えば(1952年製作の映画)

-

タップダンスやってみたい気持ちになる〜
初期のミュージカル映画の時代の面白さが凝縮されててなるほど、ってなる。それと同時に今は歌だけ吹き替えたり、編集したりは普通にあるのにな、とも思った

アリス・イン・ワンダーランド(2010年製作の映画)

-

この作品すごく好きで小さい頃に衣装とかの展覧会行った!
世界観が可愛くって大好き。白の女王が薬作ってるシーンが好きなんだけど、細かすぎるな

>|