nekoさんさんの映画レビュー・感想・評価

nekoさん

nekoさん

映画(13)
ドラマ(0)

盲目のメロディ~インド式殺人狂騒曲~(2018年製作の映画)

2.5

ちょっと残念でした。主人公がウソつき。ウソついてる背景もよくわからん。登場人物がみんなウソつき。こういうの、なかなか感情移入が難しい。ハラハラしたかったけど、そこに至らず。

バジュランギおじさんと、小さな迷子(2015年製作の映画)

4.5

こんなに単純でストレートな物語で、こんなに感動できるってすごい。日本映画も妙に凝った設定とか、複雑な人間関係とかチマチマやってないで、こういう映画を作れんのかなぁ。迷子の映画を見たのはトトロ以来ですが>>続きを読む

チェンナイ・エクスプレス 愛と勇気のヒーロー誕生(2013年製作の映画)

4.8

控えめに言って最高です。私が映画に求めるすべてがここにある。非日常。愛。勇気。ユーモア。そしてダンス。そして何故かエンドロールにあの人が!すべての日本国民にお薦め!

きっと、うまくいく(2009年製作の映画)

4.5

ハッピーエンド!すっきり最高!主人公カッコ良かったです。

マッキー/Makkhi(2012年製作の映画)

4.0

輪廻転生。さすがインド。でも、敵役のあいつは生まれ変わらないの?

インド・オブ・ザ・デッド(2013年製作の映画)

3.0

B級感すごい。ダンス無かった。ラスト何だよ。インド映画なんだから、あと1時間かけても、ちゃんと終わらせないと!

魔女の宅急便(1989年製作の映画)

4.5

最後の飛行船のエピソードは原作に無くて、宮崎さんが付け加えたんだって。やっぱり付け加えて正解!ハラハラドキドキしないとね。

千と千尋の神隠し(2001年製作の映画)

4.5

千円セール。都市伝説になってる別バージョンのラストシーンを期待したけど、やっぱり通常バージョンでした。

もののけ姫(1997年製作の映画)

4.5

千円セールで初鑑賞。アシタカはイケメン八方美人でけっこう人殺してるのに何でなの愛されキャラ。何にも解決してない感じが深みなのね。

ブリット=マリーの幸せなひとりだち(2019年製作の映画)

3.0

子供のサッカーシーンが迫力不足。主人公が、生き生きと変わって行く描写もイマイチ。説得力不足。警察官のお父さん、どこに惚れたのかな?

マッドマックス(1979年製作の映画)

3.0

荒廃した舞台設定。シンプルな報復劇。コロナ禍で、何となく感じている寒々しさが増幅されてしまった。

男はつらいよ お帰り 寅さん(2019年製作の映画)

4.0

寅さんマニアの友人が絶賛していて鑑賞。なるほど、渥美さんいなくてもうまく作ってあります。予備知識が無くても楽しめます。立川志らく、君は出て来なくてよろしい。

マダム・イン・ニューヨーク(2012年製作の映画)

4.3

冷たい旦那からフランス色男に乗り換えたりしないところが奥ゆかしくていいところ。スピーチ最高でした。主演女優さん亡くなったそうで、ご冥福を祈ります。