クリープさんの映画レビュー・感想・評価

クリープ

クリープ

L.A.大捜査線/狼たちの街(1985年製作の映画)

3.6

作品が なんか異常な匂いがいい☘️
フリードキンそのものが 追い詰められて崖っぷち感、それがプラスに作用してる。
●「フレンチコネクション」のカーアクションの時、オール・ロケでスタントが計算外
>>続きを読む

小さな恋のメロディ(1971年製作の映画)

5.0

当時TVで観て、そのあと 横浜関内でリバイバル上映を観た☘️
●イギリスの公立学校は、ブレザーにレジメンタル・タイ 喫煙禁止というより、煙で"わっか"作れるかどうか(笑) 理科の実験は
>>続きを読む

軽蔑(1963年製作の映画)

2.5

「バクダッド・カフェ」のオヤジ(producer)に売れる映画をつくれと言われ、妻を彼のアルファ ロメロのオープンに乗せ、後から 付いていく脚本家ピコリ。
家賃のために、映画愛と夫婦愛を売って
>>続きを読む

銀河鉄道の夜(1985年製作の映画)

4.7

当時川崎の映画館で観た。TVでは「独占女の60分」でレポーターがわんわん紹介していた。
●サブスクでは やってなく、そーゆー時に限って無性にまた、会いたくなったので、ディスク購入♪

●観る前に
>>続きを読む

母との約束、250通の手紙(2017年製作の映画)

1.4

女優として芽のでなかった劣等感の強い母親、逆に女としてのスキルが強かったら、子供を捨てて借金残して男に走る例も沢山ある。
●シャーロット・ゲンズブール 、水上スキーで事故ってから急に老けだした
>>続きを読む

ボーン・アルティメイタム(2007年製作の映画)

4.0

レビューとは言えないけど
チャチャチャ チャチャ チャチャ チャ チャ♪〜伝わらない(笑)
ジョン・パウエル「対決」に合わせて cameraがグラグラ動く、カメラ パン」」カット カット rush、
>>続きを読む

TENET テネット(2020年製作の映画)

3.7

このレビューはネタバレを含みます

前に横浜ブルク13 のIMAXで観た時、娘の横顔が浮かない表情だった。私もつられてコンクリートのざらついたキモチになった☕
今回も放映順序がwowow 次にスター・チャンネルで、「ポヘミア
>>続きを読む

ファーゴ(1996年製作の映画)

1.0

フランシス・マクドーマンド39歳、「ノマドランド」と同じくらい特に、フツーで面白いとまでは いかない。
久々だったけど、書くことがない(笑)
●ミネソタ州の"ミネソタナイス"偽りの善意スマイル
>>続きを読む

未来世紀ブラジル(1985年製作の映画)

3.0

当時キネカ大森で観た。他では上映してなくて、「サブウェイ」もキネカで観た。あの頃 映画館も 掛かってる作品もイカしてた☘️
●久々観たら ちょっと幼稚な印象、当時と比べると、いつの間にか
>>続きを読む

エッセンシャル・キリング(2010年製作の映画)

4.1

2回目視聴 アラブのテロが捕らえられ、輸送中に逃亡。「逃亡者」のようにIQで逃げるというより、もっと大きさ精霊に守られてと同時に、試練も与えられてるような、ギリシャ神話と、おとぎ話のような作>>続きを読む

クルージング(1979年製作の映画)

1.2

2回目視聴、今回も すぐ内容忘れそう。
レーザー・ラモンHG フレディ・マーキュリー様 ヴィレッジ・ピープル・・面白いよね☕ もう なにもしなくても♪
●本当はBDパルマが映画化する
>>続きを読む

ノマドランド(2020年製作の映画)

2.6

敢えて 低俗的な言い方をすれば、監督や原作者の孤独感に金払うキモチはない。
ノマドは家のない人達、家があってもノマドな"くすぶり"は 誰しもある 。いずれ鏡合わせのように対面することになる、それ
>>続きを読む

マイ・ブックショップ(2017年製作の映画)

1.6

村の空き家を書店にしようと思ったら、もう1人 狙ってる人がいて、という作品♪雑かな(笑)
私の性格だと 速攻引っ越して、新しい土地へ移り、人生をリセットして、新たな出会いにわくわくする☘️
>>続きを読む

愛と哀しみのボレロ(1981年製作の映画)

3.4

久々鑑賞、3時間4分でも長かったのに、完全版は4時間38分か・・確かに部分的に、繋がりの雑さは歴然としてた。
「サタン タンゴ」7時間18分より 長く感じたとは言わないけど。
この年 ボレロは流
>>続きを読む

クラッシュ(2004年製作の映画)

4.5

2回目なのに 感動でかい🍷
不思議な映画と言えばフシギで、作品そのものに魔法染みた特別なオーラが掛かってる。 それを説明すれば、
クローネンバーグ監督、ロザンナ・アークエット主演の「クラ
>>続きを読む

コックと泥棒、その妻と愛人(1989年製作の映画)

3.5

映画館で観て以来 2回目鑑賞。
「The COOK The THIEF His WIFE & Her LOVER」
マイケル・ナイマン「Memorial」のテーマ曲のミディアム・テンポと共
>>続きを読む

ストレイ・ドッグ(2018年製作の映画)

2.3

他のreviewもひくいね(^^;
野良犬というより 「 ダーティハリー5」になってしまった。
過去の潜入捜査 で、強盗団と心が 立場は逆でも、潜在的に 同じ匂いを共有し合ったような
>>続きを読む

燃ゆる女の肖像(2019年製作の映画)

4.6

アートや詩的な映像で切り込んでくる、監督の趣味に 付いていく映画と思いきや、
全くの娯楽作品☕
鑑賞中の残り時間や スマホの誘惑から いかに観客
>>続きを読む

ボーン・スプレマシー(2004年製作の映画)

4.3

スプレマシー(最高位)?原作のタイトルより こっちがいい☘️
wowowやスター・チャンネルでやる度に観てしまう。Mobyのサントラも、通勤中聴いている🍷
●密度が濃い映画で、カット カットを
>>続きを読む

あげまん(1990年製作の映画)

3.6

宮本信子 両チチ 出しちゃったネ、山形産サクランボのように綺麗なので、お裾分けしたい監督のキモチを汲もう(笑)
峰竜太の家庭は「 金庫のダイヤル開けてるみたい」って言ってたから、様々である🍷
>>続きを読む

静かな生活(1995年製作の映画)

1.1

伊丹十三の、何かヒミツのようなものが知りたくて借りたカンジ。映画はスコア1.1だけど収穫は大きかった。
●1 伊丹作品のDVDは"ボイスメニュー " と
>>続きを読む

ストリート・オブ・ファイヤー(1984年製作の映画)

3.7

ダン・ハートマン♪「I Can Dream About You」"あなたを夢見て"目当てでみたら、予想外の大当たり映画☘️
●黒人4人組の口パク ドゥーワップ、カッけー♪楽屋目線の背中が4
>>続きを読む

ブラック・クランズマン(2018年製作の映画)

1.5

スパイク・リーは32年前の「ドゥ・ザ・ライト・シング」から変わってない。
「ファイト・ ザ・ パワー ・ピース」
●内容
警官の潜入捜査もの 「デパーテッド」みたいな
●えーと
スパ
>>続きを読む

アップグレード(2018年製作の映画)

2.7

ゲーミングな感覚が 気持ちイー☕
期待しなくても ハズレなしの作品♪
●リー・ワネル監督、「ソウ」の俳優兼、脚本の切れ者☘️まだ ideaもってたか♪
サイバー パンクはこんな仕上がりで、良
>>続きを読む

薔薇の名前(1986年製作の映画)

4.8

3度目の視聴
「NHK 名著de100分」で取り上げられてたので、そっちを観てから 観賞☕
ウンベルト・エーコ「薔薇の名前」は文学史上の問題作☘️
1000ページで 5500万部のベストセラ
>>続きを読む

シリアル・ママ(1994年製作の映画)

4.8

キャスリーン・ターナーの顔芸は凄いけど、開脚芸は「クライム・オブ・パッション」からあった☕
長女役のリッキー・レイクの顔芸もいい☘️
カメラ フェチのキモい役柄がダントツで、さすが 司会者やトー
>>続きを読む

M★A★S★H マッシュ(1970年製作の映画)

1.4

TVで昔 やってた、"熱い唇"のシャワーシーン 急にテントの幕が上昇して"キヤーアアアーー"
●陸軍テントの外科医の物語♪
FEN聴かないで "ラジオトーキョー"のチャンネルが固定されてる。
>>続きを読む

タンポポ(1985年製作の映画)

5.0

ベスト ムービーじゃないのにスコア5.0です♥️
岸田森夫人の三田和代、PARCOや劇団四季で鍛え上げの技を最後の表情で決めてくれる(笑) 一瞬芸。
何故か 死にかけの奥さん、そして夫が
>>続きを読む

ワイルド・ギース(1978年製作の映画)

1.3

当時 渋谷パンテオンで観た 宣伝で、

緊急指令 緊急指令 大統領リンバニを救出せよ コートネーム"ワイルド ギース"
(ここで、輸送機のエンジン音ガアアアア!!!・・4人の紹介の後 キャ
>>続きを読む

マシンガン・パニック(1973年製作の映画)

1.0

ストックホルムを舞台にして、スウェーデン映画にして、 タイトルは「笑う警官」だけだったら、もうちょっと面白かったかも☕
●今年のアカデミー賞 ローラー・ダンはよく喋り、長身生かしてどう
>>続きを読む

サムライ(1967年製作の映画)

4.3

子供の頃、何気無く付けっぱなしのTVから、心を奪われた映画。
男の美学なんて言ったら、娘からは 鼻で笑われそうだ。
●今みると ALAIN DELONって バカなんじゃない♪と思っちゃう雑な仕
>>続きを読む

ロンリー・ブラッド(1985年製作の映画)

4.0

この時代 主題歌のイントロを 狂言回しのように、全体に散りばめるのが流行ってた♪
「ビバリーヒルズ・ヒルズ・コップ2」ではハロルド・フォルター・メイヤーのAxelF♪

この「リブ トゥ テル
>>続きを読む

ビジョン・クエスト/青春の賭け(1985年製作の映画)

3.6

マドンナの「クレイジー・フォー・ユー」目当てだったのが、完全にジャーニー「Only the Young」に変わっちゃう映画♪

本物のマドンナ登場☘️役柄はバーの歌手で、いきなり「ギャ
>>続きを読む

ハリーとトント(1974年製作の映画)

4.8

LDプレイヤー壊れてるので、DVD取り寄せ観賞。
ひとつ 1つの会話に味わいがある。
●老人同士 家主との会話
ハリー「眺めは どうだ」
家主「もう世間を見飽きてる年だろ」
●50
>>続きを読む

カリブの熱い夜(1984年製作の映画)

4.3

Netflixでエンド クレジット飛ばさなかった唯一の作品。主題歌 目的だったのが、作品も同じくらい素晴らしい♪
この頃のジェームズ・ウッズは
「ヴィデオ ドローム」「ワンス アポン ア タイム
>>続きを読む

アンチ・ライフ(2020年製作の映画)

1.1

みる前から分かってた、アンチな作品だと(笑)でも 体がパッケージに手を伸ばす。
人類脱出41席目の船だから、人選が市営バス並み。
前澤さん一席+弾道旅費(訓練費別かな)で90億と三千万を 手軽に
>>続きを読む