れこーどさんの映画レビュー・感想・評価

れこーど

れこーど

皆さんのレビュー楽しみに読んでます。
特に3.0からオススメしてます。
#れこーど大賞’15 #れこーど大賞’16 #れこーど大賞’16次点
写真は富士山頂からの朝焼け

映画(508)
ドラマ(0)

8月の家族たち(2013年製作の映画)

4.3

これをブラックユーモアとして扱うのはないかな。重く暗い人間ドラマですよ。
メリル・ストリープの演技の振り切れっぷりに、頭が下がります。女の本性を目の当たりにする映画。40才過ぎてから見ましょう。
>>続きを読む

沈黙ーサイレンスー(2015年製作の映画)

2.0

このタイミングかよ。
つい最近『スポットライト 』を観たばかり。ずっと斜に構えて観てしまった。(苦笑)

江戸時代のキリシタン弾圧の映画なのだが、日本(徳川政権)としてはキリスト教に対する不信
>>続きを読む

22ジャンプストリート(2014年製作の映画)

3.5

前作より面白いんじゃないかな。
ていうか前作の内容を全く覚えとらん。^_^;
今作もすぐ忘れるに違いない。
きっと再見時も楽しく見れるでしょう。こういう映画もあっていいと思う。

空気人形(2009年製作の映画)

2.0

とても不思議な映画で、正直ほぼ理解出来ない。何を意味してるの?これは何なの?の連発。私とは路線の違う生き方をしてます。
しかし監督の才能だけはヒシヒシと伝わってくる。
是枝監督の一側面を知
>>続きを読む

TAXi(1997年製作の映画)

3.0

数年ぶりに観た。 普通に面白いのは知ってたが、彼女役がマリオン・コティアールかい!何だこの無駄遣いは!(笑)

ニュースの真相(2016年製作の映画)

3.5

主演2人の安定の演技。ジャーナリズムのドラマだが、サスペンス色も強い。
『金持ちの子息が実力で勝ち取った可能性を考えないのか?』
という問いに
『考えない』と答える彼女が何より潔い(い
>>続きを読む

レディ・プレイヤー1(2018年製作の映画)

4.5

こんなにも多くの私のフォロワーさんが観てるのに観ないわけにはいかないでしょう(笑)行ってきました。

『パシフィック・リム』と似た感覚に包まれ、ちょっと子供っぽいかも、なんて思いましたが、映画
>>続きを読む

マディソン郡の橋(1995年製作の映画)

4.5

恋のクサビを打ちこんで来る映画ですね。
好き嫌い別れてしまうのは、メリル・ストリープのせいもあるのかな。彼女が演じている『奥行き』に気付ければ問題はありません。
狂おしい、目眩く(めくるめ
>>続きを読む

バーフバリ 伝説誕生(2015年製作の映画)

4.3

めちゃ面白い!
ファンタジーとは西洋ファンタジーを指していると気付かされました!これはインドファンタジーです。唯一気になるのは彼って、かっこいい?
王を讃えよ、バーフバリ!バーフバリ!
王を讃
>>続きを読む

ロンゲスト・ライド(2015年製作の映画)

1.5

『君に読む物語』が素晴らしかったので、同じ原作者ということで鑑賞しました。
恋に恋する話ですね。あまり好きではないです。

スポットライト 世紀のスクープ(2015年製作の映画)

4.0

『信仰』とは何か、が分かるなら他教徒であってもビックリするだろう。ショッキングな実話ながら画はとても地味です。
カトリックの神父さんは結婚しないんですね。
これって何百年と続いてきたの?と
>>続きを読む

続・深夜食堂(2016年製作の映画)

3.5

前作より良くなってますね。おそらくこのメインヒロインがおばあさん(渡辺美佐子さん)に変わったせいでしょう。本来このタイトルに似合うのは前作のような若い女性(多部未華子)ではなく、人生のきびを知り尽>>続きを読む

湯を沸かすほどの熱い愛(2016年製作の映画)

4.0

杉咲花!なんじゃこの女優さんは!一気に引き込まれた。これはもう彼女の映画だと思うよ。

永い言い訳(2016年製作の映画)

4.5

西川監督は今の日本で一番の監督じゃないでしょうか。こんなに安定して面白い映画を作れるのは凄いです。
まっっっったく甲斐性のない作家・津村啓(本名衣笠幸夫、本木雅弘)の中身のなさ、屁理屈、ていた
>>続きを読む

アナライズ・ミー(1999年製作の映画)

3.0

セラピスト(ビリー・クリスタル)に助けを求めるマフィアのボス(デ・ニーロ)の話。
昔から見たくてようやく見れました。普通に面白いです。軽く見れるコメディですね。シリーズ化してます。
このボ
>>続きを読む

グッドナイト・ムーン(1998年製作の映画)

4.3

ルーク(エド)は妻ジャッキー(スーザン・サランドン)と別れ、イザベルと恋仲になった。イザベル(ジュリア・ロバーツ)はその夫妻の子供アンナとベンの子守りをしている。

安易なストーリーではなく、
>>続きを読む

忘れられない人(1993年製作の映画)

4.0

隠れた名作。そして素朴な映画である。
私にはこのくらいの感傷さがちょうどいいです。『君の名は』はやり過ぎです。
身体の悪い青年とちょいかわいい彼女の話。
等身大のラブストーリー。
>>続きを読む

ムーンライズ・キングダム(2012年製作の映画)

4.0

あ、ウェスだ!って1分で気付きました。(笑)
相変わらずトボけた話。役者も、スタッフも確信犯でしょう。
小島に住む12歳の男の子が女の子を好きになる話。二人で国を作る。

ザ・コンサルタント(2016年製作の映画)

3.5

私は姪っ子にケツアゴ呼ばわりされて以来、同志を探し求める日々です。(叔父様は深く傷ついたのです。)
もちろんケツアゴ協会幹部のベンさんが出てるなら応援するしかない一作でしょう。

高度自
>>続きを読む

ウソツキは結婚のはじまり(2011年製作の映画)

3.0

自分の身体にコンプレックスを持つ男。美容整形で乗り越えて以来、性欲が爆発する。(笑)モテ方のコツを掴んで悠々自適に生きる。やがて理想の女性と出会う。

アメリカンなウソ恋もの。充分面白いん
>>続きを読む

奇蹟がくれた数式(2015年製作の映画)

3.5

ラマヌジャン含め教授陣の心理描写にリアリティを感じました。主人公のちょっと偏屈なくらいが逆に史実に基づいていると感じさせます。
次々と公式の発見に挑みたいラマヌジャンと証明がなければ価値がない
>>続きを読む

SPY/スパイ(2015年製作の映画)

3.5

『ヴィンセントが教えてくれた事』見といて良かった〜〜。メリッサ・マッカーシーの普通を知っとくと、より楽しめる映画ですね。
ジュードロウの安定感、ジェイソン・ステイサムはのびのびしてて、二人共楽
>>続きを読む

のぼうの城(2012年製作の映画)

2.5

面白いは面白い。でも脇が甘い。もっと面白くなるはず。
野村萬斎はさすが。
ああいう展開なのに結果としてあの三成観は生まれてこないはず。
描きこみが足りないのか、役者が弱いのか。

イップ・マン 葉問(2010年製作の映画)

3.5

序章に続いて今作を鑑賞。
前作では日本人をやり玉に上げ過ぎてて乗り切れなかったが、今回は香港が舞台なので、英人に矛先が向けられててまたも歯がゆい。(苦笑)
イップマンの武術に対する姿勢は、日本の武
>>続きを読む

明日、君がいない(2006年製作の映画)

3.5

うーん、、、素直に書きますね。
全く的はずれなのかもしれないが、正直に書かせていただきます。
私は子供の頃からずっと理性的な人と見られてきましたが、実は10代の後半は性欲から犯罪を犯し
>>続きを読む

コン・エアー(1997年製作の映画)

3.0

笑っちゃうほど漫画な内容です。それでもなかなかいいです。
大味なアメリカ映画で安心して楽しめる。(笑)しかしコメディではない。

怒りっぽいが正義感の強いキャメロン・ポー(ニコラス・ケージ
>>続きを読む

ワイルド・スピード(2001年製作の映画)

3.0

結構面白いんだが、若者向けです。特に車好きにオススメ。シリーズ化した最初の作品。

もうほぼ『ハートブルー』!(笑)
だからと言って見劣りもしてないのでオススメします。

世界一キライなあなたに(2015年製作の映画)

2.0

みたのはずいぶん前です。
かなりの酷評です。注意を。


お金持ちの御曹司ウィルとお洒落好きなルイーザ・クラーク(エミリア)の話。

苦手な『最強のふたり』の匂いがずっと漂ってました。
>>続きを読む

われらが背きし者(2015年製作の映画)

3.5

至高の作品『裏切りのサーカス』のル・カレの原作。
見やすくていい。ル・カレ入門にどぞ。

フォーリング・ダウン(1993年製作の映画)

4.0

何で今までノーマークだったんでしょう?聞いたことすらありませんでした。不思議な、本物の魅力のある映画ですね。
リストラ、格差、閉塞感漂う昨今、より圧倒されるだろう。
映画好きなら是非。

私が、生きる肌(2011年製作の映画)

3.0

イマイチ乗りきれませんでした。女優(エレナ・アナヤ)さんがいいので、もっとイケてもいいはずなんです。


ホントの変態映画。普通、○○○から彼女を作らんだろ?!(笑)

MILES AHEAD マイルス・デイヴィス 空白の5年間(2015年製作の映画)

3.0

私は若い頃にマイルス・デイビスにハマってまして、音楽だけでなく関連本も読んだんです。

空白の6年(‘75〜‘81)のラスト1年と1958年頃からの数年を描いてますね。
『サムデイ マイ
>>続きを読む

国際市場で逢いましょう(2014年製作の映画)

4.3

韓国映画は総じてオーバーアクティングで、あまり好きじゃない。
今作も序盤は大丈夫なのか?でしたね。
ところが後半は泣きました。それも結構な号泣です。

父と母、兄、妹二人の五人家族。朝
>>続きを読む

イット・フォローズ(2014年製作の映画)

3.5

ある日恋人のヒューからソレを移された大学生のジェイ(マイカ・モンロー)。彼女はソレに怯えながらも打開策を探る。
ソレはセックスにより移すことができ、他人には見えず、必ず歩いてやって来る。もちろ
>>続きを読む

ウィンターズ・ボーン(2010年製作の映画)

4.3

アメリカの寒村、荒んだ環境に生まれついた17歳の少女リー(ジェニファー・ローレンス)、彼女は心の病んだ母親の面倒を見、二人の幼い兄妹の姉でもある。貧しいながらも愛情をもって家族と暮らしていた。
>>続きを読む

箱入り息子の恋(2013年製作の映画)

3.5

これ結構良くないです?『間宮兄弟』好きならこれも好きでしょうね。
ただし、皆さんのレビュー通り、どこまでも惜しい作品です。
35年間恋愛経験のない公務員と盲目の女性の話。
夏帆さんの透
>>続きを読む

>|