みやたのなでがたさんの映画レビュー・感想・評価

みやたのなでがた

みやたのなでがた

評価ではなく、ただの感想です。

Death Note/デスノート(2017年製作の映画)

-

誰の目から見ても明らかなクソ映画なんだけど突っ込みどころが多くて腹筋に来るタイプのクソ映画なので好きな人は好きだと思います。
登場人物がアホしかいないせいでどうなるか分からないという奇妙な現象が起きる
>>続きを読む

海底47m(2017年製作の映画)

-

美しいまでに絶望。毎回フラグを立ててから回収して絶望してくれる。ここまで期待通りに希望を打ち砕いてくれる映画はそうない。その上で期待を超えるフィナーレがあるから本当に素晴らしい。サメ映画ファン必見。>>続きを読む

シャークネード(2013年製作の映画)

-

この頃のフィンさんはまだシャークネードに慣れてない普通の一般市民をしているので普通な反応が見れて新鮮。奥さんもまだ完全に人間だし。
それでも十分に狂った発言が多いので楽しめます。最高。

キングコング:髑髏島の巨神(2017年製作の映画)

-

でっかいゴリラがドッカンバトルでスパーキン!で最高。
ゴリラの動けるデブどころじゃない躍動感。こっちの知能指数がゴリラ並みでも分かる単純明解なストーリー。全国のゴリラが惚れるかっこよさ。最高。最高。

メガ・シャークVSグレート・タイタン(2015年製作の映画)

-

開始数分でメガシャーク復活、15分でコロッサス登場。良い方にも悪い方にも都合が良くて笑えるし、おかげでテンポが素晴らしく良い。あまりギャグに逃げずに地に足を着けたパニック映画をしているのも好印象。
>>続きを読む

ストリッパー・ゾンビランド(2011年製作の映画)

-

ほとんどゾンビランドだけど、いちいちセンスが冴えてる。ゾンビの設定とストリッパーの設定を凄く上手にオチに使えてる。最高。めっっちゃ笑った。
惜しいのはマイク録音の下手さと女の子の可愛くなさ。逆にそれ以
>>続きを読む

ファニーゲーム U.S.A.(2007年製作の映画)

-

映画の目的のひとつに感情を動かされたいというのがあると思う。その点で観ると人の不快感を呼び覚ますというこの映画は超名作です。間違いなく動かされる。第4の壁を破ってすら不快感を与えることに徹してる。
>>続きを読む

ミスト(2007年製作の映画)

-

史上最高の絶望。ゾクゾクする。最高。ほんと好き。最後ばかり取り沙汰されるけど、ずっと絶望。常に絶望。どう足掻いても絶望に進んで行く無力感がほんと最高。あの絶望を観ながら涙して最悪の結末に至るあの感じが>>続きを読む

サカサマのパテマ(2012年製作の映画)

-

アニメーションだからこそ描ける面白いテーマです。予告観てイケると思った人は良い映画体験ができると思います。重力加速度の概念がガバガバだけど、そこを雰囲気で流せるだけの世界観があります。

D-WARS ディー・ウォーズ(2007年製作の映画)

-

当時韓国で最もお金の掛かっていた映画にも関わらず見事にクソです。特に脚本の矛盾っぷりは最高ですね。さっき決めた事を秒で無視して突き進んでいく暴走っぷりは一見の価値ありです。
演出も無駄に説明過剰で物凄
>>続きを読む

ラ・ラ・ランド(2016年製作の映画)

-

今の時代を見据えた傑作。
流行と古典、最先端と伝統、理想と現実、そうした二面性に恋愛を加えて観客に委ねる。このバランス感覚がすごく"今"っぽい。2016年の映画を語る上で外せないように作られてるんです
>>続きを読む

ウォレスとグルミット 野菜畑で大ピンチ!(2005年製作の映画)

-

クレイアニメ超大作にして超名作。ドリームワークスにしては珍しくすごく子供向きで、明るく楽しく元気よく!って感じ。ウォレスとグルミットっていつ見たのか分からないけど染み付いてるなあ。

ウォーキング・ゾンビランド(2015年製作の映画)

-

ゾンビマニア必見のパロディー祭り。もうほんと色々パロってます。有名なやつだけでなくマイナーなのもやってて感動しました。ゾンビが好きであればあるほど楽しめる、自分のゾンビへの愛が測れる作品です。

劇場版ムーミン 南の海で楽しいバカンス(2014年製作の映画)

-

常に誰かがボケてるのにツッコミ不在という恐怖。キャラの可愛さは伝わってくるから、愛を持って観ると楽しい。一切愛がない人でもムーミン一家のキチガイぶりに圧倒されつつ楽しめます。

劇場版 ムーミン谷の彗星 パペット・アニメーション(2010年製作の映画)

-

えっ、これクソ映画ですよね?
パペット感はとても良いです、ちょっとチープ過ぎる気もするけど。

ストーリーが頭おかしすぎて最高なんです。意味が分からない小話のオンパレードだから本当に理解と突っ込みが追
>>続きを読む

コララインとボタンの魔女(2009年製作の映画)

-

ヘンリーセリック、意地のダークファンタジー。CG全盛の時代に全編3Dのストップモーション人形劇だなんて意地としか言いようがない。そのストップモーションの異質な感じが暗いのに幻想的で非現実な世界観と見事>>続きを読む

ファインディング・ニモ(2003年製作の映画)

-

もう何度も観てるけど、やっぱり絵の表現がすごく綺麗。カートゥーンでありながらリアルっぽいこだわりを感じる。10年以上前なのを感じさせない美しさだよなあ。ストーリーもしっかりしてるしやっぱり大傑作。

モンスターVSエイリアン(2009年製作の映画)

-

超王道を行きつつ細かい描写が丁寧にされたアクションアニメのお手本。巨人になっちゃった!から逸れることなく丁寧に作ってて素晴らしい。
このキャラデザはやっぱり賛否両論な感じだけど、慣れてしまえば感情豊か
>>続きを読む

メガマインド(2010年製作の映画)

-

ほんと面白い。悪役に焦点が当たるのなんてたくさんあるけど、ここまで掘り下げてリアルに感情を作り込んでるのは他にない。
日本人受けしないキャラデザだから手に取りづらいし、レンタルにもないけど、本当に隠れ
>>続きを読む

君の名は。(2016年製作の映画)

-

美しい背景やMVっぽい曲の使い方、SFチックなストーリーは往年の新海誠っぽくて嬉しい。逆に他は新海っぽくないよね。観てる人がハッピーになるように意識して作ったんじゃないかなあ。良い映画でした。

デッドプール(2016年製作の映画)

-

超真剣におバカやったら、そら楽しいよね!大筋こそマーベルって感じの典型的なものだけど、キャラクターの在り方がやっぱり新鮮。
映画を好きな人がちょうど知ってる、コア過ぎない知識で笑いを取ってくる辺り、よ
>>続きを読む

東京ゴッドファーザーズ(2003年製作の映画)

-

クリスマスに観たかった感。でも良いよねこういう話って。ホロッと来たり来なかったり。アニメらしい演出もあって。天才だなあと。

STAND BY ME ドラえもん(2014年製作の映画)

-

やっぱ泣くよね。中盤辺りから30分くらいずっと泣くことになるじゃんこれ。ずるいわー。

ゾンビーワールドへようこそ(2015年製作の映画)

-

下ネタだらけの突き抜けたおバカさが最高です。近年のゾンビ映画のなかでも名作と呼べるでしょう。テンポの良さやゾンビを上手く使った笑いのセンスが本当に素晴らしい。下ネタに頼ってしまっているから勧める人を選>>続きを読む

シャークネード4 (2016年製作の映画)

-

やはりシャークネードは最高。今回も製作陣の頭が悪いんだけども、今回は偉い人からちゃんと怒られそうな頭の悪さで最高です。
前作と比べるとサメ感は薄いんだけど、サメ出てくるとめっちゃ主張してくるから印象に
>>続きを読む

インド・オブ・ザ・デッド(2013年製作の映画)

-

インド発ゾンビコメディというならゾンビと踊れよ!というのが正直な感想。最後だけというのはちょっと寂しい。インドジョークが良い、あとヒロインがとても可愛い。

アタック・オブ・ザ・キラー・ドーナツ(2016年製作の映画)

-

キラートマトに影響を受けてるって時点でロクなもんじゃない。と思ったけど、B級界隈ではなかなか良い出来です。ストーリーと関係ないとこで常識がぶっ飛んでるのは影響受けてる感があって良い。
日常シーンがダル
>>続きを読む

アタック・オブ・ザ・キラートマト(1978年製作の映画)

-

不朽の迷作。他を圧倒する奇怪さです。殺人トマトが襲ってくるってだけでも意味分からないのに、そこと関係ない所でいちいち意味分からないことが起きる。もう狂気を感じます。製作陣の頭どうかしてる。すごいほんと>>続きを読む

素敵なサプライズ ブリュッセルの奇妙な代理店(2015年製作の映画)

-

クスッとくるユーモアとゆるっとした空気感が素敵。フランスでもイギリスでも、もちろんアメリカでもない作風でおしゃれ。しっかりした主題だけど肩肘張らずに楽しめる良い映画だと思います。

ハンズ・オブ・ラヴ 手のひらの勇気(2015年製作の映画)

4.5

今日ハンカチを忘れた事を後悔しました。泣き過ぎたので顔伏せて直帰です。
予告で分かる通り、超重量級の感涙ストーリーです。しかも実話。『私の中のあなた』とか好きな人は間違いなく好きでしょう。僕は大好きで
>>続きを読む

宇宙人ポール(2010年製作の映画)

-

何回観ても良い。笑いどころの前でわくわくしちゃう。しかもどんどんポールを好きになっちゃうから泣けるんだ…

蛾人間モスマン(2010年製作の映画)

-

タイトルで伝わってくるクソ映画臭、素晴らしいですね。しかも全然蛾っぽくない。テレビから出てくるとこなんて貞子感あって最高です。主人公さんチームが全面的にクズなのでモスマンの応援をしたくなります。

ドラゴンの贈り物(2011年製作の映画)

-

番外編は基本的に既にファンになってる人を喜ばせるもの。つまりキャラクターに焦点が当たる事が多い。ミニオンズとかね。
今作もそう。だから僕は大好きです。トゥースが可愛いのはもちろんだけど、アスティが良か
>>続きを読む

ベイマックス(2014年製作の映画)

-

最高です。アメコミ原作のまさにヒーロー戦隊って感じで子供心くすぐられちゃう。それでいて凄くハートフルで泣いちゃう。最高。
舞台が東京を参考にしてて面白いです。こういう風に見えてるんだなあ。

>|