さあやさんの映画レビュー・感想・評価

さあや

さあや

映画(26)
ドラマ(0)
  • List view
  • Grid view

ピーターラビット(2018年製作の映画)

3.8

モフモフがかわいい🐰 何もいないところで演技をしたっていうんだから、うま過ぎでしょ‼︎って感心しちゃいました。

今から2が楽しみです。

インサイド(2016年製作の映画)

3.0

誰なん?みたいなものは最初の方で想像ができます。
なんども助かるチャンスがあるのに助からないパニック要素が次から次へと来るのでハラハラして観終わった後疲れた笑
ただ、ラストシーンは意外性があっていい意
>>続きを読む

ミッドナイト・イン・パリ(2011年製作の映画)

4.2

大好きな映画のひとつ。昔は良かった…なんて言うけど結局一番いいのは現代だな。文豪、アーティスト、デザイナー、作曲家など、誰もが知って言う文化人が登場してとても夢があるお話です。

スタンド・バイ・ミー(1986年製作の映画)

4.5

久しぶりに鑑賞。ブルーベリーパイ吐くシーンとか記憶に残りすぎてて今でも好きじゃないし、ヒルの存在はこの映画で知った。何回も見た映画を10数年振りに見てみると、ノルマンディ上陸作戦、朝鮮戦争などの時代背>>続きを読む

空飛ぶタイヤ(2018年製作の映画)

3.5

登場人物の誰かに絶対感情移入できると思います。
一人一人の正義が2時間という映画の短さの中にでもしっかり描かれていて感動した。

BLEACH(2018年製作の映画)

3.5

原作を読んだこともアニメを見たこともありません。
まっさらな気持ちで観た感想ですが、ストーリーにスピード感があって夢中になってる間にあっという間に終わっていきます。

一年以上かけて作ったと言われるホ
>>続きを読む

君が君で君だ(2018年製作の映画)

3.3

完全にストーカーなんだけど、あまりにも純粋で応援したくなる。純粋が故に、愛する人の好きな人、尾崎豊・ブラピ・坂本龍馬になりきって生活してしまうという拗らせ設定も斬新だった。サイドストーリーもちゃんと描>>続きを読む

ジュラシック・ワールド 炎の王国(2018年製作の映画)

4.0

ブルーが可愛すぎる。。ティラノサウルスももはやヒーロー的存在に格上げ‼︎ 生命のあり方、その問題提議が現代っぽい。ただ単に、繰り返しシリーズにしているわけではないと分かる。スリリングな展開も良かった。>>続きを読む

虹色デイズ(2018年製作の映画)

3.3

男の子の友情と恋愛が等身大で描かれている。制服でプール、学園祭での告白、チャリ通、地元のお祭り、、とにかく青春っていいなぁって思える。そして降谷建志の曲が最強にいい。

勝手にふるえてろ(2017年製作の映画)

4.0

被害妄想、自尊感情が低くて、プライドが高い、素直じゃない。イタ女の極みのような主人公に見ててイライラするけど、なんとなく共感できる部分もあって。とにかく全国の拗らせ女子におすすめしたい映画。松岡茉優の>>続きを読む

ちょっとまて野球部!(2017年製作の映画)

3.5

本当にバカでクスクス、ニヤニヤが止まらない。合宿編やってほしい。

レディ・プレイヤー1(2018年製作の映画)

4.0

そんなに遠くない未来という設定に夢がある。スピルバーグはいつでも私に夢を与えてくれる。

リメンバー・ミー(2017年製作の映画)

4.0

映像の綺麗さがハンパない。ディズニー映画の醍醐味である歌も良かった‼︎ そして、メキシコという遠い国で日本のお盆と似たような文化があること、似ているからこそ物語への理解も深くできた気がする。二度死ぬと>>続きを読む

娼年(2018年製作の映画)

3.2

思った以上に劇場内のあちこちから笑い声が。そして私も笑ってた笑 真飛さんがいいこと言ってるっぽいけど、全部桃李くんの激しい喘ぎ声で5分くらいにしか記憶に残らなかったので、ちゃんと見返そうと思う。

アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー(2018年製作の映画)

3.8

スティーブが登場した時かっこよすぎで涙出た‼︎ ソーがニューハンマー持って助けに来た時も‼︎ バッキー はかっこいいし、グルート にはいつも感動させられる。
続きが気になる…

ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書(2017年製作の映画)

4.5

報道の自由の重要さはもちろんのこと、現代社会に改めて男女平等を訴えかけてくる作品だった。
日本の報道の自由度は50位そこそこ。報道する勇気を。

50回目のファーストキス(2018年製作の映画)

4.3

福田監督が得意とするコメディ要素がしっかり入ってて、難病という大変で悲しい事実も楽しく幸せな気持ちで満たされる。原作にリスペクトしているのもわかるし、良かった。太賀はこれからがっつり福田組なははいって>>続きを読む

万引き家族(2018年製作の映画)

4.5

改めて「家族とは? 」と問いかけてくる作品。家族のカタチは様々だ。もちろんしてはいけないことはあるけど、他人がとやかく言うべきではない。見えない絆、理解しにくい絆が確かにあるし、「普通」という一言でく>>続きを読む

ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー(2018年製作の映画)

3.5

シリーズを通して見ればSF要素が少なく、物足りないと思う人もいるかも。ライトセーバーも出てこないし。でも、逆にそれがハン・ソロという一人の人物を過去を描くこの物語に感情移入しやすかったと、思う。

セトウツミ(2016年製作の映画)

4.5

ほとんど定位置で繰り広げられる普通の会話。そのテンポが良すぎて冒頭1.2分で引きこまれた。池松壮亮と菅田将暉の演技力あってこその面白さ。
〝神妙な面持ち〟やってみ、のくだりが面白すぎて今思い出しても笑
>>続きを読む

君の名は。(2016年製作の映画)

3.5

東日本大地震後に製作したという監督の想いが伝わった。いつなくなってもおかしくない風景を忘れちゃいけない。時間軸がズレているのと、スピードが早いから何度見ても面白い。
2人の掛け合いには、ちょっと笑っち
>>続きを読む

この世界の片隅に(2016年製作の映画)

5.0

戦時中の何気ない日常はあまりにも普通で。今の私たちの生活と同じように普通に過ごしていたのに、突然始まって突然生活を壊す感じがリアルなんだけど、すずさんが、すごく明るくて前向きなんだよなぁ。淡々と物語が>>続きを読む

君の名前で僕を呼んで(2017年製作の映画)

4.3

どこを切り取っても絵になるほど、綺麗。80年代かな?のヨーロッパのファッションスタイルが、かなり可愛くて参考にしたい。思春期特有の自分のことがまだよくわからないもどかしさやモヤモヤ、密かな想いみたいな>>続きを読む

ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル(2017年製作の映画)

4.0

小さい頃から大好きだったジュマンジ最新作。テレビゲームの世界に入ってしまうという現代版らしい設定も、スペック説明とか細かいところまで最高に面白かった‼︎

グレイテスト・ショーマン(2017年製作の映画)

5.0

「もっとも崇高な芸術は、人を幸せにすること」by P.Tバーナム
だとしたら、この映画は間違いなく崇高な芸術だ‼︎ 私は私でいいし、また夢を見たくなったし、もしかしたらツマラナイ人間になってたかもしれ
>>続きを読む