三郎丸さんの映画レビュー・感想・評価

三郎丸

三郎丸

ジャンルに捕らわれず、
こじんまりダラダラレビュー!
映画を純粋に愛する方のみリスペクト。

映画(282)
ドラマ(0)

沈黙ーサイレンスー(2015年製作の映画)

4.5

 M.スコセッシ渾身!遠藤周作原作の「沈黙」
コレは時代を超えても伝わるような素晴らしい作品でした。
 日本文化や日本映画(中国人扮する謎の言語を話す日本人は、出てきませんヨイ!)に造詣の深いM.スコ
>>続きを読む

幸せなひとりぼっち(2015年製作の映画)

4.2

私事ですが、病み上がりでの…久しぶりコッソリ復活!の映画鑑賞。
軽い気持ちで観たこの作品。…当たりですヨイ!
 
ストーリーは、
 妻に先立たれ仕事もクビになった頑固親父を絵に描いたような過ぎる老害…
>>続きを読む

バイオハザード II アポカリプス(2004年製作の映画)

3.3

1作目を鑑賞したので、前作の話を忘れないうちにと
若干慌ててつつ本作鑑賞!

前作から引き続き、湧く湧くゾンビに対し、主人公ミラ・ジョヴォヴィッチが長い手足を駆使して、ゾンビ共をびっしばっしとなぎ倒し
>>続きを読む

ザ・コンサルタント(2016年製作の映画)

3.0

ケツアゴ先輩!ベン・アフレックがお送りする
【自閉症ですが色々頑張るぞ!なアクション映画!】
ですです。

お話は…
ウルフ(ベン・アフレック)は自閉症。
父親の仕事のせいで年に2~3回の引っ越しを繰
>>続きを読む

映画クレヨンしんちゃん 爆盛!カンフーボーイズ ~拉麺大乱~(2018年製作の映画)

3.0

娘に誘われ、このシリーズに興味は皆無ですが…
鑑賞したのでレビュー!

お話は…
クレヨンのしんちゃん達は友人マサオが急に男らしくなった(大したエピソードデわナイ…)のを見て、何があったのかとみんなで
>>続きを読む

ワイルドガン(2015年製作の映画)

2.8

【完全にジャックバウワー演じすぎちゃったよね!?】
な、キーファー・サザーランド&ドナルド・サザーランドの親子共演が本作の売り!ですが人気極薄!(笑)

ストーリーは、
南北戦争後、西部の町でガンマン
>>続きを読む

淵に立つ(2016年製作の映画)

3.8

カンヌ国際映画祭で、ある視点部門の審査員賞を受賞した作品ということで鑑賞!

本作、基本的に鑑賞者に
「各々、見て想像してね」
な部分がありまくって、若干断言出来ない部分もあるのですが、
【人間の日常
>>続きを読む

シング・ストリート 未来へのうた(2016年製作の映画)

4.5

青春映画ファンに大人気と聞きつけての鑑賞!
この手のジャンルの映画は、
【見終えた後のスカッと感】
が大事かなと思います。

この作品の主人公コナー役の男の子の素人っぽさが、良いですね!
華奢で、見た
>>続きを読む

聖の青春(2016年製作の映画)

4.0

天才棋士、村山 聖の物語です。
テレビでも今や伝説の羽生善治のライバルとして、生き様込みでチョイチョイ特集していたので、見る機会があったことある方もいるかもですが、そんな彼の棋士としての生涯を映画化。
>>続きを読む

アナと雪の女王/家族の思い出(2017年製作の映画)

2.1

アナ雪っぽい歌が完成したから短編一本作りましたYo!
な作品です。
劇場で【オマケ】のつもりで本作を鑑賞していたため、意外に長くってイラッとします。
話がお供えモノ(ヒンヤリ姉妹のうっすいうっすいクリ
>>続きを読む

リメンバー・ミー(2017年製作の映画)

4.2

このレビューはネタバレを含みます

平日休みの子供のお付き合いで鑑賞!
家族(家系)の絆がテーマの物語です。

鑑賞しながら、今は亡くなった祖父母をほんのり思い出し、涙がポロリ…と出てしまう良い作品でした。
(子供に涙がバレると指名手配
>>続きを読む

白鯨 MOBY DICK(2010年製作の映画)

1.5

この作品、前後編で計3時間超えなのですが、余りの長尺であったため、白鯨との闘いの前に
【ワタシの腰痛との闘い】
で見終える頃には全然話が入って来ませんでした…
いくらなんでも長いッス…減点!

ストー
>>続きを読む

まほろ駅前狂騒曲(2014年製作の映画)

3.0

このシリーズのローギアでユルユルな雰囲気が好きで、ついついドラマと映画シリーズを全部見てしまいました。
本作もパッケージの厳つい感じは微塵も無く、いつものとおりユルユルでお送りしてます。
多田(瑛太)
>>続きを読む

マイ・ベスト・フレンド(2015年製作の映画)

4.0

邦題の鼻にツンとくるセンスのあるタイトル(友情の話だから仕方ないんですけど…)にはビビりました!
原題は「MISS YOU ALREADY=もっと一緒にいたい」
ウーン、別に原題ママでインじゃ…?
>>続きを読む

映画ドラえもん のび太の宝島(2018年製作の映画)

4.2

このレビューはネタバレを含みます

春休みで、子供たちと鑑賞!(完全に忖度)
【舐めた大人を演出】し、本作に挑んでしまったため、ラスト付近で不覚にも子供たちに流れ落ちるオヤジの涙を見られるところでした…危ないとこです!

今回の映画は子
>>続きを読む

トリプルX:再起動(2017年製作の映画)

2.8

シリーズ3作目!!となる本作では一作目の主演「二の腕先輩」ヴィン・ディーゼルが復帰して話題になったこともあり、冷やかし半分以上で鑑賞!

ヴィン・ディーゼル二の腕は相変わらず過剰な筋肉でしたが、腹はだ
>>続きを読む

二重生活(2016年製作の映画)

2.6

正直、鑑賞後
【胸くその悪い作品】
が率直な感想です…
大好きな俳優(リリーフランキー)が観たくて本作を鑑賞したのですが…
いかにも哲学的な「匂い」ストーリーと語りで、奥深い感じを醸し出してますが(こ
>>続きを読む

バイオハザード(2001年製作の映画)

3.8

以前、このゲームシリーズを酒を飲み飲みひたすらにやり込んで、バイオの世界にドップシだったワタシは、同タイトルの映画版をミラ・ジョボビッチが主人公で作ったという情報を聞き、勝手にノー!と拒絶反応を起こし>>続きを読む

新宿スワン(2015年製作の映画)

2.0

豪華キャストに惹かれ鑑賞!

ストーリーは、
ギラギラしたゲスい新宿歌舞伎町(一昔前感が凄い…)を舞台に風俗スカウト達がナワバリ争いでスカウトしようと声掛けした女性を置き去りに(オイオイ…)、喧嘩&喧
>>続きを読む

トレインスポッティング(1996年製作の映画)

1.1

はっきり言います、
「こんなジャンキー謳歌映画はダメです!」
ワタシは公開当時、途中で観るのを止めました。
続編が公開されたことがキッカケで改めて鑑賞してみましたが、ジャンキー特有の
【薬物中毒者は部
>>続きを読む

ドラゴン×マッハ!(2015年製作の映画)

3.6

ゴリゴリのアクション映画は、オッサンには若干しんどいモノがありましたが…たまにはいいだろよで鑑賞!

トニー・ジャーのアクションが凄いとの噂は前々から聞いていたのですが、ワタシが年を取ってアクション映
>>続きを読む

ブレードランナー ファイナル・カット(2007年製作の映画)

4.6

公開当時は不人気だった本作、しかし今では不動のSF映画の古典でありバイブル的存在。
この映画をコケにしますと
「ブレードランナー大好き人」
たちから返り討ちに遭うこと必至の人気作。

フィリップ・K・
>>続きを読む

溺れるナイフ(2016年製作の映画)

1.9

タイトルから、もっとハードめな話を求めていた自分がいました。オッサンが観るヤツでわなかった!失敗!完全に…
一応、色々邦画を観ようかなという目的および、菅田将暉目当てで鑑賞!
【青春】
登場人物がキラ
>>続きを読む

イレイザーヘッド(1976年製作の映画)

3.4

バレンタインデーに寂しく過ごしちゃってるアナタに是非オススメしたい作品!
【エッジがゴリゴリに効いてるカルト映画】
では言い足りない…デヴィッド・リンチが完全に鑑賞者をブッチのギリで置き去りにした作品
>>続きを読む

ダ・ヴィンチ・コード(2006年製作の映画)

2.2

公開当時(結構な酷評)、原作を読んで予習&気合い万全で劇場へ行き、(この時点では、オレは面白かったと言いたかった…)結果!
【人はこんなに熟睡できる】
という事を教えてくれた映画に、時を経て再挑戦!
>>続きを読む

ハドソン川の奇跡(2016年製作の映画)

3.8

空港勤務者の立場(端くれも端くれです…)で鑑賞!

ストーリーは…
2009年1月15日、155人を乗せたUSエアウェイのA320型機はニューヨーク・ラガーディア空港離陸直後に鳥の群れと衝突。
バード
>>続きを読む

帰ってきたヒトラー(2015年製作の映画)

4.0

この作品を見終えて、
【自分を含め人間の記憶はいかにいい加減か】
という事を痛感…
本作は恐ろしいほどの問題作…影響を受けやすい人が観たらそれは危険極まりない作品だと思います!

ストーリーは、
ナチ
>>続きを読む

団地(2015年製作の映画)

3.0

新年1発目…あえて藤山直美と岸部一徳を見るために鑑賞!
終盤戦まで!は、楽しく観させていただきました…

藤山直美のクセがありつつも自然体演技は本作も健在。
そこに岸部一徳が飄々と絡み、
【その辺に居
>>続きを読む

レジェンド 狂気の美学(2015年製作の映画)

2.5

トム・ハーディが2役ヤッタったゾとのウワサを聞きつけて、ハーディ三昧したくて鑑賞!

本作、実録ギャングモノですが、ワタシは殺し殺され血で血を洗うみたいな作品を想像していたのですが、そこまで血液ドバド
>>続きを読む

ミュージアム(2016年製作の映画)

2.1

映画やドラマで、いつまで刑事役にトレンチコート(赤い腕章付き)着せて殺人現場向かわせるんでしょうか!?
殺人現場(証拠の宝庫)なんか鑑識しか来ないし…
そういったリアル感は置いておいても、いい加減刑事
>>続きを読む

スター・ウォーズ/最後のジェダイ(2017年製作の映画)

4.5

このレビューはネタバレを含みます

私事ですが身体を壊してしまい、誰も期待してない久しぶりのレビューになります!
(密かに復活)

さて、本作スターウォーズの新3部作の繋ぎの話であり、
【結末に向けて如何に盛り上げてイケルか】
というの
>>続きを読む

ゾンビーワールドへようこそ(2015年製作の映画)

2.9

急にゾンビモノが観たくなり本作観賞!
目新しさは完全に失っているこのジャンルですが、ワタシは子供の頃から観賞している為、何処か期待をしてます!

お話は、
 冴えないボーイスカウト3人組プラスヒロイン
>>続きを読む

ダーク・スター(1974年製作の映画)

3.3

ダン・オバノンの演技見たさに観賞!

マニアック!ダラダラコメディー映画といった感じの今作。
ただし、映画エイリアンにどこか繋がっていくよな雰囲気(夜明け前とでもいいますか…)を持ち合わせている作品。
>>続きを読む

仁義なき戦い(1973年製作の映画)

4.2

菅原文太、松方弘樹、金子信雄目当てで観賞!

お話は、
暴力団同士の抗争がキッカケ、戦争の爪あとが残る昭和22年に、主人公の広能(菅原文太)がいさかいを起こし、服役する刑務所内で山守組若頭の若杉(梅宮
>>続きを読む

2001年宇宙の旅(1968年製作の映画)

3.3

宇宙モノが観たくて本作品を観賞!

本作を観ていると、場面ごとに他の映画や漫画にちょこちょこと真似されまくっているなと感じます。
それだけ未だインパクトがある本作…
天才スタンリー・キューブリック節が
>>続きを読む

キサラギ(2007年製作の映画)

3.9

若い香川照之目当てで鑑賞!

お話は、
売れないグラビアアイドル如月ミキが自殺して1年、彼女のファンサイトの常連とされる5人の男が追悼会に集まるが、ただのアイドル追悼会とはならない…

まあ、本作見て
>>続きを読む

>|