ぬるさんの映画レビュー・感想・評価

ぬる

ぬる

  • 34Marks
  • 23Clips
  • 0Fans
  • 0Followers
  • 0Followings
  • List view
  • Grid view

機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ(2021年製作の映画)

3.7

小説よりもハサウェイが童貞っぽく、小説よりもケネスがおっさんっぽく、小説よりもギギが娼婦っぽい。
最近のUC、NTが気に入ってガンダム作品を観始めた人には好き嫌い別れるかも。

作画は言わずもがな素晴
>>続きを読む

コンティニュー(2021年製作の映画)

3.2

終わり方が不完全燃焼感あるけど、息子との時間を取り戻そうとする所はほろっとした。
戦闘シーンは普段アクション見慣れてる人には少し物足りないかも。

めっちゃ暇な無人島生活中に観たら面白かったなーって満
>>続きを読む

ゴジラvsコング(2021年製作の映画)

3.9

このレビューはネタバレを含みます

⚠️時系列めちゃめちゃでネタバレ多いです





面白かった!!!!

ここ数日モンスターバースシリーズの復習に勤しんでたのでいい加減巨大怪獣の戦闘シーンにも飽き…………ない!!
今回は海上(ゴジラ
>>続きを読む

ゴジラ キング・オブ・モンスターズ(2019年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

モンスターバース復習③

GODZILLAでも父と息子の確執や和解をサブストーリーに入れてたけど、今回はより深く夫と妻、母と娘のすれ違いが描かれてて見応えがあった。
モンスター達の登場シーンやモンスタ
>>続きを読む

キングコング:髑髏島の巨神(2017年製作の映画)

3.6

ゴジラVSコングに向けてモンスターバース復習②

青空の中だったり林の中だったり炎の中だったりと大自然での戦闘シーンがとにかく映える。
ストーリーの半分くらいは戦闘アクションなので終盤までずっとワクワ
>>続きを読む

GODZILLA ゴジラ(2014年製作の映画)

3.3

ゴジラVSコングに向けて復習。

薄暗い中での戦闘シーンが多いので少し見にくかったな…。

Mr.ノーバディ(2021年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

ネコちゃんのブレスを返せ!!!が気になって観にいこうか迷ってる人も多いだろう(私もそう)けど実際はネコちゃんが出てくるのは冒頭とラストのほんの少しだけ、本当にその部分だけなんだけどそれがいい。
冒頭の
>>続きを読む

ジェントルメン(2019年製作の映画)

3.9

このレビューはネタバレを含みます

文句の付けどころがないキャスティング。
ヒューグラント目当てに見に行ったものの個性の強いキャラ(そして髭、眼鏡)と目まぐるしく変わる場面が多くて一瞬たりとも目が離せなかった!
割とダークな話や描写もあ
>>続きを読む

21ブリッジ(2019年製作の映画)

4.2

このレビューはネタバレを含みます

コミカルな要素はほぼなく終始薄暗い雰囲気。それにも拘らず後味が悪くないのは主人公の人柄のせいか。
大事な局面で迅速に決断を下すシーンでは思わず最近の生活を思い出してつい羨ましく思ってしまった。
現実は
>>続きを読む

ドクター・ドリトル(2020年製作の映画)

4.0

ドクタードリトルは幼少期から全て観てきたけれど…ロバートダウニーJr版ドリトルはもう全くの別物として考えた方がいい。

なんでもありの一大冒険ストーリーだと思ってみると純粋に楽しめる。
動物好きのお子
>>続きを読む

野性の呼び声(2020年製作の映画)

4.3

犬好き(特に大型犬好き)は必ず見て欲しい。
バックの表情も仕草もジョンとのやり取りも全てが愛おしい。
自然豊かで壮大な風景と辛い境遇に立たされても純粋で強い心をもつバック、飲んだくれだが優しいジョンに
>>続きを読む

TENET テネット(2020年製作の映画)

4.6

これから観ようと思ってる方、上映後に「よく分からなかった…」と思っても全く落ち込む必要はないし、むしろここから回を重ねて観る毎に面白くなることに喜ぶべきだし、そもそも出演した俳優陣すら未だに全てを把握>>続きを読む

ザ・ゲスト(2014年製作の映画)

3.4

このレビューはネタバレを含みます

戦死した息子の友人としてピーターソン一家を訪れたデイビッド。持ち前のルックスも相まってとても善良に見える彼に対し、すぐに家族も心を許し始めるが、日々の生活の中から少しずつデイビッドの怪しさが垣間見えて>>続きを読む

ザ・アウトロー(2018年製作の映画)

3.5

ジェラルド・バトラー目当てで鑑賞。

派手な銃撃戦は序盤と終盤に、アクションシーンは少なめ。
強盗シーンはただ乱暴なだけでなくオーシャンズ11のようなスマートさがあって面白い。
大まかなストーリーはよ
>>続きを読む

1917 命をかけた伝令(2019年製作の映画)

4.5

ずーっと公開を楽しみにしていた映画の一つ。期待を裏切らなかった。
全編ワンカットの映画というものを私はおそらく今まで観た事がなかったので、その点を注視しながらの鑑賞だったが本当に驚かされた。何かの記事
>>続きを読む

ナイブズ・アウト/名探偵と刃の館の秘密(2019年製作の映画)

4.2

サスペンスものは本でも映画でもあまり観ないが、これは途中途中に入る回想で真実を語りながら物語が進んでいくタイプなので気兼ねせずに観れた。

サスペンス慣れしていない私はそれでもうっかり騙されてしまった
>>続きを読む

ウインド・リバー(2017年製作の映画)

4.2

ジェレミーレナーが出ているからとうっかり飛び付いて鑑賞、物語序盤で陰鬱な雰囲気に気付いても後の祭り。
最後まで観るしかないのだ。

作中でネイティブアメリカンの境遇が徐々に明らかになっていくと「どうし
>>続きを読む

ワンダー 君は太陽(2017年製作の映画)

4.8


ヴィアが本当に素敵だった。
どうしても複数子供がいると全てにおいて平等という訳には中々行かない。
一般家庭の我が家ですらそうなのだから、特殊な事情を持っているブルマン家の苦労は計り知れない。

それ
>>続きを読む

ハリケーンアワー(2012年製作の映画)

3.8

話の流れはFilmarksがとても詳しいあらすじを載せてくれてるのでそちらで。

確かにツッコミどころは多い…リアリティを重視する方には向かないと思う。

個人的には 序盤で唐突に妻を失ってしまった後
>>続きを読む

リチャード・ジュエル(2019年製作の映画)

4.2

最近実話ものを観ることが多いが、その多くは軍の話や少し特殊なお仕事での事。

このリチャードジュエルの主人公、リチャードはどこにでもいるごく一般の(少々普通じゃない部分もあるが……)警備員の男性という
>>続きを読む

グレイテスト・ショーマン(2017年製作の映画)

5.0

記録。

号泣してしまうので、映画館で観なくて良かった……と思いつつやっぱり映画館でも観たかった……

バンク・ジョブ(2008年製作の映画)

3.2

ステイサム主演だけど、アクションは終盤に申し訳程度。
スカッともしにくいし(主人公のチーム側に数名死者あり)、実話らしいけど内容もさほど惹かれるほどではないのでステイサムが出てなかったら観なかったかも
>>続きを読む

コールド・アンド・ファイヤー 凍土を覆う戦火(2014年製作の映画)

3.5

風景はとても綺麗なのにどことなく陰鬱な雰囲気のある映画。

戦争に翻弄される幼馴染みの兄弟2人と女の子一人の恋愛劇…のような。(青春と呼べる様な爽やかなものではない)

戦争での胸くそ悪い描写より恋愛
>>続きを読む

クレイジー・パーティー(2016年製作の映画)

3.0

ゆる〜い感じで12月初旬あたりに観るとクリスマスへの期待値が上がりそう。

でも間違っても25日にファミリーで観るものではない笑

フォードvsフェラーリ(2019年製作の映画)

4.2

クリスチャン・ベイル、マット・デイモンのW主演にも関わらず、初日初回でも1/7〜程の入りで地元の映画館の存続にしばしの不安を抱きつつ…鑑賞。

冒頭からハラハラするレーサー目線でのレース。
シェルビー
>>続きを読む

エンド・オブ・ステイツ(2019年製作の映画)

4.6

前作キングダムで少しマイクへの解釈違いがあり、これ以上ガッカリする演出あったらやだな〜…家で観れるまで待とうかな〜と、本当は映画館で観ようかどうしようか迷ってたんですが。

映画館で観てよかったです。
>>続きを読む

エンド・オブ・キングダム(2016年製作の映画)

3.6

キングダム、各国トップ達があの手この手で陥落していく様は見事。
ラストも迫力あります。

ですが物語中盤のマイクと大統領が車に乗ってるシーンでのポカミス……
あれにはガッカリ。もうそのシーンがあまりに
>>続きを読む

エンド・オブ・ホワイトハウス(2013年製作の映画)

4.4

大好きなシリーズですが、一つだけ言いたい。
『最初のアレはマイク、何一つ悪くなくない!?』
国にとって最善の判断がとっさにできるマイクに向かって、よりによって国の、しかも上層部が『マイクってあの大統
>>続きを読む

バーニング・オーシャン(2016年製作の映画)

3.2

実際の事故を元に作られたということでストーリーは至ってシンプル。

よくある「作業日程の遅れを取り戻す為」「コストカット」など上層部の都合で事故が発生。
そこからは何処も彼処も爆発、爆発。
主人公や、
>>続きを読む

ジュマンジ/ネクスト・レベル(2019年製作の映画)

5.0


風景、アクション、前作よりも更にパワーアップ。
勿論 ゲームの内容が前と同じ訳なく…
なのに初期戦力が不安しかないので序盤からハラハラさせられっぱなし。
割と早い段階でライフも削れていくし!
>>続きを読む

search/サーチ(2018年製作の映画)

3.8

涙脆さには定評があるので最初の3分で泣いてしまった。
家族もの、特に母と娘は自分と重ねてしまうので弱い…。

物語では逐一パソコン画面(たまにTV画面)を経由して進む、PCに疎い私でも分かりやすい笑
>>続きを読む

オンリー・ザ・ブレイブ(2017年製作の映画)

5.0

良くあるフィクションディザスタームービーかと思ってましたが…
事前知識ないまま観ていたので、最後はとても胸にきました。
家庭、仕事、友人…私たちにとってどれも大切なものだと再確認させられる映画です。