maruimonogasukiさんの映画レビュー・感想・評価

maruimonogasuki

maruimonogasuki

恋の病 〜潔癖なふたりのビフォーアフター〜(2020年製作の映画)

4.0

2021(15)
ボーチン、ジンの二人がともとても可愛らしい魅力に溢れていて、その明るい色使いから出会ってからの二人の世界はこんなに明るいものだろうと観てたんだけれども…ラブコメ観てるようだったし。
>>続きを読む

スペース・プレイヤーズ(2021年製作の映画)

3.0

2021(14)
ルーニー・テューンズと実写の融合具合に前作からの時間を感じる。
予告だとWBのキャラクターがてんこ盛りな感じだが、実際はそのほとんどが観客としているだけなので肩透かしをくらった気分に
>>続きを読む

アナザーラウンド(2020年製作の映画)

3.9

2021(13)
予告のイメージで、血中アルコール濃度を0.05%に保って、冴えない教師が面白おかしく仕事や生活をする結構明るめの作品だとばかり思ってたら予想以上の重い作品だった。
前半は自分も他の人
>>続きを読む

オールド(2021年製作の映画)

3.5

2021(12)
大きなどんでん返しがあるわけでもなく、伏線もそこまで複雑ではないので、監督に何を期待してるかによって物足りなさを感じる人もいるかも。
設定のわりにラストがちょっと弱かったかな。
知ら
>>続きを読む

クリーン、シェーブン(1993年製作の映画)

4.0

2021(11)
79分という短さじゃなかったらこちらが先にギブアップしてたかも。
久しぶりに観ててしんどい作品だった。
この作品は没入できる映画館で観てこそな一本だと思う。
暗い空間でスクリーンに集
>>続きを読む

モンタナの目撃者(2021年製作の映画)

3.5

2021(10)
テイラー・シェリダン作品で迫りくる暗殺者×山火事という設定のわりに派手な作品ではない。
100分でうまくまとまっており、地味ながら良作。
ただ、追っての暗殺者がちょっと暗殺者行き当た
>>続きを読む

孤狼の血 LEVEL2(2021年製作の映画)

4.0

2021(9)
鈴木亮平の凄み!松坂桃李もすごかったけれども、狂ってる感じが画面から伝わってくる。
あと、村上虹郎もいい役だったと思う。褒め言葉として受け取って欲しいけど、チンピラ具合がとてもよかった
>>続きを読む

ミッション・マンガル 崖っぷちチームの火星打上げ計画(2019年製作の映画)

3.8

2021(8)
揚げパンから発想を得て、そこから火星探査機までいきつくってすごい話だとおもったらまさかの実話でびっくり。
どの程度の脚色があるかわからないが、チームが一つになっていく過程がとてもよかっ
>>続きを読む

ヒッチャー ニューマスター版(1986年製作の映画)

4.0

2021(7)
理由も目的もわからない。
この男が誰かすらも。
いきなりの暴力と死の危険で最初からとてつもない緊張感が続いて、そのまま最後まで駆け抜けた感じと言えばよいのかなこの感覚は。
97分の作品
>>続きを読む

スタントウーマン ハリウッドの知られざるヒーローたち(2020年製作の映画)

3.8

2021(6)
最初に全てのスタントウーマンにありがとう!って言いたくなった。もちろんスタントマンにも感謝です。
皆さんとてもかっこよかった。
この作品観るとあらためてスタントってすごい技術で、日々の
>>続きを読む

チャンシルさんには福が多いね(2019年製作の映画)

3.5

2021(5)
淡々と話は進み、93分という上映時間もありゆるやかな時間が流れていく。
そんな作品にランニング姿のレスリー・チャンの幽霊が!
実は結構笑い所があり、自分と向き合う類いの作品だが、楽しく
>>続きを読む

AWAKE(2019年製作の映画)

3.9

このレビューはネタバレを含みます

2021(4)
上にはまだ上がいるという現実って将棋に限らない話でとても残酷。
じゃあその相手が昔は共に競いあった人が作ったコンピューターだったらどんな気持ちなのだろうか。
そんな役を若葉竜也さんがと
>>続きを読む

燃えよデブゴン/TOKYO MISSION(2020年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

2021(3)
毎年とは言わないけれどとお正月映画として、デブゴンをシリーズ化して欲しくなってしまった!
アクションコメディとしてなかなかの出来でした。
そもそも、中身がドニーさんなんだからアクション
>>続きを読む

新感染半島 ファイナル・ステージ(2020年製作の映画)

3.8

2021(2)
一部で『マッドマックス』って言われてるのもうなずけるアクション作品。
特に後半の展開はBGMの感じも含めてこちらもこれは!ってなった。
あと、キム・ミンジェ演じるファン軍曹が本当にこの
>>続きを読む

Swallow/スワロウ(2019年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

2021(1)
正直今年一本目の作品にしては重かったかな。
主人公ハンターは一見羨ましいとさえ思う。
しかし、表向きの幸せとは裏腹に孤独を募らせている。
自信なさげで、虚ろとさえ思える表情。
そして異
>>続きを読む

AI崩壊(2020年製作の映画)

3.5

2020(28)
AIが暴走する設定自体は昔からあったけど、自分自身がスマホやらコンピューターに頼りきった生活をしてるせいもあり、少しは現実感をもって観れた。
洋画のSFに比べたら見劣りするのは仕方な
>>続きを読む

mellow(2020年製作の映画)

3.5

2020(27)
田中圭さんがあんなお洒落な花屋をしていたら、そりゃモテるだろ!
というかモテにモテまくる作品。
けど、観てる側になんだこいつと思わせないちょっとクスッとなるところが良い。
ともさかり
>>続きを読む

スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け(2019年製作の映画)

4.0

2020(26)
公開終わりが近いので最後はIMAXで鑑賞。
まずは無事に三部作終わってくれてよかった。
フォースが何でもありな感じになってしまったのは作品バランスに与えた影響あったけど、今回は許容範
>>続きを読む

ナイブズ・アウト/名探偵と刃の館の秘密(2019年製作の映画)

4.0

2020(25)
登場人物が多いながらも、丁寧な作りでキャラクターがごちゃごちゃにならずに最後まで観れた。
コイツ怪しいなとか思いながら観てたけど結果として全然違うオチだった‥
ミステリーとして観るべ
>>続きを読む

淪落の人/みじめな人(2018年製作の映画)

4.0

2020(24)
『最強のふたり』を思い浮かべるろうが、そうゆう先入観抜きで観てもらいたい。
原題だと淪落ってみじめとか落ちぶれたと言う意味らしい。
障害、国籍、性別とか本人にどうしようもない点で落ち
>>続きを読む

9人の翻訳家 囚われたベストセラー(2019年製作の映画)

3.5

2020(23)
ミステリーなので、あまり書くとネタバレなってしまうのであっさりと。
もっと文学要素が満載の頭脳戦を期待してた。
ミステリーの最後のキモである謎の答え合わせシーンはちょっと強引さもある
>>続きを読む

フィッシャーマンズ・ソング コーンウォールから愛を込めて(2019年製作の映画)

3.5

2020(22)
ものすごくかっこ良いとかではないのに、心に染みる物ってあったりする。
そんな物の一つが漁師の人が歌うフィッシャーマンズソングだったんだね。
実話がベースなので、なんとなく展開が予想は
>>続きを読む

キャッツ(2019年製作の映画)

3.0

2020(21)
上半期にこれほど賛否両論を引き起こした作品はないのでは?残念ながら興業的には否の意見が多いかな。
感想としては前評判の割には楽しめたかなと。猫万歳映画です!
キャッツの舞台は生で観た
>>続きを読む

英雄都市(2018年製作の映画)

3.3

2020(20)
のむコレにて。
ヤクザのボスが弁護士に一目惚れ。
心を入れ換えて、最終的には国会議員を目指すってお話。
ヤクザと選挙とか韓国ノワールによくあるテーマながら、こってりした作りではないの
>>続きを読む

コンプリシティ/優しい共犯(2018年製作の映画)

4.0

2020(19)
藤竜也さんがすごく渋いというか、あの蕎麦屋の店主さんにぴったりで、それだけでも十分満足してしまう。
監督は今作が長編デビュー作とは思えない素晴らしい出来だとは思う。
偽りの身分。びく
>>続きを読む

ラストレター(2020年製作の映画)

3.5

2020(18)
岩井作品にしては結構さらりと観れるかなと。
ただ、世界観は岩井作品のファンでもしっかりと感じてもらえるのではないかな。
岩井監督の世界観が好きって人がいるイメージなのだが、そうゆう人
>>続きを読む

カイジ ファイナルゲーム(2020年製作の映画)

3.0

2020(17)
カイジと言えば藤原竜也でしょ!点は変わらない。
相変わらずのあの演技。
ビール飲む時のセリフ等々。
そう紛れもなくこれはカイジ。
けど、今回の賭けは緊張感に欠けているように見えてしま
>>続きを読む

金の亡者たち(2018年製作の映画)

3.5

2020(16)
のむこれにて。
テンポよく話が進み、主人公があっと言う間にお金に飲み込まれていく。
自分自身、某証券会社で働いてたから、主人公の気持ちはなんとなく分かるかな。
現金触らないで、パソコ
>>続きを読む

ペット・セメタリー(2019年製作の映画)

3.5

2020(15)
残念ながら旧作も未視聴、原作未読で観てきた。
まっさらの状態で観たので結構楽しめた。
隣のお爺さんの好意が最悪の結果に結び付くとはね。
展開というか、登場人物みんな救いない鬱な感じ。
>>続きを読む

オリ・マキの人生で最も幸せな日(2016年製作の映画)

3.5

2020(14)
誰が言ったか知らないけど、『ボクシング映画に外れなし』
これは間違っていなかった。
まあボクシング映画と言っても今作に手に汗握る展開があるわけではない。ボクサーが主人公の作品の中では
>>続きを読む

エクストリーム・ジョブ(2018年製作の映画)

4.5

2020(13)
麻薬捜査の張り込みの為にチキン屋を始めたのに、まさかの大繁盛って設定がまずずるい!こんなのぜったい面白いし!!
気づけば捜査よりも、チキン屋の方が本職のようになり、そこに刑事の家庭事
>>続きを読む

ジョジョ・ラビット(2019年製作の映画)

4.0

2020(12)
予告や冒頭の感じから、結構コメディ寄りの映画だと思ってたけど、最後は泣いてた。
すごく、乱暴な書き方なのは分かってるけども、登場人物がみんな良いんだよな。
スカーレット・ヨハンソン演
>>続きを読む

ビッグ・ショット(2019年製作の映画)

3.5

2020(11)
『ベテラン』のリメイク作品。
やりたい放題の財閥御曹司の下衆な感じがよかった。パーティーシーンで悪のりがすぎるところとかね。
けど、韓国版の方がもっと胸糞悪い感じだったと思う。
あと
>>続きを読む

リチャード・ジュエル(2019年製作の映画)

4.0

2020(10)
イーストウッドの実話ベースの作品の中でも久しぶりに色々と考えてしまう作品。
一方的な側面からの報道で判断し、一瞬で手のひら返しをする市民。
よかれて思って告発したら、結果一人の人の人
>>続きを読む

マザーレス・ブルックリン(2019年製作の映画)

3.8

2020(9)
エドワード・ノートンによるエドワード・ノートンのためのような作品。
派手さはないけども、探偵ノワール物にはこのくらいが丁度よいかな。
会話が結構多いし、それに固有名詞もそれに合わさって
>>続きを読む

ロング・ショット 僕と彼女のありえない恋(2019年製作の映画)

4.0

2020(8)
久しぶりのラブコメ!
『プリティ・ウーマン』の曲が途中かかる事から分かるように、懐かしい感じの作品。
目新しさがないと言われたらそれまでだが‥
特に何も考えないで、笑ってスッキリできた
>>続きを読む

>|