ちゃんとして中野さんの映画レビュー・感想・評価

ちゃんとして中野

ちゃんとして中野

評価点数は自分の好き度でつけてます。
映画として素晴らしいか、の評価にはなってないかも。たぶん。

映画(454)
ドラマ(54)

七つの会議(2018年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

萬斎を愛でる映画。

メインキャストがほぼ一緒 + 香川照之のあの感じの既視感は否めない。倍返しだ が、 まるで犬だな になった半沢直樹を観てる気分。
池井戸潤×福澤作品なので似てくるのはしょうがない
>>続きを読む

ハウス・ジャック・ビルト(2018年製作の映画)

3.9

このレビューはネタバレを含みます

houseを全然builtしないとんだサイコ野郎の話。
タイトルはマザーグースが元ネタらしい。

死体引きずりながら車で突っ走ってくシーン、最高に好き。ボウイの曲もよき。
わざと血痕残して捕まえて欲し
>>続きを読む

キング・オブ・コメディ(1983年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

ジョーカーを観る前にこれを観た方がいいよ、と勧められて鑑賞。

ルパートパプキンを演じたロバートデニーロ、凄すぎやしませんか。この人から狂気しか感じないし犯罪者の匂いしかしないのにどこか儚げな感じ。
>>続きを読む

ビール・ストリートの恋人たち(2018年製作の映画)

4.1

このレビューはネタバレを含みます

思ったより重たくて重たくて、結構しんどかった。

レイプされた側の人の触れられるだけで発狂するシーン、実際された側はそうなるよなって思うし、ティッシュのお母さんがファニーの無実を晴らしたいが為に説得し
>>続きを読む

スパイダーマン:スパイダーバース(2018年製作の映画)

4.0

色々な世界線から集結したスパイダーマン。漫画がそのまま動き出したかのようなアニメーションでした。

先に字幕で観てから、吹替で鑑賞。
中村悠一のしゅっとしたピーターパーカーからの宮野のコミカルさには笑
>>続きを読む

ナチス第三の男(2017年製作の映画)

3.4

ハイドリヒを撃て と同じラインハルトハイドリヒ暗殺計画が題材。

結論から言うと、ハイドリヒを撃てがすごく良かったので、薄っぺらい感じはした。こっち先に見れば良かったかな。

前半はラインハルト視点を
>>続きを読む

インヒアレント・ヴァイス(2014年製作の映画)

3.7

PTA作品
モットパンケーキ!
オツカレサマデシタ!
club asiaで渋谷のライブハウスが思い浮かんだ。

ブルー・マインド(2017年製作の映画)

3.8

音楽、台詞が少なく、映像と役者の表情で魅せる感じがすごく良かった。

ただ、これってホラー なのかな、と。
ホラー要素より、親子関係の溝とか友人関係とか女の子が大人になる過程でよくある葛藤を描いてる要
>>続きを読む

十二人の死にたい子どもたち(2019年製作の映画)

3.1

原作読んだので色々あれだけど、「密室ゲーム」ではないよね。宣伝文句に騙された〜って人がたくさんいそう。

何よりびっくりしたのは、エンドクレジットの小林うてなの文字。映画音楽も作るのね。

シンプル・フェイバー(2018年製作の映画)

3.3

くすっと笑える昼ドラちっくな一応サスペンス?
さくっと爽快で面白かった。

ブレイクライブリー、ゴシップガールのイメージが強すぎて何やってもセリーナに見えてきて、これもローンに困ってるのとか言いつつも
>>続きを読む

ハイドリヒを撃て!「ナチの野獣」暗殺作戦(2016年製作の映画)

4.1

ナチス幹部ラインハルト・ハイドリヒ暗殺計画を遂行するチェコのパラシュート部隊の7人の話。実話。

教会の銃撃戦、台詞も音もない中、キリアンマーフィの表情だけで戦う覚悟と、状況が絶望に変わっていくのが読
>>続きを読む

来る(2018年製作の映画)

3.8

king kruleとタイトルバックがめちゃめちゃどちゃくそかっこいい。

前半はそこそこ怖いけどホラー感はなくて、普通に観れました。
スプラッタとかゴアっぽいのが無理な人はこれも無理だろうけども。
>>続きを読む

ソナチネ(1993年製作の映画)

4.7

このレビューはネタバレを含みます

ヤクザの話だと忘れてしまうくらい美しくて儚くて残酷で最後はあまりにもあっけない。
最後の落とし穴のシーンが印象的で、「落とし穴」に色んな意味が含まれてるんだろうなって思うと表現の仕方が凄いなと。

>>続きを読む

狼の死刑宣告(2007年製作の映画)

3.6

お父さんの復讐劇。
すごくジェームズワン。
チャーリークローザー最高だわ。
(語彙力)

リズと青い鳥(2018年製作の映画)

4.2

響けは未視聴。

みぞれの「第3楽章通しでやってもいいですか」からオーボエのソロ終わるまで、鳥肌たった。
ラッパとユーフォの子が真似してソロ吹いてるの、めっちゃわかるな〜〜って思って見てました。他のパ
>>続きを読む

サスペリア(2018年製作の映画)

4.1

このレビューはネタバレを含みます

画が綺麗なのとトムヨークの音楽が素晴らしすぎて、あんまり怖いとは思わなかった。OKとかその時期っぽい暗い感じの変拍子、もう最高。
けどレディオヘッド知らない人からしたら不気味に聞こえるんだろうなぁ。サ
>>続きを読む

アクアマン(2018年製作の映画)

3.6

ジェームズワンがDCに手出してたなんて知らなんだ。。

ANIMA(2019年製作の映画)

5.0

トムヨークのアルバムから3曲ピックアップしたショートフィルム。
台詞なし、ダンスと音楽でストーリーが作られてる。Atoms For Peace のIngenue みたいな感じ。ミュージックビデオって言
>>続きを読む

メアリーの総て(2017年製作の映画)

4.0

フランケンシュタインの作者メアリーシェリーの生涯のお話。

メアリーの芯の強さに不覚にもうるっときた。フランケンシュタインがこんな絶望とか哀しさから生まれた作品だとは思わなかった。何にも顧みないパーシ
>>続きを読む

女王陛下のお気に入り(2018年製作の映画)

3.9

自分に良くしてくれる人の言葉は信じたいし信じてしまうし本質なんて見えないわな。
ここまでの規模ではないがしかし女の世界ではよくあるよねこういうこと。女だけじゃなくて、評価されたい人はこうやって蹴落とし
>>続きを読む

ビューティフル・デイ(2017年製作の映画)

4.6

ジョニーグリーンウッド 天才かよ。
ホアキンフェニックス 最高かよ。
こんなん見せられたらジョーカー楽しみでしょうがないよ、ホアキンフェニックス。

少年は残酷な弓を射るも観てるこっちが苦しくなるよう
>>続きを読む

アンダー・ザ・シルバーレイク(2018年製作の映画)

3.8

R.E.M.とか、where is my mind? とか、smells likeとか、I want it that wayとか。90年代の音楽で耳が幸せな映画。
劇中出てくるバンドのturning
>>続きを読む

search/サーチ(2018年製作の映画)

3.7

PCの画面上だけで展開する映画 と聞いて。

話の展開はありがちなやつ。
テンポが良いのでさくっと観れました。
所々、お父さん携帯持ってないの?ってツッコミしたくなる。

悪魔のいけにえ(1974年製作の映画)

3.6

一家全員キチガイ。
チーク塗ったレザーフェイス、ビリーくんにしか見えなかったんだけどまさかこれが元ネタ…?

検察側の罪人(2018年製作の映画)

3.5

タイトル通り。

ニノもすごいけど、松倉役の人がすごかった。最後の松倉の軽快なステップと葬式のコンテンポラリーダンスのシーンはすごく好き。
でもやっぱり早口怒号ニノすごいわ。

蜘蛛の巣を払う女(2018年製作の映画)

3.4

原作がミレニアム4
3人目のリスベットが1番原作の雰囲気に近いんじゃないかな?と思った。ノオミラパスもルーニーマーラも好きだけどね。

ドラゴンタトゥーのフィンチャー×トレントと、ツェッペリンのカバ
>>続きを読む

白ゆき姫殺人事件(2014年製作の映画)

3.4

ミキノリコ、こういう人実際結構いるよなぁ。苦手だわ。

犯人は誰か?っていうより、ネットリテラシーについて考えさせる感じがした。

特捜部Q キジ殺し(2014年製作の映画)

3.5

未解決事件追う系のよくある刑事もの。
最後の展開が哀しい。生きていくのもしんどいよね。

もっと残虐な感じなのかなと思ってたけど、予告篇の方がよっぽど怖かったような。

百円の恋(2014年製作の映画)

3.9

安藤サクラ、すごい。
まじっすかしか言わない吉村界人もこれはこれで好き。

>|