さみしいたけさんの映画レビュー・感想・評価

さみしいたけ

さみしいたけ

映画(516)
ドラマ(0)

ほとりの朔子(2013年製作の映画)

3.0

正直なにが言いたのかよくわからない映画でした。
ただ、二階堂ふみさんはいい女優さんだなと思いました。
二階堂ふみさんが好きな人にお勧めかな?

ノルウェイの森(2010年製作の映画)

2.0

このレビューはネタバレを含みます

原作が上下巻に分かれているある程度長い小説なので大幅なシーンカットや台詞の編集は分かるのですが、それにしてもこれはないんじゃないでしょうか。意味をなしてないシーンが多い印象でした。
緑の父親を登場させ
>>続きを読む

インビジブル・ウィットネス 見えない目撃者(2018年製作の映画)

4.1

練りこまれてて非常によくできた作品だと思います。
それだけについていくのが大変でした。
観終わった後の満足感は高いですが、難しい話が苦手な人はダメかもしれません。

君が世界のはじまり(2020年製作の映画)

4.0

高校生が恋愛、家族、進路などに思い悩む青春ドラマ。
松本穂香さんはおっとりとした役が似合いますね。舞台が大阪なので大阪特有の細かいボケと突っ込みがたくさんあって面白かったです。
中田青渚さんのキャラク
>>続きを読む

僕はイエス様が嫌い(2019年製作の映画)

3.3

イエス様が見えるようになり願い事を叶えてもらう少年。
そんな少年に後半一番叶えてもらいたい願いができますが…
エンドロール前の最後に出る一文でこの映画は監督の体験談を元にしていることが分かります。
>>続きを読む

名前(2018年製作の映画)

4.1

いいです。
名前を偽って生きている男性に近づく謎の女子高生。話も面白いしうまくまとまっていると思いました。
家族愛に興味のある方は是非どうぞ!
中年男性と女子高生のコンビが好きな方も(笑)

ハンニバル・ライジング(2007年製作の映画)

3.8

若き日のレクター博士ハンサム過ぎて衝撃!
レクター博士がカニバリズムサイコパスになった原因が描かれています。
日本人が登場するので日本の文化の描写がありますが、外国人が思い描いている日本のイメージなの
>>続きを読む

クシナ(2018年製作の映画)

3.8

女性だけが暮らす閉ざされた集落を見つけた人類学者。
タイトルのクシナは集落で暮らす女の子の名前。
出てくる衣装が和柄で素敵だなと思ったら和服とファストファッションを組み合わせて作ったオリジナルだそうで
>>続きを読む

繕い裁つ人(2015年製作の映画)

4.0

皆に愛された腕のたつ祖母の後を継いだ仕立て屋さんのお話。
素敵な話ですねー。
今はプレタポルテが一般的ですが、こういうオートクチュールの洋服って魅力ありますよね。現在どれくらいの割合でオートクチュール
>>続きを読む

WALKING MAN(2019年製作の映画)

3.5

俳優さんにやらせているから仕方ないかもしれないけれど、もう少しラップのシーンを増やしてほしかった…

フロリダ・プロジェクト 真夏の魔法(2017年製作の映画)

3.9

アメリカのディズニーワールドのそばに暮らす貧困層の母子家庭を描いた作品。
全体的に映像がとても美しいです。随所でちょっとした場面がいちいち絵になります。
ボビーが最初はただの厳しい管理人かと思いきや、
>>続きを読む

顔たち、ところどころ(2017年製作の映画)

4.0

サングラスを外さない男とツートンヘアーのおばあちゃんの旅を追ったドキュメンタリー。
いろいろな町へ行っては町の壁に住人たちの巨大顔写真などを貼りまくる旅。
いいなー自分の写真もこんな風に貼ってほしいな
>>続きを読む

そこのみにて光輝く(2013年製作の映画)

3.5

過去のトラウマから逃げている綾野剛さんと家族の縁から逃れられない池脇千鶴さん。前科をもっている菅田将暉さん。
希望のない悲しいお話だと思って最後まで観ましたが、ラストのその後を考えるときっと幸せな生活
>>続きを読む

2つ目の窓(2014年製作の映画)

4.0

奄美大島を舞台に高校生の男女とその家族のお話。
死について考える女の子。母親の男関係に悩む男の子。
全体的に静かで落ち着いた映画な印象でした。

キスシーン、セックスシーン、最後の二人で全裸で海を泳ぐ
>>続きを読む

わたしは光をにぎっている(2019年製作の映画)

3.9

全体的にとても台詞の少ない映画だと思います。
その台詞の少なさと全体的なゆっくりとした雰囲気が観ていてとても心地よかったです。
中盤、台詞なしで音楽だけ流れて風呂場の掃除をして火を起こして商店街で買い
>>続きを読む

鮫肌男と桃尻女(1998年製作の映画)

4.0

コメディありのバイオレンス映画。
浅野忠信さんのかっこよさ。岸部一徳さん、我修院達也さんのキャラの濃さ。鶴見辰吾さんのお洒落感!(当時はそう感じました)

当時この映画を観てコルベットかっけー!クルク
>>続きを読む

>|