さはらさんの映画レビュー・感想・評価

さはら

さはら

ライアン・エッゴールドすき
海外ドラマが大好き。映画も見るよ

映画(215)
ドラマ(178)

劇場霊(2015年製作の映画)

1.2

足立梨花かわいい
ぱるるってこんな顔だったんだって思った。

バイバイマン(2016年製作の映画)

2.2

このレビューはネタバレを含みます

バイバイマンって何かわからずじまい
面白いようでそうでもなかった

傷だらけの悪魔(2017年製作の映画)

1.7

足立さん素人とは思えないいじめっ子ぶり
爽快!ってなりつつ、いじめっていじめしか生まんなぁって気持ち悪くもなる

食べて、祈って、恋をして(2010年製作の映画)

4.7

このレビューはネタバレを含みます

人間のすべき生き方!
そういうこと!!!!!!!!
って何回もなった

ただ、恋愛面においては誰でもいいじゃんって結果だったから残念だった。
けどほんとよかった!

オトシモノ(2006年製作の映画)

1.5

エリカサワジリとシュンオグリの無駄遣いだけど彼らがいたおかげで全て見ることができたと言っても過言ではない。ストーリー性はあるようでなく、怖さも薄い

ビリギャル(2015年製作の映画)

3.2

受験なんて通過点なのにゴールのようでとても不思議だった。
サンボマスターのおかげで素晴らしい話!みたいになってるけど高学歴社会を生み出す洗脳のように感じた。
絶対遊んで暮らしてても幸せだった。

ジュラシック・パーク(1993年製作の映画)

2.9

このレビューはネタバレを含みます

「意見を聞かせてくれ」と言いながら誰の意見も参考にしないうざい女子のようなおじいさんによって作り出された悪魔の地。

可哀想なことに孫たちも巻き込まれるが、お姉ちゃんがライトを照らしたり叫んだり、恐
>>続きを読む

しあわせのパン(2011年製作の映画)

2.7

平和で話の落差がない割に長い
はじめの方で満足してしまった。
理想の生活かと思いきや暇そう
ゴシップガールな自分に気づけた。
NHKってカンジ

羊の木(2018年製作の映画)

3.3

オススメされて見たけど、笑抱えて笑うところが多かった。なんで私このシーンで笑ってんだ?ってなったけど笑えた。
松田龍平が可愛い作品

シャークトパス(2010年製作の映画)

1.0

眠くて眠くて眠い
何度もコピペしたかのような内容

ゾンビ・ハイスクール(2012年製作の映画)

3.5

洋画においてのアジア人の面白さは異常!!!!!!!!

昼顔(2017年製作の映画)

1.2

このレビューはネタバレを含みます

恋愛映画かと思ったら胸糞ヒューマンサスペンス

ケース39(2009年製作の映画)

2.5

ホラーにしては長いなと思っていたけどいくらなんでも序盤のホラーではない部分、前置きが長すぎた。
内容もそんなにひねりがないしそこまで面白くはなかった。が、映像のビビらせ技術はすごく良かった。

グッド・ネイバー(2016年製作の映画)

4.0

ムカついたけど作品的には面白い。若い子ってなんでこんなにもアホなんだろう。

ゾンビ・サファリパーク(2015年製作の映画)

1.5

サファリパークというよりか射的練習場。
ストーリー性はちゃんとあったものの、ゾンビを撃つことを楽しむ人達なんて信用ならないため登場人物への感情移入は難しかった。

冷たい熱帯魚(2010年製作の映画)

2.0

理性皆無
蛙の子は蛙
幸せそうでなによりだったよ

死霊館(2013年製作の映画)

3.8

実話をもとにって言ってるけど、どこまでがほんと??????ってなって集中できない。ノンフィクションではなく参考資料ほどってこと、、だよ、、ね?

フルートベール駅で(2013年製作の映画)

4.5

とても考えさせられた。
銃社会は思っていた以上に怖いし、
差別もなくならない。

カルト(2012年製作の映画)

4.8

めちゃくちゃ面白い!!!!
ホラー映画の怖いところを寄せ集めつつ
面白要素も十分。
是非友達と観て笑いあってほしい

クリス・ブラウンのマイライフ(2017年製作の映画)

4.0

これって映画だったんだ。
Netflixで公開された瞬間見ました。
言い訳ばかりだったけど
大好きChris brown

ヴィオレッタ(2011年製作の映画)

3.7

ヴィオレッタかわよ。
そりゃそうなるわって終わり方

新宿スワン(2015年製作の映画)

2.6

沢尻エリカと金子ノブアキ目当てで視聴。
謎のタイミングでのUVERworld、山田孝之のセコさが印象に残りました。
面白くはない

ココ・アヴァン・シャネル(2009年製作の映画)

3.4

このレビューはネタバレを含みます

だいたいわかってきた。
才能ちらつかせる→コネのある人材と付き合う→有名になりだす→プライベートは不幸になりつつ仕事は成功する

有名デザイナーになるにはこの道を辿ればいいんだ!!よぉし〜〜!

イヴ・サンローラン(2014年製作の映画)

4.0

イヴ・サンローランの職というよりプライベート重視の映画だった。
キスシーンの美しさ、普段静かな大人がはしゃいでいるのはとてもいいなと思った。パーティも、高身長の美男美女達が遊んでいて美しさしかなかった
>>続きを読む

スノーデン(2016年製作の映画)

3.9

あまりニュースを見ないこともあってかこの件について知らなかったし、それは私に限ったことではないだろうと思った。
日本があまり海外のニュースを取り扱わないことや、ニュースを見るという習慣が若い世代に
>>続きを読む

>|