sahoさんの映画レビュー・感想・評価

saho

saho

映画(1570)
ドラマ(158)

シークレット・ミッション(2013年製作の映画)

3.5

泣ける!!という評価が多かったから覚悟してみたけど全然泣けなかったw
お涙頂戴な演出で興ざめしてしまった。
濃厚な韓国映画は好きだけど、韓国のスパイ映画は苦手なのかも…
ただ最後はぐっときた…。

9
>>続きを読む

インサイダーズ 内部者たち(2015年製作の映画)

4.0

“敵でなければ友になれ”

ドラマ「秘密の森」を見たあとだったから、チョ・スンウがまた検事役で出ててびっくり!
しかも表情豊かで戸惑う(笑)わ、笑ってる…www
個人的にそれだけでもう大満足ではあった
>>続きを読む

食べる女(2018年製作の映画)

3.5

“手抜きをするな、女たちよ”

これは完全に女性向け!
「人ってね、美味しいご飯を食べてる時と愛しいセックスをしてる時が、いちばん暴力とか差別とか争いごとから遠くなるんだって」
このセリフの通り、美味
>>続きを読む

気狂いピエロ(1965年製作の映画)

3.6

“we are made of dreams and dreams are made of us”

観るだけでなんだかおしゃれになれた気がする、そんな映画。
恥ずかしながら初のヌーヴェルヴァーグ。
>>続きを読む

息もできない(2008年製作の映画)

5.0

”どんなに死にたくても生きろ”

ずっとずっとずっと見たかった映画。
意を決して観ました。
暴力でしか自分を表現できぬ不器用な男と愛を見失った女子高生の哀しき運命。
抱えすぎた孤独、暴力の連鎖、そして
>>続きを読む

ひとつの太陽(2019年製作の映画)

4.5

“この世界で唯一公平なものは太陽の光だ”

次男が起こした事件をきっかけに家族が崩れていく過程を丁寧に描く。
台湾映画は数本しか見た事がないけれど、どれも映像が本当に綺麗。
樹木、湖、海、山、雨、風、
>>続きを読む

記憶の夜(2017年製作の映画)

3.5

どんでん返し系、伏線回収系が好きな人におすすめ。
テンポいいし、話が二転三転するところも好みだった。

90本目 / 2020

ジョー・ブラックをよろしく(1998年製作の映画)

3.6

“去りがたいだろう。それが人生だ。それが生だ”

とにかくこの映画はいいセリフがありすぎる!!!
それだけで高評価。

“愛の本質とは奪うものではなく、生涯を懸けて相手への信頼と責任を全うする事。そし
>>続きを読む

ドクター・ドリトル(2020年製作の映画)

3.3

トムホの犬役が可愛すぎて悶絶・・・
アベンジャーズファンにはたまりません!!
ゴメス目当てで見る人、声の出演一瞬だし、全然分かんないwww

88本目 / 2020

オアシス(2002年製作の映画)

4.3

“女が一緒に寝ようって言うことがどういう意味なのか分からない?”

これは…とんでもない映画を見てしまった。
脳性麻痺で1人では部屋から出ることもできないコンジュに恋をした前科者のジョンドゥ。
誰から
>>続きを読む

ヴィヴィアン・ウエストウッド 最強のエレガンス(2018年製作の映画)

3.5

いくつになってもパンクな精神を忘れないヴィヴィアンが好き♡

86本目 / 2020

グリーンマイル(1999年製作の映画)

4.5

“I’m sorry for what I am”

人間の本質と罪について考えさせられてしまう。
無実だが殺人罪で死刑を待つジョンや死刑囚を非道的な扱いをする看守パーシーなど、相対する人間が起こす行
>>続きを読む

ハッピー・デス・デイ 2U(2019年製作の映画)

3.4

1作目よりもコメディ色強めw
1作目の方が好きだなー!

84本目 / 2020

ハッピー・デス・デイ(2017年製作の映画)

3.7

ホラー映画かと思って避けてたけど、ただのコメディだったwwww
だんだんギャルがいい子になってくのがいい、応援しちゃう。
あの諦めない精神、見習いたい。

83本目 / 2020

小さいおうち(2013年製作の映画)

4.7

“私ね、長く生きすぎたの”

女中・タキの目線で描く、赤い屋根の小さなおうちで密かに起きる愛憎劇。
妻は夫の部下に密かに好意を寄せ、それに気づいた女中の揺れる心。
戦況が悪化し、2人の仲は切り裂かれる
>>続きを読む

彼らが本気で編むときは、(2017年製作の映画)

4.0

“リンコさんのような心の人に惚れちゃったらね、あとのいろいろなことはことはどうだっていいんだよ”

生田斗真がトランスジェンダーの女性を演じたことで話題になった作品。
育児放棄された娘が身を寄せた叔父
>>続きを読む

タイラー・レイク -命の奪還-(2020年製作の映画)

3.8

とにかくアクションがすごい!
久々にアクション見て画面に釘付けになった。
カーチェイスのシーンよ!!!

80本目 / 2020

めがね(2007年製作の映画)

4.2

“いくら真面目にやっていても休憩は必要です”

独特な世界観と映像美で、疲れた現代人の心を充電する癒し系映画「めがね」。
荻上監督の映画はどれも料理が美味しそう♡
当たり前のようにぼそっとつぶやくセリ
>>続きを読む

はじめてのおもてなし(2016年製作の映画)

4.0

いちばん身近にいながら、お互いを理解できずにバラバラになっていたハートマン家の人々。
難民の青年との出会いをきっかけに人生を見つめ直し、生きる喜びを取り戻していく心温まる物語。
難民問題の映画!という
>>続きを読む

パッドマン 5億人の女性を救った男(2018年製作の映画)

3.8

“女性を守れないで男とは言えません”

これは…..世の中の全男性に見てもらいたい。
生理は恥ずかしいものとされ、2001年まで生理用ナプキンの普及率は12%だったインド。
生理になった女性は夫と同じ
>>続きを読む

コンフィデンシャル/共助(2017年製作の映画)

3.5

韓国のアクションは本当にかっこいい!
凸凹コンビものが好きな人にはぴったり。

76本目 / 2020

レインメーカー(1997年製作の映画)

3.5

”知りたいんです。あなたはいつ魂を売り渡してしまったんですか?”

若かりしマット・デイモン、ハマリ役!
新米弁護士が悪徳大手保険会社が雇ったベテラン弁護士をギャフンと言わす爽快法廷ドラマ。
ただキャ
>>続きを読む

クリシャ(2015年製作の映画)

3.7

“I had to leave to be a better human”

「ウェイブス」があまりに素晴らしかったので、監督のデビュー作を。
感謝祭に参加すべく、かつて捨てた家族の元に戻ってきたクリ
>>続きを読む

1987、ある闘いの真実(2017年製作の映画)

4.8

“父さんはかける言葉がないよ”

1987年に韓国で起こった民主化闘争。
光州事件を題材にしたソン・ガンホ主演の「タクシー運転手」のその後を描いているので、合わせて見るほうが◎。

国家権力が嘘と隠蔽
>>続きを読む

ムーンライズ・キングダム(2012年製作の映画)

3.6

“私たち、愛し合ってるの。一緒にいたいだけなの。それのどこが悪いの?”

孤独な少年サムと変わり者の少女スージー。
2人が心を通わせて駆け落ちし、強い愛が周りに魔法をかけていく。
入江にたどり着いた2
>>続きを読む

トンネル 闇に鎖(とざ)された男(2016年製作の映画)

3.6

“お前ら全員クソだ”

面白いんだけど、すっごい見ていてストレス!笑
愛犬家としてはもう主人公より「犬は!?犬生きてる!?もう見てらんない!!」と犬の心配するだけで、ものすごーーーい疲労感w
こういっ
>>続きを読む

この世に私の居場所なんてない(2017年製作の映画)

3.0

最後のあたりの急なタランティーノ節には吹いたwww

70本目 / 2020

フィレンツェ、メディチ家の至宝 ウフィツィ美術館 3D・4K(2015年製作の映画)

3.2

ああ〜フィレンツェにもう一回行きたい…。
ウフィツィ美術館で実際に「春」を見た時の感動たるや。
あの時もアートが好きだったけど、まだまだ知見がなかったので、もっともっと勉強したらもう一度訪れようと思う
>>続きを読む

神と共に 第二章:因と縁(2018年製作の映画)

4.4

“1つだけ確かなのは悪い人間はいないこと、悪い状況があるだけだ”

第2章も総じて本当に素晴らしかった!
とっても見応えのあるエンターテイメント作品。
まさか韓国版ジュラシックパークが見られるとは。笑
>>続きを読む

神と共に 第一章:罪と罰(2018年製作の映画)

4.5

“過去のことで新しい涙を無駄にするな”

新感染を超えた大ヒットということでずーっと見たかったやつ!
事故で死んだキムを迎えに来たのは地獄からの3人の死者。
7つの裁判で無罪にならなければ生まれ変わる
>>続きを読む

パンチドランク・ラブ(2002年製作の映画)

3.8

“目をえぐりだして食べちゃいたい”

PTA流の極上のラブストーリー。
静けさから一転して車がクラッシュするシーンからして「PTA節」満載。
あのクラッシュをはじめ、唐突な出来事をつないだ映像が秀逸で
>>続きを読む

グランド・ブダペスト・ホテル(2014年製作の映画)

4.0

“最も嫌味で、魅力のない人物に唯一必要なことは愛されること。そうすれば、いつか彼らも花のように心を開くだろう”

再び鑑賞♡
おちゃめでちょっぴり意地悪なストーリー、独特で記憶に残る音楽、お菓子箱をひ
>>続きを読む

リトル・ミス・サンシャイン(2006年製作の映画)

4.0

“you gotta let Olive be Olive”

愛おしい!高校生ぐらいの時に見た以来見ていなかったけど、相変わらず愛おしいぞ!
家族一人一人見事に波長が合わないのがもはや歯がゆくて可愛
>>続きを読む

ボーイズ’ン・ザ・フッド(1991年製作の映画)

3.8

“子育てなんて女がずっとしてきてるのよ。それをする男がまだ少ないってだけの話よ”

白人が黒人を殺害する映画はあるけれど、これは黒人による黒人への犯罪を容赦なく描く。
なぜ黒人が悪者になるのか。
なぜ
>>続きを読む

ディア・ハンター(1978年製作の映画)

4.0

“I love you”

ずっと見たかった名作、プライムでやっと配信!
前半1時間半で丁寧に描かれた日常と静かな鹿狩りが、ベトナム戦争の狂気さを引き立てる。

有名なロシアンルーレット。
目を背けた
>>続きを読む

>|